日帰りハイク復活 白山(2702m)

author photo

Byよっし~

2020年6月24日(水) 晴れ時々曇り

例年数回は登ってきた白山
RIMG0101.jpg
だが近年は室堂にすら辿り着けないほど体力が激落ちし、もう日帰りでは厳しいと自覚。
昨年1泊2日の小屋泊でなんとか登拝し、白山登り納めにするつもりだったが、山頂からの神々しい御来光を遥拝し、また日帰り登拝を復活させようと決意する。

少しずつ体力改善を図り、以前ほどのパフォーマンスは期待できないが、なんとか日帰り登拝が可能な程度に回復してきたつもり。
県境を跨いだ移動自粛も解除され決行日を模索していたが、マイカー規制がなく行動時間が一番長く確保できる夏至直後の今がベストタイミング

当初昨日登るつもりだったが、山頂部は風速10m/s以上の強風で登山指数C
翌日は登山指数Aだったので、有給休暇を申請し決行することに(笑)
20200624hakusan_weather.png
 
早起きする自信がなかったので、道の駅恐竜渓谷かつやまで車中泊。
RIMG0053_0623.jpg
九頭竜川沿いの勝山市荒土町松ヶ崎にあり、6月20日にオープンしたばかり。
中部縦貫道(無料)勝山ICから近く、コンビニも隣接しているので便利。

いつも駐車している特設駐車スペース(標高約1230m)は閉鎖中
RIMG0001_20200625214950dd3.jpg
仕方なく本来の駐車場へ。

4:30 別当出合駐車場(標高約1210m)
RIMG0002_20200625214955f3f.jpg
駐車場は上下2段になっており、かろうじて上段に停めることができた。

登山口まで距離約450m、標高差約50mのウォーミングアップ開始(4:50)
RIMG0003_2020062521500330c.jpg

以前はもっと幅の狭い登山道だったが、拡幅され石段も整備されて歩き易い。
RIMG0004_20200625215005dc5.jpg
8年近く歩いていないので知らなかった(笑)

5:00 別当出合登山口(標高約1260m)
RIMG0005_20200625215005326.jpg

まずは登山届をしっかり記入し提出。
RIMG0006_20200625215028cd2.jpg
白山では2017年から登山届の提出が義務化されている。

新型コロナ感染拡大防止で、室堂の春山営業は休止中(6/29まで)
RIMG0007_20200625215032ddb.jpg
なお6/29まで白山荘(自炊棟)が避難小屋として開放されている。

ドーピング剤も忘れずに摂取。
RIMG0008_202006252150391b2.jpg
またOPP対策でトイレ(大)に行ったら、和式だった便器が洋式に変わっていた。
和式の方が接触せず、ふん張れるので良かったのだが、これも時代の流れなのかな?

準備を済ませ登拝開始(5:18)
RIMG0009_20200625215043404.jpg
今日の室堂までの目標CTは、標準CT(4時間)の1.5倍6時間
昨年はもっとゆるゆるで2倍の8時間だったにもかかわらず、8時間40分もかかってしまう不甲斐ない有様だった。

今回もどうなるか分からないが、12時までに室堂に着けない場合、引き返すつもり。
RIMG0010_20200625215047e0d.jpg
万一そうなっても、野草を鑑賞するだけでも良しとしよう。

サイハイラン(采配蘭)
RIMG0011_20200625215112ed9.jpg
ラン科サイハイラン属の多年草。

6:11 中飯場(標高約1550m)
RIMG0012_20200625215125004.jpg
ここまで53分と昨年(71分)より18分改善。トイレと水場が利用可能。
この先の甚之助避難小屋はまだ水場が設置されていないので、補給はここで。

ツクバネソウ(衝羽根草)
RIMG0013_202006252151230e2.jpg
シュロソウ科ツクバネソウ属の多年草。

ササバギンラン(笹葉銀蘭)
RIMG0016_20200625215125f61.jpg
ラン科キンラン属の多年草。通常ギンランは葉より花序が高くなるが、ササバギンランは花序より葉が高い位置にくるか同じ高さとなる。

ゴゼンタチバナ(御前橘)
RIMG0018_20200625215125ef6.jpg
ミズキ科ミズキ属ゴゼンタチバナ亜属の多年草で、白山の主峰御前峰に由来。

クルマバソウ(車葉草)
RIMG0020_20200625215203925.jpg
アカネ科アカネ亜科ヤエムグラ属の多年草。車輪状に輪生する葉の形状に由来。

サンカヨウ(実)(山荷葉)
RIMG0021_20200625215210759.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。この付近はほぼ結実していた。

