2017年8月25日(金) 曇り一時雨

初めての南アルプス、2泊3日の北岳・間ノ岳ハイク

ここまでのハイクの様子はこちら
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その1
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その2
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 2日目その1

白根御池小屋から草すべりルートを登って、北岳肩の小屋に到着(10:22)
CIMG2265_20170828162051bd5.jpg
テントをデポした甲斐があってか、ゆるゆるの目標CT(5時間)通りだった(笑)
ここは北岳直下、標高約3000mの稜線上にある小屋で、本日の目的地の北岳山荘
北岳(3193m)を越えた2時間ほど先にある。
 
強風もだいぶ収まってきており、雲の隙間から甲府盆地が望めた。
CIMG2269_20170828162113024.jpg

でも風が収まったせいか、東側に押し込められていたガスが上ってきた。
CIMG2270_20170828162114e59.jpg

北岳を越える前に腹ごしらえにしよう。
CIMG2271_20170828162116d7b.jpg

注文したのはカレーライス(1000円)
CIMG2273_20170828162119281.jpg
もちろんレトルトだが、まずまずのお味。

ふとザックの上を見ると、タオルに群がる無数の
CIMG2268_20170828162053d48.jpg
よほど香しい匂いを放っているのだろう(笑)

食事に夢中になっているうちに、気付けばすっかりガスに包まれていた(11:18)
CIMG2272_2017082816211795f.jpg
(う~ん、どうしよう・・・)

ここでこの先の行程を再検討

プランC③
 2日目(8/25)
4:30
白根御池小屋
5:30

(草すべり)
9:30
小太郎尾根分岐
9:40

10:30
肩の小屋
11:30
12:40
北岳山頂
13:10
14:30
北岳山荘
(小屋泊)

ここまではほぼ計画(プランC③)通り。
北岳に登って1時間半ほど歩けば、15時前に楽勝に北岳山荘に到着できる。
ただ小屋の方やハイカーの情報では、今夜から天気が崩れ、
明日は現在北陸地方に停滞している前線が南下してくるらしい。
今回、間ノ岳(3189m)まで足を伸ばすことはほぼ諦めていたので、
北岳だけを登ればよく、無理に北岳山荘に行かなくても良い。
明日予報通りの雨ならば、濡れた丸太ハシゴが連続する八本歯のコルを通るのは非常に危険
これを回避するには北岳を登り返して、肩の小屋まで戻ってこないとならない。

ということは・・・

ち~ん 本日のハイク終了!

すみませ~ん 泊めてくださ~い!(笑)
CIMG2274_2017082816214023c.jpg
北岳山荘泊まりの予定だった先ほどのおねーさまたちやデッドヒートを繰り広げたソロの男性も
同じく肩の小屋泊まりにされるそうだ。

時間が早いせいか、1人1枚の布団で案内されたが、
CIMG2275_201708281621423cc.jpg
天候の悪化に連れ、同じように北岳山荘を回避して肩の小屋泊まりにするハイカーが増えそう。

食堂のテレビを見ると、北陸地方の土砂災害警戒情報がニュースになっていた。
CIMG2276_20170828162143877.jpg
福井市内の道路が冠水した映像も放映されていた。
ヤバっ! この前線が明日、コチラに降りてくるのか・・・

明日は悪天候で下山するだけになりそうなので、今日のうちに山頂に行っておこう。
CIMG2277_20170828162145775.jpg

再びカッパを羽織って出発(12:10)
CIMG2278_2017082816214665e.jpg

ガスで山頂は全く見えない。
CIMG2279_20170828162215c29.jpg

それほど急ではないが、鎖が設置された場所も。
CIMG2280_20170828162216fc8.jpg
ここで腰の曲がったご高齢の女性ハイカーとすれ違う。

霧雨のような雨も降ってきた。
CIMG2281_201708281622185e5.jpg

12:37 両俣小屋分岐(標高約3110m)
CIMG2282_20170828162219539.jpg
右からくる両俣小屋ルートと合流。

あれが山頂!?
CIMG2283_20170828162221ca7.jpg

騙しピークでした(笑)
CIMG2285_20170828162239149.jpg

このようにピークを登ると、さらに先が続いている。
CIMG2286_2017082816224107e.jpg
小屋から見えているのは全て騙しピークだそうだ(笑)

下山してくるハイカーに、「あれも騙しピークですよね!?」
CIMG2287_20170828162242968.jpg
「ええ、山頂はあのもう少し先ですよ(笑)」

おい、なぜ下る?(怒)
CIMG2289.jpg

どうせアレも騙しピークなんだろう。
CIMG2290_2017082816224591a.jpg

岩場を巻ながら登っていくと・・・
CIMG2291.jpg

13:15 北岳山頂(標高3193m)
CIMG2292_20170828162310b8a.jpg
小屋から1時間5分。最後はあっけ無く到着した感じだった。

ヘタれな私が日本第2位の北岳山頂に立つ日が来るとは・・・
CIMG2295_20170828162315576.jpg

この偉業速報として放送され、
kitadake_news.png

号外も配布された(大ウソ)
kitadake_gougai.png

北岳山荘側から登ってきたハイカーも多数で、山頂は大賑わい。
CIMG2300_201708281623373a6.jpg

登頂記念の三角点(三等・白根岳)タッチ。
CIMG2293_201708281623123b4.jpg

なお三角点の標高は3192.18mで、最高地点(3193m)はこの地点。
CIMG2298_20170828162335b15.jpg

360度ガースーで、富士山はおろか全く何も見えない(涙)
CIMG2297_20170828162334b57.jpg
ただ幸いなことに雨は降っておらず、風もほとんどなかった。

