チャレンジ 金華山グレートトラバース 前編

author photo

Byよっし~

2023年3月7日(火) 快晴

今年の干支卯(兎)を冠した山は、既に2座(兎越山卯辰山)登頂済。
福井県にあるもう1座、赤兎山(1628m)は6月頃まで林道閉鎖なので、今回は岐阜県の干支の山に遠征しよう。

兎走山(とのやま:172m)
RIMG1031s_2023031206305724a.jpg
金華山(岐阜城)から長良川沿いに東へ5㎞ほどいった先にある山で、読み方は”とのやま”のほか、”とそうざん””うそやま”とも呼ばれている。

単独だと往復1時間もかからないお手軽な山で、さすがにこれだけだと物足りないので、稜線続きの岩田山(270m)や舟伏山(262m)への縦走も検討して調べていたところ、この縦走ルートが目に入る。

”金華山サークルトレイル”
kinkazan_circletrail_route.jpg
兎走山を含む金華山周辺の10座を縦走する、距離約18㎞・累積標高差約1600mにも及ぶ変態さん(健脚者)御用達のルートで、登山SNSなどでは”金華山グレートトラバース(GT)”とも称されている。
標準CTは9時間45分だが、ほとんど変態さんしか歩かないので、平均CTは6~7時間と標準CTの約150~170%のペース(笑)

私には全く無縁のルートだと思っていたが、ルートの各種データを見ていると、地元の白山(2702m:距離(往復)12㎞累積標高差1550m標準CT(往復)7時間30分)より、少しキツめといった感じ。

(もしかするとヘタレな私でもなんとかなるかも…)

問題になるのは行動時間順路
この時期の岐阜市の日の出は6時18分、日の入りは17時53分で、11時間35分
標準CT(9時間45分)に亀足倍率1.3倍を乗じた私の目標CTが12時間40分で、日の出と同時に出発しても日没を1時間ほどオーバーする予測。
もちろんヘッデンは携行するが、初めての山で道迷いしやすい箇所もあるようなので、できるだけ日中時間内で行動したい。

またどちら回りで周回するかという順路は、時計回り反時計回りの2つがあるが、先達のレポなどを参考に反時計回りをチョイス。その理由はおいおいと。
さらにいざという時のエスケープルートなど、プランBプランCも準備。

不安もあったが快晴の予報で、これは実行するしかない!と決意する。
 
0:45 岩戸森林公園駐車場(標高約30m)
RIMG0878s_2023031206224892b.jpg
なお金華山ドライブウェイにはR156(R248)の側道からしか行けません。

朝までここで車中泊zzz
RIMG0879s_20230312062251ccc.jpg

6時前に起床し、200m先の岩戸公園北側駐車場に移動。
RIMG0880s_2023031206225165d.jpg
これまで金華山に登る際には北麓側の長良川河川敷無料駐車場を利用したが、めい想の小径(水手道)馬の背コースからスタートすると、グレートトラバース中に金華山を2回登ることになるので、この岩戸公園側をチョイス。

6:20 岩戸岩窟観音入口(鷹巣山登山口)(標高約45m)
RIMG0882s_2023031206225479e.jpg
金華山登山道の東坂コース大参道コース達目(だちぼく)コースなどへのアクセス起点でもある。なお時計回りで登る場合、駐車場奥の小さな橋を渡って岩戸山(182m)に向かうことになる。

今日は長丁場なので、ドーピングは奮発して赤袋
RIMG0881s_202303120622548e5.jpg
また冷え込んでいたので、フリースを羽織ってハイク開始。もちろん足元は長靴じゃありません(笑)

まずは石段を登っていく。
RIMG0883s_202303120622563c4.jpg
岩戸岩窟観音は奥行約16m・高さ約5mの日本最大級の岩窟本堂で、厳窟観世音菩薩が祀られているそうだ。今回は行程がタイトなので、参拝はパス。