エンレイソウ(実)(延齢草)
RIMG0022_20200625215214be1.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。別名はタチアオイ

タニウツギ(谷空木)
RIMG0024_20200625215216aa6.jpg
スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
RIMG0025_20200625215216126.jpg
ハエドクソウ科(旧ゴマノハグサ科)ミゾホオズキ属の多年草。

ニリンソウ(二輪草)
RIMG0027_20200625215250189.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

ハクサンチドリ(白山千鳥)
RIMG0028_202006252152587e3.jpg
ラン科ハクサンチドリ属の多年草。

7:14 別当覗(標高約1750m)
RIMG0030_2020062521530585d.jpg
ここまで1時間56分と個人的にはまずまず。途中後続のT○さんたちに道を譲る。

ズダヤクシュ(喘息薬種)
RIMG0031_20200625215303661.jpg
ユキノシタ科ズダヤクシュ属の多年草。喘息(ぜんそく)の咳止薬だったことが由来。

キヌガサソウ(衣笠草)
RIMG0034_202006252153353ed.jpg
シュロソウ科キヌガサソウ属の多年草。別名は鉄人草(大ウソ) 本当はハナガサソウ(笑)

白い花弁に見えるのは萼片で、放射状の葉と同じ数なのが特徴。
RIMG0033_20200625215308c76.jpg

サンカヨウ(山荷葉)
RIMG0037_202006252153409d7.jpg
完全なシースルーじゃなく、レース編み状態でチョット残念(笑)

例年7月中旬頃まで雪渓が残る旧高飯場下も残雪はこれだけ。
RIMG0038_202006252153518d1.jpg

8:14 甚之助避難小屋(標高約1975m)
RIMG0039_202006252153503b3.jpg
ここまで2時間56分と、昨年(4時間12分)より1時間以上改善。

別山(2399m)方面には早くも雲がかかっていた。
RIMG0040_20200625215350dfb.jpg

黒ボコ岩は望めたが、その上空にも厚い雲。
RIMG0041_2020062523534330c.jpg
う~ん、マズイ予感…

行動食と追加ドーピングで燃料補給。
RIMG0042_20200625235349c8d.jpg
休憩していると昔の同僚と偶然再会。

さて後半戦も頑張ろう(8:32)
RIMG0043_20200625235402278.jpg

9:04 南竜分岐(標高約2100m)
RIMG0044_20200625235411a04.jpg

だいぶ雪解けが進んでいるが、この先には雪渓トラバースが待ち構えている。
RIMG0048_20200625235439a67.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
RIMG0049_202006252354508c0.jpg
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。

最初のトラバース箇所が見えてきた(9:29)
RIMG0050_202006252354578aa.jpg

ステップが切ってあるのでツボ足でも問題ないが、下りはポールがあった方がベター。
RIMG0051_202006252354572c7.jpg
言い忘れたが、今日はスパイク長靴で登っている。

リュウキンカ(立金花)
RIMG0053_20200625235456bde.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

ミヤマガラシ(深山芥子)
RIMG0054_20200625235529239.jpg
アブラナ科ヤマガラシ属の多年草。

前方に十二曲がり黒ボコ岩が見えてきた(9:44)
RIMG0055.jpg

ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
RIMG0056_20200625235540d5b.jpg
バラ科ダイコンソウ属の多年草。

ツガザクラ(栂桜)
RIMG0058_202006252355454a0.jpg
ツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。花は同じツツジ科のアカモノに似ているが、葉の形状で区別。

十二曲がり手前のトラバース地点。
RIMG0060_2020062523561447b.jpg
雪渓手前の登山道が細かい落石で埋まってザレているので注意。

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
RIMG0061_202006252356190bc.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
RIMG0064.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。

コイワカガミ(小岩鏡)
RIMG0066_20200625235624f1c.jpg
イワウメ科イワカガミ属の常緑の多年草。

ミヤマタンポポ(深山蒲公英)
RIMG0068_20200625235656282.jpg
キク科タンポポ属の多年草。

リュウキンカ(立金花)
RIMG0067_202006252356236c9.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

