三里山(346m)周回(出口コース~原コース)

author photo

Byよっし~

2019年12月17日(火) 曇り一時雨

このところコースは違えど、文殊山が続き少々マンネリ。
山歩きのモチベーションを湧かせるべく、久しぶりにこの山へ。

三里山
DSCN8364_20191217220434d0c.jpg
出発前に確認した雨雲レーダーの情報では、11時頃に弱い雨が降る予報だが、1時間ほどで止むようなので予定通り出発。
どうせなら登ったことのないコースでと思い、北麓側の中河地区(中野町)へ。
 
10:19 三里山出口コース駐車場(標高約20m)
DSCN8366_20191217220452285.jpg
10台ほど駐車可能で、先客の車はなし。

入口には中河まちづくり推進協議会が作成した登山道MAPがある。
DSCN8365_20191217220449534.jpg
看板の情報では中河地区には出口コース(上級者向け)原コース(初心者向け)の2つがあり、周回が可能。福井里山トレイルのコースにもなっているようだ。

10:31 出口コース登山口(標高約21m)
DSCN8367_20191217220456972.jpg

上級者向けという記載に少し不安になるも、出口コースをチョイス。
DSCN8368_20191217220459f94.jpg
標準CTは三ツ岩まで約1時間、三ツ岩から三里山山頂までも約1時間の計約2時間なので、目標CTは亀足を考慮して3時間に設定。

登山口脇にあったしいたけ栽培の原木。
DSCN8369_2019121722263707a.jpg

イノシシ除けの扉を開けて登山道へ。
DSCN8370_20191217222645f3b.jpg
通過後は必ず閉めて施錠しましょう。

出だしは造成林の鬱蒼とした谷間を登っていく。
DSCN8371.jpg

すぐに斜面に取り付き、つづら折れに登っていく。
DSCN8372.jpg

支尾根に取り付く(10:39)
DSCN8373_20191217222654a10.jpg

急な箇所にはプラ階段ロープが設置されている。
DSCN8374_2019121722354911b.jpg
もしかすると巡視路を兼ねているのかな?

最近はあまり整備されていないのか、所々倒木崩落した箇所もある。
DSCN8375_20191217223712911.jpg

10:54 なんだ坂入口(標高約150m)
DSCN8376_20191217223606025.jpg

由来は♪汽車ぽっぽ(作詞・作曲:本居長世)の”なんだ坂、こんな坂”のようだ(笑)
DSCN8378.jpg

意を決して、見るからに急登そうな坂を登っていく。
DSCN8377_20191217223611ec1.jpg

なんだ坂、こんな坂、よたよた、よたよた・・・
DSCN8379_201912172245553df.jpg
誰か後ろから押してー!(笑)

あれが三ツ岩?
DSCN8380_20191217224621cd6.jpg
標識等がないので違うようだ Orz

どうにかなんだ坂を登り切る(11:12)
DSCN8381_20191217224614e71.jpg

11:16 三ツ岩分岐(標高約255m)
DSCN8382_20191217224625493.jpg
スタートから45分。標準CT1時間とあったが、意外にあっさりと到着。だいぶ甘めのCTなのかな?

三ツ岩まで5mとあるので寄ってみる。
DSCN8385_20191217224627ebb.jpg
でも岩らしきものが見当たらないのだが・・・

もしかして、コレ??
DSCN8386.jpg
足元の斜面に巨大な岩があるが、パッと見た感じは1つ
しかしよく見てみると、上面に2本の縦溝らしきモノが見えるので、これが三ツ岩と呼ばれる所以なのだろう。登山道MAPの説明では古墳と書いてあったので、露出した玄室なのかも。

視線の先にはホームの文殊山や建設中の北陸新幹線の高架橋が望めた。
DSCN8388_20191217225710235.jpg

予報通り小雨が降ってきたので、休憩がてらカッパの上着を羽織る。
DSCN8387_20191217225656d1a.jpg
最近の天気予報って、本当に正確だ。

さぁ、この先も頑張ろう(11:23)
DSCN8390.jpg

所々堀切らしきアップダウンがあるので、中世にだったと思われる。
DSCN8391.jpg

11:30 P270峰(標高約270m)
DSCN8392.jpg
ここも砦や山城だったのかも。

三里山山頂まで残り1100mで、出口コースの中間地点
DSCN8393.jpg
ただしこの先序盤のような急登はなく、なだらかな稜線歩きとなる。

11:35 中野神社コース分岐(標高約265m)
DSCN8394_20191217231354b7f.jpg
左に行くと中野神社に至るようだが、あまり使われないコースのようだ。

