蓼科山を降り、ビーナスライン入口の大門峠に立つ。
このまま直進すれば本日2座目の霧ヶ峰に向かうのだが、
今回蓼科山に登ろうと決めた際、久しぶりに是非とも寄りたい店があり、
右折してR152(大門街道)へ。

CIMG1356.jpg
むしろその店の方がメインで、蓼科山はおまけなようなモノです(笑)

利休庵
CIMG1358_20170710114823846.jpg
長和町の姫木平別荘地入口から少し先のR152沿いにあるお店で、入母屋屋根が目印。
初めて訪れたのはもう10年以上も前で、随分ご無沙汰だったが迷わずに到着。
この一帯は小県(ちいさがた)郡に属し、昨年の大河ドラマに出てきた真田氏の上田は、
ひと山越えた先。
先ほど蓼科山頂でお昼食べたのでは? これはおやつです(キリっ!)
 
前回訪問時に注文したのが、この山

天丼
PA300014s.jpg
※2005年10月撮影。

標高約300.0mm、20数種類の山菜や野菜の天ぷらが芸術作品のように盛り付けられた逸品。
この時は無事登頂することができたが、具材の調達や調理に時間がかかるなどの理由から、
残念ながら2005年11月18日付で廃止となってしまった。

フラッグシップの天丼は終了してしまったが、今回のお目当てはこの山

かき揚げ丼
PA300013s.jpg
※2005年10月撮影。

スケール的には天丼に及ばないが標高200.0mmほどあり、垂直に切り立った山肌は、
先ほど登った蓼科山のゴーロ場の急登を彷彿させる。
これに登りたくて、ついでに蓼科山に登った訳なんです(笑)

ええっと、かき揚げ丼は・・・
CIMG1362_20170710114827e64.jpg
あれ?おかしいな~? どこにもないぞ。
来る前に食べログで確認したところ、今年の食レポもあったのに・・・

壁に貼ってあるのかと思い、辺りをキョロキョロ見回していると、

なんですとー!ヾ(。 ̄□ ̄)ツ
CIMG1359.jpg
な、なんと、かき揚げメニューは今年の5月15日終了したとのこと。
後でご主人に尋ねたところ、材料確保や仕込みが大変で、調理も時間がかかるので
やむなく終了したとのこと。
今回の旅のメインのかき揚げが食べられないとは・・・・Orz

元々利休庵は数量限定の十割そばや韃靼そば、二八そばなど蕎麦がメイン。
CIMG1361_2017071011482612d.jpg
悩んだ末、天ぷら6品が付いた黒天ざるそば(1,420円)をオーダー。
これだけじゃ物足りないかもしれないので、ご飯orおにぎり&おかず3品の
定食セット(400円)も注文。

終了したのは残念だが、ご夫婦二人で切り盛りされているので仕方ない。
CIMG1363_20170710114841e13.jpg
ご主人の八重樫栄彦(えいけん)さんは実はスゴイ方で、SIA(日本プロスキー教師協会)の
ナショナルデモンストレーターを2期(1990~1993)も務められた。

「これサービスです。宜しければ召し上がって下さい。」
CIMG1365_201707101148425c2.jpg
このようにスキーの腕前だけでなく、気配りも一級品の方です。

注文から30分ほどで黒天ざるそば定食(1,820円)が運ばれてきた。
CIMG1366.jpg

信州産のそば粉と霧ヶ峰山麓の清涼な水を使った石臼挽き手打ち二八蕎麦
CIMG1370_20170710114905603.jpg
+200円で数量限定(1日20食)の十割そばに変更可能。
またそば好きで物足りない方は、+370円(十割は+480円)でそばの増量ができる。

そばと比べると圧倒的な存在感を示す黒天ぷら
CIMG1367_201707101148450cb.jpg
衣に天ぷら粉ではなく、そば粉を使っているためやや黒っぽい色をしている。
通常の天ぷらと比べ、衣のサクサク感が強く、香りも香ばしい。

こちらは定食セット(+400円)のおかず3品
CIMG1368_20170710114847046.jpg
内容は日替わりのようで、この日はポテトサラダ、煮物、香物だった。

他に蕎麦の箸休めなどもあり、カウンター上はご覧のありさま。
CIMG1369_20170710114903a83.jpg
ご飯も普通盛だが、優に1合近くはありそう。
かき揚げ丼が食べられない傷心も、このビジュアルに癒される(笑)

さてメインの天ぷらはメニューでは6品となっているが、数えてみると9品
CIMG1371_201707101149078c0.jpg
自家農園栽培の無農薬野菜に、ご主人自らが付近の山で採ってきた山菜類など。
皿に塩が付いているが、天つゆは別途80円で注文可能。
少食の人ならこの天ぷらだけでもお腹いっぱいかも。

そば湯もアツアツで、そば粉の旨みが濃縮されていて美味しい。
CIMG1372_20170710114908c0d.jpg

残念ながらお目当てのかき揚げ丼は食べられなかったが、
おやつとしては十分満足できるボリュームと味で大満足。
八重樫さん家で飼っているニワトリくんが生んだ玉子の地たまご定食(650円)もおススメです。
難しいのかもしれないが、いつの日かかき揚げ丼を復活して欲しいのだが・・・

利休庵
※かき揚げ丼は2017年5月15日付で終了しました。


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/870-7df09066