越前五山泰澄スタンプ巡り⑤ 白山(2702m)

author photo

Byよっし~

2017年7月11日(火) 晴れ時々曇り

先日、越前五山泰澄スタンプ巡りの難関である白山のスタンプ押印時期が変更
当初8/1~8/20だった押印可能期間が、7月3日(月)から8月25日(金)までに大幅拡大
もう押印しコンプリートされた方もチラホラ現われ始めている。

白山
CIMG1617_20170717101907c58.jpg

百名山3座の信州遠征からまだ2日。
心配された筋肉痛はなく、左瞼の腫れもだいぶ引いてきた。
身体の調子はまずまずだが、疲れが溜まっていると思われるので近場の山に
と考えていたが、前日てんきとくらすで白山の予報を確認すると、オールA

hakusan_weather20170711.png
う~ん、梅雨の合間のこの好天、どうしよう・・・

次の週末は三連休で、大勢のハイカーで賑わうことは必至。
しかもマイカー規制がかかるので、日帰りだと最終バス(17:00)という時間的制約もある。
規制のかからない平日が好天とは限らないので、気持ちを奮い立たせ白山行きを決定!
 
3日前(7/8)に全線開通した永平寺・大野道路(E67:中部縦貫道)で勝山へ。
CIMG1539.jpg
大野~油坂峠間も現在工事中で、開通は2023年度以降の予定。

5:22 別当出合特設駐車スペース(標高約1230m)
CIMG1540_201707171014180df.jpg
好天のせいか平日にもかかわらず既に30台近く停まっていた。

5:43 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG1541_201707171014199d7.jpg

開山1300年の幟も立っていた。
CIMG1542_201707171014205e6.jpg

白山では今年の7/1から登山届の提出が義務化された。
CIMG1543_20170717101422682.jpg
違反者には罰則(5万円以下の過料)が課せられるが、現在は経過措置で未適用。

登山届BOX横にあったカード式の登山届出済証
CIMG1544_201707171014395c2.jpg
必要事項を記入して携帯し、下山後にBOXに入れることで下山届を兼ねる上手いシステム。

うん? なんだ?!
CIMG1545_201707171014417e0.jpg

白山開山1300年記念事業の一環のたすきでつなぐ白山登山赤襷
CIMG1546_20170717101442a0b.jpg
たすきに登山日や氏名を記入して登山し、途中で出会った方にたすきをリレーしていく。

最近、会社の支給携帯がおニューになり、アンテナバリ4になってしまった(涙)
CIMG1548_20170717101444c09.jpg
圏外ということで電源切っておこうかな?(笑)

OPP対策もしっかり済ませ、ハイク開始(5:58)
CIMG1549.jpg
今日の室堂までの目標タイムは超~ゆるめの6時間(標準CTは4時間)
息が上がらぬように、花を愛でながらゆっくり登っていこう。
なお先日の教訓で、今日はハッカ水の予備ボトルも持参しました(笑)

吊り橋上から山頂方面を望むと、早くも雲がかかっている。
CIMG1550_20170717101500fe5.jpg
今日は登山指数Aなんだよね?

トリアシショウマ(鳥足升麻)
CIMG1552_20170717101501d91.jpg
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。

石階段をよたよた登っていく。
CIMG1553_20170717101503142.jpg

ササユリ(笹百合)
CIMG1554_20170717101504f39.jpg
ユリ科ユリ属の球根植物。

6:58 中飯場(標高約1550m)
CIMG1555_2017071710150601d.jpg
ここまで1時間と超スローペース。小休止した後出発(7:05)

センジュガンピ(千手岩菲)
CIMG1557_20170717101525c1f.jpg
ナデシコ科センノウ属の多年草。

サンカヨウ(実)(山荷葉)
CIMG1558_201707171015275e1.jpg
なんかよう科一青窈属の多年草(ウソ)。本当はメギ科サンカヨウ属の多年草(笑)

クモキリソウ(蜘蛛切草)(多分?)
CIMG1559_20170717101528c75.jpg
違っていたらすみません。

タカネミズキ(高嶺水木)
CIMG1560_20170717101530d9d.jpg
ミズキ科ミズキ属の落葉低木。

タカネナデシコ(高嶺撫子)
CIMG1563_20170717101531aa6.jpg
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。石川県では準絶滅危惧(NT)に指定。

