2023伊豆遠征 天城越え ⑥ 天城山(1406m)

author photo

Byよっし~

2023年11月28日(土) 晴れ

道の駅伊東マリンタウンで一夜を明かし、今回の目的地に向かう。

天城山(あまぎさん)
RIMG3765s_20231105070624a17.jpg
伊豆半島中央部を東西に聳える山で、日本百名山
ただし天城山という山はなく、遠笠山(1197m)、万二郎岳(1299m)、万三郎岳(1406m)などの連山の総称で、天城連山天城山脈と称されることもある。
 
県道111(遠笠山富戸線)を進んでいく(6:41)
RIMG3841s_20231107201403972.jpg

6:47 天城高原IC(伊豆スカイライン)(標高約634m)
RIMG3842s_20231107201406be3.jpg
左の県道111終点を目指す。

天城高原は東急グループが開発したリゾート地で、ホテルや別荘などが点在。
RIMG3843s_2023110720140725e.jpg

天城高原ゴルフコースの中を進んでいく(6:59)
RIMG3844s_20231107201410d25.jpg

コース内には登山者専用駐車場も完備。
RIMG3849s_20231107201416208.jpg

7:01 天城高原ハイカー専用駐車場(標高約1044m)
RIMG3845s_2023110720141056b.jpg
先行者の車は10台ほどで、石川県ナンバーの車もあった。

100台ほど駐車可能で、水洗トイレも完備。
RIMG3846s.jpg

OPP対策を済ませ、ドーピング剤も忘れずに摂取。
RIMG3847s_20231107201413961.jpg
今日はもちろん、登山靴です(笑)

登山口は駐車場入口の向かいにある。
RIMG3848s_20231107201416d01.jpg
先を進むご夫婦とは、この先何度もお会いする。

7:18 天城山縦走路入口(標高約1044m)
RIMG3851s_20231107201446e2c.jpg

昨日訪れた天城峠に至る全長約17㎞のロングトレイルの起点
RIMG3852s_20231107201449704.jpg
今上天皇陛下も1982(昭和57)年にこの縦走路を歩かれている。
最初の目的地、万二郎岳(1299m)までは2.3㎞、標準CTは1時間10分

いきなり下りから始まる(-_-;)
RIMG3853s_20231107201449423.jpg

水のない沢を渡渉し、砂防ダムの脇を登っていく。
RIMG3854s_202311072014538e3.jpg

倒れた大木の根が、衝立のようだ。
RIMG3856s_20231107201452a4a.jpg

一旦なだらかに進んでいく(7:25)
RIMG3857s_20231107201456036.jpg

立派なヒメシャラの木。
RIMG3859s_20231107201456f9f.jpg
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。

に覆われた石が続く涸沢。
RIMG3861s_202311072014599e6.jpg

今回天城縦走路万三郎岳に登頂し、シャクナゲコースで周回する計画。
RIMG3862s_202311072014594ae.jpg

遭難防止のため、要所に駿東伊豆消防本部が設置した位置表示板もある。
RIMG3863s_202311072015037bb.jpg

また下っていく(-_-;)
RIMG3864s_20231107201523149.jpg

7:39 四辻(分岐)(よつじ)(標高約1058m)
RIMG3865s_20231107201526d9f.jpg
登山口から21分(標準CT20分) 

ここで縦走路シャクナゲコースが分岐している。
RIMG3866s_20231107201526b42.jpg
三叉路なのになぜ四辻?

万三郎岳へはどちらからでも行け、反時計回りの方が3.3㎞と400m短いが、
RIMG3867s_2023110720152912e.jpg
万二郎岳に向かうべく(時計回り)へ。

シロヨメナ(白嫁菜 Aster ageratoides var. ageratoides)
RIMG3869s_20231107201529d3a.jpg
キク科シオン属の多年草。

コース上でよくみかけたブルーイエローのマーカー。
RIMG3870s_2023110720153279d.jpg
ここはウクライナ領なのか?(笑)

