クラシックルートで上高地へ ③峠の小屋

author photo

Byよっし~

2018年9月24日(月・振替休日) 晴れ時々曇り一時小雨

に立った時、不意にまなかいに現れる穂高の気高い岩峰群は、
日本の山岳景観の最高のものとされていた。
その不意打ちにおどろかない人はいなかった。


『日本百名山』(深田久弥)より。

DSCN4321_201809261845459bb.jpg
島々宿から激闘10時間40分16kmの道のりを登りきって徳本峠(標高2135m)に立つ。
深田翁が言う通り、目交いに神々しい穂高の神々が鎮座する姿に、しばし言葉を失う。
ウェストン知恵子龍之介もきっとこの絶景に心を奪われたことだろう。
 
奥穂高岳(3190m)、前穂高岳(3090m)、明神岳(2931m)を始め、
DSCN4322z.jpg

ジャンダルム(3163m)や間ノ岳(2909m)、西穂高岳(2909m)も望める。
DSCN4323z.jpg

おっと、絶景に見惚れておらず、受付しないと・・・
DSCN4338.jpg
テン泊者はおらず、もしかして私一人?

ここまでの様子はコチラ
クラシックルートで上高地へ プロローグ
クラシックルートで上高地へ ①島々~岩魚留小屋
クラシックルートで上高地へ ②岩魚留小屋~徳本峠小屋

徳本峠小屋(とくごうとうげこや)
DSCN4318.jpg
小屋番の方に遅着をお詫びし、受付していただく。

徳本峠小屋HP

新館の2階が寝所で、私一人だけかと思いきや、1組のご夫婦がおられてひと安心。
DSCN4320.jpg
兵庫からお越しのご夫婦は連泊だそうで、昨日上高地から登ってきて、今日は霞沢岳(2646m)に登ってこられたとのこと。

新館の定員は15名で、2枚の布団で3人がデフォルトだが、この日はほぼ個室状態
DSCN4319_20180926184542daa.jpg
でもご夫婦の話では、三連休中日の昨日(23日)は満員だったそうだ(汗)
夕食(17:30~)までまだ少し時間があるので、付近を散策。

こちらが1923(大正12)年から峠の小屋として営業してきた本館
DSCN4317_2018092618453927a.jpg
歴史は穂高岳山荘(1924年)や槍ヶ岳山荘(1926年)よりも古く、上高地を目指す登山者の英気を養うべくそばやみつ豆、さらにはサイダーカルピスまで提供されていたそうだ。
tokugotouge001.png
徳本峠小屋HPより拝借。『日本北アルプス案内』(1928年「南安日本アルプス休泊所組合」発行)巻末広告。

カルピスってそんな昔からあったのかと思って調べたら、1919(大正8)年発売なので、まさに時代の最先端の飲み物が標高2000m超の山上で提供されていたのは驚き。
でも現在カルピスがないのは別の意味で驚きだった(笑)
2010年に新館が建てられ、現在は資料館や休憩所としての役割がメインとなったが、実はいまだ現役で、ピーク時にはこちらに泊める場合もあるそうだ。

100年近い昔の造りのため梁や桁が低く、しこたま頭をぶつけてしまった(笑)
DSCN4340_201809261915049f0.jpg
2011年に国の登録有形文化財に登録された。

小屋前にある水場
DSCN4337_20180926191437433.jpg
小屋泊まり客は無料だが、テン泊者や通過登山者は有料(1L200円)
最寄りの無料の水場は上高地側に20分ほど下った先(往復40分)なのでご注意を。

水場の横を抜けると、大滝山(2616m)を経て蝶ヶ岳(2677m)に至る縦走路(中村新道)
DSCN4336_20180926191436d59.jpg
なお小屋周辺では携帯(衛星携帯除く)は繋がりません。
繋がるのは霞沢岳の稜線部分で、D社のみだそうだ。

歩いて45秒てんぼう台の標識(17:13)
DSCN4325_201809261913089d4.jpg
明朝は雨かもしれないので、行ってみることに。本当に45秒?