この一帯はリュウキンカ天国だった。
RIMG0071_202006252357131b6.jpg

延命水
RIMG0072.jpg
この付近に直前の先行者が落とした靴底のソールがあり、拾って持っていく。

10:18 黒ボコ岩(標高約2320m)
RIMG0073_20200625235713d24.jpg
スタートからジャスト5時間で、目標の6時間以内はどうやら確実。
ソールは休憩していた持ち主に無事返還することができた(笑)

弥陀ヶ原に進むと、前方にはガスがかかっていて御前峰は見えず。
RIMG0074.jpg
登っていく間に取れてくれるといいのだが…

10:37 五葉坂下(エコーライン合流点)(標高約2354m)
RIMG0076.jpg
最後の関門、五葉坂が立ちはだかる。

11:03 白山室堂(標高約2450m)
RIMG0077_20200625235756fb4.jpg
タイムは5時間45分と目標(6時間)をクリア。昨年(8時間40分)と比べると、3時間近く短縮と劇的改善。もっとも普通のハイカーならとっくに山頂に行って戻っているタイムですが(笑)

昨年建設中だった新しいトイレはほぼ完成。
RIMG0078.jpg
早速使わせて貰おうするもまだ最後の仕上げの段階で、利用開始は7月1日からのようだ。

またセンターの中を通って反対側に向かおうとするも、立入り禁止
RIMG0083_20200625235855106.jpg
売店・食堂も休業中で、こちらも営業開始は山開きの7月1日から。

センターを回り込んで奥宮側に進むと、ガスで御前峰は全く見えず。
RIMG0079_20200625235801bf6.jpg
残念だな~ 山頂に行きたかったのに…(ウソ)

まずは腹ごしらえ。
RIMG0081_20200625235805980.jpg
本当は食堂でラーメンでも食べようと思っていたのだが、休業中で食えず終い。

まったりしていると、ガスが取れてきた。
RIMG0082_20200625235849682.jpg
せっかく山頂に行かなくてよい口実ができたのに(笑)

意を決して山頂に向かう(11:48)
RIMG0084.jpg

せっかく向かうんだから、もう少しこのまま晴れていてくれ~
RIMG0085.jpg

12:12 青石(山頂まで残り750m)
RIMG0086_2020062523590607b.jpg

12:24 高天ヶ原(山頂まで残り500m)
RIMG0087.jpg
この先で下山してきたT○さん御一行とすれ違う。あれ?意外と遅い下山ですね。

奥宮にて無事登拝させていただいた御礼の参拝。
RIMG0088.jpg

12:56 白山御前峰山頂(標高2702m)
RIMG0089.jpg
室堂から1時間8分。山頂には誰もいなかった。

登頂記念の三角点(一等・白山)タッチ。
RIMG0090.jpg

予報通り風はそれほどなく、大汝峰(左)と剣ヶ峰(右)は望めたが、
RIMG0091.jpg

北アルプス方面は厚い雲の中。
RIMG0092.jpg

別山も全く見えず。
RIMG0093.jpg

もう少し居たいところだが、時間も遅いので下山開始(13:07)
RIMG0094.jpg
降りる直前にオコジョくんが出てきたのだが、カメラを構える前に岩場に隠れてしまった(涙)

だいぶ足に疲労が溜まり始めており、膝を傷めぬよう慎重に降りていく。
RIMG0095.jpg

13:46 白山室堂(標高約2450m)
RIMG0096.jpg
下りは39分。大多数の日帰り組は下山し、人影はまばら。

センター付近では山開きに間に合わせるべく、職人さんたちが奮闘中。
RIMG0098.jpg
携帯キャリアのS社とA社の方が臨時基地局を開設中だった。伺ったところ雪深いため常設できず、毎年山開き前と小屋じまい前の計2回登ってきて、設置と撤去をされるそうだ。ご苦労様です。(なおD社は光ケーブル回線利用のWi-fi接続で通話可能)

水を補給して下山開始(14:03)
RIMG0097.jpg
以前は3時間かからずに降りられたが、今の状況だと目標4時間が妥当な線。

日没(19:16)が遅く、最終バスの心配もないので、焦らず慎重に降りていく。
RIMG0099.jpg

気持ちイイな~
RIMG0100.jpg

背後を振り返り、御前峰にお別れ。
RIMG0102.jpg
いっぱい遊ばせていただきありがとうございました。また登りにきます。

14:26 黒ボコ岩(標高約2320m)
RIMG0103.jpg
下りも砂防新道へ。

15:10 南竜分岐(標高約2100m)
RIMG0104.jpg

15:30 甚之助避難小屋上部広場(標高約1980m)
RIMG0105.jpg
小屋前のベンチが埋まっているのが見えたので、先代の避難小屋跡の広場で小休止。

この日別山は一度もお顔を見せてくれなかった。
RIMG0106.jpg
休憩していると、登山ショップ遊山行うささんから声を掛けられる。今日は白山行きのため臨時休業されたそうだ(笑)