緩やかに登っていく(7:50)
RIMG3871s.jpg

8:04 A-13(万二郎岳まで0.8㎞)(標高約1110m)
RIMG3874s_202311072015338e3.jpg

休憩しようかと思ったが、まずまずの調子なのでスルー。
RIMG3875s_20231107201536e8d.jpg

木々の隙間から視界が広がるが、雲で海は見えず。
RIMG3876s.jpg

次第に道が荒れてくる(8:09)
RIMG3877s_202311072016289b0.jpg
本来は丸太の階段が設置された左側が登山道なのだが、雨水で大きく浸食されており、右側にも踏跡ができていた。

始まっている黄葉を望みながら、急坂をよたよた登っていく。
RIMG3878s_20231107201632a09.jpg

8:29 万二郎岳まで0.2㎞地点(標高約1230m)
RIMG3879s_202311072016323e9.jpg

山頂直下のこの付近も登山道がかなり浸食されていた。
RIMG3880s_20231107201635cbb.jpg

8:39 万二郎岳山頂(標高1299m)
RIMG3882s_202311072016354d9.jpg
登山口から1時間21分(標準CT1時間10分)

ずっと”まんじろうだけ”と思っていたが、”ばんじろうだけ”が正しいようだ(笑)
RIMG3884s_20231107201639855.jpg

三角点はなかったので、界標にタッチ。
RIMG3883s_20231107201639cd6.jpg

山頂からは東伊豆の山並みや海岸線が一望。
RIMG3885s_202311072016395b7.jpg
前方に見える風車群は、東伊豆町風力発電所のようだ。

小休止後、主峰の万三郎岳に向かう(8:46)
RIMG3888s_2023110720164090b.jpg
万三郎岳へは2.1㎞、標準CTは1時間10分

この付近の紅葉はキレイだった。
RIMG3890s_20231107201643208.jpg

万二郎岳から下っていく。
RIMG3891s_202311072017090d9.jpg

あまり下らないで欲しいのだが(笑)
RIMG3892s_20231107201712798.jpg

前方に見えるピークは万三郎岳じゃないよね…
RIMG3894s_20231107201712aa1.jpg

8:55 鞍部(標高約1242m)
RIMG3895s_20231107201715f0d.jpg

トリカブト(鳥兜 Aconitum)
RIMG3896s_2023110720171507e.jpg
キンポウゲ科トリカブト属の有毒植物。

ボーナスタイムが終了し、登り返しとなる(9:05)
RIMG3898s_202311072017187df.jpg

小さいながらもハシゴ場も。
RIMG3899s_202311072017183d8.jpg

リンドウ(竜胆 Gentiana scabra var. buergeri)
RIMG3900s_2023110720172037e.jpg
リンドウ科リンドウ属の多年草。

9:07 馬の背(標高約1325m)
RIMG3902s_20231107201721a0c.jpg
万二郎岳と万三郎岳の間の小ピーク。

眼下には天城高原ゴルフコースが広がる。
RIMG3903s_202311072017242ac.jpg

細かなアップダウンをしながら進んでいく。
RIMG3904s_202311072017582b0.jpg

この一帯にはシロヨメナが群生していた。
RIMG3905s_20231107201800787.jpg
シカはシロヨメナやリンドウは食べないそうで、そのためのようだ。

9:15 アセビのトンネル(標高約1322m)
RIMG3907s_20231107201803854.jpg
この稜線上にアセビ(馬酔木)が群生しており、春(3~5月)には白い花のトンネルができるそうだ。

U字型に1mほど掘れた登山道。
RIMG3909s_20231107201803fab.jpg
ご一緒したハイカーの話では、以前はこれほど掘れておらず、年々浸食が進んでいるそうだ。

積雪で傾いた枝もあり、少し歩きづらい。
RIMG3910s_20231107201804a6e.jpg

再び登山道は下っていく(9:23)
RIMG3911s_20231107201807122.jpg

岩場の急な下りでハシゴ場もあるので、慎重に下っていく。
RIMG3912s_20231107201807eb4.jpg
この一帯は正規の登山道が荒れている箇所も多く、エスケープ路が入り組んで少し分かりづらい。

