大谷山(814m) 県境尾根コース

author photo

Byよっし~

2020年10月6日(火) 晴れ

白山ハイク以降、猛烈な筋肉痛に襲われ、日曜日まで満足に階段を上り下りできなかった。ようやく落ち着いてきたがまだ微かな痛みが残っており、ハードな山行は厳しい有様。
手軽に登られて、眺望の良い山は…

大谷山
RIMG1071.jpg
福井・滋賀県境にある山で、高島トレイルを構成する中央分水嶺でもある。
4年前に滋賀県側のマキノ高原から登ったことがあるが、マキノ側からだと最短ルートの寒風経由でも片道約6㎞、標高差約600mと病み上がりの身体にはかなり堪えそう。
先日つかさんたちのレポで知った県境付近の林道から登るルートだと、片道約1.8㎞、単純標高差約220mで、それぞれ1/3程度と身体に優しい。
登山口まで狭隘な林道を走ることになるが、通行に大きな支障はないようなのでこのルートに決定。
 
美浜町に入りR27の河原市交差点を左折し、県道213へ。
RIMG1026.jpg
河原市(かわらいち)の地名は、すぐ近くを耳川が流れ、対岸には郷市(ごいち)という地名もあるので、かつて河原で市場が開かれたことに由来すると思われる。

まずは新庄集落に向けて県道を走っていく。
RIMG1027.jpg

この巨大な施設は関西電力送配電(株)の嶺南変電所
RIMG1028.jpg
若狭の原発で発電した電力を関西に送る施設で、総面積13万4000㎡と東京ドーム約3個分の広さがあり、500kV対応可能。

松屋(新庄)地区で道が二手に分かれ、折戸谷(粟柄谷)へ(11:35)
RIMG1031.jpg
なお橋を渡ると能登又谷で、大御影山(950m)登山口に至る。

橋を渡ったすぐ先にはモミじんパークという施設がある。
RIMG1030.jpg
モミじん(紅葉神)は美浜町新庄地区公認の鹿をモチーフにしたゆるキャラで、山のパトロールや新庄地区のPRに励んでいるそうで、歳は永遠の2歳だそうだ(笑)

またここには松屋地蔵大権現岳(597m)登山口もある。
RIMG1100.jpg
なんとも仰々しい山名だが山頂まで1時間と手軽で、大御影山に至るルートもあるようなので、こちらにも近々登ってみよう。

実は道に迷ってモミじんパーク側に行ってしまったのは内緒(笑)
RIMG1029.jpg

※クリックすると拡大します。
RIMG1029t.jpg

粟柄関所跡
RIMG1098.jpg
このルートは江戸時代に粟柄越(あわがらごえ)(760m)を経て、近江の鞆結(ともゆい)宿と若狭の彌美(みみ)宿を結ぶ街道で、この地に小浜藩の関所が置かれたとされる。

分岐から大谷山登山口までは約10㎞の林道走行となる。
RIMG1032.jpg
全線舗装済だが1~1.5車線と狭隘で、落石や枝の散乱、対向車との離合もあるのでスピードは控えめに。

11:40 林道分岐(標高約220m)
RIMG1033.jpg
大谷山に向かう粟柄林道(右)と赤坂山に向かう折戸谷林道(左)の分岐。

右の粟柄林道へ。まだ8㎞もあるのか…
RIMG1034.jpg
なお折戸谷林道はモミじんパーク付近で通行止の看板があったが、直近のヤマレコなどで荒れてはいるが通行可能のようだ。

分岐から20分ほど走って登山口前の路肩に到着(12:02)
RIMG1036.jpg
先行者の車はなく、どうやらここから登るのは私だけのようだ。

12:09 大谷山新庄登山口(標高約586m)
RIMG1037.jpg
ここはまだ福井県で、林道をあと20~30m進むと滋賀県に入る。

大谷山山頂までは距離約1.8㎞で、登山口との標高差は約220m
RIMG1038.jpg
標準CTは1時間なので、目標CTは1時間30分

出だしから急登を登っていく(汗)
RIMG1040.jpg

登山道はやや不明瞭だが、リボン等があるので問題なし。
RIMG1039.jpg

10分ほど登ると一旦緩やかになるが、再び急登に変わる。
RIMG1041.jpg

ブナ林の中を登っていくが、俯いているのでほとんど見えていない(笑)
RIMG1042.jpg

ようやく急登が終了(12:34)
RIMG1044.jpg

積雪に耐えてきた根性の木(笑)
RIMG1045.jpg

イノシシくんのお風呂(沼田場)
RIMG1046.jpg

12:39 稜線出合(抜土コース合流点)(標高約723m)
RIMG1047.jpg

右からくる抜土コースと合流。
RIMG1048.jpg

高島トレイルのルートでもあり、黄色いテープが目立ち始める。
RIMG1049.jpg

(きれいだな~)
RIMG1050.jpg
緩やかな稜線なので、前を向いて歩いています(笑)