先ほどの地点に松山城跡の石垣があったようだが、気付かず今回パス。
DSCN8395_201912172313449fd.jpg

11:37 関電鉄塔(標高約270m)
DSCN8396_201912172313411d9.jpg

黒部ダムで発電した電力を関西に運ぶ大動脈。
DSCN8397_20191217232522f3e.jpg

ここは西側の眺望が開けており、鬼ヶ岳(533m)、三床山(280m)が望めた。
DSCN8399_2019121723263649d.jpg

11:37 巡視路分岐(標高約280m)
DSCN8400_20191217232551b42.jpg

小雨が降りしきる中、誰もいない登山道を進んでいく。
DSCN8401_201912172325471b4.jpg
もしかして今日この山域にいるのは私だけ?

倒木に付いていた看板。
DSCN8402_20191217232541aaa.jpg

ここは鎌倉期に松山城、南北朝期に二峰城という山城(砦)が築かれたとされる。
DSCN8403.jpg

11:44 三角点(三等・雨降山)(標高293.1m)
DSCN8404.jpg
点名の通り、まさに雨が降っています(笑)

お約束の三角点タッチ
DSCN8406_20191217233510d93.jpg

目指す三里山山頂はまだまだ先。
DSCN8407_20191217233511cd9.jpg

11:45 下新庄コース合流点(標高約280m)
DSCN8408_20191217234654feb.jpg

ここは4年前に登った下新庄コースとの合流点で、見覚えがある。
DSCN8410_20191217234651373.jpg
下新庄コースはもう二度と利用しません(笑)

三里山山頂までは残り800m
DSCN8409_2019121723464158b.jpg

一度歩いているので、この先はだいたい分かる。
DSCN8412.jpg

11:51 原コース連絡路合流点(標高約270m)
DSCN8413.jpg
左に進むと、雨降神社跡水芭蕉群生地を経由して原コースに至る。

この急坂を登りきれば・・・
DSCN8414_20191217235536768.jpg

12:05 川島・原コース合流点(標高約325m)
DSCN8416_20191217235449d5d.jpg

主稜線に合流し、山頂までは残り100m
DSCN8417_2019121723543661f.jpg

12:08 三里山山頂(標高346m)
DSCN8419.jpg
タイムは1時間37分と、目標CT(3h)はおろか標準CT(2h)も楽々クリア。なんでだろう??
ここまで誰とも会わず、山頂にも誰もいなかった。

木々に囲まれているためほとんど眺望がないが、落葉したこの時期は近隣の山々が望める。
DSCN8420.jpg

山めしを担いできたが、あまりお腹が減っていないので降りてからにしよう。
DSCN8421.jpg

先に進むと南三里山(334m)に至るが、帰りが大変なのでパス。
DSCN8422.jpg

小休止後、登ってきた道を下っていく(12:15)
DSCN8423.jpg

所々爆弾(イノシシの糞丘)があるので注意しよう(笑)
DSCN8424.jpg

12:18 出口コース、川島・原コース分岐点(標高約325m)
DSCN8426_20191218002704d36.jpg
下りは川島・原コースへ直進。

このルートは8年前に一度通ったことがある。
DSCN8427_201912180026521d2.jpg

12:21 雨降神社跡分岐(標高約315m)
DSCN8430_201912180027095cb.jpg

雨降神社跡には行ったことがあるのでそのまま直進。
DSCN8429.jpg

予報通り、雨は止んだ模様。
DSCN8431_20191218002701931.jpg

こちらも急な箇所にはロープが設置されているが、足元が若干ガレ気味なので注意。
DSCN8432_20191218003939f26.jpg

12:33 ハゲ山(どつ)(標高約202m)
DSCN8433_20191218003937dbf.jpg

ちょうどここだけ木々が生えておらず、北西側の眺望が開けている。
DSCN8436_20191218003945f73.jpg

向こうの尾根は登りで使った出口コース
DSCN8437_20191218004038f50.jpg

あれ? 原コースはどこだ?
DSCN8435_201912180039476b7.jpg

看板が松の木に隠れて分り難い。
DSCN8438_20191218004044aef.jpg
なお川島コースの案内や標識は見当たなかった。

原コースでなく、砂防ダムとあるが、多分こちらでいいのだろう。
DSCN8439_201912180041065fb.jpg
この付近にリボンか赤テープでもあるといいのに…