本堂脇から登山道に入る(6:22)
RIMG0884s_202303120622594a8.jpg
目印のリボンがあるだけで、特に標識はなし。

朝文殊ならぬ朝金華と思しき常連さんたちが下ってくる。
RIMG0885s_202303120622592b4.jpg
早いっすね。

道が二手に分かれるが標識はなし。
RIMG0886s_202303120623258ad.jpg
ダウンロードしておいた先達の軌跡を確認してへ。

6:32 鷹巣山登山道分岐(標高約87m)
RIMG0888s_2023031206232941d.jpg
ここで東坂コースや大参道コースに続く妙見峠に向かうルートと分岐するが、鷹巣山への標識等は見当たらず迷い易いので注意。

ややガレ気味のトレイルを登っていく。
RIMG0889s_20230312062329db5.jpg

見事に褶曲したチャート層
RIMG0891s_202303120623324d4.jpg
チャートは古生代のぺルム紀から中生代の三畳紀にかけて、海に棲む放散虫の死骸がゆっくりと堆積してできたとされる。

ルート上にはやたらとこの標識があり、どうやら営林局の作業道のようだ。
RIMG0892s_20230312062332556.jpg

ここで視界が開ける(6:54)
RIMG0893s_202303120623355ad.jpg
眼下に見えるのは車を停めた岩戸公園

眼前には岐阜市街木曽川が広がる。
RIMG0894s_202303120623351a0.jpg

国営木曽三川公園のツインアーチ138や名古屋の高層ビル群も望めた。
RIMG0896s_20230312062337e7a.jpg

西側には日本百名山伊吹山(1377m)
RIMG0895s_20230312062336b4e.jpg

7:04 1座目 鷹巣山(たかのすやま)(標高232m)
RIMG0897s_20230312062339a9b.jpg
ここまで44分(標準CT30分) 版権に問題がありそうな山名表示板が出迎えてくれた(笑)

岐阜城のある金華山(329m)もハッキリと望める。
RIMG0899s_202303120624012ef.jpg
難攻不落の城と呼ばれた岐阜(稲葉山)城だが、実は6回も落城している(笑)

RIMG0900s_20230312062404bc9.jpg

まだ9座もあるので先を急ぐ(7:06)
RIMG0901s_20230312062404901.jpg

しばらく進むと分岐となり、コル方面へ(7:09)
RIMG0902s_20230312062407a7c.jpg
地図には記載されていないが、直進すると達目洞(だちぼくぼら)に至るようだ。

緩やかに下っていく。
RIMG0904s_20230312062407e8a.jpg

7:20 コル(標高約117m)
RIMG0905s_20230312062410288.jpg

になっており、往時は岩戸側と日野側をつなぐ古道だったと思われる。
RIMG0907s_20230312062410399.jpg

洞山方面に登っていく。
RIMG0908s_20230312062413ec3.jpg

しばらくなだらかなトラバース路となる。
RIMG0909s_20230312062413e47.jpg

7:29 分岐(標高約127m)
RIMG0910s_20230312062414a55.jpg
洞山へは直進(右)へ。

どうやら中部電力の巡視路(北岐皐月丘町線)になっているようだ。
RIMG0911s_20230312062441f67.jpg

前方に見えるピークが洞山か?
RIMG0912s_20230312062444ab7.jpg

山頂に向けて緩やかに登り返していく。
RIMG0913s_20230312062444543.jpg

7:54 2座目 洞山(ほらやま)(標高205.5m)
RIMG0915s_20230312062447d50.jpg
この区間は48分(標準CT60分) ここで小休止する。

三角点(四等・洞山)
RIMG0916s_20230312062447310.jpg

木々に囲まれているので眺望はほとんどない。
RIMG0917s_2023031206244884c.jpg

暑くなってきたのでフリースを脱いで先に進む(8:05)
RIMG0921s_2023031206245111e.jpg

やや急な下りで、ロープ場もあった。
RIMG0922s_20230312062451238.jpg

これから進んでいく金華山グレートトラバースの山並み。
RIMG0923s_20230312062453d6d.jpg
まだ全行程の1/4も進んでいない(-_-;)

