2017年6月17日(土) 曇りのち晴れ

今年も天女花詣をすべく、この山へ。

銀杏峰(げなんぽ)
CIMG0977_20170618101230927.jpg
昨年(6/28)は終盤で小雨が降る中でのハイクだったので、山中では誰とも会わず、
しかも天女たちはほぼ昇天し、天婆状態だった(笑)
 
大野市街から銀杏峰登山口のある宝慶寺に向かう。
CIMG0978.jpg
山頂部付近には雲がかかっていたが、山頂に着く頃には取れてくるのを期待。

9:22 宝慶寺いこいの森(名松新道登山口)(標高約470m)
CIMG0979_20170618101232257.jpg
今回も小葉谷コースを利用するのでスルーし、林道を登っていく。

9:32 小葉谷登山口駐車場(標高約740m)
CIMG0980.jpg
先客の車が3台あり、今日は私一人じゃないようだ(笑)

9:38 小葉谷コース登山口(標高約751m)
CIMG0981_201706181012351e9.jpg
まだ腰痛が完治していないので、今日の目標タイムは3時間。

コナスビ(小茄子)
CIMG0982_20170618101252ee5.jpg
サクラソウ科オカトラノオ属の1年草。通常花弁が5枚だが、これは6枚だった。

カザグルマ(風車)
CIMG0983_20170618101254052.jpg
キンポウゲ科センニンソウ属の落葉性つる性多年草。同属のクレマチスは園芸品種。

ハナニガナ(花苦菜)
CIMG0986_2017061810125562a.jpg
キク科ニガナ属の多年草。

昨年は涸れていた水場はこんこんと湧いていた。
CIMG0987.jpg

シライトソウ(白糸草)
CIMG0988_20170618101259f70.jpg
ユリ科シライトソウ属の多年草。中盤までの主役でした。

ナルコユリ(鳴子百合)
CIMG0989_20170618101313c87.jpg
キジカクシ科アマドコロ属の多年草。

10:02 林道出合(標高約855m)
CIMG0990_201706181013145b3.jpg

林道を20mほど戻って登山道へ。
CIMG0991_20170618101316113.jpg

10:07 鉱山跡石垣(標高約880m)
CIMG0992_20170618101317de4.jpg
かつて山中に銀鉱山があり、銀杏峰の由来になったと謂われている。

小葉谷コースは距離は2kmと短いが、標高差約700mを直登していく。
CIMG0993_20170618101319a34.jpg

眩しい日差しが降り注いでいるが、広葉樹がブロックしてくれる。
CIMG0994_20170618101334d2a.jpg

でも急登がじわじわと腰にダメージを与えてくるので、ペースが上がらない。
CIMG0995_20170618101336836.jpg

ここで小休止(10:29)
CIMG0996.jpg
後続の男性2人組に道を譲る。
男性たちは初めてだそうで、「この先に”此より急登”の看板がありますよ」と伝えたところ、
「これ以上の急登があるの?」と嘆かれていた(笑)

10:56 ブナの木(標高約1100m)
CIMG0997_20170618101339c0e.jpg
1時間18分が経過。暑さと腰の痛みのせいか、前回(1h2m)より遅れ気味。

振り返ると先月登った保田経ヶ岳(765m)が望めた。
CIMG0998.jpg

昨年咲いていたササユリやツルアリドオシといった花たちは全く見かけない。
CIMG0999_20170618101359944.jpg
もしかすると天女花たちは少し早かったかな?

11:20 標高約1200m地点(此より急登要注意)
CIMG1000_20170618101401fd9.jpg
先行した男性たちと入れ替わりで到着。ここで2度目の小休止。

急登をよたよた登っていく。
CIMG1001.jpg

ユキザサ(雪笹)
CIMG1002.jpg
キジカクシ科マイヅルソウ属の多年草。

コース上にある天女花(オオヤマレンゲ)の群生地に差し掛かる(12:11)
CIMG1003_2017061810140521a.jpg
銀杏峰には計18箇所の群生地があるが、盗掘の恐れがあるのでここ以外の詳細は秘密

