飯降山(884m)3回目

author photo

Byよっし~

2018年4月28日(土) 晴れ

今日から巷ではゴールデンウィーク
昨日登った富士写ヶ岳(942m)を始め、メジャーな山はどこも大勢のハイカーで溢れていそう。
賑やかな山は苦手で、静かで眺めが良く、そこそこ登り甲斐がある山といえば・・・

飯降山(いふりやま)
DSCN3069_20180430124859ae6.jpg
そういえば、以前登った際もこんな理由だったっけ?(笑)
 
10:50 飯降公民館駐車場(標高約189m)
DSCN3071_20180430124900232.jpg
ハイカーらしき車が2台。

駐車場の周りには色鮮やかなシバザクラ(芝桜)が咲き誇っていた。
DSCN3072.jpg

大野のシバザクラといえば、乾側(いぬいかわ)地区や丁(ようろ)地区が有名だが、
DSCN3073_20180430124903452.jpg
ヴィオ付近の飯降地区も最近年を重ねるごとに、見事な感じになってきた。

10:57 飯降山登山口(標高約180m)
DSCN3074_201804301249058f8.jpg
山頂まで約2.8km、標高差約700mで、標準CTは2時間
前回は3時間9分だったので、目標は3時間切り。

11:10 飯降白山大権現(標高約235m)
DSCN3075_20180430124918f0f.jpg
神仏習合の飯降白山大権現が祀られており、本地仏は十一面観音菩薩で、垂迹神は伊邪那岐命。

登山道は分岐をへ。
DSCN3076_201804301249200dd.jpg

11:16 1合目(標高約250m)
DSCN3077_20180430124921ad2.jpg

この付近で女性2人組とすれ違う。
DSCN3079_201804301249230ce.jpg
もう山頂に行ってこられたそうだが、早っ!

女性たちから「ヤマツツジ(ミツバツツジ)がキレイですよ!」と言われたが、
DSCN3080.jpg
萎みかけたモノもありそれほどでもない感じで、もしかすると彼女たちは犬山に登っていたのかも。

11:35 2合目(戌山城址コース合流点)(標高約320m)
DSCN3081.jpg
右手へ進むと、最近天空の城の観望地として有名になった戌(犬)山(324m)に至る。
帰りに余力があれば寄ってみよう。

分岐の辺りには、現在の城主イノシシくんが掘り返した穴が多数。
DSCN3082_20180430124941fcd.jpg

トキワイカリソウ(常盤碇草)
DSCN3083.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。

チゴユリ(稚児百合)
DSCN3084.jpg
イヌサフラン科チゴユリ属の多年草。

新緑が目に眩しい。
DSCN3085_20180430124946421.jpg

フジ(藤)
DSCN3086.jpg
マメ科フジ属のつる性落葉木本。

こちらは福井県(嶺北)では一般的な白いイカリソウ。
DSCN3089.jpg

白と紫が両生する場所もある。
DSCN3088.jpg

11:55 3合目(標高約390m)
DSCN3090.jpg
各合目は標高差70mごと(≒700÷10)に設置されている。

12:13 4合目(標高約460m)
DSCN3091.jpg

4合目を過ぎると、福井県有数の急登、飯降山が牙を剥き始める。
DSCN3093.jpg

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
DSCN3094.jpg
ムラサキ科ルリソウ属。

12:21 林道出合
DSCN3095.jpg

前回は登山道が一部崩落していて、林道からロープをよじ登ったのだが、復旧されていた。
DSCN3096_20180430125029ab5.jpg
残念、ロープ登りしたかったのに(ウソ)

