城山(波多野城址) (474m)

author photo

Byよっし~

2020年5月12日(火) 晴れのち曇り

大佛寺山を下りてまだ10時台なので、2座目に向かう。
向かったのは同じ永平寺町志比地区にあるこの山。

城山(波多野城址)(じょやま)
DSCN0181_20200513234228eba.jpg
かつて山城があったことからの山名で、地元では”じょやま”と呼ばれている。
なお福井市南部にある城山(じょうやま)を始め、近くには(三峯)城山(片上)城山城山(槇山)など多くの城山が存在して紛らわしいので、ここでは城山(波多野城址)と表記しました。
 
大本山永平寺方面からR364R416(勝山街道バイパス)と走り、光明寺交差点付近で案内看板に従い駐車場へ。

10:51 城山登山用駐車場(友遊広場隣接)(標高約70m)
DSCN0117_20200513233332427.jpg
駐車場には10台ほどの先客。やばっ、ハイカーが多いぞ!?

駐車場内にはいくつか案内看板が設置されている。
DSCN0119_2020051323334195f.jpg

鎌倉前期に志比荘(しひのしょう)地頭(じとう)だった波多野義重公が築城したとされる。
DSCN0123_2020051323342785d.jpg
波多野氏は元々相模国波多野荘(現在の秦野市)を本拠とした幕府の有力御家人で、六波羅(探題)評定衆だった義重公は、曹洞宗の開祖道元禅師と古くから親交があり、禅師が迫害された際に自領である志比荘に招聘し、大佛寺(のちの永平寺)建立に尽力したとされる。
※先ほどの大佛寺山のレポもご参照下さい。

地元の方には馴染み深い山で、志比小学校校歌(1番)にも歌われている。
DSCN0118_20200513233344e03.jpg
なお看板のモチーフになっている白龍は、近くを流れる大河九頭竜川(古名が黒龍(くろたつ)川)と白山信仰が習合した九頭龍大神(黒龍・白龍)伝説に基づくとされる。

電話BOXを利用したインフォメーションBOX
DSCN0121_20200513233342d4c.jpg
城山の情報が入手できるほか、登山届も提出できるが、1枚も提出されていませんでした(笑)

登山者用の水洗トイレ水道(飲用可)も完備と至れり尽くせり。
DSCN0122_202005132333449cb.jpg

扉に貼ってあった「登り口まで約60分」が気になるが…
DSCN0122t.jpg

一抹の不安を抱きながらも登山口へと向かう(10:57)
DSCN0125_20200513233421ad2.jpg

中部縦貫道(E67)のガードをくぐり進んでいく。
DSCN0126_20200513233423676.jpg

墓地の先で二股に分かれ、右側の林道へ。
DSCN0127_20200513233457638.jpg

11:03 城山登山口(林道入口)(標高約100m)
DSCN0128_202005132335059f8.jpg
チェーンがされているが、登山者は右手から迂回できる。

やんちゃなおさるに注意!
DSCN0129_202005132335125f9.jpg
”やんちゃな”という表現が面白い(笑)

コンクリート舗装された林道を緩やかに登っていく。
DSCN0130_202005132335056b3.jpg

標識① これからの道のり なにがあってもつき進もう!
DSCN0131_20200513233507695.jpg
案内看板によると、道中に志比小学校の児童が作成した標識が計20箇所設置されているそうだ。
(なにがあってもつき進もうって、おめぇの母ちゃんが倒れても進むんやな?)
小学生相手に大人げない(笑)

標識② Let's GO!! まだまだ最初だ 頑張ろう ファイト!
DSCN0132_20200513233543878.jpg
ありがとう、頑張るよ。

標識③ あと1700m 頂上はまだまだ先だけど がんばれ
DSCN0134_2020051323355486b.jpg
あ、言い忘れましたが、20箇所全部紹介します(笑)

標識③を過ぎると路面が未舗装に変わる。
DSCN0135_2020051323354875d.jpg

道程標識だけでなく、周辺の植物を解説した表示板も設置されていた。
DSCN0136_2020051323355402a.jpg

製作した子はずっと記憶に残るはずで、素晴らしい野外授業だと思う。
DSCN0137_20200513233555506.jpg

枝やロープで囲われた箇所には希少なあの花が。
DSCN0139_20200513233626018.jpg

キンラン(金蘭)
DSCN0140_20200513233629125.jpg
ラン科キンラン属の多年草で、環境省の絶滅危惧II類 (VU)に指定。

色鮮やかな説明板で、解説も詳しく記されており、コース上で一番秀逸だった。
DSCN0141_2020051323363520f.jpg
花言葉は”眠れる才能”、まさに君のようだね(笑)

