紅葉ハイク 藤倉山(643m)・鍋倉山(516m)

author photo

Byよっし~

2020年11月17日(火) 晴れ

日々山が色付いているが、文殊山の紅葉の見頃はまだ少し早そう。
そこで今週も南越前町(旧今庄町)のこの山へ。

藤倉山(643m)・鍋倉山(516m)
RIMG1752s.jpg
北陸街道北国街道が交わる要衝として栄えた今庄宿の背後にある山で、山登りを始めた9年前に1度登っただけとすっかりご無沙汰。
 
R365沿いにあるこの交差点の地名、”燧”って読めますか?
RIMG1754s.jpg
読めないとレポの終盤に何度も出てくるのでご注意を。もっともローマ字でも書かれていますが(笑) 

北陸本線の踏切を渡って今庄市街へ。
RIMG1755s.jpg
ちょうど貨物列車が通過中で、2分ほど待たされた(笑)

踏切を渡ってすぐ右折し駐車場へ(8:58)
RIMG1756s (1)
先行者の車はなく、私が1番乗りのようだ。

登山口にある弘法大師像
RIMG1759s.jpg
ここは地元の方が八ヶ所(350m)と呼ぶ山の登り口で、四国八十八ヶ所を模している。

前回ここから八ヶ所に登って、鍋倉山藤倉山と周回した。
RIMG1757st.jpg
一周約7㎞の周回コースで、今回も同様に周回するつもり。なおイラストでは登り一辺倒に見えるが、何回もアップダウンがあるのでご覚悟を(笑)

9:07 藤倉山ハイキングコース入口(標高約130m)
RIMG1761s.jpg
藤倉山までは約4.3㎞、標準CTは2時間。今より遥かに威勢の良かった前回は標準CT通りで登られたが、現状では無茶な注文。目標CTは亀足倍率1.5倍を乗じた3時間に設定する。

やっぱりいらっしゃるのね!?(笑)
RIMG1760s.jpg
もちろんクマ鈴ラジオ火薬銃は携帯済。

まずは急斜面をつづら折れに登っていく。
RIMG1762s.jpg

沿道に88体石仏が設置されているが、冬支度済でお姿は拝見できず。
RIMG1763s.jpg

紅葉が色づき始めている。
RIMG1764s.jpg

9:15 第一休み場(本堂まで900m)
RIMG1765s.jpg
コース上には何箇所か休憩スペースが設けられている。

時折顔を上げて、紅葉を愛でながら登っていく。
RIMG1766.jpg

9:25 第二休み場(本堂まで700m)
RIMG1767s.jpg

9:33 文殊菩薩(本堂まで600m)
RIMG1768s.jpg

9:34 第三休み場
RIMG1769s.jpg

ベンチも冬支度で撤去されていた。
RIMG1770s (1)

後続のご夫婦に道を譲る。
RIMG1771s (1)
良かった~ ひとりじゃなくて… でも再び彼らの姿を見ることはなかった(笑)

黄色い絨毯の上をよたよた登っていく。
RIMG1772s (1)

9:38 第四休み場(本堂まで500m)
RIMG1773s (1)

9:40 七曲り半入口
RIMG1774s (1)

数えてみると確かに七曲り半あった。
RIMG1775s (1)

9:43 第五休み場(本堂まで300m)
RIMG1776s (1)

9:45 お不動さん分岐
RIMG1777s (1)
左はお不動さんに至るようだが、今回も直進。

木陰からこれから進む鍋倉山藤倉山が見えてきた。
RIMG1778s (1)

9:49 湯尾峠コース合流点(標高約338m)
RIMG1780s (1)

湯尾(ゆのお)峠からの登山道との合流点。
RIMG1781s (1)

三角点(四等・八ヶ所)があるようだが、気が付かず。
RIMG1779s (1)

ここから緩やかな道となる。
RIMG1782s (1)

今回もごくらくばしを渡ります(笑)
RIMG1783s (1)

この階段を登り切れば本堂。
RIMG1784s (1)

八十八ヶ所に因んで88段あると書いてあるが、
RIMG1785s (1)
改めて数えてみると100段近くあった。前回は88段だったと思うが??