8:21 分岐(標高約156m)
RIMG0924s_20230312062456a15.jpg
右に下っていくと、尼僧修行道場のある天衣(禅)寺(てんねいじ)に至るようだ。

8:31 3座目 野一色権現山(のいっしきごんげんやま)(標高190m)
RIMG0926s_202303120625176ad.jpg
この区間は26分(標準CT20分)

単に権現山と称されることもあるが、
RIMG0930s_20230312062521b7b.jpg
長良川対岸に権現山(370m)、東にも各務原(かかみがはら)権現山(317m)や芥見(あくたみ)権現山(317m)などがあり、区別するために麓の野一色を冠してこう呼ばれる。

権現とは白山大権現を意味し、条件が良いと白山が望めるようだ。
RIMG0927s_202303120625210f3.jpg

白山大権現 奥之院
RIMG0934s_202303120625244f1.jpg
麓の白山神社の奥之院で、伊弉冊神(いざなみのかみ)伊弉諾神(いざなぎのかみ)菊理姫神(くくりひめのかみ)を祀る。

社の前からは濃尾平野が一望。
RIMG0935s_202303120625257da.jpg

遠くには日本百名山御嶽山(3067m)も望めた。
RIMG0931s_20230312062524b54.jpg

先に進む(8:34)
RIMG0938s_20230312062526cc0.jpg

しばらく下りだけかと思いきや、登り返し(-_-;)
RIMG0939s_20230312062528c1a.jpg

8:44 小ピーク(標高約147m)
RIMG0940s_202303120625298f5.jpg

再び下っていく。
RIMG0941s_20230312062531d6b.jpg

小さな神社の横に降りてくる(8:57)
RIMG0942s_2023031206255109b.jpg

石段を下りて県道92号に合流。
RIMG0943s_20230312062554d69.jpg
この区間は23分(標準CT20分)

8:57 野一色権現山琴塚登山口(標高約20m)
RIMG0945s_20230312062557abe.jpg
なお登った先は分岐しており、権現山方面に向かう場合は神社の前をへ。

