立山テン泊ハイク2日目③ ガスを背負って(雄山山頂~雷鳥沢)

author photo

Byよっし~

2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

雄山神社に参拝したのち、大汝山方面に続く縦走路分岐で思案。
予定では大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)の立山三峰を縦走し、
大走りを下って雷鳥沢に戻るプラン。
だが稜線はガスガスで、しかも霧雨のような雨が降っている。

(どうしよう・・・、進むか?戻るか?)

CIMG1974.jpg
ここは標高3000mの稜線上。風雨が激しくなってくれば、遭難や滑落の恐れもありうる。
しかしせっかく立山に来たのに、最高峰の大汝山に登らずに戻るのは悔しいし、
雄山から片道20分ほどなので、最悪天候が悪化するようだったら戻ればいい。
 
という訳で、大汝山に向けて進むことにする(11:04)
CIMG1975_20170816173619be4.jpg

まずは雄山神社直下をトラバース。
CIMG1976.jpg
ガスで50m先は真っ白。

岩場を下っていくので、浮石や落石に注意。
CIMG1977_2017081617363994c.jpg

11:33 大汝山分岐(標高約3000m)
CIMG1978_20170816173640663.jpg
大汝休憩所はすぐ先だが、先に山頂へ。

11:37 大汝山山頂(標高3015m)
CIMG1979_201708161736420c5.jpg
雄山から33分。

山頂部はこの岩の上のようだが、危険なのでパス。
CIMG1980_20170816173645d23.jpg
眺望が全くないのでそっこーで下山。

11:42 大汝休憩所(標高約2995m)
CIMG1981_20170816173645a9e.jpg

この看板、見覚えがあるぞ!
CIMG1982_20170816173713c09.jpg

2014年に封切られた映画「春を背負って」菫小屋のロケ地。
haruwoseotte01.jpg
大好きな映画でもう5回以上観ており、出発前にも観ました(笑)

今回はここで名物のカレー(800円)を食べるのが楽しみだった。
しかも毎年”とりあえずカレー””やっぱりカレー”などと名称が変わるらしく、
今年はさりげなくカレーだった(笑)

さりげなく~にしようかと思ったら、その上に手書きでSUPERカレー(900円)
CIMG1986_20170816173716107.jpg
スーパー~っていうだけあって、さりげなく~よりスーパーなんだろうけど・・・

どこか悟郎さん(豊川悦司)似の個性的な小屋番さんに、
haruwoseotte03.jpg
「スーパーって何が変わるんですか?」と尋ねたところ、
「それは食べてのお楽しみ!」とのこと。
100円差なので驚くほどの違いはないだろうけど、SUPERカレーを注文。

小屋内にはスナップ記事が飾られているだけだが、映画で見た雰囲気そっくり。
CIMG1985_20170816173717321.jpg
実際の小屋内の映像はセットだったようです。

料理上手な愛ちゃん(蒼井優)のような女性が作るのかと思いきや、
haruwoseotte04.jpg
悟郎さん(もう勝手にこう呼んじゃいますw)が作られていた(笑)

程なくしてSUPERカレー(ネパール風ハーブ茶付)登場!
CIMG1988_20170816173718073.jpg
えっ! どこがスーパーなの?と思っていたら、悟郎さんが「混ぜてみてよ」とのたまう。

カレーソースを混ぜてみると、中からハンバーグが出てきた。
CIMG1989_20170816173719f01.jpg
フライパンで何かを炒める音が聞こえていたけど、正体はこれだったんだ。
なおスーパーの内容は、食材と小屋番の気分で日々変化するらしい。

ご飯も玄米や黒胡麻を加えた五穀米風で、腹持ちが良さそう。
CIMG1991_201708161737454bf.jpg
御馳走さまでした。

菫小屋のようにまた来たくなる小屋でした。
CIMG1993_2017081617374708e.jpg

雨やガスがますますひどくなってきたが、富士ノ折立方面へ(12:14)
CIMG1994_20170816173748970.jpg
ここからだと雄山に戻る方がアップダウンが多く遠回り。

一ノ越からの登りでデッドヒートを繰り広げた男女2人組と再会。
CIMG1995_201708161737506cb.jpg
女性は超初心者らしく、初めての3000m峰にバテバテで、私以上の亀足ぶり。
最初は大汝で引き返すと言っていたが、アップダウンを回避して大走り側に降りるそうだ。
「こっちだと最後の雷鳥沢からの登りがキツいですよ」と伝えたが、意思は固かった。
知らないよ~(笑)