9:54 弘法寺(八ヶ所)(標高約350m)
RIMG1786s (1)
ここまで47分。前回(30分)のほぼ1.5倍と想定内(笑)

ドーピング剤で活を入れます。
RIMG1787s (1)

小休止後、約1.2㎞先の鍋倉山に向かう(10:01)
RIMG1788s (1)
ここから先が本格的な登山道になる。

この辺りの紅葉もキレイだった。
RIMG1790s (1)

RIMG1789s (1)

場違いなガードレールも健在(笑)
RIMG1791s (1)

ここから鞍部に向けて50mほど下っていく。
RIMG1792s (1)

右手には先週登ったホノケ山(737m)
RIMG1793s.jpg

前方に見えるのは関西電力送配電㈱鉄塔(北陸幹線)
RIMG1794s.jpg
黒部で発電した電力を運ぶ大黒部幹線の併行幹線として、関西エリアに電力を供給。

下り終わるとしばらくなだらかな尾根歩き。
RIMG1797s.jpg

10:10 鍋倉南谷分岐(標高約310m)
RIMG1799s.jpg

左に行くと鍋倉南谷に至るようだが、地図や案内図には記載なし。
RIMG1798s.jpg

ここからは鍋倉山に向けて標高差200mほど登り返し。
RIMG1800s.jpg

紅葉に癒されながら登っていく。
RIMG1801s.jpg

キレイだな~
RIMG1802s.jpg

10:28 鉄塔(標高約400m)
RIMG1804s.jpg
こちらは北陸電力送配電㈱敦賀火力線

鍋倉山までは残り400m
RIMG1805s.jpg

この付近で顔見知りの方とお会いする。
RIMG1807s.jpg

ここから急登になる(10:35)
RIMG1808s.jpg

ヘロヘロになりながら急登が終了(10:51)
RIMG1809s.jpg

10:53 鍋倉西谷分岐(標高約505m)
RIMG1810s.jpg
鍋倉山はもう少し先だった Orz

この鍋倉西谷ルートも地図等には記載なし。
RIMG1811s.jpg

確か鍋倉山山頂はそんなに遠くなかったはず。
RIMG1812s.jpg

モミジがキレイだ。
RIMG1815s.jpg

10:58 鍋倉山山頂(標高516m)
RIMG1816s.jpg
ここまで1時間51分。9年前(1時間7分)の1.65倍と目標CT(90分)よりだいぶ遅れてしまった、

私製の山名表示板があるだけで、山頂というより登山道の一画のような感じ。
RIMG1817s.jpg

小休止した後、約2㎞先の藤倉山に向かう(11:06)
RIMG1818s.jpg
ピークなのでまた80mほど下ります(涙)

この辺りの紅葉はまさに見頃
RIMG1820s.jpg

11:17 鞍部(藤倉権現跡分岐)(標高約440m)
RIMG1822s.jpg

ここからまた標高差200mほど登り返しとなる。
RIMG1823s.jpg
今日は9月下旬並みの陽気になるらしく、暑くて汗が止まらない。

振り返って先ほど通ってきた鍋倉山を望む。
RIMG1824s.jpg

細かなアップダウンもあり地味に堪える。
RIMG1825s.jpg
こんなにキツかったか?

紅葉に元気を貰いながらよたよた登っていく。
RIMG1826s.jpg

稜線が近づいてきた(11:59)
RIMG1827s.jpg

12:06 稜線出合(標高約640m)
RIMG1828s.jpg
コースはここで左に90度曲がる。なお右に200mほど進んだ先の直下を北陸道の今庄トンネル(L2755m)が貫通している。

藤倉山山頂までは残り500m
RIMG1829s.jpg

落葉した林間をなだらかに進んでいく。
RIMG1830s.jpg

落ち葉のクッションが心地良い。
RIMG1831s.jpg

12:18 藤倉山山頂(標高643.53m)
RIMG1832s.jpg
タイムは3時間11分。目標CT(3時間)は少しオーバーしてしまったが、現状の体力ではまずまず。

