2012年3月21日(水) 晴れ時々曇り

大文殊(山頂)到着後、参拝。
DSC05650.jpg
お堂が開いており、今日も楞厳寺(りょうごんじ)のご住職が詰めておられた。
頂上直下に僅かの残雪があったほかは、すっかり雪が消えていた。
DSC05655.jpg

今日は割と見晴らしが良く、福井市街をはじめ、
DSC05651.jpg
浄法寺山や丈競山などもくっきりと望めた。
DSC05652.jpg

早速、お目当ての山めしにしよう!
DSC05657.jpg

今日のメニューは、山のひつまぶし
DSC05676.jpg

いただきま~す!
DSC05678.jpg
詳しくは、山めしで。

食後は、酒清水の名水で点てた御抹茶をいただく。
DSC05684.jpg
いつもより泡立ち方が良く、なんかひと味もふた味も違う感じ。

1時間近く経ったので、そろそろ下山しよう(12:24)。
DSC05688.jpg
下山するには、今歩いてきた道を戻るのが普通だが、このまま二上方面に縦走しながら下りていこう。

展望台付近の坂の部分もかなりぬかるんでいて、ご覧の通り。
DSC05689.jpg

鞍部の第2カタクリ群生地では、まだほとんど芽が出ていなかった。
DSC05691.jpg

12:37 小文殊(室堂)
DSC05692.jpg
2週間前にあった雪は、跡形もなくすっかり消えていた。

小文殊の手前(二上側)にある囲い。いつも気になっていたのだが・・・
DSC05693.jpg

なんか新芽が出かかっていた。
DSC05694.jpg
何の花なんだろう?

12:45 七曲合流点
DSC05697.jpg
右へ行くと大村コース、左へ行くと二上コースで、いつもは左へ進むのだが、
今日は下りも趣向を変えて、別のコースにしよう。
オリエンテーリングのポスト脇を真っ直ぐ進み、帆谷町(ほだに)コースへ。
DSC05698.jpg
この選択がとんでもないことになるのだが・・・

U字型に掘れて、落ち葉が溜まったこのコースは、古くからあるコース。
DSC05699.jpg

一部残雪のある箇所もあった。
DSC05700.jpg

要所には小さいながらも標識があり、
DSC05703.jpg

本来は迷わないはずなのだろうが・・・
DSC05704.jpg

なんか次第に木々の枝が、行く手を遮り始める。
DSC05707.jpg
うん? なんかおかしいぞ・・・

どうもコースを外れたようだ。
DSC05709.jpg
知らない山なら、すぐさま標識のある地点まで引き返すところだが、ここは文殊山。
何度も登っていることだし、このまま降りていけば、どこかの集落に出るだろうと安易に考え、進んでいく。

だが道が完全になくなり、急峻な斜面を下っていく羽目に。
DSC05715.jpg
おいおい、文殊山で遭難って、シャレにならんぞ。

しかも周りの木の根元を見ると、大きな穴が開いている。
も、もしかして、く、クマの巣!?

写真を撮る余裕どころか、慌ててその場を立ち去ろうとするが、
DSC05716.jpg
急な斜面のため、足を滑らせてしまう。イテテ・・・
幸い怪我はなかったが、転んだ拍子に眼鏡が外れ、落としてしまった。

眼鏡がないと、視力は0.1。 歩けない訳ではないが、視界がぼ~っと霞んでしまう。
落ちてきた斜面をよじ登りながら探してみるが、視界が霞むせいもあり、なかなか見つからない。
熊に出くわさないかビクビクしながら、5分ほど探してみたが、結局見つからずじまい。
幸い、車の中に予備の眼鏡があるので、諦めることにし、一刻も早くこの地から脱出しよう。
よく視聴する「サバイバルゲーム(MAN vs WILD)」のベア・グリルスになった気分だ(笑)

ぼ~っと霞んだ視界の中、藪漕ぎしながら、沢に出る。
DSC05718.jpg
道がないため、何度か渡渉しながら下っていく。

そしてようやく集落が見えてきた(13:16)。
DSC05720.jpg
た、助かった・・・

本来なら尾根筋を通り、ここに降りて来るはずなのだが、
DSC05722.jpg

誤って谷筋の方へ下ってしまったようだ。
DSC05723_20120322220446.jpg

徒歩で1kmほど離れた、JR北陸本線の大土呂駅まで移動。
DSC05724.jpg
ここから車を置いた酒清水がある、ひと駅先の北鯖江駅まで電車を利用することに。

電車を待つ間、無人の待合室でコーヒータイム。
DSC05725.jpg
う~ん、美味しい。

14:30 酒清水登山口
DSC05726.jpg
北鯖江駅から酒清水までは500mほど歩く。

今回はたまたま無事下山できたから良かったものの、己の判断の誤りと安易な過信がこのような状況を招いたことを深く反省。
里山、しかも例え登り慣れた山であっても、決して侮ってはならないものだということを改めて思い知らされた。

文殊山(365m)・橋立山(261m)(縦走コース:酒清水~帆谷町)
標高差339m
登り 1時間48分、下り 52分、TOTAL 4時間49分
今年8回目・通算25回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/93-ba075dee