ここは福井・滋賀県境で、太平洋日本海を隔てる中央分水嶺
RIMG1051.jpg

途中何度か見かけると記されたこの標石。
RIMG1052.jpg

正しくは境界標(けいかいひょう)といい、山林の境界等を示す。
RIMG1053.jpg
これは林野庁が設置したもので、標石の右(南)側が滋賀森林管理署(高島森林事務所)、左(北)側が福井森林管理署(松原森林事務所)の管轄で、それぞれ国有林を管理している。

紅葉の時期もキレイなんだろうな…
RIMG1054.jpg

13:03 小ピーク(標高約810m)
RIMG1055.jpg

”大谷山 もうすこし”とあるがここで小休止(笑)
RIMG1057.jpg

ここは北側にも尾根が広がっているので、逆ルートの際は道迷いに注意。
RIMG1056.jpg

ここから先は植生がブナから灌木類に変わってくる。
RIMG1058.jpg

ヤマトリカブト(山鳥兜)
RIMG1059.jpg
キンポウゲ科トリカブト属。日本三大有毒植物の1つ。

前方が開けてきた。
RIMG1062.jpg

13:14 石庭(いしば)コース合流点(標高約800m)
RIMG1063.jpg
右手の麓から登ってくる石庭コースと合流。登りCTは2時間30分、下りCTは2時間。

前方に大谷山山頂の標柱が見えてきた。
RIMG1064.jpg

下草が茂って登山道が分かりづらいが、これはまだ序の口
RIMG1065.jpg

次第に背丈近くもあるススキが生い茂る中を進んでいく(13:23)
RIMG1066.jpg

下山中のご夫婦から、「道がだいぶ消えているよ」と教えていただく。
RIMG1067.jpg
確かに… 登山道ってどこ?

途中から完全に道を見失い、ススキの稜線をひたすら藪漕ぎ状態。
RIMG1070.jpg
幸運なことに道を外れても極端に歩きづらいことはなく、ススキも柔らかいので特に支障はなし。ただし早朝だと夜露でズボンや靴が濡れてしまうかも。

13:32 大谷山山頂(標高813.65m)
RIMG1071.jpg
タイムは1時間23分と目標をクリア。山頂には誰も居なかった。

登頂記念の三角点(三等・八十千岳)タッチ。
RIMG1072.jpg

少し強めの風が吹いていたが、雄大な琵琶湖が眼前に広がる。
RIMG1073.jpg

眼下には有名なメタセコイア並木
RIMG1074.jpg
また冬ソナごっこしようかな?(笑)

対岸には霊仙山(1094m)やケンケン山(180m)のある沖島
RIMG1075.jpg

少し視線を左にずらすと、日本百名山伊吹山(1377m)
RIMG1077.jpg

また南側には比良山地の最高峰で日本二百名山武奈ヶ岳(1214m)
RIMG1076.jpg

西側には雲谷山(786m)とその先には若狭湾も。
RIMG1079.jpg

4年前は北側にある寒風(かんぷう)側から登ってきた。
RIMG1078.jpg
大きな身体を風防にしてお昼にしよう。

今日の一杯は、カップヌードルカレー(49th Anniversary ver.)
RIMG1080.jpg
1971(昭和48)年9月18日に発売され、来年が50周年。当時は袋麺が1袋約25円のところ1個100円と破格の価格(現在の物価だと約400円相当)で、ねだってもなかなか買ってもらえなかった。

抜土側から登ってきたハイカーと入替で下山開始(14:02)
RIMG1081.jpg

下りも登山道がどこだか全く分かりません(笑)
RIMG1082.jpg

ススキゾーンを抜けてもこの先で何度か道を見失い、ルートファインディング。
RIMG1083.jpg
春先かもう少し寒くなった頃の方が分かり易いのかも。

14:22 石庭(いしば)コース分岐点(標高約800m)
RIMG1084.jpg
ようやく迷路ゾーンを脱出(笑)

ブナを愛でながら軽快に降りていく。
RIMG1085.jpg

14:42 稜線出合(高島トレイル分岐)(標高約723m)
RIMG1086.jpg
下りはつかさん同様、高島トレイル側へ。

こちらの方が少し遠回りで、軽いアップダウンもある。
RIMG1087.jpg

ここから一気に標高を下げていくが、直登している分だけ急な感じ。
RIMG1088.jpg

倒木が道を塞いでいる箇所も。
RIMG1089.jpg
高巻き道が付けられていたので通行可能。

15:04 高島トレイル抜土登山口(標高約580m)
RIMG1091.jpg
下りは1時間2分。これで高島トレイルの大谷山~抜土間を踏破。
軟弱モノなのでスルーハイクではなく、細切れ分割で歩いています(笑)

滋賀県側の林道(川原谷林道)未舗装
RIMG1092.jpg

チェーンで施錠され、進入禁止の看板があり、一般車の通行はできないようだ。
RIMG1093.jpg

河内谷林道も一般車は通行禁止。
RIMG1094.jpg

なんか滋賀県側がロックアウトしているようだ(笑)
RIMG1095.jpg

15:06 大谷山新庄登山口(標高約586m)
RIMG1096.jpg

下山後は嶺南にしかないミニストップでクールダウン。
RIMG1102.jpg
今回は時間が遅かったので断念したが、松屋地蔵大権現岳にも登ってみよう。

☆アクセス☆


やっぱり、山っていいね!