エンレイソウ(実)(延齢草)
CIMG1565_201707171015503b3.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

ハクサンチドリ(白山千鳥)
CIMG1567_20170717101553197.jpg
ラン科ハクサンチドリ属の多年草。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
CIMG1568_2017071710155583b.jpg
ハエドクソウ科ミゾホオズキ属の多年草。

8:01 別当覗(標高約1750m)
CIMG1569.jpg
ここでも小休止。花が多くてなかなか進みません(ウソ)

マイヅルソウ(舞鶴草)
CIMG1570_20170717101618588.jpg
キジカクシ科スズラン亜科マイヅルソウ属の多年草。

新設された火口域から2km圏内の標識。
CIMG1573_2017071710162005b.jpg
白山は噴火警戒レベル1の活火山なので、事前の情報収集と装備等はしっかりと。

白山の活動状況(気象庁)

甚之助谷上部の砂防ダム群は、大規模な崩落でほとんど埋まっていた。
CIMG1574.jpg
”焼け石に水”の無駄な公共事業だが、地元を食べさせるためには仕方ないのだろう。

ミヤマガラシ(深山芥子)
CIMG1575_20170717101623b3c.jpg
アブラナ科ヤマガラシ属の多年草。

キヌガサソウ(衣笠草)
CIMG1577_201707171016510fe.jpg
ユリ科ツクバネソウ属の多年草。石川県では危急種(絶滅危惧II類・VU)に指定。

花弁の数は必ず同じなんですよ。
CIMG1576_20170717101625932.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
CIMG1581_20170717101654bd5.jpg
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草。

例年7月中は雪渓の残る旧高飯場下もすっかり夏道が露出。
CIMG1580_201707171016539ce.jpg

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
CIMG1582_20170717101655f41.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。

9:04 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG1583_20170717101657136.jpg
既に3時間が経過。

行動食で栄養補給。
CIMG1585.jpg

別山(2399m)は雲で全く見えず。
CIMG1584_2017071710171423b.jpg
結局、終日雲隠れしていた。

ハッカ水をたっぷりふりかけ、後半戦ものんびり行こう(9:22)
CIMG1586_201707171017172e4.jpg
昨年見かけたコイチヨウラン(小一葉蘭)はまだ咲いていなかった。

10:01 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG1587_20170717101719a88.jpg
ここでも小休止(10:07)

トラバース路の雪渓も1箇所のみ。
CIMG1589_20170717101721146.jpg

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
CIMG1591_20170717101742b3c.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

アカモノ(赤物)
CIMG1594.jpg
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木。別名はイワハゼ(岩黄櫨)

登山道上に雪渓が見えてきた。
CIMG1595.jpg

コイワカガミ(小岩鏡)
CIMG1596.jpg
イワウメ科イワカガミ属の多年草。

登山道(砂防新道)に雪渓が残っているのはここだけ。
CIMG1597_20170717101748450.jpg
ステップが切られているので、ツボ足でもノープロブレム。

ミヤマガラシ(深山芥子)
CIMG1598_20170717101810520.jpg
アブラナ科ヤマガラシ属の多年草。

ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
CIMG1600.jpg
バラ科ダイコンソウ属の多年草。

ヨツバシオガマ(四葉塩釜)
CIMG1601.jpg
ハマウツボ科シオガマギク属の多年草。

花の宝庫十二曲りに差しかかる(10:50)
CIMG1602.jpg

ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)
CIMG1603_20170717101816227.jpg
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。

リュウキンカ(立金花)
CIMG1605_20170717101837d19.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

今年はまだ咲き始めといったところ。
CIMG1606_2017071710183862c.jpg

ミヤマタンポポ(深山蒲公英)
CIMG1608_20170717101840e6f.jpg
キク科タンポポ属の多年草。

ハクサンフウロ(白山風露)
CIMG1610_2017071710184168c.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

ミヤマハタザオ(深山旗竿)
CIMG1612_20170717101843af9.jpg
アブラナ科ハタザオ属の多年草。

11:03 延命水
CIMG1613_20170717101903f2b.jpg
1杯飲むと3年寿命が延びると謂われ、3杯飲みました(笑)

