2017年お麺路旅の2日目です。

初日は土佐(修行の道場)で残っていた7札所を巡りコンプリート
残るは伊予(菩提の道場)の4札所と讃岐(涅槃の道場)の7札所の11箇所。

当初の計画では、2日目は後で紹介する山に登ろうと思っていたのだが、
3日目の天気があまり良さそうじゃなく、今回結願できなくなる恐れもあるので、
2日目に伊予の4札所を回ってしまうことに決める。

昨夜は西条市の石鎚山ハイウェイオアシスで一夜を過ごす。
CIMG0209.jpg
ここは道の駅で、松山道石鎚山SAとの複合施設にもなっている。
到着したのが22時過ぎだったので、道の駅側はほぼ満車だった。
 
昨年登った西日本最高峰の石鎚山(1982m)が望めた。
CIMG0210.jpg

札所は7時からなので、時間調整を兼ねてR11で松山市に向かう(5:33)
CIMG0211.jpg

途中、新種のおにぎり(R494)をGETしながら進んでいく。
CIMG0213.jpg

6:55 52番札所 太山寺(たいさんじ)
CIMG0215.jpg

松山市北西部の経ヶ森(203m)という小高い丘の中腹にある。
CIMG0217.jpg

ミツバツツジがキレイだった。
CIMG0219.jpg

駐車場(無料)から標高差50mほど登るので、早朝一発目としてはキツい(笑)
CIMG0220.jpg

真言宗智山派の寺院で、山号は瀧雲山(りゅううんざん)。御本尊は十一面観世音菩薩。
CIMG0221.jpg
本尊真言は、”おん まか きゃろにきゃ そわか”

7:38 53番札所 圓明寺(えんみょうじ)
CIMG0224.jpg
駐車場は無料。

真言宗智山派の寺院で、山号は須賀山(すがざん)。御本尊は阿弥陀如来。
CIMG0225.jpg
本尊真言は、”おん あみりた ていぜい からうん”

大師堂の屋根には龍のような鬼瓦が多数使われていた。
CIMG0227.jpg
松山市内の2札所を巡り終え、伊予で残るのは60番と65番の2札所のみ。

余談ですが、現在西条市にある62番札所宝寿寺を回る際は、訪問時間にご注意を。
通常、各札所における納経時間は、7時~17時までと定められているが、
現在宝寿寺では、8時~12時、13時~17時になっている。
これは宝寿寺側の、現行規定では1日10時間労働になり、労働基準法に反するという主張
に基づくもので、これを巡って四国八十八箇所霊場会と宝寿寺の間で訴訟が勃発。
1審では宝寿寺側の主張(霊場会からの脱退)が認められたが、現在も係争中。
時間外での納経を救済するため、霊場会側が61番香園寺の駐車場に臨時の62番納経所
を開設している(ただし寺印等は使えないので、霊場会印が押される)

7年前にいただいた御朱印。
CIMG0521_20170514205621354.jpg
両者の言い分はそれぞれもっともだが、全ては遍路ファーストなのでは?

松山市内でみかけた原付の雲型ナンバープレート。
CIMG0229.jpg
松山にゆかりの深い司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」に因んで導入されているそうだ。
こういうアイデアは素晴らしい!
大してお金をかけずに、街の魅力をPRできるので、福井県の自治体も見習って欲しい。
さしずめ、勝山市なら恐竜型、越前町なら越前ガニ型になるのかな?(笑)

日中のシタミチ移動は時間がかかるので、川内ICから松山道でワープ。

8:53 石鎚山SA
CIMG0231.jpg
朝飯がまだなので、ここで食べていこう。

ええっと、麺類は・・・
CIMG0232.jpg

西条てっぱんナポリタンなるご当地メニューを食べたかったが、
CIMG0234.jpg
生憎提供は10時から。

それじゃ、この大関そば(720円)にするか・・・
CIMG0239.jpg
食券をカウンターに渡し待っていると、

「○○番、大関そばです!」
CIMG0236.jpg

ぶっ、なにコレ!?

3麺目:大関そば(720円)
CIMG0238.jpg
手水鉢のような巨大な器が登場。周りの客からもどよめきが起こる(笑)
普通にそばの大盛だと思っていただけで、まさかこんなのが出てくるとは・・・

そば2玉に、名物のじゃこ天に油揚げと温泉卵。
CIMG0237.jpg
麺1玉のきつねそばが530円、じゃこ天そばが590円なので、温玉が付いて400円もおトク。

いよ西条ICで高速を降り、R194へ。
CIMG0241.jpg
この道は昨年石鎚山に登る際の通ったので、記憶に新しい。

9:55 横峰寺参詣道路入口
CIMG0242.jpg

この道路は有料道路で、普通車は1,850円(軽1,450円・2輪車400円)
CIMG0244.jpg

入口から2kmほど進んだところに料金所がある(10:02)
CIMG0245.jpg
駐車場や林道整備の費用なんだろうが、ちょっと高いよな・・・

横峰寺は標高約750mの山上にあり、遍路ころがしと呼ばれる難所の札所。
CIMG0246.jpg
林道もかなり急な勾配で、エンジンが唸りを上げる。

駐車場(標高約850m)に到着(10:20)
CIMG0247.jpg
ええっと、本堂は・・・

これ下るの!?(汗)
CIMG0248.jpg

本堂は駐車場より標高差100mほど下ったところにある。
CIMG0249.jpg
帰りはこれを登り返すのか・・・

林道に合流するが、まだ下りが続く。
CIMG0250.jpg
昨年の石鎚山登山の際、天狗岳に寄らずに横峰寺に行こうかと迷ったが、
思い留まって正解だった(笑)

10:29 60番札所 横峰寺(よこみねじ)
CIMG0251.jpg

シャクナゲ(石楠花)が見頃だった。
CIMG0252.jpg

開基とされる役行者(役小角)が石鎚山で蔵王権現に出会い、
CIMG0254.jpg
その姿を石楠花の木に刻んで堂に安置したという伝説が残っている。

真言宗御室派の寺院で、山号は石鈇山(いしづちざん)。御本尊は大日如来。
CIMG0255.jpg
本尊真言は、”おん あびらうんけん ばざらだどばん”

納経所の売店でみつけたOHENRO ON BOARD(1000円)のマグネット。
CIMG0257.jpg
欲しくなったが、小銭以外は車に置いてきたのでパス(涙)

16札所(9・22・30・32・37・42・47・55・60・61・69・70・71・75・76・81)で販売中で、
CIMG0258.jpg
札所ごとに色が異なるようだ。
なお、”CHILD ON BOARD(子供が乗ってます)”Ver.もある。
ところでたまに”CHILD IN CAR”というプレートを見かけるが、和製英語の際たる例で、
これだと”子供が車の一部です”の意味になってしまう(笑)

あそこまで戻るのか・・・(10:40)
CIMG0259.jpg

名前は分からないが、この花もキレイだった。
CIMG0261.jpg
後から分かったが、ヤマシャクヤクも咲いていたらしい。残念。

ヘロヘロになりながら駐車場に戻る(10:55)
CIMG0263.jpg

お麺路中につきガマン、ガマン・・・
CIMG0264.jpg
誰か接待してくれないかな?(笑)

2017年お麺路1000マイル 伊予巡礼②につづく・・・


やっぱり、お遍路っていいね!


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/848-df820716