何も見えないので下山開始(13:29)
CIMG2301_20170828162339b8b.jpg

ガレた岩場が続くので、落石や浮石に注意。
CIMG2302_2017082816234011e.jpg

両俣小屋分岐で、ひと足先に下山されたおねーさまたちに追い付く(13:47)
CIMG2303.jpg

うん? ヘリの音が聴こえるぞ!?
CIMG2305_20170828162406c6e.jpg

ガスで見えないが、どうやら荷揚げしているようだ。
CIMG2306.jpg

14:01 北岳肩の小屋(標高約3010m)
CIMG2308_201708281624091e8.jpg
下りは32分。
小屋直前で、先ほど登りですれ違ったおばあさんに追い付く。
えっ? まだ降りてなかったの?
でもこの方、南アルプスでは有名人らしく、今回も塩見岳から縦走してきたそうだ(驚)

約20分おきでヘリが飛来。
CIMG2310_20170828162432264.jpg

その都度、小屋内か建物の陰に退避するよう指示される。
CIMG2311_20170828162433171.jpg

燃料や食材を荷揚げしていた。
CIMG2316.jpg
おでんだけでも200食あったが、1ヶ月も持たないのだろう。

甲斐駒のガスはだいぶ取れてきた。
CIMG2312_201708281624352cc.jpg

山頂方面にも再び青空が覗く。
CIMG2314_2017082816243608c.jpg
山の天気は本当変化が早い。

荷揚げはその後も続く(14:59)
CIMG2318_2017082816250411e.jpg

夕食? いえ、おやつです!(キリっ)
CIMG2317_2017082816250373f.jpg

西側の斜面側のテン場には何人かの猛者たち。
CIMG2320_201708281625053f7.jpg
この天気でテン泊される貴方はどえむ、勇者です(笑)

夕食(17:00)まで時間があるので、小屋内で昼寝しよう。
CIMG2321_201708281625072a6.jpg
どうか隣が来ませんように・・・

雨がトタン屋根を叩く音で目が覚める(16:42)
CIMG2322_20170828162509ba3.jpg

外に出てみると雨は既に止んでいた。
CIMG2323_20170828162533870.jpg

うん? あのシルエットはもしかして・・・
CIMG2325.jpg

雨がガスを洗い流してくれたのか、鳳凰三山もお顔を見せてくれた。
CIMG2327_20170828162536075.jpg

ようやく地蔵岳(2764m)のオベリスクも望めた。
CIMG2340_20170828162603a7f.jpg

なかなか山頂部を見せてくれなかった甲斐駒ヶ岳(2967m)
CIMG2335_201708281625396fe.jpg

甲斐駒行きたいね
arashinishiyagare_nyukasayama06.jpg
来年、岡田くん、櫻井くんと一緒に登る予定(ウソ)

荒々しい男性的な甲斐駒とは対照的に、ふくよかで女性的な仙丈ヶ岳(3033m)
CIMG2336_20170828162558aa7.jpg

中央アルプスの山並みも望めた。
CIMG2331_20170828162537535.jpg

ついに富士山もその雄大なお姿を現す(16:51)
CIMG2338_20170828162600887.jpg

ここで夕食第1部開始のアナウンス。
今日は17:00・17:30の2部制になっていて、到着の早かった我々は第1部。

メニューは魚のあんかけ、焼売、ゴボウサラダetc.
CIMG2339_201708281626024f1.jpg
もちろん、ご飯、味噌汁はお替り自由で、2杯目は大盛りにしてもらった。
1人分の席がめちゃくちゃ狭く(約45cm幅)、本来なら3人並ぶのが普通のテーブルに4人並ぶ。

なお裏メニューだが、お替りの際、
「倍盛り!」もしくは「北岳盛り!」とコールすると、
photomaedango_terameshi-club_127-13.jpg
こんな感じの盛りにして貰える。朝飯は北岳盛りにしようかな?(笑)
ただしおかすとのバランスが極めて悪いので、ご注意を。

急いで夕食を済ませ、再び外へ(17:18)
CIMG2341.jpg

北岳側のガスもキレイに消えていた。
CIMG2342_20170828162634470.jpg
見えているのは騙しピークです(笑)

唯一、八ヶ岳だけは恥ずかしいのか、終日雲の中だった。
CIMG2343.jpg

まさに高嶺の花です(笑)
CIMG2345_20170828162639c27.jpg
熊谷からお越しのおねーさまたちとは、翌日も何度もお会いした。

地蔵岳の先にはも出ていた。
CIMG2348_20170828162640b13.jpg

日が傾くにつれ、影北岳も出現!
CIMG2349_2017082816270574d.jpg

残念ながら夕焼けはイマイチだった(18:15)
CIMG2350_2017082816270792d.jpg

絶景に乾杯!
CIMG2351_201708281627085a2.jpg

僅かながらも赤富士も見られて大満足。
CIMG2355_201708281627108bf.jpg

今日の眺望は諦めていたが、山の神様からのご褒美に感謝。
でも明日は雨なんだよな・・・


北岳(3193m)に来ただけぇ~ 3日目に続く・・・


(この日の行程)
4:30白根御池小屋5:22
5:23草すべりルート入口
5:52(小休止)6:02
6:59(小休止)7:11
8:17植生保護柵前(小休止)8:32
8:35右俣・草すべり合流点
9:08小太郎尾根分岐下(小休止)9:28
9:31小太郎尾根分岐
10:02肩の小屋北稜線
10:22北岳肩の小屋(昼食・休憩)12:10
13:15北岳山頂(小休止)13:29
14:01北岳肩の小屋(小屋泊)


やっぱり、山っていいね!


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/887-f3055d0e