”遠い飲み屋”を目指して 編笠山・権現岳周回 2日目

author photo

Byよっし~

2023年10月17日(火) 快晴

1泊2日で挑む編笠山・権現岳ハイク
白山ハイクの後遺症(筋肉痛)が残る中、無事編笠山に登頂。
待望だった遠い飲み屋こと、青年小屋に訪れることができた。

ここまでの様子はコチラ
”遠い飲み屋”を目指して 編笠山・権現岳周回 1日目その1
”遠い飲み屋”を目指して 編笠山・権現岳周回 1日目その2

5時に起床。気温は1℃。夜明け前の東の空に富士山が浮かび上がっている。
RIMG3456s.jpg
昨夜は予想通り冷え込み、8畳間にたった1人なので余計に寒く感じられ、夜中何度か目が覚めた。
 
本来朝食開始は5時30分からだが、始まったのは6時
RIMG3457s_20231021190843971.jpg
どうやら寝坊されたようだが、1人で切り盛りされているので、かつての青年たちは誰も文句を言わず温かい眼で見守る。小屋主の竹内さんには内緒にしておきますね。
でもこのレポを見たらバレバレですが(笑)
スクランブルエッグが甘くて美味しく、しっかりお替りしました。

しっかりOPP対策を施し、最後尾で出発(7:09)
RIMG3460s.jpg
お世話になりました。また是非寄らせてもらいます。

編笠山の上空にも雲ひとつない青空が広がる。
RIMG3459s.jpg
そういえば4時頃、外で一服していたところ、ヘッデンをつけたハイカーが編笠山から降りてきて、小屋にも寄らずに権現岳に向かっていった。

今日は権現岳(2715m)に向かい、三ツ頭(2580m)を経由して観音平に周回する。
RIMG3461s.jpg
権現岳までは距離約1.4㎞、標高差約330mで、標準CTは1時間40分(YAMAPでは1時間20分)なので、目標CTは2時間に設定。

まずはシラビソ林の中を緩やかに進んでいく。
RIMG3462s.jpg

振り返ると、編笠山がドーンと鎮座。
RIMG3463s.jpg
”またこいよ!”と言ってくれてそう。

気温が3℃と手がかじかむので、ここで手袋を装着。
RIMG3464s.jpg

標高が上がるにつれ、背後には南アルプスの山並み。
RIMG3466s.jpg

右手(東)には富士山
RIMG3467s.jpg

次第に傾斜が急になり、岩場を登っていく(7:47)
RIMG3468s.jpg

左手(西)が開ける地点では、昨日は全く見えなかった北アルプス
RIMG3469s.jpg
稜線は標高約2700m地点まですっかり冠雪しており、槍ヶ岳(3180m)も望めた。

少し視線を南にやると、御嶽山(3067m)
RIMG3470s.jpg

中央アルプス木曾駒ヶ岳(2956m)
RIMG3471s.jpg
北アルプスと比べて、こちら側は冠雪がほとんど見られない。

北西側には日本百名山蓼科山(2531m)
RIMG3472s.jpg

7:54 ノロシ場(標高約2530m)
RIMG3474s_20231021190951197.jpg
ようやく急登な岩場登りが終了。

かつて武田家の重臣高坂弾正(昌信)狼煙(のろし)台を置いた場所とされる。
RIMG3475s_20231021190951d95.jpg

少し広くなっているのでここで小休止。
RIMG3476s.jpg
キャップから持参したヘルメットに換装。

本当に今日はいい天気だ。
RIMG3477s_202310211909552be.jpg
やはり日頃の行ないが良いせいなのだろう(ウソ)

眼前に聳える西ギボシ(2640m)
RIMG3479s_202310211909587cf.jpg
ここからが権現岳へのルートの難所になる。岩壁を登るので、登山ポールを収納。

この辺りはヤセ尾根になっているが、慎重に歩けば問題ない。
RIMG3480s.jpg

西ギボシへの取り付き地点に差し掛かる(8:18)
RIMG3482s_20231021191042380.jpg
一見、真っすぐ進むのが正しそうに見えるが、実は誤り

左側のこの岩に描かれた薄い赤○に進むのが正解
RIMG3481s_2023102119104267b.jpg
この赤○、本当に薄くて、事前に予習していないと見落とす可能性大。