17:15 てんぼう台(標高約2150m)
DSCN4330_2018092619140406a.jpg
私の足だと、85秒かかった(笑)

小屋前より標高が高いため、穂高の峰々がよりキレイに望める。
DSCN4328.jpg
さながら油絵の風景画のようだった。

奥穂高岳(3190m)もいつか登ってみたい!
DSCN4326z.jpg

ジャンダルム(3163m)には一生縁がないだろう(笑)
DSCN4327z.jpg

てんぼう台から先は日本二百名山霞沢岳(2646m)に至る登山道。
DSCN4331_2018092619140609c.jpg
徳本峠小屋に泊まる登山者の多くは、この霞沢岳に登るようだが、私は今回はパス

実は2日目の行程が少し物足りないと思い、この霞沢岳を加えようかと検討したのだが、実はこれがかなりハードなルート。
徳本峠から往復9kmだが、アップダウンが多く、累積標高差↑1230m↓1230mで、標準CTは7時間30分。同泊のご夫婦は往復9時間かかったそうで、本来上高地に降りるつもりだった予定を変更して、連泊されたそうだ。
標準CT以下で歩ける健脚者じゃない限り、2泊3日の行程が一般的らしい。

てんぼう台付近は紅葉がキレイだった。
DSCN4329_201809261914024d6.jpg

小屋前に戻り、登ってきた島々谷側(南東側)を望む。
DSCN4334z.jpg

小嵩沢山(2387m)の先には、昨年登った八ヶ岳(赤岳)(2899m)
DSCN4335z.jpg

部屋に戻ってご夫婦と談笑。
年に夏と秋の2回、北アルプス等の高山をご夫婦で登られており、数年前には白山(2702m)にも登られたそうだ。嬉しいことに白山を”福井の山”だと思われていた。
ええ、実は福井の山だったですが、明治維新で奪われてしまったんですよ(笑)

夕食時刻(17:30)になったので1階の食堂へ。
DSCN4342_201809261915069d3.jpg

メインのハンバーグ天ぷらに加え、サラダや酢の物、デザートまでと豪華。
DSCN4343z.jpg

ハンバーグにはケチャップでニコちゃんマーク(笑)
DSCN4344.jpg
天ぷらも揚げ立てアツアツで美味しかった。

もちろん、ビア(800円)もいっちゃいます!
DSCN4345_20180926191510903.jpg
麓からも500ml缶2本担いできています(笑)
飲み過ぎたせいか、ご飯をお替りしないという珍事が発生!
こりゃ間違いなく、明日はだな(笑)

夜空が明るいなと思っていたら、実はこの日は中秋の名月でした。
酔いと疲れで撮影するのを忘れてしまった(涙)


クラシックルートで上高地へ ④徳本峠~上高地につづく…

(この日の行程)
5:50安曇支所
6:05島々宿登山口
8:00二俣(小休止)8:08
9:26中間ベンチ(小休止)9:36
11:10岩魚留小屋(昼食)11:33
14:44力水(小休止)14:58
16:43徳本峠小屋


やっぱり、山っていいね!


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

ツギロウ  

龍ちゃんといっしょ

よっし~さん こんにちは。

徳本峠からの穂高連峰!素晴らしいですね~
紅葉の美しさとも相まって「日本山岳景観の最高」と称されるのも頷けます。
このルート、存在自体はうっすらと知っていたものの、調べたことはなかったので
今回のレポで、とても趣&歴史のあるコースだと分かり、是非行ってみたくなりました。
後半も楽しみに致しております!

2018/10/02 (Tue) 18:03 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 龍ちゃんといっしょ

ツギ殿(某ブログで省略が流行っているようでw)こんにちは

現在ではマイナーなコースなので、あまり人もおらず静かなハイクが楽しめました。
おススメはやはり島々から上高地へ向かうルートです。
逆ルートよりキツいですが、その分峠に立った時にまなかいに臨む穂高の峰々は荘厳で、まさに神降りる地でした。
ツギ殿なら1泊2日で霞沢岳もOKかと。

2018/10/03 (Wed) 10:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (231)
二上コース (122)
二上コース(裏・旧道) (28)
大村コース (10)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (8)
南井コース (3)
四方谷コース (8)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (47)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (61)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (6)
福井県の山(福井・坂井) (47)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (87)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (22)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (20)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (21)
富士写ヶ岳 (3)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (22)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (64)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (97)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (8)
山雑記 (11)
青春の想い出の曲 (12)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (2)
未分類 (0)