2017年8月25日(金) 曇り一時雨

初めての南アルプス、2泊3日の北岳・間ノ岳ハイク

ここまでのハイクの様子はこちら
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その1
北岳(3193m)に来ただけぇ~ 1日目その2

灯りの付いた白根御池小屋(4:30)
CIMG2185_201708281615053c3.jpg
タープは朝露でしっとり濡れていたが、雨はほとんど降らなかった様子。
朝飯の準備をしていると、早くもヘッデンを付けたハイカーたちが出発していく。
 
東の空が赤みだし、稜線も視認できるようになってきた。
CIMG2184_20170828161504345.jpg

急登の草すべりには、時折ヘッデンの灯りが瞬く。
CIMG2187_201708281615274f8.jpg
さぁ、今日の行程をどうしよう・・・

当初の予定では、今日(8/25)の行程は以下のどちらか。

プランA
 2日目(8/25)
4:30
白根御池小屋
5:30
6:00
二俣
6:10

(右俣)
9:40
小太郎尾根分岐
9:50
10:40
肩の小屋
11:00
11:50
北岳山頂
12:20
13:40
北岳山荘
(テント泊)

プランB
 2日目(8/25)
4:30
白根御池小屋
5:30
6:00
二俣
6:10

(左俣)
9:40
八本歯コル
9:50
11:30
北岳山荘
13:00
14:00
中白根
14:10
15:40
間ノ岳山頂
16:00
17:50
北岳山荘
(テント泊)

プランAは行動時間が8時間で、プランBの12時間20分より4時間以上短いが、
3日目に間ノ岳ピストンが待っているのでスケジュールがタイト。

一方、プランBは2日目がハードだが、その分3日目に余裕が生まれる。
また今回はプランCとして、テントを御池小屋にデポする裏ワザを駆使(笑)
テントをデポするので、八本歯のコルに至る急登なハシゴ場の負担は軽減する。

だが昨日のハイクでも分かるように、広河原~白根御池小屋まで4時間30分という
超~ゆるゆるな目標CTにもかかわらず(標準CTは3時間10分)、
6時間25分もかかってしまったヘタれぶり。
ザックが軽くなるとはいえ、12時間超の行動時間はかなり厳しい

しかもハイカーからの情報だと、天気は下り坂で夕方からはの予報。
3日目(8/26)の予報は風雨とも激しくなるらしい。

冷静に考えると、北岳山荘まで行くにしても、今回は間ノ岳は厳しそうだ。

北岳山荘までのルートは、以下の3つ。
① 右俣ルート(小太郎尾根分岐経由)
② 左俣ルート(八本歯のコル経由)
③ 草すべりルート(小太郎尾根分岐経由)

最短ルートは②の左俣ルート(八本歯のコル経由)だが、先日ツギロウさんに伺ったところ、
アレを登るのはかなりハードですよ」と脅された(笑)
デポして身軽になるとはいえ、ヘタレな私にはかなりハードルが高そう。

そうすると次の選択肢は①の右俣ルート(小太郎尾根分岐経由)だが、
昨日二俣から御池小屋までの水平道を歩いて、結構アップダウンがあって堪えた。
ハイカーの話では、その先の右俣ルートも草すべりより幾分傾斜は緩いが、
ガレた岩が多いのでむしろ歩きづらいとのこと。

(どうする? 思い切って③の草すべりにするか?!)

でもpopさんのところのおばはんさんが遅れまくって、
s-IMG_0074-db5f5.jpg
哀愁を漂わせていたんだよな(笑)

お言葉に甘えてテントをデポ
CIMG2188_20170828161529664.jpg
シュラフや予備の食材なども置いていくので、随分軽くなった。

5:23 北岳草すべりルート入口(標高約2232m)
CIMG2190_20170828161530213.jpg
結局、怖いモノ見たさに行っちゃいます(笑)

北岳直下の肩の小屋までは標準CTで3時間20分。
CIMG2191.jpg
亀足な私の目標CTは1.5倍の5時間

草すべりの名の通り、両側に背丈近い野草が茂る中を進んでいく。
CIMG2192_201708281615343f6.jpg

日の出時刻(5:12)は過ぎているが、鳳凰三山に遮られて朝日はまだ登っていない。
CIMG2193_20170828161555af3.jpg

噂通り、序盤からなかなかの急登が続く。
CIMG2194.jpg
稜線の小太郎尾根分岐まで、距離約1.1kmで約600mも登る。
平均勾配率は54.5%で、先日登った立山の一ノ越~雄山間とほぼ同じ(汗)

出発してから30分もたたないが、ここで小休止(5:52)
CIMG2195_201708281615599a3.jpg

眼下には御池とテントサイト。
CIMG2196_20170828161600bc4.jpg
だいぶ出発したようで、テントもまばら(赤丸が私のテント)

後続のハイカーに道を譲るので、立ち止まりも激増。
CIMG2197_201708281616011b5.jpg

きつい・・・
CIMG2198_20170828161628a49.jpg
テントをデポしてこの調子なので、先が思いやられる。

登山道は草むらから、ダケカンバの樹林帯に入る(6:39)
CIMG2199_20170828161629568.jpg

樹林帯に入ると、急登に加え大きな岩のガレ場になる。
CIMG2200_20170828161631ec9.jpg
段差が大きくなるので、ますます身体に堪えてくる。

たまらずここで2度目の小休止(6:59)
CIMG2201_20170828161632934.jpg

南アルプスの森林限界は高く、既に標高2600mを越えている。
CIMG2203_201708281616349df.jpg

ヒメシャジン(姫沙参)
CIMG2206_20170828161655a02.jpg
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。