赤○を見失わないように急斜面を登っていく。
RIMG3483s_2023102119104581e.jpg

鎖場のある岩壁も。
RIMG3484s_20231021191045728.jpg
濡れていると滑りやすいので注意。また落石しやすいので石を落とさないよう注意するのと、先行者がいる場合ある程度間隔を置かないと危険
今回小屋出発を最後尾にしたのも、こういう訳もあったんです。

8:36 西ギボシ山頂(標高約2640m)
RIMG3485s.jpg
小屋から1時間27分と標準CT(50分)より大幅に遅れたが想定内。

続いて東ギボシ(2700m)に向かう。
RIMG3486s.jpg
ギボシ(擬宝珠)とは、橋の欄干などの親柱に付いているタマネギ型の飾りのこと。

東ギボシはピークを目指さず、南側斜面をトラバース気味に巻いていく。
RIMG3487s_202310211910520df.jpg

ここからがこのルートの核心部
RIMG3488s_202310211910529eb.jpg

まずは斜面をトラバースしていく。
RIMG3489s.jpg
がしっかりあるので、浮石に気をつけて進めば特に問題なし。整備されている青年小屋の方、ありがとうございます。

ここは一番の難所で、斜度50度以上ある急斜面を斜めに登っていく。
RIMG3490s_2023102119111439d.jpg
すれ違いは困難なので、ハイカーの姿が見えたら手前で待機しましょう。
幸運にも誰とも出会わなかった。

なんとか東ギボシの肩に到着(8:58)
RIMG3491s.jpg
ようやく緊張を緩め小休止。

”よく頑張ったな” by富士山
RIMG3492s.jpg

”やればできるじゃん” by南アルプス
RIMG3493s_20231021191120890.jpg

”まだまだ気を緩めるなよ” by赤岳
RIMG3494s_20231021191120458.jpg

”・・・・” by蓼科山
RIMG3495s.jpg

さて、権現岳へのビクトリーロードを進もう(9:08)
RIMG3496s.jpg

権現岳から赤岳に続くキレット縦走ルート
RIMG3497s_202310211911248f4.jpg
私が足を踏み入れることはまずないだろう(笑)

9:12 権現小屋(標高約2675m)
RIMG3498s_20231021191128aed.jpg
青年小屋と同じ経営だが、今年も休業中反時計回りの場合は宿泊に便利だが、健脚者は日帰りがほとんどで泊まらないし、1泊2日プランの場合時計回りが多いので青年小屋に泊まるはずで、微妙な位置にある。

9:16 キレット縦走路分岐(標高約2699m)
RIMG3499s.jpg
昨日小屋で一緒になった展望荘の女性は、ここから赤岳に向かうと言っていた。

山頂直下の灌木が、何やらキラキラ光っている。
RIMG3500s_202310211911530d5.jpg
よく見ると水滴で、おそらく昨夜この付近は氷点下になって霧氷が付き、日差しで溶けたのだろう。

9:23 権現岳山頂(標識)(標高2701m)
RIMG3502s_20231021191156c56.jpg
タイムは2時間14分(標準CT1時間40分)と、目標(2時間)少しオーバー。

正確には山頂はこの岩を登った先だが、設置困難なのでここに標柱がある。
RIMG3503s_20231021191156331.jpg

9:26 権現岳山頂(標高2710m)
RIMG3504s_20231021191159027.jpg
少し強い風が吹いておりこれ以上は危険と判断したので、ここを山頂としよう(笑)
日本百高山(第88位)で、編笠山とともに山梨百名山
なおこの権現岳で通算300座(累積は951座)を達成しました。

山頂南側の大岩の下にある檜峰(ひみね)神社奥宮
RIMG3505s.jpg
祭神は八雷神(やくさのいかづちのかみ)磐長姫(いわながひめ)

古事記によると、八雷神は伊邪那美命(いざなみのみこと)が死んで黄泉国(よもつくに)に居た際に、その身体に纏わっていた八頭の雷(蛇)神(大雷、火雷、黒雷、折雷、若雷、土雷、鳴雷、伏雷)とされる。
磐長姫は大山津見神(おおやつみ)の娘で、富士山の女神木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)の姉。姉妹とも天孫の能邇邇藝命(ににぎのみこと)に嫁いだが、磐長姫が醜かったので送り返され、この結果天孫(皇室)の寿命が短くなったとされる。

