二本松山(273m) 3回目 周回コース

author photo

Byよっし~

2023年9月12日(火) 晴れ

白山ハイク筋肉痛が2日ほど遅れて発症。
普通に歩く分にはいいが、階段を降りる際は生まれたてのバンビのような足使い。
リハビリハイクとして、今日は久しぶりにこの山へ。

二本松山
RIMG2469s_20230912195041af8.jpg
旧松岡町(永平寺町)にある里山で、今回3回目だが前回登ったのは7年前とすっかりご無沙汰。しかも今日は松岡公園側から登るので、こちらからは10年ぶり(-_-;)
 
松岡小学校脇から登山口のある松岡公園へ。
RIMG2470s_20230912195044464.jpg

8:57 松岡公園駐車場(標高約80m)
RIMG2471s_20230912195044247.jpg
町民の憩いの場として、2011(平成23)年から8年間かけて再整備され、2019(平成31)年4月から供用開始された。

10年前とは見違えるほど整備された。
RIMG2472.jpg

RIMG2473s_202309121950477cf.jpg

登山口近くには公衆トイレ(水洗式)も完備。
RIMG2538s_20230912195345f8f.jpg

9:03 二本松山松岡公園登山口(標高約80m)
RIMG2474s_20230912195047428.jpg
標準CTは1時間5分

今年はブナが凶作なので、昨日出没が多発する予測が流れていた。
RIMG2475s.jpg
熊鈴ラジオ火薬銃は欠かさず携帯しています。

まずは階段を登っていく。
RIMG2476s_20230912195051528.jpg

クマかと思ったのか、清掃員の方が思わず振り返る。
RIMG2477s.jpg
ご苦労様です。驚かせてすみません。クマみたいな図体ですが、クマじゃありません(笑)

9:09 乃木山古墳(標高約105m)
RIMG2478s_20230912195107878.jpg
元々古墳があったが、大正3(1994)年に大正天皇ご即位を記念して公園が整備され、日露戦争の英雄、乃木希典(のぎまれすけ)大将の銅像が建立(現在は撤去)されたことに因み、乃木さん山と呼び慕われたのが由来。

古墳は大きく削平されてしまったが、発掘調査後、平成4(1992)年に復元。
RIMG2479s_20230912195110a34.jpg
出土した土器から3世紀中頃の古墳時代初期のものと推定される。

東屋の産土の鐘も健在。
RIMG2480s.jpg
”産土(うぶすな)”とは生まれた土地の守護神のことで、生まれる前から死んだ後まで守護する神とされる。

急階段をよたよた登っていく。
RIMG2482s_20230912195114553.jpg

でも階段登りはそれほど嫌いじゃない。
RIMG2483s_202309121951146fb.jpg

一旦なだらかになるが、
RIMG2484s_202309121951177d7.jpg

また急階段が出現。
RIMG2485s.jpg

9:31 小ピーク(標高約220m)
RIMG2486s.jpg
ようやく急階段が終了。

ここからしばらくはなだらかな稜線歩きとなる。
RIMG2487s_20230912195120050.jpg

9:34 三峰山山城跡(標高約220m)
RIMG2489s_20230912195143034.jpg

以前は古墳時代末期の前方後円墳(三峰山古墳)とされていたが、
RIMG2488s_20230912195124351.jpg
1997(平成9)年に行なわれた発掘調査において、中世における山城(三峰山城)だったことが判明。

ここからは一旦下りながら、進行方向が右(南)に変わる。
RIMG2490s_202309121951462b1.jpg

9:39 東屋(標高約200m)
RIMG2491s_20230912195146580.jpg
10年前はここで昼食を取った。

みたび急階段になる。
RIMG2492s_20230912195149f31.jpg

前方に石舟山古墳(後円部)が見えてきた。
RIMG2494s.jpg

9:52 石舟山古墳(標高約260m)
RIMG2495s_20230912195152363.jpg
全長85m、5世紀中頃の前方後円墳で、第6代首長(越の大王)の墳墓とされる。