9:32 石楠花(はなだて)(標高約1252m)
RIMG3913s_202311072018085a8.jpg
”しゃくなげ”でなく、”はなだて”と呼び、その名の通り、アマギシャクナゲの群生地だそうだ。

みたび急登を登っていく(9:34)
RIMG3915s_202311072018117a1.jpg

時折顔を上げると、紅葉が癒してくれる。
RIMG3916s_2023110720181199a.jpg

そろそろ万三郎岳か!?
RIMG3917s_20231107201951ec1.jpg

騙しピークだった(笑)
RIMG3918s_20231107201954529.jpg

ショックを受けながらよたよた登っていく(10:03)
RIMG3920s_202311072019542f0.jpg

今度こそ万三郎岳だよね?
RIMG3921s.jpg

10:13 万三郎岳山頂(天城山主峰)(標高1406m)
RIMG3922s.jpg
タイムは2時間55分(標準CT2時間20分)、万二郎岳からは1時間27分(標準CT1時間10分) これで日本百名山30座目に登頂。

山頂部はそれほど広くなく、周辺でハイカーが休息中。
RIMG3923s.jpg

三角点(一等・万城岳)
RIMG3930s_202311072020016d3.jpg
静岡県に18箇所しかない一等三角点の1つ。

真新しい熊出没注意!の標識が設置されていた。
RIMG3931s_2023110720200485e.jpg
伊豆半島ではツキノワグマは100年以上前に絶滅したとされていたが、先月(10/20)河津町で若いオスの個体が捕獲され、その後山に返されたというニュースがあった。山づたいで富士山や南アルプスから移動してきたと思われ、天城山でも出くわす可能性があるようになってしまった。

この標識では1405.3m
RIMG3934s_202311072020073c6.jpg

こちらの標識では1406mに修正された跡がある。
RIMG3935s_2023110720200757e.jpg
従来は前者が測量成果(標高)とされていたが、2014年4月に1406mに改定された。

弥栄(いやさか)の神
RIMG3933s_2023110720200403a.jpg
弥栄(いやさか)とは一層栄えるの意味で、弥栄の神とは素戔男尊(すさのおのみこと)もしくは八坂刀売神(やさかとめのかみ)とされる。またヘブライの神、ヤハウェ(エホバ)を指すという異説も。

今日の一杯は、東洋水産 マルちゃん うまいつゆ 鴨だしそば
RIMG3927s_20231107202000f51.jpg
今日はストーブと水3Lを担いできました。

デザートはコーヒーとショコラケーキ。
RIMG3929s_20231107202000ae6.jpg

予定通り、シャクナゲコースで周回することにしよう(10:52)
RIMG3936s_20231107202009d61.jpg

この付近でもリンドウが群生。
RIMG3940s_20231107202012843.jpg

天気が良ければ丹沢の山並みが望めるようだが、生憎の雲。
RIMG3942s_202311072020117e8.jpg

10:59 万三郎岳下分岐点(標高約1398m)
RIMG3943s.jpg
ここで天城縦走路と分岐。

登山口の天城高原ゴルフ場までは3.8㎞で、標準CT2時間
RIMG3944s_202311072020151ac.jpg
分岐から先は急な下りとなる。

ここも浸食が激しく、木の階段がさながらハードルのように行く手を遮る。
RIMG3945s_202311072020194ec.jpg

完全に崩落した箇所も。
RIMG3946s_20231107202019cf6.jpg
国立公園(富士箱根伊豆国立公園)なので、環境省がしっかり整備して欲しいものだが…

ようやく急坂を下り終える(11:29)
RIMG3947s_2023110720211649d.jpg

11:31 天城高原ゴルフ場まで3.1㎞地点(標高約1184m)
RIMG3948s_202311072021185bc.jpg
ここで登山道は右に90度折れる。

ここから先はトラバース気味に下っていく。
RIMG3949s_20231107202121b13.jpg

中には道幅が狭い箇所も。
RIMG3950s_202311072021214ad.jpg

ほとんど沢で水は流れていなかったが、雨の後は注意が必要な箇所も。
RIMG3952s_20231107202122713.jpg

11:40 涸沢分岐点(標高約1158m)
RIMG3953s_20231107202125163.jpg
ここで立ったまま小休止。分岐となっているが分岐を示す標識はなく、どうやらロープの先の尾根が万城の滝に至るルート(涸沢歩道)のようで、6㎞近い林道歩きもあるようだ。

