12:36 大文字山火床(標高340m)。
DSC05839.jpg
ちょうど【大】の字の横棒(第一画)にあたり、眼下には千年の都、京都市街が広がる。
春霞で遠方はおぼろげだったが、京都御所や二条城、
DSC05842e.jpg
吉田山や下賀茂神社などはハッキリ分かった。
DSC05841e.jpg

ここは金尾(かなわ)と呼ばれる字形の交点(中心)部分で、
DSC05837.jpg
4基の火床が十字型に配置されている。なんか古代の遺跡っぽいww

金尾の背後には大師堂と呼ばれる、弘法大師を祀った小さなお堂がある。
DSC05836.jpg

火床には、軽くて火に強い大谷石(おおやいし)を使用。
DSC05850.jpg
この大谷石を2つずつ並べた火床に、井桁を組むように薪(割り木)を配置するそうだ。

【大】の文字の右のはらい部分(第三画)で、全長は120mもある。
DSC05838.jpg
大文字には全部で75基の火床があるそうだが、大き過ぎて金尾から全景を望めないほど。
ここから他の送り火の山も望めるのだが、肉眼で確認できたのは「左大文字」
DSC05844e.jpg

松ヶ崎妙法「妙」
DSC05848.jpg
「法」の2箇所のみ。
DSC05847.jpg
残念ながら、船形と鳥居形はみつけられなかった。

金尾の上、【大】の字の突き出た部分に登ってみる。
DSC05853.jpg
また階段だ・・・(汗)
字形の頂点は字頭(じがしら)と呼ばれ、2基の火床がある。
DSC05857.jpg

金尾より20mほど高くなる分、眺めも一段と良くなる。
DSC05854.jpg
この辺りでシートを広げ、食事されている方も多かった。
ここでお昼にしても良かったが、山頂で食べることにして先を急ぐ。

火床から山頂までは約1km。登山道らしくなってきて、
DSC05858.jpg

こんな風にゴツゴツした岩の箇所や
DSC05859.jpg
木の根が張った部分も。
DSC05860.jpg
元々この山域全帯を「如意ヶ岳」と呼んでいたが、現在では西側の前峰(465m)を「大文字山」と呼び、最高点である主峰(472m)を「如意ヶ岳」と呼ぶ。
DSC05863.jpg

登山道にはこのような標識があり、万一の際はこの番号を伝えて位置を知らせるらしい。
DSC05865.jpg
お世話にならないようにしなければ・・・

火床から歩くこと約20分。ようやく山頂が見えてきた。
DSC05867.jpg

13:11 大文字山山頂(465.4m)
DSC05868.jpg
広場には三角点(三等:鹿ヶ谷)や
DSC05870.jpg
丸太のベンチが置いてある。
DSC05874.jpg

山頂からも京都市南西部が望め、
DSC05871.jpg
遙か先には大阪の高層ビル群も微かに望むことができた。
DSC05872.jpg

すっかり喉がカラカラ。
DSC05876.jpg
いただきま~す!
つまみを兼ねた今日の山めしは、シウマイ
DSC05880.jpg
詳しくは山めしにて。
京都なので、食後はもちろん御抹茶をいただく。
DSC05889.jpg
よいお点前どすえ~(笑)

絶景を堪能したので、そろそろ下山しよう(13:58)
DSC05892.jpg
登ってきた道をピストンする方も多いのだが、今回は縦走して山科方面へ向かう計画。

小さいながらも標識があるので、安心と思いきや・・・
DSC05894.jpg

土橋のようなこの道、普通真っ直ぐ行くんだと思いますよね!?
DSC05895.jpg
でも山科・蹴上方面は右の堀切みたいなところを下るのが正解でした。

京都一周トレイルの標識(東山45)。
DSC05896.jpg
右(西)へ行くと鹿ヶ谷方面だし、真っ直ぐ(南)行くと蹴上方面。
ということは、山科方面は左(東)へ行けばいいはず。
でも山科と書いていないし、線も実線でなく点線だし・・・
しかし今回は前回の教訓を生かし、心強い味方のルートマップを持参。
DSC05911.jpg
現在地が多分④の■のところだろうから、左に進むので間違いないはず。

尾根沿いのなだらかな道を進んでいく。
DSC05897.jpg

標識が出てきた。藤尾奥町?
DSC05900.jpg
なんか聞き覚えのある地名だが、これでいいのかな??
キレイに手入れされた杉林の中を歩いていく。
DSC05901.jpg
しかし、どうもおかしい・・・
ルートマップでは先ほどの分岐から200mほどで、尾根出合という分岐に差し掛かる。
200mであれば、通常4~5分もあれば辿りつくはず。
だが既に10分以上歩いているが、道はさらに東へと続いている。
もしかして行き過ぎたのかも・・・
DSC05902.jpg
歩いてきた道を戻ることにする。

10分ほど戻ったところにあった、この地点。
DSC05903.jpg
先ほども通ったのだが、その時は標識や看板がなかったのでスルーしたのだが・・・
ありました!
DSC05904.jpg
こんなのすぐに分かるかい!(笑)

今回はルートマップがあったので、おかしいのが分かって事無きを得たが、
標識だけに頼っていたら、多分そのまま如意ヶ岳方面へ進んでいただろう。
ちなみに藤尾奥町を後で調べたら、京都の東端、比叡山の麓のR161バイパス辺りだった。
DSC05905.jpg

下るにつれ、間伐された倒木が目立ってきた。
DSC05908.jpg

沢に合流し、渡渉したり、
DSC05912.jpg

丸太橋を渡りながら進んでいく。
DSC05909.jpg

道幅が広くなり、林道っぽくなってきた。
DSC05913.jpg
しかし、ここまでまだ誰ともすれ違っていない。このルートはあまり使われないのかな?

左手になんか見えてきた。
DSC05915.jpg

やましなの家という野外教育施設のようだ。
DSC05918.jpg

15:10 山科登山口(標高100m)
DSC05919.jpg
下山タイムは迷ったこともあり、1時間12分もかかった。

リッチな雰囲気の住宅街の中、ぶらぶらと山科駅方面に歩いていく。
DSC05921.jpg

JRのガードをくぐり、合流した山科駅前へと続く細い道。
DSC05930.jpg
これがかつての東海道だそうだ。
DSC05922.jpg

15:40 京阪山科駅(標高60m)
DSC05933.jpg
なんとか無事?ハイク終了。ここから車を停めた浜大津に電車で戻る。

16:00 浜大津駅
DSC05934.jpg

今回の山行、トータル約10kmにもおよび、意外とがっつり歩いた感じ。
また機会があれば、今回知った京都一周トレイルも是非とも歩いてみたい。

本日の行程
26_daimonjiyama_3d.gif
※上記鳥瞰図は、山葵友(さんきゅう)様のHP、山聲(やまびこ)の山行記録(山悠遊)から引用させていただきました。

大文字山(465m)
標高差405m
登り 1時間11分、下り 1時間12分、ウオーク1時間21分、TOTAL 4時間31分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/98-1588a375