江戸時代に乱掘され石棺が出土したことから、石舟山と呼ばれるようになった。
RIMG2493s_2023091219514963f.jpg

後円部にある観音様の石像。
RIMG2496s_202309121951569ca.jpg
以前は剥き出しだったが、雪除けの覆屋が付けられていた。合掌。

前方部から後円部を望む。
RIMG2497s_2023091219515624b.jpg

9:55 鳥越山古墳(標高約267m)
RIMG2498s_20230912195159c9c.jpg
全長約58m、5世紀後半の帆立貝型前方後円墳とされる。

平成13(2001)年に発掘調査が行われ、後円部から石棺石室が発見された。
RIMG2499s_2023091219522271d.jpg
石棺は笏谷石(しゃくだにいし)でできており、未盗掘の内部からほぼ完全な形の人骨や副葬品が確認され、開封せずに埋め戻された。

以前はキレイに草刈りされていたが、現在はご覧の通り。
RIMG2500s_2023091219522420e.jpg

10:01 諏訪間コース合流点(標高約250m)
RIMG2501s_20230912195225fdb.jpg
旧永平寺町側の諏訪間からのルートと合流。標識等はなく、右手の2体の石仏が目印。

7年前はここから登ってきた。
RIMG2502s_20230912195228a99.jpg
諏訪間コースだと山頂まで約20分で到着できる。

10:03 巡視路分岐(標高約260m)
RIMG2503s_20230912195228c50.jpg
今回はここから降りる予定。

10:05 坂上刈田麻呂之墓(標高約266m)
RIMG2504s_20230912195229dde.jpg
征夷大将軍で有名な坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の父である坂上刈田麻呂(さかのうえのかりたまろ)は奈良時代後期の武人で、藤原仲麻呂の乱平定や道鏡排斥の功により、越前守にも任じられた。

10:07 二本松山山頂(二本松山古墳)(標高273m)
RIMG2508s_202309121952351ab.jpg
タイムは1時間4分と標準CT通り。予想通り、誰もいなかった。

矢印付近に三角点(三等・二本松)があるのだが、草が茂っていたのでパス。
RIMG2507s_20230912195235e9b.jpg

墳丘部は一面野草に覆われていた。
RIMG2519s_20230912195305661.jpg

10年前はこんなにキレイだったのに…
IMG_6426.jpg
予算がないのかもしれないが、最初に整備して後はほったらかしという行政アルアルを感じさせる。

全長約89m県内屈指の規模を誇る前方後円墳で、築造年代は5世紀末とされる。
RIMG2505s_20230912195232fcc.jpg
当時越前を治めていた応神天皇五世とされる男大迹王(おほどのおおきみ)、後の第26代継体天皇の時代で、越の大王(第7代)の墳墓とされる。

古墳名所在地形状墳丘長所在山名
第1位六呂瀬山1号墳坂井市前方後円墳140m六呂瀬山(196m)
第2位手繰ヶ城山古墳永平寺町前方後円墳129m手繰ヶ城山(160m)
第3位免鳥長山古墳福井市帆立貝型古墳90m長山(75m)
第4位二本松山古墳永平寺町前方後円墳89m二本松山(273m)
第5位六呂瀬山3号墳坂井市前方後円墳85m六呂瀬山(179m)
第6位石舟山古墳永平寺町前方後円墳85m二本松山(260m)
第7位今北山古墳鯖江市前方後円墳78m今北山(133m)
第8位経ヶ塚古墳越前町前方後円墳71m観音寺山(丹生高裏)
第9位御茸山41号墳福井市前方後円墳70m御茸山(110m)
第9位柄鏡塚古墳福井市前方後円墳70m足羽山