麓からガスが上ってきている。
CIMG1614_201707171019049f9.jpg
そろそろ急がないと・・・

11:14 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG1615_201707171019063c6.jpg
既に5時間が経過。健脚じゃない方でも山頂に着いているタイム(笑)
でも最悪室堂で引き返せばいいので、もうひとがんばり。

小休止後、弥陀ヶ原へ(11:22)
CIMG1618_20170717101909725.jpg

ハクサンコザクラ(白山小桜)
CIMG1620_201707171019300a8.jpg
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。

ニリンソウ(二輪草)
CIMG1622.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

11:32 五葉坂下(エコーライン合流点)(標高約2354m)
CIMG1623_201707171019330e1.jpg
これを登れば室堂。

ウラジロナナカマド(裏白七竃)
CIMG1624_201707171019357e1.jpg
バラ科ナナカマド属の落葉低木。

ゴゼンタチバナ(御前橘)
CIMG1625_2017071710193645d.jpg
ミズキ科ミズキ属ゴゼンタチバナ亜属の多年草。名前は白山の主峰の御前峰に由来。

11:56 白山室堂(標高約2450m)
CIMG1626_201707171019540ad.jpg
タイムは5時間58分となんとか目標の6時間をクリアするも激遅。
別当出合で見かけたハイカーと既に何組かすれ違っている(笑)

標高2450mの室堂の気温は19.5℃
CIMG1627_201707171019568d0.jpg
ということは下界は35℃の灼熱地獄? 
※事実、この日の福井の最高気温は35℃の猛暑日を記録しました。

汗まみれのたすきを返却(笑)
CIMG1628_20170717101957a47.jpg
ええっと、スタンプラリーのスタンプは・・・

片隅の分かり難い場所にひっそりと置いてあった。
CIMG1629.jpg

最後のスタンプを押印してコンプリート!
CIMG1630_201707171020008b3.jpg
これで後は来月20日からの景品交換開始を待つだけ。

奥宮側のベンチでは大勢のハイカーが食事中。
CIMG1631_20170717102020e5d.jpg

私も食事をして降りることにしよう。
CIMG1632_20170717102022512.jpg

山頂には行かないつもりだったが、珍しくガスのない山頂部を見ていると気持ちに変化
CIMG1633_201707171020238d1.jpg
今日はマイカー規制がなく、日没(19:14)も遅いので、下山時刻を焦る必要はない。
ガスでもかかっていれば、山頂にいかない大義名分ができたのに・・・
次回が好天かどうか分からないので、山頂に向かうことにする(12:35)

キジムシロ(雉莚)
CIMG1634.jpg
バラ科キジムシロ属の多年草。

シナノキンバイ(信濃金梅)
CIMG1636_2017071710202690d.jpg
キンポウゲ科キンバイソウ属の多年草。

ミヤマクロユリ(深山黒百合)
CIMG1638_2017071710204729f.jpg
ユリ科バイモ属の球根植物。

イワツメクサ(岩爪草)
CIMG1641_201707171020487bf.jpg
ナデシコ科ハコベ属の多年草。

13:12 青石(山頂まで残り750m)
CIMG1642_20170717102050a3e.jpg
山頂に行くと決めたがヘロヘロで、室堂から350mしか進んでいないのに37分もかかる有様。

13:26 高天ヶ原(山頂まで残り500m)
CIMG1643_20170717102051321.jpg

イワヒバリ(岩雲雀)くんが歌声でエールを送ってくれるのでもうひと頑張り。
CIMG1645.jpg

14:00 白山御前峰山頂(標高2702m)
CIMG1646_20170717102113297.jpg
室堂から1時間25分とバテバテ。

登頂記念の三角点(一等・白山)タッチ。
CIMG1647_201707171021146ad.jpg

大汝峰(左:2684m)と剣ヶ峰(右:2677m)
CIMG1648_2017071710211677c.jpg
剣ヶ峰には登山道がなく、岩石崩落の危険があるため登山禁止。

