Wイチゲ天国 天子山(572m)

author photo

Byよっし~

2018年4月3日(火) 晴れ時々曇り

連日20℃以上の暖かい日が続き、山々の雪解けも一段と進んだ感じ。
毎年恒例のこの山へ。

天子山(あまごやま)
DSCN2049_20180404115256686.jpg
2013年に初めて登って以来、毎年皆勤賞の山で、この山に登らないと春が来たと感じられないほど。
今年は豪雪だったのでまだ少し早い気もするが、週末は芳しくない予報だったので偵察がてら登ることにした。
 
R158で大野に入り、登山口のある大矢戸地区へ。
DSCN2047_2018040411525417b.jpg

登山口に続く林道入口にはイノシシ除けの電気柵がある。
DSCN2050_20180404115256948.jpg
通過後は元通りに戻すのを忘れずに。

9:32 天子山(行人岩)登山口駐車場(標高約217m)
DSCN2051_20180404115258948.jpg
先客の車は2台。

行人岩休憩所
DSCN2052.jpg

シモクレン(紫木蓮)
DSCN2053.jpg
モクレン科モクレン属の落葉低木。まだ蕾だった。

9:35 行人岩参拝登山道(天子山登山口)(標高約218m)
DSCN2054.jpg
山頂(展望台)までは距離約900m、標高差約360mで標準CTは1時間
昨年は1時間29分だったが、亀足が加速しているので、目標CTは2時間。

例年、登山口近くではミヤマカタバミを見かけるのだが、今年は見当たらず。

キクザキイチゲ(白)(菊咲一華)
DSCN2055_2018040411531814a.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

カタクリも新芽が出始めたばかりで、やはり少し早かったかな?
DSCN2058_20180404115320445.jpg

エンレイソウ(延齢草)
DSCN2059_20180404115321d47.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

9:41 林道出合①
DSCN2060_201804041153383ed.jpg
最初の林道出合を過ぎると、急に華やかになってきた。

カタクリ(片栗)
DSCN2063_201804041153397a7.jpg
ユリ科カタクリ属の多年草。

この辺りはまだ咲き始めといったところ。
DSCN2073_20180404115453d47.jpg

ミノコバイモ(美濃小貝母)
DSCN2068_20180404115341806.jpg
ユリ科バイモ属の多年草。環境省の絶滅危惧II類(VU)に指定。

下の群生地はまさにピークのようで、目視できただけでも50株以上あった。
DSCN2069_20180404115342cff.jpg

今年は登山道脇にもいっぱい咲いている。
DSCN2070_201804041153445cb.jpg

ミヤマカタバミ(深山片喰)
DSCN2071_20180404115451e60.jpg
カタバミ科カタバミ属の多年草。

八重咲きのキクザキイチゲも咲いていて、キクザキイチゲ天国
DSCN2079_20180404115458bad.jpg

9:51 休憩小屋(1合目)(標高約300m)
DSCN2074_201804041154539d2.jpg

小屋内には今年もドリンクサービス
DSCN2076_201804041154558ba.jpg
こんな山、福井には他にありません。

昨年は涸れていた聖なる泉(よっし~が勝手に命名w)も復活!
DSCN2077_20180404115456a8b.jpg
こんこんと水が流れていた。

9:53 林道出合②
DSCN2082_20180404115501cf6.jpg
整備中だった林道はコンクリート舗装されていた。

前方に男性の姿を発見。
DSCN2081_2018040411545936a.jpg
ハイカーかと思ったが、どうやら登山道の整備をされているようだ。

アズマイチゲ(東一華)
DSCN2083_20180404115502d2e.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。花は同属のキクザキイチゲに似ているが、舌状で浅く3葉に切れ込んだ葉が特徴。

