2017年5月23日(火) 晴れ

今年の干支は酉(鳥)だが、まだ干支の山に登っていない。
登山道のある県内4座(鷲鞍岳、鷲ヶ岳、鷹取山、高須山(鷹巣山))のうち、
未踏は旧和泉村にある鷲鞍岳(1010m)。
前日まで鷲鞍岳に登るつもりで準備しておいたのだが、起きると8時過ぎ(汗)

今から旧和泉村に向かうと1時間以上かかるし、登山時間も4時間ほどなのでパス。
近場のこの山に変更。

鷹取山
CIMG0592_20170524165644ae9.jpg
昨年4月に登っており、今回が3回目。
前回林道工事をしていたが、果たしてどのように変わったのだろう・・・
 
9:40 高椋(たかぼこ)東部公民館(標高約18m)
CIMG0594_20170524165646a11.jpg
登山口のある大森集落付近に駐車場がないため、ここが指定駐車場になっている。

駐車場から山頂までは約5.0km(9:47)
CIMG0595_201705241656471f8.jpg
登山口までは半分の約2.4kmもある。

色付いて収穫間近の麦畑の中、登山口を目指す。
CIMG0596_201705241656485bc.jpg

10:20 ゴルフ場(福井C.C.)入口ゲート(標高約37m)
CIMG0598_20170524165650b2f.jpg
イノシシ除けのゲートがあるので、通過後は施錠を忘れずに。

登山口はゴルフ場を抜けた先にある全国でも珍しいルート。
CIMG0599.jpg

コース内を何箇所か横切るので、飛んでくるボールに注意。
CIMG0600.jpg

絶好のゴルフ日和。
CIMG0604_20170524165711d4a.jpg

ニガナ(苦菜)
CIMG0602_20170524165710eb6.jpg
キク科ニガナ属の多年草。

10:33 レストハウス(標高約75m)
CIMG0605_201705241657138de.jpg
ここで小休止。

自販機があるので、水はここで調達可能。
CIMG0607_20170524165732fd0.jpg

OPP対策で利用させてもらう(笑)
CIMG0608_201705241657337a9.jpg

10:45 ゴルフ場出口ゲート(標高約82m)
CIMG0609_20170524165735b52.jpg
ここも施錠を忘れずに。

10:46 鷹取山大森登山口(標高約86m・山頂まで2.6km)
CIMG0610_20170524165736743.jpg
前回(1h16m)より亀足が加速しているので、目標は1時間30分。

序盤はコンクリート舗装された林道を進んでいく。
CIMG0611_20170524165738b5a.jpg

10:56 林道終点(標高約138m)
CIMG0612_20170524165756a21.jpg
ここからは登山道に変わる。

10:57 八畳岩(標高約140m)
CIMG0613_20170524165757115.jpg

造成林の谷沿いを登っていくのだが、間伐されたせいか以前より明るい。
CIMG0614_2017052416575924c.jpg

谷を離れ斜面に取り付く地点に差し掛かると、前方が開けていた。
CIMG0615_20170524165800f93.jpg

木々が伐採されており、どうやら林道を造成中のようだ。
CIMG0616_20170524165802d2b.jpg

進行方向にも林道を造成中で、登山道がほぼ消滅
CIMG0617_20170524165821964.jpg

要所にたかとりの郷づくり協議会の方が作成した案内標識があった。
CIMG0618_201705241658229fe.jpg
ただし紙をパウチしただけモノなので、消失する可能性大。

林道はまだ地固めや整地作業が終わっておらず、が固まっただけ状態
CIMG0619_20170524165824b11.jpg

このところの好天で比較的固くなっていたが、雨後は泥濘に変貌しそう。
CIMG0620_20170524165825146.jpg

以前はU字型に掘れていた登山道も、1m近く埋められてしまった。
CIMG0621_20170524165827b82.jpg

前回造成中だった林道と合流(11:10)
CIMG0622_20170524165847463.jpg

遣方(やりかた)してあった登山道も林道に変貌してしまった。
CIMG0625_20170524165850381.jpg

コアジサイ(小紫陽花)
CIMG0623_20170524165848bfe.jpg
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。

ワサビが一面に自生していた場所も全て林道に変貌
CIMG0626_20170524165851bc8.jpg

しばらく進むと、紙製の標識が現れる(11:16)
CIMG0627_20170524165853450.jpg
ただこの標識、右に90度回転して固定されており、矢印は↓を向いている。
これは真っ直ぐ進め? それとも下り用?