ここも山頂というより登山道の一部といった感じ。
RIMG1834s.jpg

登頂記念の三角点(三等・今庄)タッチ。
RIMG1833s.jpg

前回同様、眺めの良い隣の反射板でお昼にしよう。
RIMG1835s.jpg

越前五山の1つ日野山(795m)
RIMG1837s.jpg

先日登った野見ヶ岳(678m)
RIMG1842s.jpg

今日の一杯は、マルちゃん うまいヨゆうちゃんラーメン どっ豚骨ラーメン
RIMG1839s.jpg
神奈川県大和市にあるゆうちゃんラーメンの監修。

鍋倉山側から登ってきたご夫婦と入れ代わりで下山開始(12:58)
RIMG1844s.jpg

燧ヶ城跡までは2.2㎞。あとはひたすら下るだけ。
RIMG1846s.jpg

この付近の紅葉は終盤。
RIMG1847s.jpg

ブナの木々も細いモノが多い。
RIMG1849s.jpg

13:07 白髭神社分岐(標高約570m)
RIMG1850s.jpg
左に進むと白髭神社に至るが、道の状況が分からないので直進。

下るだけだと思いきや、ゆるやかな登り。
RIMG1851s.jpg
前回の歩いた記憶はすっかり忘れてしまった(笑)

13:11 巡視路分岐(標高約590m)
RIMG1852s.jpg
巡視路が多いので標識がありがたい。

なだらかな尾根を軽快に下っていく。
RIMG1853s.jpg

木々が切り開かれ、県境の山並みが望める。
RIMG1854s.jpg

13:16 鉄塔(北陸電力敦賀火力線)(標高約580m)
RIMG1856s.jpg

落葉が進んでいて少し寂しい。
RIMG1857s.jpg

燧ヶ城跡までの中間地点(13:28)
RIMG1858s.jpg

13:31 鉄塔(関西電力北陸幹線)(標高約450m)
RIMG1859s.jpg

今日歩いてきた八ヶ所鍋倉山が望める。
RIMG1860s.jpg

ここから傾斜が急になり、ロープ場も。
RIMG1862s.jpg

13:50 巡視路分岐(標高約255m)
RIMG1863s.jpg
燧ヶ城跡までは残り400m

堀切など山城の遺構が出てくる。
RIMG1864s.jpg

燧ヶ城跡に向けて最後の登り。
RIMG1865s.jpg

13:57 燧ヶ城跡(愛宕山)(標高約270m)
RIMG1867s.jpg
最初の交差点名のクイズの答えは、”ひうち”でした。

別名、愛宕山とも呼ばれている。
RIMG1868s.jpg
おそらく防火の神愛宕権現に因んでこう呼ばれるのだろう。

土橋
RIMG1869s.jpg

13:58 燧ヶ城本丸跡
RIMG1870s.jpg
藤倉山から1時間

燧ヶ城の縄張りは東西に細長い尾根上に広がっている。
RIMG1871s.jpg
麓を北陸街道・北国街道が通っており、古来より戦略上の要衝で、源平合戦時南北朝期戦国期と三度に渡って城が築かれてきた。

ここでも三角点(四等・燧ヶ城)タッチ。
RIMG1876s.jpg

眼下には今庄宿の町並みが広がる。
RIMG1872s.jpg
この風景、戦前の写真と比べてもそれほど変わっていない。

鉄道開通後も北陸トンネルが完成するまで、今庄駅は交通の要衝だった。
RIMG1873s.jpg
この先に北陸トンネル(13.87㎞)があるため、特急の通過待ちをする貨物列車。

