2017年6月24日(土) 晴れ時々曇り

水曜日(6/21)に入梅した福井だが、いきなり翌日から五月晴れが続く。
雨が降らない方が山行には好都合だが、農業や水資源にとっては死活問題。
ダラダラ降り続くのはイヤだが、集中豪雨も勘弁して欲しい。
そろそろ天女花が開花していると思われるので、先週に引き続き銀杏峰
登ろうかとも思ったが、この山へ。

越前甲(越前大日山)
CIMG1131_20170625102308be0.jpg
福井-石川県境にある大日山山塊の1つで、正式名称は越前大日山。
その山容が武具の(兜)に似ていることから、福井ではもっぱら越前甲と呼ばれる。
福井県三大急登の1つとされ、4年前に1度登っている。
 
勝山街道(R416)で登山口のある勝山市野向町に向かう。

いつ見てもエグい急登が際立つ越前甲。
CIMG1133_201706251023103ec.jpg

福井県三大急登の中では一番距離が短いが、平均勾配率25%を誇る。
標高距離標高差平均勾配率最大勾配率
みつまた山1060m3km800m27%36%登山口~伊知地山
越前甲1319m3km750m25%37%大日峠~P1180
三ノ峰※2128m6km1200m20%38%剣ヶ岩~標識
経ヶ岳※1625m4km730m18%43%切窓~山頂
※三ノ峰の代わりに経ヶ岳を入れる場合もある。

R416はこの先車両通行不能区間になっており、現在国道の延伸工事中。
CIMG1135_20170625102312e3e.jpg

8:35 路肩駐車スペース(標高約530m)
CIMG1136_2017062510231260d.jpg
前回は登山口近く(標高約720m)まで進んだが、一般車両は立入禁止なのでここに駐車。
ハイカーと思しき車が1台。良かった、てっきり私だけかと思った(笑)

正面に八反滝が望めた。
CIMG1137_2017062510231422d.jpg

準備を済ませ、登山口に向かう(8:41)
CIMG1138.jpg

国道の延伸ならびに舗装工事が進捗中なので、通行する重機やダンプなどに注意。
CIMG1139_20170625102329cfe.jpg

10分ほど進んでいくと、登山口の標識が出てくる。
CIMG1140_20170625102330d45.jpg

8:54 越前甲登山口①(標高約567m)
CIMG1141.jpg

ここは迯谷小場(にげたんこば)と呼ばれ、お地蔵様が安置されている。
CIMG1142_2017062510233371d.jpg

”にげたん”ってなんか某TVドラマのようだ(笑)
CIMG1143.jpg

前方に聳える越前甲の大岩壁を望みながらハイク開始(8:55)
CIMG1145_20170625102354266.jpg

どうやら巡視路にもなっているようだ。
CIMG1146_20170625102355155.jpg

緩やかな登山道を登りながら進んで行く。
CIMG1147.jpg

ウツギ(蕾)(空木)
CIMG1149.jpg
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、別名はウノハナ(卯の花)

コアジサイ(小紫陽花)
CIMG1151_201706251024196ce.jpg
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。別名はシバアジサイ(芝紫陽花)

豪雪地帯なので、ワラビのような山菜がまだ生えていた。
CIMG1150_20170625102417fab.jpg

沢沿いを登っており、何箇所か渡渉する。
CIMG1152.jpg

左手に延伸中の国道が見えてきた。
CIMG1155_20170625102441b11.jpg

あの国道より上に行かないといけないのだが、なかなか高度が上がっていかない。
CIMG1154_20170625102423473.jpg
また結構朝露が降りていたので、靴やズボンが濡れてしまう。

メッシュの足場でできた橋は曲がっていて滑り易いので、雨後は注意。
CIMG1157_20170625102443350.jpg

また登山口の標識が出てきたということは・・・
CIMG1159_2017062510244410c.jpg

延伸中の国道(R416)に合流。
CIMG1160_20170625102446a5f.jpg

9:35 越前甲登山口②(標高約720m)
CIMG1161_20170625102447270.jpg
ここが前回車を停めたところで、ようやくスタートライン(笑)

小休止した後、先に進む(9:42)
CIMG1162.jpg
山頂まで2kmで標高差は600m。目標タイムは2時間30分。

歩いていると、何やら後ろに人の気配。
CIMG1163_20170625102511757.jpg
うわっ びっくりした。ソロの男性はかなり健脚で、あっという間に見えなくなった。

すぐにまた国道と合流。
CIMG1164_2017062510251213e.jpg
早く工事が終了してここまでワープしたい(笑)

沢沿いを渡渉しながら登っていく。
CIMG1166.jpg

現状はこの登山道がR416(登山国道)なんです(笑)
CIMG1167_20170625102515890.jpg

10:04 巡視路分岐(標高約800m)
CIMG1168_20170625102535659.jpg

草刈されていないので、トレースが分かりづらい箇所も。
CIMG1169_2017062510253674c.jpg

沢自体を歩く箇所もある。
CIMG1171_201706251025386c7.jpg

10:36 大日峠(標高約930m)
CIMG1173.jpg
登山口②から1時間6分と、前回(42分)より大幅にペースダウン。

小休止しながら行動食をとる。
CIMG1174_20170625102541841.jpg

ここは石川県との県境で、右に進むと小松市新保町に至る。
CIMG1175_20170625102558da3.jpg
加賀大日山、カタクリ小屋を経由して周回(約11km)することも可能。