行動食で栄養補給し、下山開始(9:48)
RIMG3506s.jpg

権現岳山頂直下にも鎖場がある。
RIMG3507s_202310211912020ca.jpg
大岩を巻き込むように鎖が垂れており、後半が見えないので下りの場合少し恐怖感を感じる。

濡れていると滑りやすいので、下りは特に注意。
RIMG3508s_20231021191204034.jpg
五輪駆動(両手両足+お尻)を駆使して慎重に下る。

次に目指す三ツ頭(2580m)の先には富士山
RIMG3510s.jpg
この付近は目印が少なく、下りでは道に迷いやすい箇所もあるので注意。

権現岳と三ツ頭間の鞍部(10:25)
RIMG3511s_202310211912066f9.jpg

鞍部から三ツ頭への登り返し。
RIMG3512s_20231021191227336.jpg

10:44 三ツ頭(みつがしら)(標高2580m)
RIMG3513s_202310211912300a6.jpg
権現岳から56分(標準CT45分) ここで小休止。

山頂には経典を埋納したとされる経塚石碑がある。
RIMG3514s_202310211912305fb.jpg

経塚の先には左から、東ギボシ権現岳阿弥陀岳中岳赤岳が遥拝できる。
RIMG3515s_202310211912333c6.jpg
古来より信仰の山とされているのがよく分かる。

もう岩場はないようなので、ヘルメットを外す。
RIMG3516s_202310211912330f6.jpg

ここから先はひたすら下るだけ(11:05)
RIMG3518s_20231021191236984.jpg

11:08 天女山コース分岐(標高約2555m)
RIMG3519s_20231021191237a53.jpg

左に進むと前三ツ頭(2364m)を経て、天女山コース
RIMG3520s_20231021191240c68.jpg
観音平には木戸口公園側へ。

編笠山裾野の見事な紅葉
RIMG3521s.jpg

急坂を慎重に下っていく。
RIMG3522s.jpg

再び視界が開けると、南アルプス中央アルプスの山並み。
RIMG3523s_20231021191302403.jpg

12:01 木戸口公園(標高約2223m)
RIMG3525s_20231021191305ffc.jpg
三ツ頭から56分(標準CT50分) 

公園となっているが、開けているだけで特に何もない(12:11)
RIMG3526s_20231021191305b26.jpg

編笠山青年小屋
RIMG3527s_20231021191309501.jpg

眺めは良いのだが、なかなか標高が下がっていかない(-_-;)
RIMG3528s_202310211913094c5.jpg

12:24 旧ヘリポート跡(Hanaベンチ)(標高約2130m)
RIMG3529s_202310211913128c9.jpg
かつてはヘリポートだったようだが、現在はグリーンのベンチが1つあるだけ。

通称Hanaベンチと呼ばれ、背もたれに骨型のプレートが付いている。
RIMG3530s_202310211913127ad.jpg
Hana 2004-2021 Paw prints on many hearts and mountains
(多くの人たちの心や山々に足跡を残したハナ(2004-2021))

ハナちゃんは今もこの景色を見ているんだね。
RIMG3531s.jpg

植生が変わり、クマザサが目立つ様になってきた(12:45)
RIMG3532s.jpg

13:01 雲海(標高約1873m)
RIMG3533s_20231021191316964.jpg
こちらにも雲海という地点がある。標識にあった延命水は分からなかった。

13:20 ベンチ(標高約1770m)
RIMG3534s.jpg
ここで最後の小休止。このルート、下りは長いとは聞いていたが、本当に長い…

黄葉が目に眩しい。
RIMG3535s_20231021191340c5c.jpg

クマさんに出会わないよう、時折大声を出して下っていく(13:31)
RIMG3536s.jpg
”長いぞー このバカ尾根は!合流点はまだかー”

13:41 八ヶ岳横断歩道合流点(標高約1588m)
RIMG3537s_20231021191343673.jpg
ここが三ツ頭コースの実質的な登山口。権現岳から3時間53分(標準CT3時間)で、後遺症(筋肉痛)にも見舞われず降りられた。

ここは十字路になっており、観音平へは右(八ヶ岳横断歩道)へ。
RIMG3538s_20231021191343587.jpg

八ヶ岳横断歩道観音平から美し森(大泉町)までの八ヶ岳の裾野を結ぶ、
RIMG3539s_20231021191344246.jpg
全長約16㎞のトレッキングコース。

