2017年9月8日(金) 雨のち曇り

12時間かかって”鬼の笠新”を登りきり、笠ヶ岳山荘に到着(16:53)

ヘタレな私が挑んだ北アルプス三大急登の笠新道
ここまでのハイクの様子はコチラ
孤高の山 笠ヶ岳(2898m)1日目 ①鬼の笠新
孤高の山 笠ヶ岳(2898m)1日目 ②遥かなる笠ヶ岳

CIMG2696.jpg
早速小屋で宿泊の受付を行なう。遅くなってご心配をおかけしました。
小屋番の方はみなさん優しい方で、息が落ち着くまで待って下さった。
ありがとうございます。
 
階段の踊り場にあるほのぼのしたタペストリー。
CIMG2681_201709120137275cb.jpg

小屋内は全般的にゆったりした造りで、廊下や階段が広い。
CIMG2676_20170912000718a1c.jpg

廊下には漫画や登山関連の書籍がビッシリ。
CIMG2678_20170912000727995.jpg
2階には更衣室や乾燥室もあり、乾燥室は乾き易いように温風が吹き出していた。

案内された部屋は薬師の間
CIMG2679_20170912000722e7e.jpg
他に笠の間や白山の間などもあった。

上下2段、定員8名で、下段の左端を指定される。
CIMG2680_20170912013710a1a.jpg
今日の宿泊者は20名ほどで、この部屋は私を入れてわずか2人だけという贅沢ぶり。
もっとも明日(9/9)は予約だけで120名(定員100名)を超えており、飛び込みをいれると
150人は優に超えるらしい。
小屋番の方曰く、「飛び込み客は廊下かな?」 あな恐ろしや(笑)

は天水(滅菌処理済)だが、無料
CIMG2682.jpg
外にも蛇口があり、宿泊者以外も無料で利用可能。ただし貴重な水なので節約を。

急いで荷を解き、既に始まっている夕食へ(17:12)
CIMG2683.jpg

この日の献立は焼き魚、唐揚げ、サラダなどボリューム満点。
CIMG2687_20170912013914f2f.jpg

他にふろふき大根やフルーツもあり、漬物は食べ放題。
CIMG2688_20170912013910dea.jpg

早速、売店で購入したビア(500ml・800円)をいただきます。
CIMG2686_20170912013858d91.jpg
う、うますぎる・・・

ご飯はもちろん、笠ヶ岳盛り
CIMG2684.jpg
朝からドーピング剤とカロリー●イト1箱しか食べていないので、お腹ペコペコ。
しっかりお替りもしました(笑)

お腹を満たした後は、小屋の外へ(17:50)
CIMG2696.jpg
明日は予報通り晴れそうなので、山頂行きは明朝にしよう。

左俣谷にはまだ厚い雲が立ち込めているが、山上は少しずつ取れてきた。
CIMG2690.jpg

お槍様(槍ヶ岳)はまだ雲海の中(17:51)
CIMG2691_20170912013906b60.jpg

だが10分も経たないうちに、槍の穂先が姿を現す(17:59)
CIMG2697_20170912013956981.jpg

そしてついにアーベントロートに照らされた槍ヶ岳山頂が御開帳(18:05)
CIMG2710_2017091201400066a.jpg
思わず周囲から歓声が上がる。

日が傾くにつれ、影笠影小笠も出現。
CIMG2707.jpg

雲海に浮かぶ幻想的な槍・穂高連峰
CIMG2714_20170912014026455.jpg

絶景が見れて、12時間の苦行の疲れも吹っ飛ぶ。
CIMG2717_201709120140311ca.jpg

日没を過ぎ、気温は8℃まで降下。
CIMG2712_20170912013959209.jpg

今夜のテン泊は放射冷却で寒いだろうな・・・
CIMG2726_20170912025540cce.jpg
この日は4張と少なかった。

小屋の北側に回ると、北アルプス北部エリアの山々。
CIMG2722_20170912014039c23.jpg
あの山域にも行ってみたいが、休みが・・・

小屋内に入り、薪ストーブで暖をとりながらハイカーと談笑。
CIMG2721_20170912014038e5d.jpg
みなさん結構猛者が多く、明日は双六方面から槍や雲の平に向かうそうだ。
また40代のソロの男性は、今回の笠ヶ岳が95座目で、残りは五竜岳、鹿島槍、伊吹山、
恵那山、筑波山で、年内達成の予定だそうだ。スゴイ!

南岳付近が輝きだしたので、小屋の灯りかと思っていたら
CIMG2727.jpg

お月様のご来光だった。
CIMG2728_2017091202553975c.jpg

明日は予報取り晴れるといいな~
CIMG2720.jpg
酔いと疲れのせいか、床に入るとすぐに爆睡。


孤高の山 笠ヶ岳(2898m)2日目 ①に続く・・・


(この日の行程)
0:31新穂高登山者用無料駐車場(仮眠)4:27
4:40新穂高センター4:53
5:09林道ゲート(登山道入口)
6:18笠新道入口(小休止)6:31
6:59標高約1450m地点
7:54(小休止)8:06
8:44標高約1800m地点
9:14標高約1920m地点
9:39標高2000mの草付(小休止)9:43
10:25標高約2100m地点
10:36(小休止)10:46
11:11標高約2200m地点
12:02(小休止)12:10
12:49杓子平(小休止)13:00
15:07笠新道分岐(抜戸岳経由)
15:10(小休止)15:18
15:22笠新道分岐(分岐指導標)
16:07抜戸岩
16:53笠ヶ岳山荘


やっぱり、山っていいね!


笠ヶ岳(笠ヶ岳山荘)(笠新道)
標高差1730m
登り 12時間(うち休憩時間 1時間7分)
出会った人 30人ぐらい 出会った動物 なし


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/893-8ad619af