2012年3月16日(金) 晴れ時々曇り

予報では、今日はまずまずのお天気とのこと。
せっかくの好天気なので、眺望の素晴らしい山に行きたい。
何処か打ってつけの山はないかと思案したところ、以前から気になっていた山を思い出す。
そうだ! 高須山(たかすやま)(438m)に決定!
DSC05370.jpg
高須山は福井市の北西部にあり、国見岳(656m)などと共に丹生山地の北東端に位置する。

三里浜方面から国見岳方面を見ると、ひと際見事なコニーデ型の山があり、
なんと言う山だろうと思っていたが、それが高須山だというのが分かったのはつい最近。
一般的に登山口がある高須町へは、R416の柳原分岐から市の瀬経由で辿りつけるが、
本郷方面からゴルフ場(フォーレスト福井)経由でもいけるようなので、今回は後者を利用。
DSC05372.jpg

高須町集落に到着(8:57)。標高200mほどの山間地にあり、所謂限界集落の一つ。
DSC05373.jpg
写真の高須城小学校も、児童の減少で2007年から休校中だそうだ。

小学校の前にあった高須山の案内看板。
DSC05374.jpg
看板によると、集落から歩いて40分ほどらしいが、林道があり車でかなり上の方までいけるようだ。

駐車できそうな場所を探して、林道を進んでいく。
DSC05375.jpg

9:03 林道出合駐車場(標高約250m)
DSC05379.jpg

林道はこの先も続いているようだが、ダートに変わるのと残雪もあったのでここに駐車。
DSC05381.jpg

駐車場からの眺めも良く、残雪を抱いた浄法寺山や丈競山などが望める。
DSC05378.jpg

駐車場脇にあった奇妙な案山子(笑)
DSC05376.jpg

9:10 登山開始
DSC05380.jpg

しばらくは杉木立の中を通る林道を歩いていく。
DSC05385.jpg
花粉がバンバン飛んでいそうだが(笑)

隠し田のような棚田や
DSC05383.jpg
しっかり間伐された杉林
DSC05469.jpg

今朝は放射冷却現象のため、県内は軒並み氷点下を記録。ご覧の通り氷が張っていた。
DSC05384.jpg
この時間帯の気温もまだ2度ほどしかないようだが、陽が照っているせいか、寒さはあまり感じない。

この辺りから杉林を抜け、明るくなってくる。
DSC05386.jpg

しばらく林道を歩いていくと、前方に残雪。
DSC05387.jpg

近づいていくと、朽ちた倒木がとうせんぼしている。
DSC05388.jpg
林道はまだ続いているが、車の場合ここまでのようだ。

前方に高須山が見えてきた。
DSC05389.jpg
ここからはやや下りとなる。

9:28 林道終点(標高約350m)
DSC05391.jpg

ここから頂上までは、約10分。
DSC05393.jpg

登山口にある高山鉄五郎の碑。
DSC05396.jpg
説明板によると、大正時代に鷹巣山城址碑を造ろうと尽力された方らしく、
その功績に報いるべくこの石碑が建てられたそうだ。

登山道は山肌を巻くように取り付いており、緩やかに登っていく。
DSC05397.jpg

日の当たり難い北西側にはやや残雪があったが、歩行には全く支障なし。
DSC05399.jpg
この雪もあと1週間ほどで全て消えることだろう。

北側で折り返し、
DSC05401.jpg

右手に日本海を見ながら、再び緩やかに登っていく。
DSC05402.jpg

春の陽気が降り注ぐ登山道。歩いていて心地良い。
DSC05403_20120317023646.jpg

頂上が近づいてきたのか、前方が開けてきた。
DSC05404.jpg

9:40 高須山山頂(標高438m)
DSC05408.jpg
登りは30分。平日ということもあり、先客の姿はなし。

DSC05409.jpg

山頂広場の一画には、前述の高山鉄五郎翁が建立に尽力されたという鷹巣城跡石碑。
DSC05428.jpg

案内板の説明によると、
DSC05405.jpg
遡ること約680年前の南北朝時代、この地に鷹巣城という山城があり、
南朝方の新田義貞の四天王の一人、畑時能(ときよし)が、僅かの手勢で大軍を率いる足利(北朝)方と戦った。

『太平記』によると、「僅か二十七騎三百人で城に立て篭もり、
七千余騎と言われる北朝方の攻撃を1年以上防いだ」など、その活躍ぶりはまさに
【日本版スリーハンドレッド】
こんなスゴイ先人がいたなんて、知らなかった・・・
ちなみに本家【スリーハンドレッド】は、古代ギリシャのレオニダス王率いるスパルタ軍、
僅か300人の勇者たちが、当時世界最大最強と呼ばれたペルシャ帝国100万の軍勢を相手に奮戦し、
全滅したお話です。

方位盤。
DSC05421.jpg

山頂からの眺めは、予想以上に素晴らしく、大感動!

北側の三里浜・三国方面。
DSC05411.jpg

日本海に面するテクノポートの石油備蓄タンク群や
DSC05426.jpg

名勝地の東尋坊や雄島もはっきり望めた。
DSC05438.jpg
空気が澄んでいる時は、遠く能登半島まで望めるらしい。

東側の眼下には、高須町集落やゴルフ場(フォーレスト福井)が広がり、
DSC05407_20120317010133.jpg

視線をずっと先に移すと、富士写ヶ岳(941m)や火燈山(801m)など加越国境の山々。
DSC05436.jpg

そしてその遙か先には、真っ白な霊峰白山(2702m)や別山(2399m)
DSC05437.jpg

南東側には御馴染みの文殊山(365m)や日野山(795m)
DSC05423.jpg
DSC05429.jpg

南側には国見岳(656m)
DSC05420.jpg
これだけ見晴らしが良い山頂なのに、なぜか三角点はなし。

少し早いが、お昼にしよう。絶景を見ながら、いただきま~す!
DSC05432.jpg

今日のメニューはスパゲッティミートソース
DSC05449.jpg

食後は、春の野点@高須山
DSC05459.jpg
春らしく、三色団子も添えてみました(笑)

風もなく、もっとこの絶景を楽しんでいたいが、1時間以上経過したのでそろそろ下山することに(10:48)。
DSC05463.jpg

10:57 林道終点
DSC05465.jpg

左へ降りて行くのが本来の登山道のようだが、何処へ繋がるのか分からなかったので、
DSC05466.jpg
往きと同じ林道を歩いていく。

11:14 林道出合駐車場
DSC05470.jpg
下りは26分。

DSC05473.jpg

初心者にも手軽に登れて、山頂からの絶景。
もっと人気・知名度があってもおかしくない山だと思う。

でもこのハイクだけじゃ、まだ物足りない!
さて2座目は何処へ・・・

高須山(438m)
標高差188m
登り 30分、下り 26分、TOTAL 2時間11分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/87-1ba1bb64