天女山コースを降りてもこの横断歩道を利用すれば観音平に戻られるが、
RIMG3541s_202310211913475e0.jpg
10㎞以上余分にかかる(-_-;)

総じて歩き易い路面で、岩畳が敷かれた場所も。
RIMG3542s_20231021191347ab9.jpg

緩やかな登りに差し掛かるが、疲れた身体には堪える。
RIMG3543s_202310211913494e5.jpg

登れば当然下るのが道理(笑)
RIMG3544s_20231021191351263.jpg

この階段、歩幅と段差が私に合うので歩き易い。
RIMG3545s_20231021191415091.jpg
でもあんまり下り過ぎないでね。

14:01 分岐(標高約1525m)
RIMG3546s_2023102119141769c.jpg
観音平へは直進し、沢側にさらに降りていく。

涸沢(標高約1512m)を渡って対岸へ(14:03)
RIMG3547s_20231021191418dea.jpg
普段は水は流れていないようだが、天候によっては渡渉する必要があるので注意。

予習して分かっていたが、観音平までの登り返しが待っている(-_-;)
RIMG3548s_20231021191421b02.jpg

東屋が見えてきた(14:20)
RIMG3550s.jpg

14:21 編笠山・権現岳観音平登山口(標高約1566m)
RIMG3551s_20231021191424a20.jpg
権現岳から4時間33分(標準CT3時間35分)で、目標CT(4時間40分)通り。

2日間歩いた編笠山・権現岳を眺めながら、帰宅の途につく。
RIMG3552s_20231021191425b9c.jpg
クイズの答えは13回でした。正解されても何もありませんのでご容赦を(笑)

☆今回歩いたコース☆ (クリックすると拡大します)
amikasayama_gongendake_route_20231016_17.jpg

やっぱり、山っていいね!

編笠山(2524m)、西ギボシ(2640m)、権現岳(2715m)、三ツ頭(2580m)
累積標高差(TOTAL) ↑1478m ↓1479m
累積標高差(2日目) ↑594m ↓1339m
行動時間(2日目) 7時間12分、うち休憩時間 1時間18分
出会った人(2日目) 30人ぐらい 出会った動物 なし
2023年:77・78・79・80座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

TM  

よっし~さん、こんにちは
長旅お疲れさまでした。中身が濃くてなかなかの山歩きでしたね。勿論ヘルメットも必須だし、慎重なる行動を!だね。ご無事お帰りなさい(^^) 私はこっち方面はどこも行ってなくてはるか遠くに見えた、蓼科山霧ケ峰くらいでした。青年小屋と言えば、竹内さんが出迎えていただけるかと思いましたがお留守でしたか。よくテレビなどでご活躍されてるのを見てました。食事も良さそうで、遠い飲み屋も一杯が至福のひととき、ゆっくりまったり最高だね、(夜は大の字で寝れたのでは?(^^:)風邪ひかなかった? 又ね♪

2023/10/27 (Fri) 11:54 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

TMさん こんばんは
遠征していたのでレスが遅くなってすみません。

念願の青年小屋にようやく泊まることができました。
小屋主の竹内さんにも会いたかったんですが、混雑する週末以外はおられないようで残念でした。
夜は寒かったので、携帯カイロを服に貼って、毛布を3枚重ねしてなんとか寝られました。

八ヶ岳エリアは北アルプスとはひと味違った魅力的な山小屋が多いので、機会があれば是非泊まってみて下さい。

2023/10/28 (Sat) 23:09 | EDIT | REPLY |   

なタソ  

いつもiPhoneのSafariで本文を読みながらコメントはChromeで書いておりますが、前回は投稿する稿が重複してしまい失礼しました。

さて編笠山、権現岳ハイクもいよいよ最終日。本日も快晴継続という事で、よっし〜さんの日頃の積徳がもたらした晴天だと言えるでしょう。よいしょっと。今回も楽しませていただきました。

個人的には当面は北アルプスに専念しようと思っていますが、定年後に愛知県の自宅に幽閉されたら、距離的にも近い南アルプスを視野に入れたいと思っております。その際には今回の山行も大いに活用させていただきたいと思っております。