本丸櫓跡
RIMG1877s.jpg

遺構を見ながら先に進む(14:06)
RIMG1878s.jpg

虎口
RIMG1879s.jpg

堀切土橋
RIMG1880s.jpg

石垣積みの土塁
RIMG1881s.jpg
復元されたモノでないのなら、おそらく戦国期に築かれたのだろう。

14:09 稲荷神社・観音堂分岐(標高約240m)
RIMG1883s.jpg

観音堂方面に進む。
RIMG1884s.jpg

東麓なので少し日が陰ってきた。
RIMG1885s.jpg

14:16 新羅神社・観音堂分岐(標高約190m)
RIMG1886s.jpg
前回は新羅神社に降りたので、今回は観音堂へ。

シカ除けネットをくぐる。
RIMG1887s.jpg
この一帯はカタクリの群生地だったが、近年は食害に悩まされているようだ。

14:19 愛宕山登山口(観音堂)(標高約155m)
RIMG1888s.jpg

愛宕山から13分、藤倉山から1時間21分
RIMG1889s.jpg

観音堂
RIMG1890s.jpg
創建は慶長20(1615)年で、現在の御堂は昭和3(1928)年に再建。
のちに福井藩第3代藩主となる松平忠昌公が、大坂夏の陣に参陣する際に今庄宿を訪れ、観音堂に戦勝祈願。その功績で下妻藩(3万石)、松代藩(12万石)、越後高田藩(25万石)と着々と出世し、兄忠直の不行跡もあり福井藩(50万5千石)の大大名となった。
これもひとえに観音菩薩の御加護だと感得した忠昌公は、寛永4(1627)年に草庵程度だった堂宇を天童山円通寺とし、観音堂を寄進したとされる。

”義仲の 寝覚の山か 月かなし” 松尾芭蕉
RIMG1891s.jpg
元禄2(1689)年8月14日、奥の細道道中の最終盤、敦賀での名月の晩に詠まれた句とされるが、奥の細道自体には収録されておらず、「芭蕉翁月一夜十五句(荊口句帖)」に収録。

(意味)
燧ヶ城を見ていると、木曽義仲も夜半の寝覚めに、この哀愁ある月が山を照らしている景色を見ていたかと思うと感慨一入だ。

義仲軍は日野川をせき止めて人造湖を作り、平維盛率いる十万の大軍と対峙。
RIMG1892s.jpg
城内の守備方が寝返り一度は落城するも、2年後に倶利伽羅峠の戦いの勝利に余勢を駆って城を奪還した。

車を停めた八ヶ所登り口まで宿場内の旧街道を歩いていく。
RIMG1894s.jpg
喉が渇いたよ~ 何か飲まして…

県内最古の酒蔵とされる堀口酒造(鳴り瓢)で、ここでもイイか!(ウソ)
RIMG1895s.jpg
創業は元和4(1618)年と400年超。ちなみに徳川家康が亡くなったのはその2年前の元和2年。

14:41 藤倉山ハイキングコース入口(標高約130m)
RIMG1896s.jpg
駐車場には私の車だけだった。


やっぱり、山っていいね!


藤倉山(642m)・鍋倉山(516m)・愛宕山(270m)・八ヶ所(350m)
累積標高差727m
登り 3時間11分、下り 1時間21分、TOTAL 5時間34分
今年1回目・通算2回目
出会った人 5人 出会った動物 なし
2020年:66・67・68・69座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

なタソ  

今春に逆まわりで登りましたが、藤倉→鍋倉の下りが急で、鍋倉→藤倉で登らなくて良かったと胸を撫で下ろしましたが、そこを登られるとは流石ドMなよっし〜さんですね(笑)
ブナ林が見事で、秋に登ってみたいと思いましたが果たせずにおります(汗)眺望はほとんど無い山ですが、やはり紅葉は見事ですね(^ー^)

2020/11/21 (Sat) 17:45 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんにちは

そうなんですよね。藤倉⇒鍋倉より鍋倉⇒藤倉の方が急登でキツいんですよね。
私も登っている途中に、逆回りにすれば良かったと後悔しました(笑)

ブナはだいぶ落葉してましたが、十分キレイでした。
ここはハイカーが少ないのでこの時期はおススメです。

2020/11/22 (Sun) 11:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (269)
二上コース (134)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (15)
角原コース (20)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (21)
南井コース (4)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (5)
白山 (51)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (70)
荒島岳 (6)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (8)
取立山 (5)
赤兎山・大長山 (6)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (6)
バンビライン (6)
天子山 (8)
福井県の山(福井・坂井) (54)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (3)
下市山 (5)
城山(じょうやま) (12)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
丹波岳 (2)
広野山 (1)
福井県の山(南越) (117)
日野山 (14)
鬼ヶ岳 (26)
三床山 (13)
ホノケ山 (5)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (4)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (2)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (2)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
福井県の山(嶺南) (26)
野坂岳 (6)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
石川県の山 (26)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (8)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (83)
麓の山めし (36)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (127)
福井のおすすめスポット (16)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
日常 (10)
山雑記 (14)
青春の想い出の曲 (16)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)