イワオトギリ(岩弟切)
CIMG2208.jpg
オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草。

コウメバチソウ(小梅鉢草)
CIMG2211.jpg
ニシキギ科ウメバチソウ属の多年草で、ウメバチソウの高山型。

この付近より上には、どんよりとした雲が垂れ込める。
CIMG2210_20170828161658796.jpg

8:14 植生保護柵前(標高約2740m)
CIMG2213.jpg
北岳一帯でもシカの食害に悩まされており、植生保護の柵が設けられている。

上を見上げると一面のガス
CIMG2214_201708281617298fb.jpg

稜線までもう少しだが、ここで小休止(8:17)
CIMG2215.jpg
スタートから2時間54分が経過。昨日二俣でお会いしたソロの男性と再会。

ますますガスが下がってきて、気温も少し降下してきた。
CIMG2216.jpg
長袖のミドルレイヤーを1枚追加する。

キタダケトリカブト(北岳鳥兜)
CIMG2218_20170828161736d17.jpg
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、絶滅危惧I A類(CR)

8:35 右俣・草すべり合流点(標高約2750m)
CIMG2219_20170828161803ed2.jpg
数人の下山者が、カッパを脱ぐため休憩されていた。
200m先の稜線では台風並の暴風雨が吹いているそうだ(大汗)

この付近では雨は降っておらず、風もほとんどないのだが・・・
CIMG2220_2017082816180492b.jpg

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
CIMG2223_20170828161806796.jpg
キク科アキノキリンソウ属の多年草。

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
CIMG2224_201708281618071c8.jpg
タデ科イブキトラノオ属の多年草。

コバノコゴメグサ(小葉の小米草)
CIMG2226_20170828161832fcc.jpg
ゴマノハグサ科コゴメグサ属の多年草。

少しガスが取れてきて、前方が見えるようになった。
CIMG2227_201708281618342a7.jpg
あれが稜線か!?

9:08 小太郎尾根分岐下(標高約2845m)
CIMG2228_201708281618358c9.jpg

ここは少し陰になっているので風の影響はほとんどないが、風の音がかなり激しい。
CIMG2231_20170828161836ef7.jpg
下山者の話では、この先は体温を奪われるほどの激しい横風が吹いているそうだ。

小休止がてら防寒用にカッパを装着する。
CIMG2234_201708281618381c0.jpg

西側には日本百名山の仙丈ヶ岳(3033m)
CIMG2238_20170828161856b11.jpg

北側には同じく百名山の甲斐駒ヶ岳(2967m)
CIMG2239_20170828161858fd4.jpg

御池小屋を最後(6:30)に出発されたというおねーさまたちに続き、出発(9:28)
CIMG2242_201708281618595ad.jpg
ということは、私が御池小屋泊り組の最後尾になったのか(笑)

9:31 小太郎尾根分岐(標高約2860m)
CIMG2243_20170828161901e74.jpg
情報通り、稜線上は西側から吹き付ける風が強い。
ただしだいぶ収まってきているようで、朝方は立っているのもままならないほどだったそうだ。

肩の小屋までは、0.8kmで40分の表示。
CIMG2244.jpg
ということは私の足だと1時間か(笑)

前方に見えるはずの北岳はガスの中。
CIMG2246_20170828161931e7e.jpg

トウヤクリンドウ(当薬竜胆)
CIMG2248_20170828161932db7.jpg
リンドウ科リンドウ属の多年草。残念ながらまだ蕾だった。

帽子を飛ばされないよう、頭を押さえながら進んで行く。
CIMG2249.jpg

概ねなだらかな稜線歩きだが、岩場登りの個所も。
CIMG2252_20170828161956b5b.jpg

鎖も設置されており、三点支持で登れば問題なし。
CIMG2253_20170828161958a36.jpg

少し青空も覗くようになってきた。
CIMG2254_20170828161959a42.jpg

10:02 肩の小屋北稜線(標高約2930m)
CIMG2255_201708281620019b5.jpg
小太郎尾根分岐と肩の小屋との中間地点。

だいぶ風も収まってきて、カッパを着てむしろ暑いぐらい。
CIMG2257_2017082816201930c.jpg
また既に標高3000m近くだが、高山病の症状はなし。
これだけちんたら歩けば、十分高地馴化されるだろう(笑)

西側からの風に押されて、東側のガスが上がってこれないのがよく分かる。
CIMG2258_20170828162021a12.jpg

ケルン? 顕彰碑?
CIMG2259_20170828162023eaa.jpg

ようやく前方に肩の小屋が見えてきた(10:15)
CIMG2260_2017082816202443d.jpg

肩の小屋の下のテン場はもぬけの殻。
CIMG2261_2017082816202627c.jpg
遮るモノが何もないので、台風並みの風だったら、テン泊者は大変だったろうな・・・

小屋と生ビールまであと3分
CIMG2262.jpg
上手い! ニンジンぶら下げですね(笑)

10:22 北岳肩の小屋(標高約3010m)
CIMG2264_2017082816204915a.jpg
御池小屋から4時間59分(休憩57分)と目標CT(5時間)通り(笑)


北岳(3193m)に来ただけぇ~ 2日目その2に続く・・・


(この区間の行程)
4:30白根御池小屋5:22
5:23草すべりルート入口
5:52(小休止)6:02
6:59(小休止)7:11
8:17植生保護柵前(小休止)8:32
8:35右俣・草すべり合流点
9:08小太郎尾根分岐下(小休止)9:28
9:31小太郎尾根分岐
10:02肩の小屋北稜線
10:22北岳肩の小屋


やっぱり、山っていいね!


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/886-d51a7aa2