ちょうど2株咲いていて、本当にウルトララッキー‼
DSCN0142_20200513233634d21.jpg

標識④ あきらめずに、がんばろう!
DSCN0143.jpg

標識⑤ 最後まであきらめず ゴールをめざそう!
DSCN0144_20200513233724ada.jpg

標識⑥ まだまだ がんばれ!
DSCN0145_2020051323372948c.jpg

標識⑦ 頂上の景色までガンバレ‼ ほかの山も見れるかも
DSCN0146_20200513233728252.jpg
添削するよ(笑) ×見れる ○見られる

途中巡視路の分岐があった(11:22)
DSCN0147_20200513233732ddd.jpg
興味があったが今回はスルー。

3年前(2017年10月19日)に行われた杉の木伐採体験学習の様子。
DSCN0148.jpg
カッパを着ているので生憎の天気だったようだが、みんなイキイキとした表情だ。

駐車場に10台近く停まっていたが、まだ誰ともすれ違っていない。
DSCN0149_20200513233805ecf.jpg
なんでだろう??

標識⑧ GOGO まだ長い道のりをがんばって 楽しく登ろう
DSCN0150_20200513233811ad3.jpg

標識⑨ がんばれ ファイト
DSCN0151_20200513233811db1.jpg

11:26 出発点より1㎞ あと1.3㎞ 登り口まで約30分
DSCN0152_20200513233815e07.jpg
どうやらこの林道はアプローチ路で、本当の登山口はまだまだ先のようだ(汗)

標識⑩ 1000mたっせい
DSCN0153_202005132338143e3.jpg

ここで小鹿(バンビ)に会いました
DSCN0155_20200513233900daa.jpg

嶺北にも鹿の侵略が進んでおり、近い将来野草を食べ尽くす食害山ヒルが心配。
DSCN0156_20200513233906c54.jpg

標識⑪ もうすぐゴール‼
DSCN0154_20200513233858e03.jpg
まだ半分じゃないの? JAROに電話するよ(ウソ)

標識⑫
DSCN0157_20200513233905ead.jpg

11:37 鉄塔展望台(標高約270m)
DSCN0158_20200513233905a54.jpg
立ち寄らずスルー。

標識⑬ 城山の頂上までがんばれ! いい景色が見えるよ
DSCN0159_2020051323394460e.jpg

標識⑭ あともうちょっとがんばろう。 あと600m お弁当が待ってるよ。
DSCN0160_20200513233948a32.jpg
お弁当、本当にあるんやろうな!? なかったら許さんぞ(笑)

標識⑮ ファイト ファイト あともう少しだ
DSCN0161_20200513233953c88.jpg

標識⑯ 
DSCN0162_202005132339505cb.jpg
これはイベント時の模擬店の様子なのかな?

標識⑰ あともうちょっと がんばって
DSCN0164_2020051323395513e.jpg

11:51 出発点より2㎞ あと300m 登り口まで約8分
DSCN0165_202005132340262a9.jpg

標識⑱ もうちょっとで 頂上ですよ
DSCN0166_2020051323403321b.jpg

シロバナニガナ(白花苦菜)
DSCN0167_202005132340338ec.jpg
キク科ニガナ属の多年草。

標識⑲
DSCN0168_20200513234032405.jpg
星座がいっぱいだね。 ♪さぁ 流星にのって 銀河大陸横断鉄道~
この歌、君たちは知らないよな?(笑)

左手前方に何やら建物が見えてきた。
DSCN0169_20200513234036ede.jpg

何だろうと開けてみると、簡易トイレだった。
DSCN0170_20200513234104263.jpg

12:00 林道終点(こもれび散歩道入口)(標高約385m)
DSCN0172_20200513234110664.jpg
登山口から57分と標準CT通り。

標識⑳ ゴール おめでとう
DSCN0174_20200513234116e30.jpg
出発点や途中にあった登り口とはここを指しており、山頂はもう少し先(汗)

おそらくこの先は県指定の文化財(史跡)なので、勝手に標識等が設置できないからなのだろう。
DSCN0173_20200513234113163.jpg

ここまでのなだらかな道のりとは一変し、急な階段を登っていく(汗)
DSCN0175_20200513234117a92.jpg

こんな急斜面だと敵もなかなか攻められない。
DSCN0176_20200513234145a1a.jpg

ユキザサ(雪笹)
DSCN0178_20200513234149bee.jpg
ユリ科マイヅルソウ属の多年草。

しあわせのアーチと記された天然のゲートをくぐると稜線が間近。
DSCN0177_2020051323415484b.jpg

稜線に合流するとなだらかになる。
DSCN0179_20200513234154cbc.jpg

ここで2方向に道があったが、登っている左手へ(12:22)
DSCN0180_20200513234158134.jpg
右の土塁にある大木はオオヤマザクラ

あれが山頂か!?
DSCN0181_20200513234228eba.jpg

12:20 城山山頂(標高473.8m)
DSCN0182_20200513234236ea9.jpg
タイムは1時間17分。山頂にも誰もいなかった。あの車の人たちはハイカーじゃないのかな?

