2017年8月25日(金) 曇り一時雨

初めての南アルプス、2泊3日の北岳・間ノ岳ハイク

ここまでのハイクの様子はこちら
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その1
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その2

灯りの付いた白根御池小屋(4:30)
CIMG2185_201708281615053c3.jpg
タープは朝露でしっとり濡れていたが、雨はほとんど降らなかった様子。
朝飯の準備をしていると、早くもヘッデンを付けたハイカーたちが出発していく。
... 続きを読む
2017年8月24日(木) 曇り時々晴れ

初めての南アルプス、2泊3日の北岳・間ノ岳ハイク

ここまでのハイクの様子はこちら
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その1

12:14 大樺沢二俣(標高約2235m)
CIMG2145.jpg
ここは白根御池小屋に向かう水平ルート、北岳肩の小屋に向かう右俣ルート
北岳山荘に向かう左俣ルートが交差する要衝。
これから各小屋に向かうハイカー、広河原に下山するハイカーが大勢休憩していた。

広河原から標準CT2時間40分のところ、4時間32分と2時間近い遅れという亀足ぶり。
でも今日の行程は、ここから約30分先の白根御池小屋泊まりなので問題なし。
... 続きを読む
2017年8月24日(木) 曇り時々晴れ

ようやく貰えた遅いお盆休みで、初めての南アルプス
今回は2泊3日の日程で、北岳(3193m)と間ノ岳(3189m)に挑戦。
登山口までのアクセス方法や登山ルートの検証を終え、残るのは肝心のお天気

24~26日の北岳のお天気を確認すると、ほぼオールC(涙)
kitadake_weather20170824.png
詳細を見ると、風速10m/s以上の強風の予報だが、麓の南アルプス市の天気は
それほど悪くない。
(どうしよう? 行くか? それとも別の山域に?)

念のため北アルプスや東北エリアの山の予報を確認してみるが、どこもほぼCのオンパレード。
むしろ北アルプスの方が下界の天気もあまり良くなく、南アルプスの方がマシな感じ。
悩んだ末に、予定通り南アルプス行きを決行することにした。
... 続きを読む
お盆休暇中に休日出勤した振替休日で、3連休が貰えることになった。
亀足の私の場合、2連休だとあまり遠くのお山や行程の長いハイクはできないが、
3連休だと選択肢はかなり広がる。

近年の夏の遠征ハイクは、
2013年8月 双六岳・三俣蓮華岳
2014年8月 木曽駒ヶ岳
2015年8月 剱岳
2016年9月 槍ヶ岳

今年は酉年なので鳥海山にしようかな? それとも涸沢デビュー?
はたまた先週悪天候で取り止めた後立山連峰にしようかな・・・
色々と悩んだが、以前からずっと登りたかったこの山へ。

北岳
CIMG2344.jpg
山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山で、南アルプス(赤石山脈)に位置し、
富士山に次ぐ日本第二の高峰である。
日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、
同じく日本百名山の間ノ岳(3189m)、日本二百名山の農鳥岳(3025m)とともに
白峰三山を構成する(Wikipediaより抜粋)
... 続きを読む
白山開山1300年を記念して、”越の大徳”こと泰澄大師
開いた越前五山に登り、スタンプを集めるこの企画。

企画の内容ならびに各山行は以下をご参照下さい。
”越前五山泰澄スタンプ巡り”を検証してみた
越前五山泰澄スタンプ巡り① 吉野ヶ岳(547m)
越前五山泰澄スタンプ巡り② 日野山(795m)
越前五山泰澄スタンプ巡り③ 越知山(613m)
越前五山泰澄スタンプ巡り④ 文殊山(365m)
越前五山泰澄スタンプ巡り⑤ 白山(2702m)

4/25の吉野ヶ岳を皮切りに、7/11の白山に登って無事コンプリート
CIMG1630_201707171020008b3.jpg
五山のスタンプを全て集めると、記念バッヂや日野神社の御守がいただけるのだが、
その交換開始日は8月20日(日)からだが、生憎その日は仕事で、
次の訪問可能な休みはというと、9月2日(土)までない(涙)