おぼろげながらも白山を遥拝。
DSCN3097.jpg

この一帯はイカリソウ天国で、濃い紫、淡い紫、白などが混生していた。
DSCN3098.jpg

ミツバツチグリ(三葉土栗)
DSCN3099_2018043012504972a.jpg
バラ科キジムシロ属の多年草。細長い楕円形の鋸歯の3枚葉が特徴。

依然として急登が続く。
DSCN3101.jpg

12:38 5合目(標高約530m)
DSCN3102.jpg

この辺りは雪解けが遅かったのか、時期外れのカタクリが咲いていた。
DSCN3103_201804301250542e4.jpg

12:58 6合目(標高約600m)
DSCN3105_20180430125113c0a.jpg

13:12 7合目(標高約670m)
DSCN3106.jpg
この付近で後続の3人組に道を譲る。

13:25 ケーブルテレビアンテナ(林道出合)(標高約720m)
DSCN3107.jpg
ここでも小休止。

まだまだ急登が続く・・・
DSCN3108_20180430125118cc6.jpg

13:37 8合目(標高約740m)
DSCN3109_2018043012512017a.jpg

タムシバ(田虫葉)
DSCN3111_20180430125144ff5.jpg
モクレン科モクレン属。

すっかりヘロヘロだが、ブナの新緑が癒してくれる。
DSCN3113_201804301251455e1.jpg

13:53 9合目(標高約810m)
DSCN3115_20180430125147307.jpg
まもなく3時間が経過し、今回も3時間切りはできなかった。

石垣が見えてきたら、山頂まではあと少し。
DSCN3116_20180430125148c89.jpg

ロープ場の最後の急登を登り切ると、
DSCN3117_2018043012515026a.jpg

14:07 御嶽神社(標高約880m)
DSCN3118_20180430125305032.jpg

残雪が一部残っていた。
DSCN3119_20180430125306497.jpg

14:09 飯降山山頂(標高884.3m)
DSCN3121_20180430125308616.jpg
タイムは3時間12分。

先にある奥の院(山頂広場)へ。
DSCN3122_20180430125310c67.jpg

14:13 奥の院(山頂広場)(標高約880m)
DSCN3123_20180430125332b54.jpg
先ほどの3人組がおられた。

今回も麓から担いできた
DSCN3124_20180430125333403.jpg
はるか昔、荒島岳と背比べして負けた飯降山の神様が、少しでも高くなるようにと、
端午の節句に参詣する者は、一片の石を持ってくるように」
と命じ、石を持ってきた者には、1つだけ願いを叶えてくれる伝説があるからだ。
途中、何度捨てようかと思ったことやら(笑)

ようやく遅い昼食にする。
DSCN3125_20180430125335eed.jpg

日本百名山荒島岳(1523m)
DSCN3126_2018043012533687e.jpg
今日はいっぱい登っているんだろうな。

南側には銀杏峰(1441m)や部子山(1464m)
DSCN3127_20180430125338ff9.jpg
銀杏峰の方が荒島岳より残雪が多い感じ。

ひと足先に降りられた3人組に続き、私も下山する(14:37)
DSCN3128_20180430125352e0f.jpg

経ヶ岳(1625m)もそろそろ登ろうかな?
DSCN3131_20180430125353d19.jpg

15:44 2合目(戌山城址コース分岐点)(標高約320m)
DSCN3132_2018043012535504a.jpg
だいぶバテしまったので、犬山はまた別の機会に。

16:04 飯降山登山口(標高約180m)
DSCN3135_20180430125356d92.jpg
下りは1時間27分。

2日続けての急登で、すっかりヘロヘロ。
身体へのダメージも大きく、現在激しい筋肉痛に襲われています(笑)


やっぱり、山っていいね!


飯降山(884m)
標高差704m
登り 3時間12分、下り 1時間27分、TOTAL 5時間7分
今年1回目・通算3回目
出会った人 8人 出会った動物 なし
2018年:26座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

kozakura2702  

復旧したのですねー♪

よっし~さん、こんにちは。
おひさしぶりです。

飯降山は私もGWに登ったことがあります。
4合目の崩壊地点は復旧したのですね。
そろそろ行きたいなぁと思っていたものの、そこだけが気になって二の足を踏んでいました。
そこによっし~様のこのレポ。ありがたや~です。
近日中に行くお山候補にしたいと思います。

※追伸※
帰りに寄れたら寄ろうは100%寄りません。
本当に行きたいならば行きで行っておくべきです。経験者です。笑

2018/05/07 (Mon) 19:23 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 復旧したのですねー♪

kozakura2702さん こんばんは
コメントありがとうございます。

確か2年前のレポの際もコメントいただきましたね。
拙レポが参考になったのなら光栄です。

崩落個所は手前の倒木のあった場所に新たな道が付け替えられており、特に危険はありません。
もっともkozakuraさんの技量だったら、ロープのままでも支障なさそうだと思います。


>帰りに寄れたら寄ろうは100%寄りません。

なるほど、真理ですね(笑)
分岐までは寄る気満々でしたが、分岐で下山後のアイスの誘惑に負けて、とっとと降りてしまいました。
今後肝に銘じます(笑)

2018/05/08 (Tue) 02:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (231)
二上コース (122)
二上コース(裏・旧道) (28)
大村コース (10)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (8)
南井コース (3)
四方谷コース (8)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (47)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (61)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (6)
福井県の山(福井・坂井) (47)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (87)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (22)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (20)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (21)
富士写ヶ岳 (3)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (22)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (64)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (97)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (8)
山雑記 (11)
青春の想い出の曲 (12)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (2)
未分類 (0)