なかなか標高が下がっていかない(-_-;)
RIMG3955s.jpg

火山由来の大岩も見られる。
RIMG3957s.jpg

地元の男性のようで、迷い易い箇所の岩に目印の矢印を付けておられた。
RIMG3958s_202311072021287ed.jpg

なだらかでも下ってくれればいいのだが、細かいアップダウンが続く。
RIMG3959s_20231107202131be4.jpg

苔生した沢。
RIMG3960s_20231107202222b02.jpg
ここももう少しすれば、紅葉がキレイなんだろうな。

連続するミニハシゴ場(-_-;)
RIMG3963s_20231107202225b14.jpg
逆回りで登らなくて良かった。

12:33 石柱101地点(標高約1105m)
RIMG3964s_202311072022252fc.jpg
ようやくトラバースが終了。

ここからは尾根を下っていく。
RIMG3965s_202311072022292e3.jpg

後は単純な下りだけかと思いきや、アップダウンが続く。
RIMG3966s_20231107202229a15.jpg

13:01 四辻(分岐)(標高約1058m)
RIMG3967s_20231107202232af5.jpg
万三郎岳から2時間9分(標準CT1時間50分) 小休止していると、駐車場でお会いした年配の御夫婦も降りてこられた。私よりかなり先行してたはずなのになぜ?と思ったら、縦走路上にある小岳(1360m・往復1時間)まで足を伸ばされていたとのこと。健脚ですね(笑)

ひと足先に登山口に向かう(13:12)
RIMG3968s_20231107202232711.jpg

13:27 天城山縦走路入口(標高約1044m)
RIMG3969s_202311072022357f2.jpg
下りは2時間35分(標準CT2時間5分) おつかれさまでしたの文字がウレシイ。

サンダルに履き替えて、隣接するゴルフ場のクラブハウスへ。
RIMG3973s_20231107202335c54.jpg
天城山の山バッジはクラブハウスで販売されている。

ハウス内へ登山靴での入場は不可なのでご注意を。
RIMG3970s_202311072022352a4.jpg

バッジはシカとシャクナゲ紅葉と登山靴の2種類があり、
RIMG3971s_202311072022352f1.jpg

日本百名山の表記がある後者を購入(770円)
RIMG3972s_20231107202332388.jpg

バッジをGETし、伊豆スカイライン(有料)で北上。
RIMG3974s.jpg

亀石峠ICで降りて、R414で沼津に向かう。
RIMG3978s_2023110720233802f.jpg
もう少し続きます。

2023伊豆遠征 天城越え ⑦ 手打ラーメン 豚平 に続く…

☆今日歩いたコース☆ (クリックすると拡大します)
amagiyama_route_20231028.png

やっぱり、山っていいね!

天城山 万二郎岳(1299m)・万三郎岳(1406m)
累積標高差702m
登り 2時間55分、下り 2時間35分、TOTAL 6時間9分
出会った人 40人ぐらい 出会った動物 なし
2023年:84・85座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

なタソ  

いよいよ天城山ですね。万二郎岳、万三郎岳の周回ハイクを楽しませていただきます。
先ずは快晴に恵まれて何よりでしたね。周回あるあるアップダウンを織り込んだコースで、ドMにとっては堪らないですね(笑)
山の木々を見ていると、常緑樹が多いような感に見受けられました。当たり前ですが、植生も北陸の山とは趣が違いますね。
伊豆といえば暖流が直ぐ間近なのでやはり暖かいのでしょうか。スタートが標高1,000mオーバーとはいえ、夏でも暑そうな…
しかし国立公園なのに登山道の整備がなってないですね。白山の観光新道もそうですが、しっかりお願いしたいところです。

