パノラマビューの里山へ 三床山(280m)

author photo

Byよっし~

2018年3月31日(土) 快晴

チョッとカロリーを摂り過ぎたので、腹ごなしにもう1座登ることに(笑)

三床山(280m)
DSCN1998.jpg
去年は1回も登っておらず、一昨年の6月以来約2年ぶり。
運動負荷を上げるべく、一番短いが急登な佐々生(さそう)コースをチョイス。
 
14:26 宇田生活改善センター(公民館)
DSCN1999_201804021012540d8.jpg
いつものように、ここの駐車場を利用させていただく。

準備を済ませ、公民館脇のコンクリート舗装された坂を登っていく。
DSCN2000_20180402101254aa9.jpg
左手の小さな建物は公衆トイレ。

日陰になるのか、明日から4月だというのに雪がどっさり残っていた。
DSCN2001.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
DSCN2002.jpg
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。

キクザキイチゲ(菊咲一華)
DSCN2003.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

14:31 佐々牟志(ささむし)神社(標高約33m)
DSCN2005_20180402101313504.jpg
式内社でかつては三床山山頂に鎮座していたが、弘仁13(822)年にこの地に遷宮
ハイクの無事を祈願していると、神社の中におられた男性から声を掛けられる。

男:「今から三床山に登られるんですか?」
よ:「はい、そうですが」
男:「実は今年山頂にを復活させるんですが、その重しにするを運んでくれませんか?」

喜んで。そういうことならお安い御用です!
DSCN2006.jpg
しかも男性の話では、私が今年石を運ぶ第1号だとのこと! 
大変光栄なので、調子に乗って一番大きな石を選んでザックに入れる(笑)

14:33 三床山佐々生登山口(標高約36m)
DSCN2007_20180402101316eca.jpg
山頂までは距離1000m、標高差約250mで標準CTは40分

左右二手に道が分かれているが、100m先で合流する。
DSCN2008_20180402101318f5f.jpg

カタクリ(片栗)
DSCN2011_201804021013343dc.jpg
ポツポツではあったが、咲き始めていた。

14:42 秋葉神社(標高約75m・山頂まで800m)
DSCN2013_20180402101336ca2.jpg
火防・火伏せの秋葉大権現を祀っている。

前半は比較的なだらかな登りが続く。
DSCN2014_20180402101337115.jpg
途中、ソロの男性とすれ違い、「よっし~さんですよね?!」と声を掛けられる。
男性の話では、4年前に秘密のアッコちゃんを観賞した三ノ峰(2128m)の避難小屋でお会いしたそうだ。すみません、覚えていなくて(笑)

残り400mの標識を過ぎると、急登になってくる(15:01)
DSCN2016.jpg

15:04 山頂まで300m地点
DSCN2018.jpg

やっぱりキツい・・・
DSCN2019_201804021014015e9.jpg
調子に乗って一番重い石にするんじゃなかった(笑)

15:25 山頂まで100m地点
DSCN2020.jpg

15:25 石生谷コース合流点(標高約260m)
DSCN2021.jpg
右手からくる石生谷(いしょうだん)コースと合流。山頂は左に進むともうすぐ。

15:28 三床山山頂(標高279.8m)
DSCN2022_20180402101405cbe.jpg
タイムは55分と過去ワーストでヘロヘロ。山頂には誰もいなかった。

登頂記念の三角点(三等・和田)タッチ。
DSCN2024.jpg

運んできたを取り出す。
DSCN2025.jpg
1kgほどだろうが結構堪えた。

頼まれた通り、佐々牟志神社旧御殿跡の石碑の横に運ぶ。
DSCN2026_20180402101428f9d.jpg

山頂に着いてまず驚いたのが、立派なテーブルとベンチが設置されていたこと。
DSCN2023_201804021014235e3.jpg

三床山城跡の説明看板もリニューアル
DSCN2040.jpg
南北朝期に山城が築かれ、日野川を挟んで激戦が繰り広げられた。

展望所に至る窪地にもベンチとテーブルが新設
DSCN2029.jpg

展望所もさらに下段が拡張整備されており、
DSCN2030_201804021014514e2.jpg

山座同定できる立派な案内板ができていた。
DSCN2031.jpg
数年前から着々と進んでいる三床山メジャー化計画には目を見張るものがあるが、
このままだと本当にメジャーになってしまい、穴場感がなくなってしまいそうなのでほどほどにお願いします(>人<;)

三床山山頂もまさにパノラマビューで、嶺北の主要な山々を見ることができる。
DSCN2027_201804021014290d4.jpg

南には越前五山日野山(795m)
DSCN2036_20180402101519ea5.jpg

もちろん先ほど登っていた妙法寺山(235m)も望める。
DSCN2028.jpg

東は雛壇のように三里山(346m)、権現山(565m)、部子山(1464m)と連なる。
DSCN2034_20180402101516723.jpg

一乗谷屏風連山の先には、日本百名山荒島岳(1523m)
DSCN2035_20180402101518bb5.jpg

ホームの文殊山(365m)の先には純白の白山(2702m)
DSCN2032.jpg

先日シロバナに出会えた城山(202m)
DSCN2033_20180402101515756.jpg

北側には越知山(613m)と、越前五山を全て望めるのはココだけだろう。
DSCN2038_20180402101538823.jpg

誰もいない山頂で、絶景を観ながらのもぐもぐタイム
DSCN2042.jpg

景色を堪能していると60代ぐらいの男性2人組が登ってこられた。
DSCN2037.jpg
1人は2回目らしく、初めてのもう1人にこの場所の素晴らしさを盛んにアピールしていたが、風向きがどうのこうのと、どうも登山好きのような感じではなさそう。
実は彼らはパラグライダー愛好者で、近場で離陸できそうな場所を探していたそうだ。

ここは視界が開けており、急に落ち込んでいるので絶好の離陸ポイントだそうで、
DSCN2039.jpg
付近に着陸地点になりうる田んぼが多いことや(おいおい私有地じゃない?)、石生谷(林道)コースで稜線近くまで車で上がれる点などもポイントが高いそうだ。
安全面や法的な制限に多少問題がありそうだが、もしパラグライダーが飛ぶようになったら、ますます脚光を浴びそうだ(笑)
ほかの山で条件を全て満たす山だとしたら、高須山(438m)かな?

男性たちと一緒に下山開始(16:53)
DSCN2043_20180402101544a21.jpg

16:55 佐々生コース分岐点(標高約260m)
DSCN2044_20180402101600d30.jpg
石生谷(林道)コースの男性たちとはここでお別れ。

急坂を慎重に下っていく。
DSCN2045_20180402101601502.jpg

17:16 三床山佐々生登山口(標高約36m)
DSCN2046_20180402101603a2d.jpg
下りは23分。

佐々生コース以外で登られる方も、是非一石運動に協力しましょう。
三床山がハイカーで賑わうのはいいことなのだが、反面、今の静かな山頂が好きな私にはチョッと複雑な気持ちだな(笑)


やっぱり、山っていいね!

三床山(280m)佐々生コース
標高差244m
登り 55分、下り 23分、TOTAL 2時間45分
今年1回目・通算8回目
出会った人 3人 出会った動物 なし
2018年:15座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (231)
二上コース (122)
二上コース(裏・旧道) (28)
大村コース (10)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (8)
南井コース (3)
四方谷コース (8)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (47)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (61)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (6)
福井県の山(福井・坂井) (47)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (87)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (22)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (20)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (21)
富士写ヶ岳 (3)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (22)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (64)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (97)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (8)
山雑記 (11)
青春の想い出の曲 (12)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (2)
未分類 (0)