12:30 富士ノ折立分岐(標高約2970m)
CIMG1996_20170816173752d78.jpg

山頂(2999m)まで標高差約30mだが、岩場登りのようなので体力温存でパス。
CIMG1997_20170816173812599.jpg
別の機会に。

真砂岳(2861m)方面に向かう(12:31)
CIMG1998_2017081617381422c.jpg

例の女性も頑張って降りていく。
CIMG1999_201708161738159ff.jpg

おぼろげながらも右手に雪渓が見えてきた。
CIMG2000_201708161738172a2.jpg

13:01 内蔵助カール(標高約2815m)
CIMG2001_20170816173818ea5.jpg

全く先が見えません!
CIMG2002_201708161738457b5.jpg

13:07 大走り分岐(標高約2820m)
CIMG2003_20170816173847b96.jpg
真砂岳までは往復20分ほどだが、こちらもパス。

大走りを下って雷鳥沢を目指す。
CIMG2004_20170816173848d78.jpg
当初あわよくば別山回りとふざけたことを言ったが、とても私の足では無理でした(笑)

サレた岩の中をつづら折れに降りていく。
CIMG2005_20170816173849225.jpg

女性は下りも苦手らしく、悪戦苦闘。
CIMG2006_201708161738519af.jpg
こんな山行だと山嫌いになってしまわないか心配です。

つづら折れが終わり、少しなだらかになったお花畑で腰をおろす(13:28)
CIMG2007_201708161739209d6.jpg


 いらっしゃいませ いらっしゃいませ
 ハイカーの社交場、娯楽の殿堂
 
「たてやまミュージックホール」

 18436994_s-300x300.jpg

 第3部のプログラムは、
 貴方のスター、私のスター、
北アルプス雷鳥界の女王
 フリーチャー・ローズことチングルマかおる
 その他、豪華絢爛なるゲストを多数お招きして
 淋しがり屋の殿方を優しく慰める
 名付けて
”好き好き砂浴びショー”です

 はい拍手、拍手
 たくさんの拍手をお願いします


チングルマかおる嬢の登場!
CIMG2010_20170816173922cef.jpg

 ♪空中ゴンドラ鏡張り 明日は白馬か穂高か
 夏毛の肌に花を咲かせて 砂浴びダンサー 踊り子さん
 ああ今日もまた ガスは更けて
 尾根に高鳴るミュージック



※上記は「うぐいすだにミュージックホール」(作詞・作曲:山本正之)をオマージュしたものです。
※当劇場はよっし~の脳内にある架空のもので、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

心配だった大走谷の雪渓も登山道上には全くなし。
CIMG2013_201708161739234b2.jpg

雷鳥平付近もガスが立ち込めている。
CIMG2014_20170816173925381.jpg

ここで最後の小休止(14:20)
CIMG2015_20170816173926ab8.jpg

一服しているとガスが取れてテン場が見えてきた。
CIMG2016_20170816173950164.jpg

14:39 雷鳥沢キャンプ場(標高約2277m)
CIMG2017.jpg
下りは3時間35分。9時間ぶりにテン場に帰還と想定通り。
テントの数は前日の1/5ほどに減っていた。

ホッとするのも束の間に、テントを撤収。
CIMG2019_20170816173955cdc.jpg
お世話になりました。

前日より中身が減ったにもかかわらず、パンパンのザック(笑)
CIMG2018_2017081617395303c.jpg

室堂に向けて出発(15:24)
CIMG2020_20170816173956545.jpg
20kg以下になったとはいえ、ずっしりと重くなったザックが身体に堪える(涙)

最後の最後でのこの坂のキツさ、本当に身に染みる。
CIMG2022_20170816174019d9a.jpg
悟郎さんの言葉通り、荷物と喧嘩せず、負けないように自然体で登っていく。

途中大走りで追い越した男女2人組とみたび再会。
CIMG2023_201708161740212d8.jpg
女性は、キツいといっても標高が低いからとタカをくくっていたらしく、
テン場から見上げた石階段に言葉を失ったそうだ。
だから言ったでしょう!?(笑)

序盤の急坂が終了(16:12)
CIMG2024.jpg

この先は緩やかだったと思いきや、まだまだ登りが続く。
CIMG2025.jpg
こんなにキツかったっけ?

16:37 みくりが池温泉(標高約2410m)
CIMG2026.jpg
楽しみだったローフーは営業時間終了(~16時)で没(涙)

この階段を登り切れば・・・
CIMG2027.jpg

バスターミナルが見えてきた。
CIMG2028.jpg

16:55 室堂バスターミナル(標高約2450m)
CIMG2029.jpg
雷鳥沢から1時間31分。

先ほどまで居た雄山や大汝山はガスで全く見えない。
CIMG2030.jpg

最終バス(17:40)に間に合って良かった。
CIMG2031.jpg
なお8/28~10/22は、17:05発が最終便なのでご注意を。

しばらく待つかと思いきや、改札中の17時5分の便に滑り込むことができた。
CIMG2032.jpg

18:20 立山駅(標高約475m)
CIMG2035.jpg
美女平からケーブルカーに乗り継いで、立山駅に到着。

2日目は生憎の天気だったが、多くの踊り子さんに会うことができてまずまず。
今まで交通費や混雑などハードルで喰わず嫌いだった立山だったが、
雄大な景色と居心地の良いキャンプ場にすっかり魅了されてしまった。
今度は是非天気の良い日に登ってみよう!


