お腹が空いてきたので、31番札所竹林寺に向かう前にお昼にしよう。
今回選んだのは、事前に下調べしておいたこのお店。

自由軒 大津店
CIMG0147_20170508160421788.jpg
昭和47(1972)年創業の老舗ラーメン店で、高知県民のソウルフードと謂われ、
この大津店の他にも本店(越知町)、伊野出来地店(いの町)、葉山店(津野町)などがある。
 
GW、しかもちょうどお昼時ということで、店内は満席。
CIMG0151.jpg
30分ほど待ってようやくカウンター席に案内される。

う~ん、どれにしよう・・・
CIMG0154.jpg
イカやエビなどの海鮮類がたっぷりの五目ラーメンも捨てがたいが、やはり・・・

おでん(110円)が美味しそうだったが、麺路心得八ヶ条に反するので却下(涙)
CIMG0155_20170508181139d5b.jpg

2麺目:みそカツラーメン(バター入り)(860円)
CIMG0156.jpg
その名の通り、みそラーメンに大きなトンカツがのっている。

鶏ガラベースのスープに、特注味噌をブレンド。
CIMG0160.jpg
甘めでマイルドな味で、どこか優しい感じがする味噌汁のようなスープ。
麺は多加水で卵を混ぜ込んだ弾力のある中太ストレート麺で、スープとの相性もGOOD!
北陸で例えるなら8番ラーメンのような感じで、毎日食べても胃への負担が少なそうで
人気があるのも頷ける。

自由軒 大津店

腹ごしらえを済ませ、高知市にある31番札所竹林寺へ。
CIMG0162_2017050818114497d.jpg
五台山駐車場(無料)に駐車。

浦戸湾内の五台山の山上にあり、高知市内が一望。
CIMG0161.jpg
”日本の植物学の父”とされる高知出身の牧野富太郎を記念した高知県立牧野植物園が隣接。

14:05 31番札所 竹林寺(ちくりんじ)
CIMG0163_2017050818120375a.jpg
駐車場から20mほど下った先にある。

五台山(唐)で文殊菩薩に拝した夢を見た聖武天皇が、似た山を探すよう行基に命じ、
CIMG0165_201705081812058e9.jpg
選ばれたのがこの山で五台山と名付けられた。

参道脇には苔むした庭園が広がる。
CIMG0166_20170508181206bd8.jpg

立派な五重塔もあった。
CIMG0167_20170508181208485.jpg

真言宗智山派の寺院で、山号は五台山(ごだいさん)。御本尊は文殊菩薩。
CIMG0168.jpg
本尊真言は、”おん あらはしゃのう”

切戸文殊(智恩寺・宮津市)、安倍文殊(桜井市)とともに日本三文殊※の一つに数えられる。
CIMG0169_20170510144641f10.jpg
※竹林寺でなく、山形県の亀岡文殊(大聖寺)を入れる場合もある。
なにを戯けたことを、日本三大文殊随一は大文殊(文殊山)に決まっている(笑)

浦戸湾口にかかる浦戸大橋を渡り、桂浜方面へ(14:39)
CIMG0170_2017051014464489d.jpg
坂本竜馬像で有名な桂浜に向かう道なので、大渋滞。

左手には雄大な太平洋が広がる。
CIMG0172_20170510144644a7c.jpg

14:55 33番札所 雪蹊寺(せっけいじ)
CIMG0174_20170510144646eed.jpg
駐車場は無料。

臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は高福山(こうふくざん)。御本尊は薬師如来。
CIMG0176.jpg
本尊真言は、”おん ころころ せんだりまとうぎ そわか”

15:18 34番札所 種間寺(たねまじ)
CIMG0177.jpg
真言宗豊山派の寺院で、山号は本尾山(もとおざん)。御本尊は薬師如来。
本尊真言は、”おん ころころ せんだりまとうぎ そわか”

本日最後の札所、土佐市の清瀧寺へ。
CIMG0178_201705101447154fb.jpg
かなり急で狭隘な林道(一方通行)を登っていく。

15:55 35番札所 清瀧寺(きよたきじ)
CIMG0179_20170510144716a2c.jpg
真言宗豊山派の寺院で、山号は醫王山(いおうざん)。御本尊は薬師如来。
本尊真言は、”おん ころころ せんだりまとうぎ そわか”

藤の花が満開だった。
CIMG0181_2017051014471876c.jpg

これで土佐(修行の道場)16霊場コンプリート
残るは伊予(菩提の道場)の4霊場と讃岐(涅槃の道場)の7霊場の11箇所

R56で高知市に戻る(16:21)
CIMG0182.jpg
現存12天守の高知城にも寄りたかったが、閉園時刻が近いので残念ながらパス。

沿道にはお麺路中の私を惑わす煩悩(=看板)が立ち並ぶ。
CIMG0186.jpg
”無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法”
(むげんにびぜっしんに むしきしょうこうみそくほう)
(訳)
人間の視覚、聴覚、嗅覚、味覚などはみな「空無」であり、
その色や音、匂い、味なども「実体」として存在しない。

一心不乱に般若心経を唱えて、煩悩を振り払う(笑)


2017年お麺路1000マイル 土佐巡礼③ につづく・・・

やっぱり、お遍路っていいね!

この日参拝札所:7札所(28・29・30・31・33・34・35番)
TOTAL:88札所中77札所

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/846-56b91ed5