さぁ、いよいよ急登の始まりだ(10:46)
CIMG1176.jpg

あぢぃよ~
CIMG1177_20170625102601a55.jpg

福井県側は着々と工事が進んでおり、県境までは平成30年度に完成予定。
CIMG1178_20170625102602bf3.jpg
ただし石川県側への開通は未定。

シロバナとキバナのニガナが揃い咲き。
CIMG1180.jpg

急登部分には延々とロープが設置されている。
CIMG1181.jpg

暑さとキツさでヘロヘロで、途中何度か座り込む有様。
CIMG1182_20170625102622aca.jpg

前回は紅葉が目を和ませてくれたが、今日はひたすら木々の間を進むだけ。
CIMG1183_20170625102624822.jpg

11:52 山頂まで700m地点(標高約1090m)
CIMG1184_20170625102625f4e.jpg
峠から500mしか進んでいないが、早くも1時間が経過。

12:04 山頂まで600m地点(標高約1160m)
CIMG1185_20170625102627f2d.jpg
この付近で後続から団体と思しき声が聴こえてくる。

ようやく最初の急登が終了(12:17)
CIMG1187_201706251026549fc.jpg
しばらくなだらかになるが、全くペースが上がらない。

12:27 山頂まで200m地点(標高約1250m)
CIMG1188_20170625102656e49.jpg
ついに団体さんに追い付かれ、道を譲る。

12:39 越前甲(越前大日山)山頂(標高1319.6m) 
CIMG1189_20170625102657911.jpg
タイムは3時間45分(登山口①。前回と同じ登山口②からは2時間57分)
特に大日峠からが1時間53分と、前回(1h22m)より30分以上遅れる大ブレーキ。
先ほどのソロの男性は居なかったので、おそらく加賀大日方面に進まれたのだろう。

登頂記念の三角点(二等・大日山)タッチ。
CIMG1190_20170625102659791.jpg

団体さんは名古屋からお越しの総勢6名。
CIMG1192_20170625102720394.jpg

明日は経ヶ岳(1625m)に登るそうで、中ノ平避難小屋で1泊されるとのこと。
CIMG1191.jpg
でも明日はあまりいい予報じゃないようですが・・・

山頂から望めた山々の山座同定と概略をレクチャー。
CIMG1193_20170625102721457.jpg
みつまた山や加賀甲にも興味を示されていた。どえむですね(笑)

以前コウちゃんから教えて貰った南側の展望スポットにもご案内。
CIMG1194_20170625102723667.jpg

天女花が見頃の銀杏峰にも興味を持たれていた。
CIMG1195_20170625102724c77.jpg
「福井には近くに良い山が多くて羨ましい」と言われ、少し嬉しく感じる。

団体さんに続き、下山開始(13:19)
CIMG1196_201706251027269bf.jpg

私の7割程度の下山スピードで決して遅くないのだが、道を譲られ先行。
CIMG1197_20170625102743c7e.jpg

下りは滑り易い箇所も多いので、慎重に下っていく。
CIMG1198_201706251027455d2.jpg

ヤマボウシ(山法師、山帽子)
CIMG1199_20170625102746979.jpg
ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

13:54 大日峠(標高約930m)
CIMG1200.jpg
山頂から35分。前回が44分だったので、下りは速くなっている(笑)

小休止し、団体さんが到着と入れ替わりで出発(14:00)
CIMG1201_201706251027502af.jpg

沢下りの個所は道迷いに注意。
CIMG1203.jpg

14:25 越前甲登山口②(標高約720m)
CIMG1204.jpg
山頂から1時間6分。ここで最後の小休止。

下りは道幅が広く歩き易い林道(国道)を歩くことにする。
CIMG1205_20170625102913108.jpg
ただしダンプや重機が頻繁に通過するのでご注意を。
あくまでも工事車両が優先で、車両通過時は路肩で待機しましょう。

14:49 越前甲登山口①(標高約567m)
CIMG1207_20170625102915bd5.jpg
登山口②から19分。

久しぶりの越前甲だったが、相変わらずの急登ぶりにヘロヘロ。
やはり夏場に登る山じゃないですね(笑)
暑さのせいで汗が止まらず、水分補給回数が増えてしまい、
持参した水(2.5L)はほとんど使ってしまった。
これからの時期は調理分も合わせると、3Lほど用意した方がいいかも。


やっぱり、山っていいね!


越前甲(越前大日山)(1319m)
標高差752m
登り 3時間45分、下り 1時間30分、TOTAL 5時間15分
今年1回目・通算2回目
出会った人 10人 出会った動物 なし
2017年:23座目


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/866-5b2ff076