登山口前にはドラッグストア(ウエルシア岐阜琴塚店)
RIMG0944s_20230312062554ac4.jpg

次の三峰山登山口まで1㎞ほど歩いていく。
RIMG0946s_202303120625574cb.jpg

この一帯にはコンビニやDSが点在しているので、食料や飲料が補給可能
RIMG0947s_20230312062600877.jpg

クラゲパンってなんだろう?
RIMG0948s_2023031206260009b.jpg

珍しいキクラゲ入りのパンが名物だそうだが、現在休業中
RIMG0949s_2023031206260175f.jpg

三峰山にはこの歩道橋をへ。
RIMG0950s_20230312062604901.jpg

今のところ、ここまでの標準CT(2時間25分)から約40分遅れ
RIMG0951s_20230312062604b28.jpg

陸軍墓地脇の坂(舗装路)を直進。
RIMG0952s_2023031206262644e.jpg

9:18 三峰山日野登山口(標高約41m)
RIMG0953s_20230312062628861.jpg
付近に登山口等の標識はなし。

最初は照葉樹林帯の中を登っていく。
RIMG0954s_202303120626318ba.jpg

次第に路面に岩が露出した急登になる。
RIMG0955s_20230312062631b14.jpg

キツい…
RIMG0956s_20230312062633b74.jpg

背後には歩いてきた金華山グレートトラバースの山並み。
RIMG0957s_20230312062635477.jpg

これを登りきれば山頂か?
RIMG0958s_2023031206263584b.jpg

9:57 小ピーク(標高約195m)
RIMG0959s_20230312062638623.jpg

騙しピークだった Orz
RIMG0960s_20230312062638470.jpg
この付近でようやくハイカーと出会う。

10:18 展望台分岐(標高約233m)
RIMG0962s_20230312062641b37.jpg
直前には急な岩場を登る箇所もある。

アレが展望台のようだが、時間節約と体力温存を考慮してパス。
RIMG0963s_202303120627181c1.jpg

山名板があったが、ここはまだ山頂ではない。
RIMG0964s_20230312062721375.jpg

10:19 分岐(標高約237m)
RIMG0965s_20230312062721939.jpg

右に下ると東登山口(尾崎北町)に至る。
RIMG0966s.jpg

山頂はまだか…
RIMG0967s_20230312062724cce.jpg

10:24 4座目 三峰山(みつみねやま)(標高245m)
RIMG0968s_20230312062727015.jpg
この区間は1時間13分(標準CT50分) 山頂には誰もいなかった。

山頂からはグレートトラバースを始め360度の大パノラマが広がる。
RIMG0969s_2023031206272736a.jpg

北側には日本百名山乗鞍岳(3026m)と御嶽山(3067m)
RIMG0976s_20230312062734a6f.jpg

北東側には笠置山(かさぎやま)(1127m)と日本百名山恵那山(2191m)
RIMG0977s_20230312062800919.jpg

西側には日本百名山伊吹山(1377m)
RIMG0979s_20230312062803330.jpg

南側には濃尾平野が広がる。
RIMG0980s_20230312062803c65.jpg

行動食を取りながら中休止。
RIMG0974s_2023031206273155a.jpg
ザック軽量化と時間節約のためストーブ類はお留守番で、今日の一杯はなし。

これから向かう5座目岩田山(270m)と6座目兎走山(172m)
RIMG0983s_20230312062805004.jpg

もっと絶景を堪能していたかったが、時間がないので先に進む(10:43)
RIMG0984s_20230312062808908.jpg

10:47 分岐(標高約238m)
RIMG0985s_2023031206280723c.jpg
山頂から展望台側に戻ったこの地点が岩田坂側へのルート。標識等はなく、リボンがあるだけなので見落としに注意。

結構激下りで、ロープ場も。
RIMG0986s_202303120628119b2.jpg
時計回りの場合、この急登が待ち構えているので、今回反時計回りにした理由の1つ。

疲労が脚に出始めているので、転倒しないよう慎重に下っていく。
RIMG0987s_20230312062811679.jpg

11:04 分岐(標高約75m)
RIMG0988s_20230312062814f3d.jpg
下りⅠとⅡに分かれており、どちらでも降りられるようだが、やや傾斜の緩そうなへ。

11:12 三峰山岩田坂登山口(標高約64m)
RIMG0990s_2023031206281678d.jpg
下りは29分(標準CT25分)

時計回りの場合は、ここをへ。
RIMG0991s_2023031206284737a.jpg

チャレンジ 金華山グレートトラバース 後編につづく…

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

もひ  

岐阜の山といえば…
やはり金華山でしたか!(笑)

私事ですが昨年金華山に行きまして、パンチ強めの「老人には無理です」看板を拝み、リスに癒やされてきた次第です。

里山なのにかなり急で登りごたえのある山ですね〜

2023/03/15 (Wed) 10:23 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

もひさん こんにちは

一蘭でのレポで読まれていましたね(笑)
もひさんも昨年金華山に、しかも馬の背コースで登られたんですか。
ご指摘の通り、里山でも侮れない山ですね。

2023/03/15 (Wed) 18:16 | EDIT | REPLY |   

なタソ  

これはまたドMなプランですね。福井ドM会総帥としては挑まなければならないでしょう(笑)
初めて金華山、岐阜城を見た時は、これは難攻不落!と思いましたが、6回も落城していたとは拍子抜けです(笑)

2023/03/20 (Mon) 19:42 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん おはようございます。

私よりどえむななタソさん向きのコースですよ。
是非挑戦の吉報をお待ちしております(笑)