この付近はまさにアズマイチゲ天国
DSCN2084_201804041155134f3.jpg

この辺りは日当たりがいいせいか、カタクリもあちこちに咲いていた。
DSCN2088_201804041156008b8.jpg

ソロの男性が降りてこられ、「もしかしてよっし~さん?」と声を掛けられる。
DSCN2089_201804041156017c3.jpg
男性は山きちやっほ~さんだった!
ブログはよく拝見させていただいているが、お会いするのは初めて。
デカい図体がよたよた登ってきたので、もしかして?と思ったそうだ(笑)
福井有数のどえむハイカーのお一人で、この後六呂山バンビラインにも登るそうだ。

整備の男性は、登山道にせりだした雑木の枝打ちをされていた。
DSCN2091_20180404115603e4a.jpg
これからハイカーが増えるので、歩き易くしているそうだ。本当にありがとうございます。

私もささやかながらもお手伝いさせていただきます。
DSCN2096_2018040411562484a.jpg

登山道脇に花園があるというより、むしろ花園の中を歩いている感じ
DSCN2092_2018040411560496f.jpg

エンレイソウの四姉妹
DSCN2094_2018040411560633c.jpg

地元の方が献身的に整備されているのに、よくこんな心ないことができるもんだ(怒)
DSCN2098_20180404115627786.jpg

上の群生地はこの1株を除いて、まだ開花前だった。
DSCN2097.jpg

10:19 3合目(標高約350m)
DSCN2099_2018040411562944c.jpg
かつてあったベンチもほとんど跡形がない。
息を整えていると、上から鐘の音が聴こえてきた。

試練の谷(これも勝手に命名w)を登っていく。
DSCN2101_20180404115650e6f.jpg

この一帯は雪解けが遅かったので、フキノトウが顔を覗かせていた。
DSCN2100.jpg

???
DSCN2102_201804041156521a4.jpg

雪解け水が流れている箇所はぬかるんでいるところも。
DSCN2105.jpg

キクザキイチゲ(紫)(菊咲一華)
DSCN2109_20180404115656511.jpg

この一帯は紫色の個体がほとんど。
DSCN2106_201804041156551fc.jpg
土壌に関係するのだろうか?

10:52 5合目(標高約455m)
DSCN2110_201804041157151bc.jpg
たまらずここで小休止。既に1時間17分が経過し、ゆるゆるの2時間も微妙。

ダンコウバイ(檀香梅)
DSCN2111_20180404115717cce.jpg
クスノキ科クロモジ属の落葉樹。

11:02 6合目(標高約490m)
DSCN2112_2018040411571835c.jpg

キンキマメザクラ(近畿豆桜)
DSCN2113_20180404115720328.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
DSCN2115.jpg
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。

6合目から先はロープ場の急登
DSCN2116_20180404115746a21.jpg

すっかりへろへろで、立ち止まりが激増。
DSCN2117_20180404115747d3b.jpg

ようやく行人岩が見えてきた。
DSCN2118_20180404115749bf2.jpg

11:26 行人岩(9合目)(標高約545m)
DSCN2119.jpg
山頂目前だがここで小休止。

恒例の天子の鐘(これも勝手に呼んでますw)を鳴らす。
DSCN2120.jpg

11:39 天子山山頂(展望台)(標高572m)
DSCN2122_20180404115812e77.jpg
タイムは2時間4分と、ゆるゆるの目標もオーバーする情けない有様。
山頂には4人組のグループがおられ、焼肉パーティーをされていた(笑)