登ってきた林道がコンクリート舗装されているので、いったんこちらに進んでみる。
CIMG0629_201705241659169ad.jpg

林道は幅員6m以上ある高規格設計。
CIMG0630_2017052416591864c.jpg
これが全線完成すれば、車でも登れてしまいそう。

標識からしばらく進むと、林道は行き止まり(11:24)
CIMG0631_201705241659193d5.jpg
四方を見渡してみても、登山道らしきトレースはなし。

(うん? アレは林道!?)
CIMG0632_2017052416592147c.jpg
斜面の20mほど上に林道らしきモノが見える。

少し登ってみるが、急傾斜で地盤が緩く、しかも倒木が行く手を阻んで悪戦苦闘
CIMG0633_20170524165940b13.jpg

”Walk Don't Run(急がば回れ)”ということで、来た道を戻ることにする(11:33)
CIMG0634_20170524165942021.jpg

先ほどの標識に戻る(11:37)
CIMG0635_201705241659430b6.jpg
20分も無駄にしたが、状況が把握できたのでヨシとしよう(笑)

なお標識から20mほど進んで、すぐ左手を登って枝林道に入るのが正解
CIMG0628.jpg

ここには標識等はなく、直進する方が道幅が広いので進んでいくと行き止まりになる。
CIMG0636_20170524165945076.jpg

ここら付近が一番迷い易い。
CIMG0637_201705251047117e6.jpg

なんとか枝林道に合流(11:47)
CIMG0638.jpg
なお先ほどの分岐から30mほど進んだ先に、別の枝林道が造成中で、
そこからの方が迷いにくい。

急登だった斜面も切り崩されて林道になっており、カタクリの群生地も消滅
CIMG0639_20170524170005c92.jpg

眼下に先ほど引き返した林道終点地点。
CIMG0640_2017052417000708d.jpg

別の枝林道と合流(11:59)
CIMG0641.jpg
ここには標識の代わりに、赤くペイントされた枝が2つ埋めてあった。
登りは間違えないだろうが、下りは見落とさないように。

12:06 林道合流点(標高約330m)
CIMG0643_2017052417001005a.jpg
ここはかつての巡視路(山崎三ヶコース)合流点

合流点の右手に旧登山道が僅かに残っており、そこに看板も残っていた。
CIMG0644.jpg
この先でカモシカ1頭と遭遇したが、すぐに茂みに消えてしまった。

ミヤマカタバミの花園も消滅
CIMG0645.jpg

至るところで林道造成工事が進行中で、文殊山で例えるなら
CIMG0646.jpg
二上コース、大村コースの本道および旧道・古道の木々がことごとく伐採されて、
全て林道になったようなイメージ。
さらに枝林道から孫林道が毛細血管の如く分岐しており、1年前の面影はほとんどない。
これでは獣たちの住処も蹂躙されてしまったことだろう・・・

12:11 旧林道出合①(山頂まで800m)(標高約346m)
CIMG0647_201705241700419a7.jpg
かつての林道出合①では重機やダンプが作業中で、伐採された木々が山積みされていた。
坂井森林組合の方々で、細かく切断された丸太から想像するに、ウッドチップ用の木材を
搬出しているようだ。

作業の邪魔にならないように端っこで小休止し出発(12:19)
CIMG0649.jpg

シロバナニガナ(白花苦菜)
CIMG0651.jpg

12:24 鉄塔(越前線№48)(標高約364m)
CIMG0652.jpg

この区間は従来の登山道のままだが、新緑が茂っているので少し鬱蒼とした感じがする。
CIMG0653_2017052417011295e.jpg

12:28 林道分岐(山頂まで500m)(標高約374m)
CIMG0654_20170524170113bdb.jpg

ここで、何やらガサっと動く音がする。

(うん? なんだ??)

携帯している火薬銃を取り出し、1発撃ち鳴らす。 ぱ~ん!

すると、標識の右後ろの茂み辺りから、
ウウ~ グルゥ・・・
というドスの効いた低い唸り声が聴こえてくる。

これは明らかに、先ほど遭ったカモシカの鳴き声じゃない。
第一、カモシカなら驚いてすぐに飛び出してくるだろう。

犬が威嚇する時に喉を鳴らすような唸り声で、明らかに私を威嚇している。
となると、クマイノシシのいずれかだろうが、犬のようだとすれば・・・
(おそらく、ヤツだ!)
kumamon.png
茂みを注視するが、こちらからは姿形は全く見えない。
でも間違いなく向こうは、こちらの様子を伺っているはず。

登山口で8連発をリロード(再装填)済なので、もう1発鳴らしてみようかと思ったが、
万一、飛び出してきてこちらに向かってくるかもしれないので思い留まる。
ストックをギュッと握りしめて身構えながら、茂みと正対
(よ、よし、かかってこいや~)(ウソ)

もしヤツだとすると、不用意に背を向けて退けば、襲いかかってくる恐れもある。
退く場合でも、正対したまま目を逸らさず後退して距離を取るのが鉄則

しばらく茂みにガンを飛ばしていると、唸り声が鳴り止み、飛び出してくる気配も感じられない。
クマより大きい身体を誇示し、茂みと正対して距離を保ちながら登山道を進む。