標識や山名表示板が見当たらず不安になり、縄張図とにらめっこ。
DSCN0124t.jpg
ここ(郭A)が山頂でイイんだよね?
三角点(三等・城山)もあるようだが、この時は気付かなかった。

小休止後、土橋を通って経塚方面へ。
DSCN0183_20200513234237bbf.jpg
郭の周辺には戦国末期に構築された畝状竪堀群が広がっている。これらは朝倉氏の本拠地一乗城山でも見られる防御施設で、織田信長の越前侵攻に備えて構築された。

誰もいないのが不安になり、経塚で引き返し下山開始(12:26)
DSCN0184_20200513234241c7a.jpg

眼下を流れる九頭竜川
DSCN0186_2020051323424221e.jpg
確かに山上からだと、麓を監視するには打ってつけ。

でもこんな坂を昇り降りするのは嫌だな~(笑)
DSCN0187_202005132343110b4.jpg

12:37 林道終点(こもれび散歩道入口)(標高約385m)
DSCN0188_20200513234315cab.jpg

あとは林道を下っていくだけ。
DSCN0189_20200513234317f88.jpg
さっきの場所が本当に山頂だったのか不安になるが、もうここまで降りてきてしまったので、あそこが山頂だと自分に言い聞かせる(笑)

13:10 城山登山口(林道入口)(標高約100m)
DSCN0191_202005132343229f5.jpg
下りは44分。結局誰とも出会わなかった。

駐車場に戻っても車は相変わらずそのまま。
DSCN0192_20200513234321084.jpg
近くの家の方に尋ねたところ、全部近くにある会社の社員の車だそうだ(笑)
単調な林道登りが多いが、子供達が作った標識やキンランに出会えて楽しいハイクだった。


☆アクセス☆



やっぱり、山っていいね!

城山(波多野城址) (474m)
標高差404m
登り 1時間17分、下り 44分、TOTAL 2時間17分
今年1回目・通算1回目
出会った人 なし 出会った動物 なし
2020年:30座目


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

なタソ  

なんと!お代わりハイクですか*\(^o^)/*
前回の目標コースタイムを大幅にクリアするなど、全盛期以上のご様子に嬉しい限りです^ - ^
一時弱音を漏らされていた時はこのブログの存亡を心配しましたが、今や全く心配無用ですね(^^)

さてさて、今回も詳報ありがとうございます(°▽°)拝見するところ、頂上部以外は概ねなだらかな山歩きのようですね。白山に登った翌日とか、疲労が溜まっている時に良さそうな山ですね(╹◡╹)

山ヒルですが、鈴鹿の山には多いと聞きましたが、福井ではお目にかかった事がありません。福井にもいるのでしょうか?

2020/05/15 (Fri) 18:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

なタソさん こんばんは

おかげさまでだいぶかつての体力が戻ってきました。
一時は亀足係数1.6~2倍まで落ち込みましたが、現在はおそらく1~1.2倍ぐらいにまで改善した感じです。
※亀足係数とは目標コースタイムを計算するため、標準CTに乗じる係数。
まだ10年前の80%ほどの回復ですが、少しずつ改善していきたいと思います。

城山(じょやま)は8割方林道歩きで、健脚のなタソさんにはちょっと物足りないかもしれませんが、山上には戦国期の大規模な畝状竪堀群がほぼ無傷で残っており、歴史好きならおススメです。
なお北麓の諏訪間側の城山林道を使うと、山頂直下までワープできます。

ヤマビルは福井の場合、嶺南の一部で見られるようで、先月岩籠山で一匹死骸を見かけました。
積雪の多い嶺北は越冬できないのでいないとされてきましたが、今後ますます暖冬小雪が進むと進出してくると思われます。
奴らはシカ(カモシカじゃなくシカ)に寄生していることが多いそうで、シカが増えるとヤマビルも増えるという論理です。

2020/05/15 (Fri) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (261)
二上コース (134)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (15)
角原コース (18)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (15)
南井コース (4)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (5)
白山 (50)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (69)
荒島岳 (6)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (8)
取立山 (5)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (6)
バンビライン (6)
天子山 (8)
福井県の山(福井・坂井) (53)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (3)
下市山 (5)
城山(じょうやま) (11)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
丹波岳 (2)
広野山 (1)
福井県の山(南越) (98)
日野山 (14)
鬼ヶ岳 (25)
三床山 (10)
ホノケ山 (4)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (3)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (24)
野坂岳 (6)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
石川県の山 (26)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (8)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (32)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (118)
福井のおすすめスポット (16)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
日常 (9)
山雑記 (13)
青春の想い出の曲 (16)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)