北アルプスは厚い雲の中。
CIMG1649.jpg

気付くと室堂方面にもガスが上ってきている。
CIMG1650_201707171021192af.jpg

長居せずに下山(14:10)
CIMG1651_20170717102141962.jpg

14:34 白山室堂(標高約2450m)
CIMG1652_2017071710214363a.jpg
下りは24分。

先ほどまでいた御前峰山頂はすっかりガスの中。
CIMG1653_2017071710214458b.jpg
さっきこうだったら、間違いなく登らなかったので、亀足の私を忖度してくれたのかも。
ありがとうございます(笑)

売店で山バッヂ(500円)を購入。
CIMG1655_20170717102146c07.jpg
白山の山バッヂは既に持っているが、これは限定品の開山1300年記念バージョン。

時刻も遅いのでとっとと下山(14:53)
CIMG1656.jpg
途中五葉坂では数組の宿泊組とすれ違う。

弥陀ヶ原で振り返ると、すっかり真っ白。
CIMG1657_201707171022079da.jpg

15:10 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG1658_20170717102208661.jpg
下りも砂防新道へ。

どうやらガスは全部上がってしまったようで、十二曲りから下は晴れていた。
CIMG1660_201707171022100f8.jpg

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
CIMG1661_20170717102211c8c.jpg
タデ科イブキトラノオ属の多年草。

ニリンソウ(二輪草)
CIMG1662_2017071710221343a.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

雪渓にさしかかると、往路には見かけなかった大穴が開いていた(15:29)
CIMG1663_201707171022322ae.jpg
誰かが踏み抜いた跡で、おそらく犯人は室堂に居たデブ、ガタイのいい若い男性かも(笑)

彼(勝手に犯人に仕立てているが、確証はありませんw)よりは軽いと思われる私の体重だが、
さらに踏み抜く可能性が大。
左側はアイゼンなしではとても歩けない急斜面で、ツボ足ではNG
右側には元々あった大きな穴があり、その距離は僅か50㎝ほど。
しかも穴の直下はになっており、雪面から2mほど低くなっている。
ツボ足だとこのステップ上を歩くしか方法はなく、万一この間を踏み抜けば、
雪渓上のステップはおそらく崩壊してしまうだろう。
踏み抜き穴を跨ぐ方法もあるが、弱くなっていて崩壊を誘発する可能性も否定できない。
またヘタに大股で歩いて滑ったりすると、右下の谷へ滑落する恐れもある。

そろりそろりと踏み抜き穴に近づき、ポールを前方の支えにしつつ、穴を跨いで通過

日々雪解けが進んでおり、このレポがアップされた頃には雪渓自体がなくなっているかも
しれないが、通過にはご注意を。

15:42 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG1664_20170717102234c75.jpg
途中すれ違った数組のハイカーに、”誰かが開けた雪渓の踏み抜き穴”に注意と伝える。
こう言っとかないと、私が開けたと思われますもんね(笑)

15:57 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG1665.jpg
ここで小休止。数組のハイカーが休憩しており、ほとんど下山組だが、
中に男性1人、女性2人の外国人グループがおり、どうやらこれから室堂に向かうようだ。
しかも男性は短パンにウエストポーチのみ、女性も薄手のTシャツ1枚という恰好だった。
昔堅気の山ヤなら間違いなく、”山をなめとんか!?”と叱りつけるだろうが、
自己責任なのでスルー。

16:53 中飯場(標高約1550m)
CIMG1667_201707171022376ea.jpg
10組ほど追い越し、ここで最後の小休止。

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
CIMG1669.jpg
キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。

17:24 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG1670_20170717102253dcd.jpg
下りは2時間31分。

下山後は売店棟の自販機でご褒美のビア(ノンアル)。
CIMG1671_20170717102255d31.jpg
う、うますぎる・・・

11時間以上にも及ぶ長丁場のハイクになったが、無事スタンプをコンプリート。
40種類近い野草たちとも出会うことができ、花の白山を堪能することができた。
あとは景品交換開始日になんとか理由をつけて、道の駅に行くことだけ(笑)

(この日の行程)
5:43別当出合登山口5:58
6:58中飯場(小休止)7:05
8:01別当覗(小休止)8:07
9:04甚之助避難小屋(小休止)9:22
10:01南竜分岐(小休止)10:07
11:14黒ボコ岩(小休止)11:22
11:56白山室堂(昼食)12:35
14:00白山山頂(小休止)14:10
14:34白山室堂(小休止)14:53
15:57甚之助避難小屋(小休止)16:08
16:53中飯場(小休止)16:58
17:24別当出合登山口


やっぱり、山っていいね!