火薬銃を鳴らし、時折後ろを振り返りながらも、足早に進んでいく。
CIMG0655_2017052417011585a.jpg

山頂まで残り200mほどの地点にも、枝林道が伸びていた(12:40)
CIMG0656_20170524170138167.jpg
たった1年でこんなに変わってしまうとは・・・

昨年、スイセンが群生していた祠付近は野草で覆われていた。
CIMG0657.jpg

ようやく前方に山頂が見えてきた。
CIMG0658_20170524170141515.jpg

12:45 鷹取山山頂(標高454m)
CIMG0659_2017052417014343d.jpg
タイムは1時間59分。途中20分ほど道草したので、まずまず。
予想通り、山頂には誰も居なかった。

登頂記念の三角点(二等・向取)タッチ。
CIMG0660_20170524170144d86.jpg

山頂からは西側から南側の眺望が開けている。
CIMG0663_20170524170203fa8.jpg

画像では分かりにくいが、先日登った越知山(613m)や文殊山(365m)が望めた。
CIMG0668_2017052417020841d.jpg

お昼はおにぎり1個とコールスローサラダのみ。
CIMG0666_20170524170205927.jpg
一応カップ麺も持参したが、そのまま。

終盤ではあったが、が群生していた。
CIMG0667_20170524170206baa.jpg
蜂や虻が飛び回っていたが、ハッカ水の効果は絶大で、半径2m以内には近寄ってこなかった。

長居せずに下山開始(13:09)
CIMG0669_20170524170209c38.jpg
火薬銃を撃ち尽くしたので、火薬を再リロード。

うっすら日野山(795m)も望め、山頂から見えなかった越前五山は白山のみ。
CIMG0670.jpg
誰かさんの話では15日頃開通という噂だったが、なかなか別当出合まで解除されない(笑)
※翌日の5月24日(水)11時に冬期閉鎖(市ノ瀬~別当出合)が解除されました。

ノアザミ(野薊)
CIMG0671_20170524170234c1d.jpg
キク科アザミ属の多年草。

またヤツと出くわさないよう、火薬銃を鳴らしながら進んでいく。
CIMG0672_20170524170236ddc.jpg

13:19 林道合流(山頂まで500m)(標高約374m)
CIMG0673_20170524170237c7c.jpg
先ほどのUMA遭遇地点は、火薬銃を連射しながら足早に通過。

13:23 旧林道出合①(山頂まで800m)(標高約346m)
CIMG0674.jpg
全弾撃ち尽くしたので、ここでまたリロード。

この右側の谷にも孫林道が開削されている。
CIMG0675_20170524170301d62.jpg
今日出会った獣たちは無言の抗議をしていたのかも。

13:27 林道分岐点(標高約330m)
CIMG0676_2017052417030294a.jpg
当初は直進して山崎三ヶコースで降りる予定だったが、林道造成工事でこちらも
登山道が寸断されているようで道迷いの恐れがあるのでパス。

枝林道の分岐では先ほどの目印を頼りに右へ(13:31)
CIMG0677_20170524170304301.jpg

山中は枝林道や孫林道が網の目のように広がり、下りは分岐に注意。
CIMG0678_20170524170305162.jpg

最早、人工の要塞と化した鷹取山。
CIMG0679.jpg
確かに林業促進のために林道開削はやむを得ないのだろうが、ここまで大規模に、
谷を埋めて斜面を切り開き、獣の住処や野草の花園を奪ってしまうのは納得できない。

13:46 八畳岩(標高約140m)
CIMG0680.jpg

13:52 鷹取山大森登山口(標高約86m)
CIMG0681_20170524170327cb8.jpg
下りは43分。山中では工事の方以外会わなかった。

レストハウスで小休止(13:54)
CIMG0682_20170524170328a52.jpg
ちょっと高めのコーク(200円)で渇きを潤す。

14:09 ゴルフ場(福井C.C.)入口ゲート(標高約37m)
CIMG0683.jpg
ありがとうございました。

僅か1年での鷹取山のあまりの豹変ぶりにビックリ!
造成林伐採のためか、至るところで林道が開削されていて、
緑豊かだった野草たちの楽園もほぼ消滅し、無機質な人工の山と化し、
ある意味、死んだ山になってしまった。
合掌・・・

この日は林道工事が休工だったが、登山される場合は重機や運搬車両にご注意下さい。
また林道開削により様相が日々変化する恐れがあり、標識類も最低レベルの設置なので
初めての方は地図やGPSを忘れずに。。
あとクマ鈴やラジオ、火薬銃はお忘れなく!(笑)

☆今回歩いたコース☆ (クリックすると大きくなります)
takatoriyama002.jpg


鷹取山(454m)
標高差436m
登り 1時間59分、下り 43分、ウォーク 1時間25分、TOTAL 4時間47分
今年1回目・通算3回目
出会った人 2名(林業関係者)+ゴルファー10名ほど
出会った動物 カモシカ1頭、UMA(未確認生物)1匹
2017年:18座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/856-f5536dcd