県内TOP10のうち、3基が二本松山周辺にある。

2号石棺からは冠や兜、鎧、鏡、刀剣などの副葬品が良好な状態で出土。
RIMG2506s_20230912195232057.jpg
極めて貴重とされる鍍金冠(ときんかん)鍍銀冠(とぎんかん)眉庇付冑などは東京国立博物館に所蔵されている。

金銅装眉庇付冑(こんどうそうまさびしつきかぶと) (復元模造品)
masabishitsukikabuto.jpg
原品は二本松山古墳から出土し、直径約20㎝(最大約30㎝)、高さ約29㎝で、頂部に金銅製の受け鉢が施されている。東京国立博物館蔵。

今日の一杯は、サッポロ一番 55周年記念信州味噌使用 芳醇仕上げみそラーメン
RIMG2512s_20230912195257369.jpg
数種の信州味噌をブレンドした芳醇な味で、麺にも味噌が練り込んである。

コーヒーを飲みながら、眺望を堪能。
RIMG2510s.jpg
山頂からは西側が開けている。

再開発が進む福井駅前
RIMG2513s_202309121953004ca.jpg
来春開業予定のコートヤード・バイ・マリオット福井が入る高層ビルは、27階建て・地上120m県内最高層建築物

足羽山の先には越前五山越知山(613m)と六所山(698m)
RIMG2515s_20230912195302896.jpg

城山(202m)、乙坂山(289m)の先には、若須岳(564m)
RIMG2514s_202309121953002e0.jpg

そろそろ降りることにしよう(10:50)
RIMG2521s_20230912195305b6d.jpg

山頂直下の産土の鐘も忘れずに鳴らしていこう
RIMG2522s_20230912195308695.jpg

10:53 巡視路分岐(標高約260m)
RIMG2523s_202309121953083cc.jpg
計画通り、の巡視路へ。

黒部から関西に通ずる大黒部幹線(関西電力)支線(荒土線)の巡視路。
RIMG2525s_202309121953281e5.jpg

10:55 荒土線№9鉄塔(標高約243m)
RIMG2527s_20230912195331e29.jpg

巡視路アルアルのプラ階段が出現。
RIMG2529s_20230912195331a76.jpg

11:04 荒土線№8鉄塔(標高約158m)
RIMG2530s_20230912195334c45.jpg

№8を過ぎた先は急階段が続く。
RIMG2531s_20230912195334b26.jpg
プラ階段はあるが、斜めになった部分もあり、滑り易いので慎重に。

11:17 二本松山巡視路登山口(標高約70m)
RIMG2533s_202309121953351af.jpg
下りは27分(標準CT30分) こちらから登る場合は、この橋と巡視路標識が目印。

車を停めた松岡公園まで戻ろう。
RIMG2534s_202309121953381fd.jpg

墓地を抜けた最初の角を右折。
RIMG2535s_20230912195338e73.jpg

こちら側にも駐車場がある。
RIMG2536s_202309121953426f4.jpg

11:27 松岡公園駐車場(標高約80m)
RIMG2537s_20230912195342c08.jpg
結局、山中では清掃員の方以外とは出会わなかった。

☆今日歩いたコース☆ (クリックすると拡大します)
nihonmatsuyama_route_20230912.png

やっぱり、山っていいね!

二本松山(273m)(周回コース)
累積標高差273m
登り 1時間4分、下り 37分、TOTAL 2時間24分
今年1回目・通算3回目
出会った人 2人(清掃員) 出会った動物 なし
2023年:64座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

なタソ  

この山は知りませんでした。松岡にこんな山があったとは。山登りというより、ハードな古墳散策+αといった感じですね。低山蓮チャンのお代わり候補として記憶させていただきます。