落ち葉の絨毯をサクサクと鳴らしながら下っていく。
DSCN8440_201912180040550f6.jpg

水場があるようだがスルー(12:36)
DSCN8441.jpg

急坂をつづら折れに下っていく。
DSCN8442_201912180054083d0.jpg

前方に砂防ダムが見えてきた(12:45)
DSCN8443_201912180054438c1.jpg

12:48 原コース登山口(砂防ダム)(標高約83m)
DSCN8445.jpg
砂防ダムのところで左岸に渡渉し、その先がやや分かりづらかった。

下りは33分。結局誰とも会わなかった。
DSCN8446_20191218005433940.jpg

ここからは林道を下っていく。
DSCN8447_20191218005443662.jpg

12:51 雨降神社跡コース入口(標高約62m)
DSCN8449.jpg
ここからも雨降神社跡に行けるようだ。三里山って本当に奥深い。

前方で何やら工事中で、通せんぼ。
DSCN8450_20191218005559c68.jpg
えっ、通れないの? いったいどうすれば・・・

こんなところを通るの?
DSCN8452.jpg
実は画像左の出入口とある網から出入りするようだが、勘違いしてそのまま直進してしまう。
道幅が狭く、すぐ脇に高圧電線があり、沢を飛び越えるなどなんかおかしいと思った(笑)

北陸新幹線の鯖江第2トンネル(三里山トンネル)の工事現場だった。
DSCN8453_2019121800571791e.jpg

車を停めた駐車場に戻ろう(12:57)
DSCN8457.jpg

県道をよたよた歩いていく。
DSCN8456_2019121801155753f.jpg

ここを進めばもう少し。
DSCN8457.jpg

13:09 中野神社入口(標高約15m)
DSCN8458.jpg

鳥居前にあった山田仙之助君紀功碑
DSCN8459.jpg
山田仙之助って誰? なお揮毫の岡田啓介は、福井県出身の総理大臣で、2・26事件で有名。

説明板によると、山田仙之助翁は鯖江出身の福井県を代表する機業王で、
DSCN8460_20191218011658b87.jpg
手織り織機を大量に生産して、近在の希望者に原材料ともに貸し出し、製品と引き換えに織り手間賃を支払うという画期的な方法、出機(でばた)で財を成したそうだ。
また福井で最初に人絹(レーヨン)織物を製造し、日本初の人絹取引所を設立するなど、繊維王国福井の礎を築くとともに、幼稚園や小学校建設の寄付など地域・社会貢献も行なった。

13:17 三里山出口コース駐車場(標高約20m)
DSCN8461_20191218011704850.jpg

今回歩いたルート
DSCN8455_201912180116209b2.jpg


やっぱり、山っていいね!


三里山(346m)(登り:出口コース、下り:原コース) 
標高差326m
登り 1時間37分、下り 33分、ウォーク 29分、TOTAL 2時間46分
今年1回目・通算4回目
出会った人 なし 出会った動物 なし
2019年:42座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (263)
二上コース (134)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (15)
角原コース (19)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (16)
南井コース (4)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (3)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (5)
白山 (50)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (69)
荒島岳 (6)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
能郷白山 (2)
銀杏峰 (8)
取立山 (5)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (6)
バンビライン (6)
天子山 (8)
福井県の山(福井・坂井) (53)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (3)
下市山 (5)
城山(じょうやま) (11)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
丹波岳 (2)
広野山 (1)
福井県の山(南越) (100)
日野山 (14)
鬼ヶ岳 (26)
三床山 (11)
ホノケ山 (4)
三里山・南三里山・行司岳 (5)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (3)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (3)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (24)
野坂岳 (6)
岩籠山 (3)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
三十三間山 (2)
石川県の山 (26)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (8)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (32)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (120)
福井のおすすめスポット (16)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (4)
日常 (9)
山雑記 (14)
青春の想い出の曲 (16)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)