しかし、いつもながらヘルメットがイイ味を出してますね(笑)

2023/10/29 (Sun) 18:19 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんばんは

だから南アルプスじゃなく、八ヶ岳ですって!(笑)

愛知からだと北も中央も南も近くて羨ましい限りです。

あのヘルメットはかれこれ30年以上使っており、よく加水分解しないなと感心しております。
やはり昔のモノは質がいいのですかね。

2023/10/29 (Sun) 19:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (345)
二上コース (145)
二上コース(裏・旧道) (32)
大村コース (20)
角原コース (49)
半田コース・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (5)
大正寺コース (37)
南井コース (5)
四方谷コース (13)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース・三本木コース・生野コース (3)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (7)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (8)
白山 (57)
砂防新道 (25)
砂防新道(残雪期) (8)
砂防新道・観光新道周回 (2)
観光新道 (2)
南竜道 (5)
エコーライン (3)
トンビ岩コース (2)
展望歩道 (1)
平瀬道 (2)
お池巡り (2)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (85)
荒島岳 (7)
経ヶ岳 (7)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (9)
取立山 (7)
赤兎山・大長山 (7)
越前甲 (2)
姥ヶ岳 (2)
大師山 (3)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (8)
バンビライン (7)
天子山 (11)
福井県の山(福井・坂井) (80)
浄法寺山・丈競山 (6)
吉野ヶ岳 (5)
大佛寺山 (3)
下市山 (13)
城山(じょうやま) (19)
三峯城山 (3)
一乗城山 (4)
二本松山 (3)
鷹取山 (3)
丹波岳・広野山 (4)
鯖江経ヶ岳・吉江山 (2)
福井県の山(南越) (155)
日野山 (16)
鬼ヶ岳 (30)
三床山 (23)
ホノケ山 (6)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ岳 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (6)
越知山 (4)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (3)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (3)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
若須岳 (2)
武衛山 (2)
村国山 (3)
長泉寺山 (3)
岩内山 (2)
龍神山 (3)
福井県の山(嶺南) (29)
野坂岳 (7)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
雲谷山 (2)
石川県の山 (33)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (5)
医王山 (3)
鞍掛山 (9)
オンソリ山 (3)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
栃木県の山 (5)
東京都の山 (1)
山梨県の山 (1)
静岡県の山 (5)
長野県の山 (9)
滋賀県の山 (29)
伊吹山 (5)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
虎御前山 (2)
岐阜県の山 (25)
舟伏山 (3)
金華山 (7)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (7)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (4)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (6)
四国の山 (3)
北アルプス (81)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳・五竜岳 (7)
太郎兵衛平 (3)
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳 (4)
涸沢・奥穂高岳 (6)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (9)
赤岳 (6)
編笠山・権現岳 (3)
テン泊 (2)
ウオーキング・マーチ (11)
お遍路 (16)
山行インデックス (14)
山めし・山ごはん (85)
麓の山めし (40)
道具 (15)
山百(百均)グッズ (4)
山雑記 (19)
福井のおすすめスポット (28)
石川のおすすめスポット (4)
滋賀のおすすめスポット (4)
岐阜のおすすめスポット (5)
愛知のおすすめスポット (4)
静岡のおすすめスポット (3)
長野のおすすめスポット (1)
福島のおすすめスポット (4)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (2)
岡山のおすすめスポット (5)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
B級グルメ (286)
グルメ(福井市) (113)
グルメ(坂井市・あわら市) (13)
グルメ(鯖江市・越前町) (34)
グルメ(越前市) (37)
グルメ(永平寺町・勝山市・大野市) (5)
グルメ(嶺南) (10)
グルメ(石川県) (17)
グルメ(富山県) (4)
グルメ(新潟県) (2)
グルメ(長野県) (2)
グルメ(山梨県) (1)
グルメ(東京都) (4)
グルメ(福島県) (3)
グルメ(滋賀県) (7)
グルメ(岐阜県) (12)
グルメ(愛知県) (1)
グルメ(静岡県) (5)
グルメ(三重県) (6)
グルメ(京都府) (2)
グルメ(大阪府) (0)
グルメ(和歌山県) (0)
グルメ(兵庫県) (2)
グルメ(岡山県) (1)
グルメ(広島県) (2)
日常 (11)
青春の想い出の曲 (22)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)