2023/09/24 (Sun) 17:05 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんばんは

二本松山はご存じなかったですか、意外です。
確かに山歩きというより、古墳巡りですね。
越の大王たちが眠る墳墓とされるので、是非一度歩いてみてください。

2023/09/24 (Sun) 19:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (345)
二上コース (145)
二上コース(裏・旧道) (32)
大村コース (20)
角原コース (49)
半田コース・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (5)
大正寺コース (37)
南井コース (5)
四方谷コース (13)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース・三本木コース・生野コース (3)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (7)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (8)
白山 (57)
砂防新道 (25)
砂防新道(残雪期) (8)
砂防新道・観光新道周回 (2)
観光新道 (2)
南竜道 (5)
エコーライン (3)
トンビ岩コース (2)
展望歩道 (1)
平瀬道 (2)
お池巡り (2)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (85)
荒島岳 (7)
経ヶ岳 (7)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (9)
取立山 (7)
赤兎山・大長山 (7)
越前甲 (2)
姥ヶ岳 (2)
大師山 (3)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (8)
バンビライン (7)
天子山 (11)
福井県の山(福井・坂井) (80)
浄法寺山・丈競山 (6)
吉野ヶ岳 (5)
大佛寺山 (3)
下市山 (13)
城山(じょうやま) (19)
三峯城山 (3)
一乗城山 (4)
二本松山 (3)
鷹取山 (3)
丹波岳・広野山 (4)
鯖江経ヶ岳・吉江山 (2)
福井県の山(南越) (155)
日野山 (16)
鬼ヶ岳 (30)
三床山 (23)
ホノケ山 (6)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ岳 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (6)
越知山 (4)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (3)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (3)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
若須岳 (2)
武衛山 (2)
村国山 (3)
長泉寺山 (3)
岩内山 (2)
龍神山 (3)
福井県の山(嶺南) (29)
野坂岳 (7)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
雲谷山 (2)
石川県の山 (33)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (5)
医王山 (3)
鞍掛山 (9)
オンソリ山 (3)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
栃木県の山 (5)
東京都の山 (1)
山梨県の山 (1)
静岡県の山 (5)
長野県の山 (9)
滋賀県の山 (29)
伊吹山 (5)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
虎御前山 (2)
岐阜県の山 (25)
舟伏山 (3)
金華山 (7)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (7)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (4)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (6)
四国の山 (3)
北アルプス (81)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳・五竜岳 (7)
太郎兵衛平 (3)
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳 (4)
涸沢・奥穂高岳 (6)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (9)
赤岳 (6)
編笠山・権現岳 (3)
テン泊 (2)
ウオーキング・マーチ (11)
お遍路 (16)
山行インデックス (14)
山めし・山ごはん (85)
麓の山めし (40)
道具 (15)
山百(百均)グッズ (4)
山雑記 (19)
福井のおすすめスポット (28)
石川のおすすめスポット (4)
滋賀のおすすめスポット (4)
岐阜のおすすめスポット (5)
愛知のおすすめスポット (4)
静岡のおすすめスポット (3)
長野のおすすめスポット (1)
福島のおすすめスポット (4)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (2)
岡山のおすすめスポット (5)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
B級グルメ (286)
グルメ(福井市) (113)
グルメ(坂井市・あわら市) (13)
グルメ(鯖江市・越前町) (34)
グルメ(越前市) (37)
グルメ(永平寺町・勝山市・大野市) (5)
グルメ(嶺南) (10)
グルメ(石川県) (17)
グルメ(富山県) (4)
グルメ(新潟県) (2)
グルメ(長野県) (2)
グルメ(山梨県) (1)
グルメ(東京都) (4)
グルメ(福島県) (3)
グルメ(滋賀県) (7)
グルメ(岐阜県) (12)
グルメ(愛知県) (1)
グルメ(静岡県) (5)
グルメ(三重県) (6)
グルメ(京都府) (2)
グルメ(大阪府) (0)
グルメ(和歌山県) (0)
グルメ(兵庫県) (2)
グルメ(岡山県) (1)
グルメ(広島県) (2)
日常 (11)
青春の想い出の曲 (22)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)