蕾は数株見られたが、開花しているモノはなかった。
CIMG1030_20170618101645a0e.jpg

12:16 標高約1400m地点
CIMG1004_20170618101421a67.jpg
ようやく急登が終了。山頂まで僅かだがみたび小休止。

継体天皇ゆかりの部子山(1464m)
CIMG1008_20170618101424b82.jpg
ただし稜線歩きができるのは積雪期のみ。

ホームの文殊山も望めた。
CIMG1007_20170618101422a0e.jpg

サンカヨウ(山荷葉)
CIMG1009_20170618101425fc5.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。昨年は既に結実していたが、この日は満開だった。

チゴユリ(稚児百合)
CIMG1027_2017061810162818c.jpg
イヌサフラン科チゴユリ属の多年草。

極楽平
CIMG1011_2017061810142769e.jpg
昨年登った際は、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロ、ムカゴトラノオなどが咲いていたが、
いずれもまだ開花前だった。

途中の群生地でも軒並みばかり。
CIMG1031_20170618101646fbb.jpg

雪渓が残っている箇所もあり、やはりチョッと早かったのかも。
CIMG1012_2017061810144816d.jpg
ただ先日登山ショップでお会いしたベテランさんのお話では、先週開花間近の蕾があり、
開花を楽しみにその日登ったら、蕾が軒並み無くなっていたとのこと。
どうやら不届きな輩による盗掘があったようだ(怒)
福井県では園芸用採取により減少しており、準絶滅危惧(NT)に指定されている。

”とっていいのは写真だけ、残していいのは思い出だけ”

12:38 銀杏峰山頂(標高1441m)
CIMG1013_20170618101450185.jpg
タイムは目標通りジャスト3時間。

登頂記念の三角点タッチ(三等:北大雲)をしていると、
CIMG1016_20170618101452e53.jpg
「あら、よっし~さんじゃないの!?」と声がかかる。

声の主はT〇さんで、UNさんやダブルtのうちさんのお姿も。
CIMG1015_201706181014515c6.jpg
彼らも小葉谷コースで登って来られたそうで、下りは名松コースで周回されるとのこと。
ひと足先に降りられる彼らを見送る。

山頂部は雲がかかっていたが、今年開山1300年の白山(2702m)を遥拝。
CIMG1019_20170618101454ebe.jpg
UNさんは明日三ノ峰に登られるそうだ。タフですね(笑)

今日は日本百名山の荒島岳(1523m)もくっきり。
CIMG1025_20170618101624ba2.jpg

越美国境の盟主、日本二百名山の能郷白山(1617m)も望めた。
CIMG1021.jpg

涼しげな風が吹き渡り、気持ちのいい山頂を満喫。
CIMG1023.jpg

天竺坂側の群生地も蕾ばかりだそうなので、寄らずに下山開始(13:28)
CIMG1026.jpg
途中別の群生地も覗いてみたが、天女花は咲いていなかった。

14:09 標高約1200m地点(此より急登要注意)
CIMG1032_20170618101648c48.jpg
腰を痛めぬようスピードをセーブして降りていく。

14:21 ブナの木(標高約1100m)
CIMG1033_20170618101649be9.jpg
ここで小休止。

14:46 林道出合(標高約850m)
CIMG1034.jpg
水場で汗まみれの顔を洗う。

14:58 小葉谷コース登山口(標高約751m)
CIMG1035_20170618101705a54.jpg
下りは1時間30分。途中の林道で、車をピックアップしにきたT〇さんたちと再会。

やはり天女花は少し早かったようで、週明けからぼちぼち開花すると思われます。
今のところ来週も梅雨入りする気配がなさそうなので、週末辺りが見頃かも。
ただし開花してすぐ散ってしまう1日花なのでご注意を。

開花した天女にも会いたいが、またあの急登を登るのは・・・


(この日の行程)
9:22宝慶寺いこいの森
9:32小葉谷登山口駐車場
9:38小葉谷コース登山口
10:02林道出合
10:07鉱山跡石垣
10:29(小休止)10:40
10:56ブナの木
11:20標高約1200m地点(小休止)11:31
12:16標高約1400m地点(小休止)12:21
12:30極楽平
12:38銀杏峰山頂(昼食)13:28
14:21ブナの木(小休止)
14:58小葉谷登山口

やっぱり、山っていいね!

銀杏峰(1441m)小葉谷コース
標高差690m
登り 3時間、下り 1時間30分、TOTAL 5時間20分
今年1回目・通算6回目
出会った人 30人ぐらい(UNさん、T〇さん、ダブルtのうちさん他)
出会った動物 なし
2017年:21座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/864-b2f001da