PM2.5のせいか、残念ながら白山は遥拝できず。
DSCN2123.jpg

日本百名山荒島岳(1523m)も霞んで見えにくい。
DSCN2124_20180404115815741.jpg

マンガ日本昔ばなし最終話のモデルになった飯降山(884m)
DSCN2125_2018040411581611c.jpg

やはり冷たいビアは欠かせません。
DSCN2126.jpg

今日の山めしは炒飯ハンバーグ添え
DSCN2129_201804041158334b7.jpg

グループは勝山の方のようで、飲食店の品評話で盛り上がっておられた。
DSCN2132_2018040411583527c.jpg

少し風が出てきたので下山開始(12:38)
DSCN2133_20180404115836816.jpg

急坂は転ばないように慎重に下っていく。
DSCN2134_20180404115838c1b.jpg

13:00 5合目(標高約455m)
DSCN2135_20180404115858350.jpg

下りも妖精たちを見つけてはカメラに収める。
DSCN2138_20180404115901ef5.jpg

キクザキイチゲ(紫)(菊咲一華)
DSCN2137_20180404115859ae1.jpg

登りで気になった花をもう一度じっくり観察。
DSCN2140_20180404115902918.jpg

花はキクザキイチゲやアズマイチゲに似ているが、
DSCN2142.jpg
葉が筒状に丸まっており、どことなくセツブンソウ(節分草)に似た感じ。
ただしセツブンソウは花弁状の萼片が5枚のモノが多く、雄蕊(ゆうずい=おしべ)の(やく)は淡紫色なので、該当せず。
ユキワリイチゲ(雪割一華)という考えも頭をよぎるも、葉の形状がだいぶ違う。
もしかすると、アズマイチゲと同じ科の何かとのハイブリッド(交配種)なのかな??
お分りの方がいれば、ご教授下さい。

13:17 3合目(標高約350m)
DSCN2144.jpg

カタクリも午前中より開花したモノが増えた感じ。
DSCN2145_201804041159262a0.jpg

今週末から来週辺りが見頃かも。
DSCN2146_20180404115928ef2.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索)
DSCN2150_20180404115929c86.jpg
ケシ科キケマン属の多年草。

13:29 休憩小屋(1合目)(標高約300m)
DSCN2151_20180404115931698.jpg

ご厚意に甘えてコーラをご馳走になる。
DSCN2153_20180404115951fe3.jpg
なおご馳走になった後の空き缶は自宅に持って帰りましょう。
休憩中も別の男性がスコップ片手に登ってこられ、登山道を整備されていた。
本当に地元の方の献身的な整備に大感謝。

今年はコバイモの当たり年かも。
DSCN2154_2018040411595235a.jpg

絶滅危惧II類(VU)なので、とるのは写真だけ。
DSCN2156_201804041159545ca.jpg

13:46 行人岩参拝登山道(天子山登山口)(標高約218m)
DSCN2157_20180404115955119.jpg
下りは1時間8分。

九頭竜川にかかる鯉のぼり流し
DSCN2159_20180404115957eb6.jpg
対岸の弁天桜もだいぶ咲いてきたようだ。

バンビラインにも寄ろうかと思ったが、禅の里で汗を流し帰宅する。
DSCN2160.jpg
画像のかき揚げそば、4月から20円値上げされて240円になっていた。それでも十分安いが。

今年はコバイモの当たり年のようで、下の群生地はスゴいことになっています。
上の群生地はまだこれからなので、しばらくは楽しめそうです。
カタクリは1合目の休憩小屋から3合目までが5分咲きといったところで、
アズマイチゲやキクザキイチゲもかなり咲き揃っていて、来週末頃までが見頃かと思われます。

☆アクセス☆



やっぱり、山っていいね!

天子山(572m)
標高差354m
登り 2時間4分、下り 1時間8分、TOTAL 4時間11分
今年1回目・通算6回目
出会った人 7人(山きちやっほ~さん他) 出会った動物 なし
2018年:16座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 8

大kのりちゃん  

よっし~大明神様、オッハーです
しばらく体調がわるくてお休みでした,大うそですよ~~~(笑い)。
本当は孫守り・孫守りの重圧(?)に負けていましたとさ(笑い)。
天子山のミノコバイモは来週はどうでしょうか。
今週は天気も悪いし、悪魔たちの孫守りで動けないしな~~~。
素敵なドリンクサービスもうけたいしな~~~。
どうしたらいいのか教えてくださ~~~い(笑い)。