ソクズ(蒴藋)
RIMG0107.jpg
スイカズラ科ニワトコ属の多年草。古名のクサタズが転訛。別名はクサニワトコ(草接骨木)

16:53 中飯場(標高約1550m)
RIMG0109.jpg
ここで最後の小休止。

足がかなり悲鳴を上げており、明日以降猛烈な筋肉痛に襲われそうで怖い…
RIMG0111.jpg

17:51 別当出合登山口(標高約1260m)
RIMG0112.jpg
下りは3時間48分。18時前に降りることができた。

ご褒美のコーラでクールダウン。
RIMG0113.jpg
う、うめぇ~

18:06 別当出合駐車場(標高約1210m)
RIMG0114.jpg
残っていた車は4台ほどだった。
久しぶりの12時間を超える行動時間ですっかりお腹ペコペコ。
コウちゃんのお店に向かうも、19時台なのに閉っていた。また勝手に早仕舞?(笑)

仕方なく某かつ専門店で期間限定の全力大人飯(チキンカツカレー)でエナジーチャージ。
RIMG0116.jpg
大盛にしたけど、個人的には普通盛でした。


(この日の行程)
4:30別当出合駐車場
5:00別当出合登山口5:18
6:11中飯場(小休止)6:17
7:14別当覗(小休止)7:20
8:14甚之助避難小屋(小休止)8:32
9:04南竜分岐
10:18黒ボコ岩(小休止)10:27
11:03白山室堂(昼食)11:48
12:56白山御前峰山頂(小休止)13:07
13:46白山室堂(小休止)14:03
15:30甚之助避難小屋(小休止)15:40
16:53中飯場(小休止)17:08
17:51別当出合登山口


やっぱり、山っていいね!


白山(2702m)(砂防新道)
標高差1442m
登り 5時間45分、下り 3時間48分、TOTAL 12時間26分
今年1回目、通算35回目
出会った人 120人ぐらい(T〇さん、STさん、うささん他) 出会った動物 オコジョ
2020年:38座目


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 14

-  

こんにちは! 日帰り白山登頂 本当におめでとうございます。 
自分ができたようにうれしいです(笑)
今年はいろいろありまして、一度も山に行ってません。 体もザックもカビているのではないでしょうか(笑)
気持ちの良い所で 散策や外ご飯などして体慣らしをしなくてはと思っています。

よっし~さん 今年はいい感じで調子上がっているようで楽しみですね。
楽しみにしてます!

2020/06/27 (Sat) 14:47 | EDIT | REPLY |   

TM  

よっしーさん、こんばんは!
お久しぶりでしたね。長くお会いしてませんでしたが、全然体形変わってなくて(正直でごめん^^;) お元気で何よりでした。私たちもゆっくり登山でした。 山頂で待ってたんだよ~(それは ないか) 山頂で知り合いのグループと会い、ゆっくりまったりしてました。内心、来ないかな・・ぼちかな?  お会い出来て良かったです。又何処かで会えたらいいね! ほんとお疲れ様でした**

2020/06/27 (Sat) 19:58 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~大明神様、こんばんは。
白山でしたか、大幅な時間短縮出来て本当によかったですね。おめでとうございます。
それも日帰りで。
大明神様はもう日帰りは無理(自分勝手に判断していました。御免なさい)と思っていたのでこれで完全復活ですね!!!!!。

2020/06/27 (Sat) 23:01 | EDIT | REPLY |   

おかん  

よっし~さん、日帰り白山登拝おめでとうございます!!
やっぱり白山は目標であり、バロメーターみたいな感じですよね。
靭帯の術後、2015年6月に白山でよっし~さんに初めてお会いしたんですよ(*^^*)
またお会いできますように!!