白山(2702m)(砂防新道)
標高差1442m
登り 7時間23分、下り 2時間55分、TOTAL 11時間22分
今年2回目、通算30回目
出会った人 80人ぐらい 出会った動物 なし
2017年:28座目


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 6

コウちゃん  

あれ〜雨降らなかったの。
勝山は朝から降ったり止んだりで
行きそびれました。よっし〜さんが
行くんだったら昨年のリベンジで山頂で
お待ちしてましたのに。なんてね(笑
三連休の平泉寺の人出が多く、忙しすぎて
体ボロボロです。

コンプリートおめでとう🎊

2017/07/18 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

三連休、お仕事ご苦労様でした。
私も土曜以外は仕事でした(涙)


この日、勝山は雨が降ったんですね。
白山周辺は全く降っていなかったので、
これも雨男さんの成せる技ですね(ウソ)


従来の亀足に加え、気温が高くて全然ペースが上がらず、
室堂まで6時間もかかってしまいました。
おそらく待っておられたら待ちくたびれてしまったことでしょう(笑)

2017/07/19 (Wed) 10:42 | EDIT | REPLY |   

よった  

お久し振りです!8日の日に白山を登ったのですが雪渓トラバースにステップがなくて大変怖い思いをしました(笑)
また初めて日帰りに登ったのですが一緒に行った連れに一人普段まったく運動しない奴がいて、初めての日帰りで帰ってこれるかなぁと心配しておりましたが、案の定登り始め10分で辛いかもと言い出し、何度も小休憩を挟み途中でリュックも持ってあげつつなんとか頂上まで行ったのですが帰りで足に限界が来たようで、大幅にタイムロスした結果到底最終バスに間に合いそうも無く、そいつともう一人連れを残し一人で先に一人で下山しバスで一之瀬まで行き特別に車を通して頂き別当出合まで迎えいくというなかなか無い経験をつんでしまいました(笑)29日には一人でまた白山まで泊まりに行こうと思いますがいずれよっしーさんを見てみたいなぁと思います!

2017/07/25 (Tue) 20:16 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よったさん おひさしぶりです。

確か2年ほど前に白山登山でコメントいただいた方ですよね。

あの雪渓トラバース路、とうとう崩壊しましたか。
確か手前にスコップが置いてあったので、時折小屋番の方がステップをつけておられるのでしょうが、よったさんが登られた日はまだだったようですね。
短距離とはいえ、あの急斜面の雪渓をアイゼンやピッケルなしで歩くのは勇気が要りますね。
山初心者の方を連れて、さぞかし大変だったことでしょう。

山馴れしていない方は、特に下りでバテてしまうようですね。
登りは山頂に向かう楽しさもあり、キツいですがなんとか登れても、
下りは蓄積した疲労が足に出てしまいます。
特にスピードをセーブしながら降りる下りは、普段まず使わない筋肉なので
日頃運動している方でも足が動かなくなるようです。

私は最終バスの時間的制約がイヤなので、白山はもっぱら平日に登ることにしていますので、なかなかお会いできないかも。

2017/07/26 (Wed) 11:35 | EDIT | REPLY |   

よった  

そうです!2年前にコメントしました!
正確には登り時に丁度小屋の人がステップを掘って
て、その脇を前の足跡をたどりながら行きました。
やっぱり平日は仕事なので登るなら土日しか無いんで厳しいですよね。
2年前にコメントしたときは同じ日に登ってた記憶が
あるのでかなり珍しいことだったんですね! 笑

2017/07/28 (Fri) 22:24 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よったさん こんにちは

土曜日だとマイカー規制がかかるので、極力白山は避けています。
特に今年は開山1300年でハイカーが多く、自分のペースで歩きづらいからです。
往復1200円のバス代も大きいですが(笑)

2017/07/30 (Sun) 13:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)