県内ハイカーの半数以上が参加していると謂われるこの企画(チョッと大げさw)、
記念バッヂが当初の500個から1000個に増やされたとはいえ、
2週間も後だと予定数終了の恐れも充分ありうる。
どうしよう・・・
... 続きを読む
立山を降りると18時過ぎ。
みくりが池温泉でローフーに入れなかったので、早速ひとっ風呂浴びたいところだが、
車を走らせてR41沿いのこのお店へ。

大衆食堂島田(島田食堂)
CIMG2037.jpg
旧大沢野町(富山市)上大久保にある大衆食堂で、8年ほど前に1度来たことがある。
お盆期間中なので臨時休業かもと心配していたが、看板の灯りを見てひと安心。
... 続きを読む
2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

雄山神社に参拝したのち、大汝山方面に続く縦走路分岐で思案。
予定では大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)の立山三峰を縦走し、
大走りを下って雷鳥沢に戻るプラン。
だが稜線はガスガスで、しかも霧雨のような雨が降っている。

(どうしよう・・・、進むか?戻るか?)

CIMG1974.jpg
ここは標高3000mの稜線上。風雨が激しくなってくれば、遭難や滑落の恐れもありうる。
しかしせっかく立山に来たのに、最高峰の大汝山に登らずに戻るのは悔しいし、
雄山から片道20分ほどなので、最悪天候が悪化するようだったら戻ればいい。
... 続きを読む
2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

一ノ越で小休止した後、雄山山頂(3003m)に向かう(8:36)
いよいよここからが立山登拝の最大の難所。
CIMG1943_201708161734112c7.jpg
距離550mで標高差300mの岩場を一気に登る激登(平均勾配率54.5%≒28.6度)が
待ち構えている。
ちなみに頭上に見えているピークは山頂ではありません(笑)
... 続きを読む
2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

4時に起床。よほど疲れが溜まっていたのか、10時間も寝てしまった。
どうやら雨が降ったようで、タープがしっとりと濡れていたが、起きた頃にはほぼ止んでいた。

雷鳥沢キャンプ場
CIMG1874_20170816172821c81.jpg
テントの中で朝食を採りながら、今日の行程天候をチェック。
白山ではウンともスンとも繋がらないA社のガラケーだが、アンテナバリ3だった(笑)

一ノ越経由で雄山(3003m)に登り、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)
と縦走しながら、大走りルートで雷鳥沢に戻るコース。
標準CTは約6時間で、亀足の私の場合、1.4倍ぐらいの係数としても8時間30分
最終バスが17時40分なので、5時30分に出発して遅くとも15時までに戻るとすると1時間ほど
余裕があるのでなんとかなるだろう。

むしろ心配なのが天候
出発前の予報では登山指数Aだったが、最新予報を確認するとBCに悪化。
てんきとくらすのウソつき!(笑)
... 続きを読む
2017年8月14日(月) 曇り時々晴れ

このところ仕事が忙しく、休日出勤の日々が続く(涙)
運良く休めた日も、雨男のあの御仁が定休日を変更したせいか、軒並み雨(怒)

ようやく貰えた2日間の夏休み
当初は後立山連峰の山にテン泊で登る予定だったが、予報を確認すると
初日は登山指数Aだが、2日目はC
どうやら長野県一帯の高山はどれも同じ予報のようだ(汗)

他の山で予報が良いのを確認していると、この山がヒット。

立山
CIMG1808_20170816172404003.jpg
ご存知、北アルプス立山連峰の主峰で、日本百名山花の百名山に選定。
富士山や今年開山1300年の白山とともに、日本三名山日本三霊山とされる。
同じ立山連峰の剱岳大日岳には登っているが、実はまだ立山に登っておらず、
室堂にすら行ったことがない。
登山口までの交通費がネックで、吝嗇家の私にはどうも足が遠のく山域だった(笑)
... 続きを読む