2020/06/28 (Sun) 07:43 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

なんとか白山日帰り登拝を復活できました。
しかしすっかりヘロヘロになり、翌日から激しい筋肉痛に襲われ、今もまだ続いています。
今年はまだ一度も登っておられないんですね。
ブログが更新されていないので心配してました。
是非七尾城山で鍛錬してください(笑)

2020/06/28 (Sun) 10:21 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

TMさん こんにちは

最初に追い越されたのが中飯場を過ぎた付近で、その後甚之助、室堂でもお見かけしなかったので、てっきりエコーライン辺りで下山されたのかと思ってましたが、高天原付近でお会いして驚いたのと、意外と遅い(失礼)んだなと安心しました(笑)

体型は確かに変わっていないかも。
コロナ自粛太りで、3月より6㎏ほどブタってますから(笑)

またどこかの山でお会いしましょう。

2020/06/28 (Sun) 10:27 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大Kのりちゃんさん こんにちは

日帰りはもう無理って、失礼な!ヽ(`Д´)ノプンプン
でも今回なんとか登拝できましたが、12時間超の行動時間になってしまい、完全復活はまだまだです。
無理をせずじっくり復調したいと思います。

2020/06/28 (Sun) 10:31 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

おかんさん こんにちは

ありがとうございます。
白山で初めてお会いしたのは、私もよく覚えています。
しかも振り返って調べると、この年は6月に2回、10月にも1回と計3回も白山でお会いしていました。
お互い若くて元気だったんですね(笑)

おかんさんも昨年は大変でしたね。
リハビリ大変でしょうが、是非ご復活されてまた白山でお会いしたいですね。

2020/06/28 (Sun) 10:55 | EDIT | REPLY |   

なタソ  

日帰り復活おめでとうございます!ヽ(´▽`)/
一昨年、昨年と登るペースがどんどんと落ちていかれて、このまま山登りから引退されるのではないかと、大好きだったつボイノリオの深夜放送が終わる間際の時と同様にハラハラしておりましたが、これで一安心です(^^)
これからもどんどん回復されて、是非荒島岳新下山コースからの縦走や三里山縦横無尽など、教科書ブログに未だ記載されていない新たな変態的なページが増えるご活躍を期待しております\(^ω^)/
ともかくお疲れ様でした(^^)ゞ今後の益々のご活躍を楽しみにしております(*^^*)

2020/06/28 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   

もひ  

白山日帰り登拝お疲れ様でした。
自粛ムードの中、体力維持どころか増強されているそのポテンシャルに感服です。
ぜひこれからのハイシーズン、いいお山に巡り合ってください。

2020/06/28 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんにちは

♪きんた負けるな きんた負けるな きんた負けるな~と歌いながら頑張りました(ウソ)
変態コースはなタソさんの専売特許なので、謹んで辞退させていただきます(笑)

2020/06/29 (Mon) 10:52 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

もひさん こんにちは

コロナ自粛で6㎏ほど太ったんですが、なんとか日帰りすることができました。
いろいろ行きたい山があるんですが、今年は山小屋が休業のところも多いので福井の里山中心になりそうです。

2020/06/29 (Mon) 10:54 | EDIT | REPLY |   

Rっち  

コンニチワいつも楽しく拝読させて頂いてます!

ちょうどこの日に私も登ってまして甚之助でよっしーさん(と思われる)に遭遇して体型(笑)とTシャツから「あっよっしーさんかな?」って思いながらも大変お疲れの様なので声を掛けそびれました(笑)

因みに私は早出したので下山途中でした。

日帰り白山復活おめでとうございます!

2020/06/30 (Tue) 04:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

Rっちさん こんばんは

コメントありがとうございます。
甚之助でお会いしていたんですか。
ご指摘の通り、ヘロヘロでした。
お気遣いいただきありがとうございます(笑)

8時台に下山途中ということは、御来光目当てだったんですかね。
私はビビリなので御来光は泊まりでしか厳しいかも。

2020/06/30 (Tue) 20:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (263)
二上コース (134)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (15)
角原コース (19)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (16)
南井コース (4)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (5)
白山 (50)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (69)
荒島岳 (6)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (8)
取立山 (5)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (6)
バンビライン (6)
天子山 (8)
福井県の山(福井・坂井) (53)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (3)
下市山 (5)
城山(じょうやま) (11)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
丹波岳 (2)
広野山 (1)
福井県の山(南越) (100)
日野山 (14)
鬼ヶ岳 (26)
三床山 (11)
ホノケ山 (4)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (3)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (24)
野坂岳 (6)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
石川県の山 (26)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (8)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (32)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (120)
福井のおすすめスポット (16)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
日常 (9)
山雑記 (14)
青春の想い出の曲 (16)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)