☆今回歩いたコース☆ (クリックすると大きくなります)
tateyama01.jpg


(この日の行程)
5:24雷鳥沢キャンプ場
5:27神の道分岐
5:40大走り分岐
6:19P2358(小休止)6:25
6:34室堂分岐
8:19一ノ越山荘(小休止)8:36
9:10二ノ越
9:44三ノ越(小休止)9:50
10:25立山雄山山頂
10:45雄山神社立山頂上峰本社(最高地点)10:54
10:56大汝山方面縦走路分岐(小休止)11:04
11:37大汝山山頂
11:42大汝休憩所(昼食)12:14
12:30富士ノ折立分岐
13:07大走り分岐(稜線)
14:39雷鳥沢キャンプ場(撤収)15:24
16:55室堂BT17:05
18:20立山駅


やっぱり、山っていいね!


立山(雄山・大汝山)
標高差738m
登り 6時間32分、下り 3時間35分
出会った人 測定不能 出会った動物 雷鳥5羽
日本百名山:22座目
2017年:31・32座目


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 10

コウちゃん  

僕も真砂岳手前でガスガスに出会い、分岐から大走りを下って
雷鳥沢へ下りましたよ。大走りも景色が無くて長い下りだった
事を思い出しました。それより雷鳥沢からの上り返しが疲れた
体につらく何度も休憩した嫌な思い出しか頭の中にありません。

でもこの天気で行くとは・・・すごい根性。僕なんかあっさり
諦めて北アルプスが文殊山でした。

2017/08/22 (Tue) 18:35 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~大明神様、こんばんは。
霧だらけの立山も中々いいもんですねって、私はとてもとても・・・・・。
大勢の踊り子さん達にも会えてよかったですね。
みくりが池温泉のローフーは残念でしたね。
私達はしっかりと・・・、これが目標でしたから(笑い)。

2017/08/22 (Tue) 20:05 | EDIT | REPLY |   

よっしー  

よっし~さん お疲れ様でした

去年の私もあわよくば別山回りとふざけたことをちょっとだけ思いました(笑)

私もいいお天気の時にもう一度行きたいです。
(でも今の私じゃちょっと痩せないと無理かも・・・)

2017/08/23 (Wed) 09:59 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

この天気でも山に登りますよ。
だって貴殿が定休日を変更してから、ずっと火曜日は山行向きじゃない天気が続いているんですから(ウソ)

今回の立山縦走、ガスガスで北アルプスの山々や富士山も見えませんでしたが、
踊り子さんたちのなまめかしいダンスが見られて良かったです(笑)

2017/08/23 (Wed) 12:00 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

のりちゃんさん またコメントありがとうございます。

みくりが池温泉には入りたかったんですが、既に立ち寄り入浴終了でした(涙)
もっとも入浴できたとしても、室堂までの登り返しでまた汗がぶり返し
あまり意味がないかもしれませんが(笑)

2017/08/23 (Wed) 12:07 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

立山の縦走、思った以上にハードでした。
標高差は700mほどしかないのに、ガレ場やアップダウンも多く、
すっかりバテバテでした。
別山周回なんて、ほんと戯言ですよね(笑)

でも石川県の方で、番場島から剱岳経由で雄山まで日帰りピストンされる方がいるんですよね(笑)

2017/08/23 (Wed) 12:19 | EDIT | REPLY |   

西やん  

お疲れ様でした。
コースの様子、参考になりました。
詳しい報告ありがとうございました。

2017/08/24 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

コブタパパ  

すごいですね!

驚きです、ここまで本格的な登山者になられていたのですね!
引き続き読ませていただきます。安全には気を付けて、ハイクをお楽しみくださいませ〜

2017/08/26 (Sat) 22:42 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

西やんさん こんにちは
遠征していたもので、レスが遅くなってすみません。

立山にはまだ登られていないのでしょうか。
西やんさんなら楽勝ですよ(笑)

2017/08/27 (Sun) 11:51 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: すごいですね!

こぶたパパさん こんにちは

いえいえ、亀足のただのヘタレハイカーです(笑)
昨日まで遠征していたもので、ただいま激しい筋肉痛に襲われています。
レポをお楽しみに。

2017/08/27 (Sun) 11:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (223)
二上コース (119)
二上コース(裏・旧道) (28)
大村コース (9)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (3)
四方谷コース (8)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (47)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (60)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (6)
福井県の山(福井・坂井) (47)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (87)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (22)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (20)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (21)
富士写ヶ岳 (3)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (21)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (59)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (79)
麓の山めし (26)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (97)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (8)
山雑記 (10)
青春の想い出の曲 (12)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (2)
未分類 (0)