2023/11/16 (Thu) 07:35 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

天城山は累積標高差は700mと大したことはないんですが、特に後半が細かいアップダウンが多く、結構ハードでした。
植生は所謂照葉樹林で、シカの鳴き声もよく聴こえてましたが、なぜか山ビルはほとんどいないそうです。
プリンスロードのせいか階段が整備されているんですが、排水路が未整備のため雨水が登山道を浸食し、大きくえぐられた箇所が多かったです。このためハイカーはその脇を歩くため、今度はそこがえぐられる悪循環を招いていました。
おそらくこのままの状態で放置されてしまうのでしょうね。

2023/11/16 (Thu) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (342)
二上コース (145)
二上コース(裏・旧道) (32)
大村コース (20)
角原コース (48)
半田コース・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (5)
大正寺コース (37)
南井コース (5)
四方谷コース (12)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース・三本木コース・生野コース (3)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (7)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (7)
白山 (57)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (85)
荒島岳 (7)
経ヶ岳 (7)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (9)
取立山 (7)
赤兎山・大長山 (7)
越前甲 (2)
姥ヶ岳 (2)
大師山 (3)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (8)
バンビライン (7)
天子山 (11)
福井県の山(福井・坂井) (77)
浄法寺山・丈競山 (6)
吉野ヶ岳 (4)
大佛寺山 (3)
下市山 (12)
城山(じょうやま) (18)
三峯城山 (3)
一乗城山 (4)
二本松山 (3)
鷹取山 (3)
丹波岳・広野山 (4)
鯖江経ヶ岳・吉江山 (2)
福井県の山(南越) (150)
日野山 (16)
鬼ヶ岳 (29)
三床山 (22)
ホノケ山 (6)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ岳 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (6)
越知山 (4)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (3)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (3)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
若須岳 (2)
武衛山 (2)
村国山 (3)
長泉寺山 (3)
福井県の山(嶺南) (29)
野坂岳 (7)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
雲谷山 (2)
石川県の山 (33)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (5)
医王山 (3)
鞍掛山 (9)
オンソリ山 (3)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
栃木県の山 (5)
東京都の山 (1)
山梨県の山 (1)
静岡県の山 (5)
長野県の山 (9)
滋賀県の山 (29)
伊吹山 (5)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
虎御前山 (2)
岐阜県の山 (25)
舟伏山 (3)
金華山 (7)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (7)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (4)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (6)
四国の山 (3)
北アルプス (81)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳・五竜岳 (7)
太郎兵衛平 (3)
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳 (4)
涸沢・奥穂高岳 (6)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (9)
赤岳 (6)
編笠山・権現岳 (3)
テン泊 (2)
ウオーキング・マーチ (11)
お遍路 (16)
山行インデックス (14)
山めし・山ごはん (85)
麓の山めし (40)
道具 (15)
山百(百均)グッズ (4)
山雑記 (20)
福井のおすすめスポット (25)
石川のおすすめスポット (4)
滋賀のおすすめスポット (4)
岐阜のおすすめスポット (5)
愛知のおすすめスポット (4)
静岡のおすすめスポット (3)
長野のおすすめスポット (1)
福島のおすすめスポット (4)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (2)
岡山のおすすめスポット (5)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
B級グルメ (272)
グルメ(福井市) (107)
グルメ(坂井市・あわら市) (12)
グルメ(鯖江市・越前町) (31)
グルメ(越前市) (34)
グルメ(永平寺町・勝山市・大野市) (5)
グルメ(嶺南) (10)
グルメ(石川県) (16)
グルメ(富山県) (4)
グルメ(新潟県) (2)
グルメ(長野県) (2)
グルメ(山梨県) (1)
グルメ(東京都) (4)
グルメ(福島県) (3)
グルメ(滋賀県) (7)
グルメ(岐阜県) (12)
グルメ(愛知県) (1)
グルメ(静岡県) (5)
グルメ(三重県) (6)
グルメ(京都府) (2)
グルメ(大阪府) (0)
グルメ(和歌山県) (0)
グルメ(兵庫県) (2)
グルメ(岡山県) (1)
グルメ(広島県) (2)
日常 (11)
青春の想い出の曲 (22)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)