ちなみに最後の落城は関ヶ原の戦い時の織田秀信(三法師)が城主時です。

2023/03/21 (Tue) 06:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (345)
二上コース (145)
二上コース(裏・旧道) (32)
大村コース (20)
角原コース (49)
半田コース・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (5)
大正寺コース (37)
南井コース (5)
四方谷コース (13)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース・三本木コース・生野コース (3)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (7)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (8)
白山 (57)
砂防新道 (25)
砂防新道(残雪期) (8)
砂防新道・観光新道周回 (2)
観光新道 (2)
南竜道 (5)
エコーライン (3)
トンビ岩コース (2)
展望歩道 (1)
平瀬道 (2)
お池巡り (2)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (85)
荒島岳 (7)
経ヶ岳 (7)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (9)
取立山 (7)
赤兎山・大長山 (7)
越前甲 (2)
姥ヶ岳 (2)
大師山 (3)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (8)
バンビライン (7)
天子山 (11)
福井県の山(福井・坂井) (80)
浄法寺山・丈競山 (6)
吉野ヶ岳 (5)
大佛寺山 (3)
下市山 (13)
城山(じょうやま) (19)
三峯城山 (3)
一乗城山 (4)
二本松山 (3)
鷹取山 (3)
丹波岳・広野山 (4)
鯖江経ヶ岳・吉江山 (2)
福井県の山(南越) (155)
日野山 (16)
鬼ヶ岳 (30)
三床山 (23)
ホノケ山 (6)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ岳 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (6)
越知山 (4)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (3)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (3)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
若須岳 (2)
武衛山 (2)
村国山 (3)
長泉寺山 (3)
岩内山 (2)
龍神山 (3)
福井県の山(嶺南) (29)
野坂岳 (7)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
雲谷山 (2)
石川県の山 (33)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (5)
医王山 (3)
鞍掛山 (9)
オンソリ山 (3)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
栃木県の山 (5)
東京都の山 (1)
山梨県の山 (1)
静岡県の山 (5)
長野県の山 (9)
滋賀県の山 (29)
伊吹山 (5)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
虎御前山 (2)
岐阜県の山 (25)
舟伏山 (3)
金華山 (7)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (7)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (4)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (6)
四国の山 (3)
北アルプス (81)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳・五竜岳 (7)
太郎兵衛平 (3)
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳 (4)
涸沢・奥穂高岳 (6)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (9)
赤岳 (6)
編笠山・権現岳 (3)
テン泊 (2)
ウオーキング・マーチ (11)
お遍路 (16)
山行インデックス (14)
山めし・山ごはん (85)
麓の山めし (40)
道具 (15)
山百(百均)グッズ (4)
山雑記 (19)
福井のおすすめスポット (28)
石川のおすすめスポット (4)
滋賀のおすすめスポット (4)
岐阜のおすすめスポット (5)
愛知のおすすめスポット (4)
静岡のおすすめスポット (3)
長野のおすすめスポット (1)
福島のおすすめスポット (4)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (2)
岡山のおすすめスポット (5)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
B級グルメ (286)
グルメ(福井市) (113)
グルメ(坂井市・あわら市) (13)
グルメ(鯖江市・越前町) (34)
グルメ(越前市) (37)
グルメ(永平寺町・勝山市・大野市) (5)
グルメ(嶺南) (10)
グルメ(石川県) (17)
グルメ(富山県) (4)
グルメ(新潟県) (2)
グルメ(長野県) (2)
グルメ(山梨県) (1)
グルメ(東京都) (4)
グルメ(福島県) (3)
グルメ(滋賀県) (7)
グルメ(岐阜県) (12)
グルメ(愛知県) (1)
グルメ(静岡県) (5)
グルメ(三重県) (6)
グルメ(京都府) (2)
グルメ(大阪府) (0)
グルメ(和歌山県) (0)
グルメ(兵庫県) (2)
グルメ(岡山県) (1)
グルメ(広島県) (2)
日常 (11)
青春の想い出の曲 (22)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)