大谷山(813.65m)
標高差227m
登り 1時間23分、下り 1時間2分 TOTAL 2時間57分
今年1回目・通算2回目
出会った人 4人 出会った動物 なし
2020年:56座目

※福井-滋賀県境の山ですが、福井県側から登ったので”福井(嶺南)の山”としました。

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Comments 6

つか  

おはようございます。

またまた私の名前が。
楽ちん山は私に任せて、白山詣でに励んでくださいな(大笑い・・
私は白山は半分あきらめモードです(泣)

ここはいいですよね。濃密のブナ林を抜ければ草原のあの開放感がたまらないです。
でもハイジの様に飛び跳ねて歩けないのが残念ですがね。

2020/10/08 (Thu) 07:51 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

つかさん おはようございます。

また参考にさせていただきました。
つかさんのレポで林道や登山道の様子がよく分かり、助かりました。
手軽に登られて、あの絶景が見られるなんてイイ山ですよね。
あの林道だけはあまり走りたくありませんが、また登ってみたいです。

2020/10/08 (Thu) 10:00 | EDIT | REPLY |   

なタソ  

大谷山ですか!初耳です、と言いながら、YAMAPでフォローしている方が同じ登山口から周回しておられるのを見てプックマークしていたのに気づきました(笑)
嶺南の山々は鹿の食害で下草が根こそぎ食べられてしまっているイメージがありましたが、この山は食害が少なそうですね。山頂に美味しいススキがあると鹿たちに教えてやらなければ…w
しかし山頂からの景色は絶景ですね!またインディアン平原にも似て素敵です。
是非周回コースで歩いてみたいです(^^)ゞ

2020/10/09 (Fri) 05:11 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんばんは

赤坂山から大谷山への県境稜線(高島トレイル)は本当に絶景ですね。
標高はそれほど高くないですけど、冬の風雪が厳しいせいなのか高木は少なく、気持ちの良いトレイルが楽しめます。

健脚のなタソさんなら、以下の周回コースを是非お願いします。

新庄(松屋)⇒(折戸谷林道)⇒粟柄越⇒赤坂山⇒粟柄越⇒寒風⇒大谷山⇒抜土⇒近江坂⇒大御影山⇒ノロ尾⇒松屋地蔵大権現岳⇒新庄(松屋)

もしくは大御影山から⇒大日尾根分岐⇒大日岳⇒大日開拓地⇒(能登又林道)⇒新庄(松屋)
の超大回りでも(笑)

2020/10/10 (Sat) 19:25 | EDIT | REPLY |   

なタソ  

昨日と今日、とある山の周回でコテンパンにヤられまして…
健脚なんてもんは幻だとよく分かりました…
一からやり直しますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

2020/10/11 (Sun) 21:01 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんばんは

なタソさんがコテンパンにやられるとは、どこの山でしょうか。
山レポ楽しみにしています。

2020/10/11 (Sun) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (275)
二上コース (135)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (15)
角原コース (22)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (23)
南井コース (4)
四方谷コース (10)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (5)
白山 (51)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (71)
荒島岳 (6)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (8)
取立山 (6)
赤兎山・大長山 (6)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (6)
バンビライン (6)
天子山 (8)
福井県の山(福井・坂井) (54)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (3)
下市山 (5)
城山(じょうやま) (12)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
丹波岳 (2)
広野山 (1)
福井県の山(南越) (120)
日野山 (14)
鬼ヶ岳 (26)
三床山 (15)
ホノケ山 (5)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ岳 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (4)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
野見ヶ岳(武周ヶ池) (2)
杣山 (2)
藤倉山・鍋倉山 (2)
妙法寺山 (2)
矢良巣岳 (2)
部子山 (2)
福井県の山(嶺南) (26)
野坂岳 (6)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
三国山・赤坂山 (1)
大谷山 (1)
大御影山 (1)
石川県の山 (26)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (8)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
赤坂山・大谷山 (1)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (11)
山めし・山ごはん (83)
麓の山めし (37)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (132)
福井のおすすめスポット (16)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
日常 (11)
山雑記 (15)
青春の想い出の曲 (16)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)