2018/04/05 (Thu) 08:23 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

のりちゃんさん こんにちは

孫守り、大変そうですね。
来週になれば春休みも終わるので、もうしばらく頑張って下さい(笑)

天子山のコバイモ、まだ大丈夫だと思います。
上の群生地は蕾はおろか新芽もほとんど出ていないので、
なんやかんやで20日頃までは見られるのではないでしょうか。

私ものりちゃんの焼肉、ゴチになりたかったです(笑)

2018/04/05 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~大明神様、こんばんは。
いいですよ、ご馳走しますよ、焼肉でいいですか?
ただし、大勢の爺さん・婆さん達が手ぐすねを引いて待っていますから、覚悟の程を(大笑い)。

2018/04/05 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

昨日は有難う御座いました。帰ったあと10分ほど暇でした

アズマイチゲ登りに一杯開いていたのですが、帰り(3時半ごろ)には
沢山これ(葉が筒状に丸まった花)になりかけているのを見かけたので
アズマイチゲではと思います。(多分ですが)また調べて置いて下さい(笑)

小屋の中あまり覗かないので、今度缶コーヒーでもゴチになろうかな。
それともココで小屋泊して宴会でも(笑)

2018/04/06 (Fri) 15:16 | EDIT | REPLY |   

コブタパパ  

健康って良いですね!

こんにちは!こちらのブログで、家に居ながら春を満喫させて頂いております。
そろそろ私も伊吹山に登ろうと、明日か来週、会社の人と計画してます。
今年からコブタ1号も大学生となり、手離れしました。時の経つのは早いものです。。

2018/04/07 (Sat) 05:58 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

のりちゃん こんにちは

>いいですよ、ご馳走しますよ、焼肉でいいですか?
ただし、大勢の爺さん・婆さん達が手ぐすねを引いて待っていますから、覚悟の程を(大笑い)

それなら結構です(ウソ)
焼肉は国産黒毛和牛しか口に合わないので、忖度願います(大ウソ)

その際はお腹を空かせて参りますから(笑)


2018/04/08 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

仕事で勝山方面に行ったので久しぶりに寄らせてもらいました。
美味しくてボリュームがあって大満足でした。

あの花、やはりアズマイチゲなんでしょうかね。

通常日照がない時のアズマイチゲは、葉はそのままで花が全体的にすっぽり閉じていると記憶していたんですが、あの花は葉が内側に丸まり、花弁も昔のおもちゃの吹き戻しのように先端がカールしていました。
特徴的な葉の先の3分裂も微妙だったので、はてな?と思った次第です。
福井にはお花博士がいっぱいいるので、今度文殊山で大N翁やヤーイノヤイさんあたりに聞いてみます。

あの小屋は本来、林業従事者の方の休憩小屋なので、さすがに小屋泊まりや宴会はマズいと思いますよ(笑)

2018/04/08 (Sun) 14:33 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 健康って良いですね!

コブタパパさん こんにちは

また伊吹山登山復活ですか。
もうだいぶ雪は溶けているのでしょうかね。
急登な岩場もあるのでお気をつけて。

コブタ1号ちゃん、もう大学生ですか!!!
さすがに女子大生にコブタはもう可哀想ですよ(笑)
私が知っているコブタちゃんたちは、幼稚園や小学校入学の頃のままでストップしているので、女子大生になった姿は想像できません。
私たちが年を取った訳ですね(しみじみ)

2018/04/08 (Sun) 14:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (223)
二上コース (119)
二上コース(裏・旧道) (28)
大村コース (9)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (3)
四方谷コース (8)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (47)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (60)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (6)
福井県の山(福井・坂井) (47)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (87)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (22)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (20)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (21)
富士写ヶ岳 (3)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (21)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (59)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (79)
麓の山めし (26)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (97)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (8)
山雑記 (10)
青春の想い出の曲 (12)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (2)
未分類 (0)