2017年1月1日(日・元日) 雨のち晴れ

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い申し上げます


CIMG9050.jpg

年末は仕事が忙しかったことや天候がイマイチだったこともあるが、
ほとんど山に行かなった。
早々と年間100座を達成してしまったことでモチベーションが低下。
以前なら少々の雨ぐらいなら山に行ったのだが、全く行く気力が失せてしまった。

毎年恒例の大晦日文殊山ハイクも、登山口近くまでは行ったのだが、
小雨がぱらついてきたので登らずに引き返してしまった。
コウちゃんや大kのりちゃん、JH9IRLさんたちが待っていてくれていたそうだが、
軟弱者ですみません(笑)

昨年は昼過ぎだったので、当日分の縁起物が無くなってしまい、
翌日再び登る羽目になってしまった(笑)
これを教訓にし、除夜の鐘も聴かずに就寝して5時に起床。
だが外は結構強い雨が降っており、しばらくテレビを見たりして回復を待って出発。
 
少し雲が残っていたが雨も上がり、厳かな元旦の文殊山
CIMG9032.jpg
なんかいっぱい車が停まっているようですが・・・

8:00 二上登山口駐車場
CIMG9034.jpg
駐車場は既に50台以上の車でほぼ満車
途中の農道にも20台以上の路駐があったが、入れ替わりでかろうじて駐車できた。

8:15 二上登山口(標高約26m)
CIMG9035.jpg
泥濘が予想されるので、長靴をチョイス。
ご住職への貢物が入った60Lザックを背負ってハイク開始。

朝方の雨と大勢のハイカーが歩いたせいで、至る所で泥濘が発生。
CIMG9036.jpg
みなさん分かっているようで、8割方は長靴を履いていた。

8:40 追分(Hポスト)(標高約175m)
CIMG9037.jpg
例年より降りてくるハイカーが異様に多く、ここまでで既に50名以上とすれ違う。
これはもしかしたらヤバいかも・・・
山頂までの時間短縮のため、旧道をチョイス。

9:03 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG9038.jpg
後から分かったが、本コースで降りられたあつぷりさんたちとはニアミスだったようだ。

角原合流点付近で、下山中の美女(hiro0829)と野獣(toshi0113)さんご夫婦と遭遇。
CIMG9039.jpg
相変わらずhiroさんは御美しいですね(笑)
山頂では大kのりちゃんさんが手薬煉挽いて待っているそうだ。じゃ、帰ろうかな?(ウソ)

9:16 展望台(標高約340m)
CIMG9040.jpg
いつもよりザックが3kg以上重いので、既にヘロヘロ。

9:22 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG9041.jpg
タイムは1時間7分。昨年同様、全く雪のない山頂だった。

不安的中で、本日分のエト(縁起物)終了
CIMG9043.jpg
え~もう売切れ?! まだ9時台だというのに・・・ 
なんか年々無くなるのが早くなっている気がする。

ただし昨年と違うのは、”ほぼ終了””ほぼ”が付いていること。
CIMG1388.jpg
※画像は2016年1月1日のモノ。
しかも”常連さん優先とさせていただきます”という補足も入っている。
つまり混雑を避けて登ってくる常連さんキープ分を除き、一般分は予定数終了ということ。
よかった・・・ 一応常連扱いされるだろうし・・・

でもご住職から「君、誰??」とも言われかねないので、用意してきた貢物を献上。
CIMG9042.jpg
今年は奮発して1升瓶にしました。これが3kg重かった理由です(笑)

さらに今年迎える開山1300年を記念した限定缶バッジ(500円)も購入。
CIMG9051.jpg
お賽銭も1000円に奮発しました(笑)

その甲斐?あってか、無事縁起物をGET!
CIMG9048.jpg
ご住職の話では既に200人以上登っており、日の出前から50人以上並んでいたそうだ(驚)

確実に縁起物をGETしたいなら、次の方法がイイと思います。
①6時前から登る(早朝一般枠)
②日頃から登って、ご住職に顔を覚えてもらう(常連枠)
③お賽銭を奮発したり、貢物を献上する(賄賂枠)

③は半分冗談だが、少しは効果があるかも。
例えば100円と1000円のお賽銭だと、後者の方が貰える確率は上がると思います(多分)

これで辰・巳・午・未・申・酉の6個が揃った。
CIMG9049.jpg
コンプリートまであと6年・・・
なお某SCに行くと、同じモノが500円ほどで売っています(笑)

のりちゃんご夫妻からお菓子をいただく。
CIMG9053.jpg
のりちゃんさんたちは既に1時間以上山頂に居られるそうだ(笑)

福井市街方面には晴れ間も覗いていた。
CIMG9046.jpg

残念ながら冠雪した白山は遥拝できなかった。
CIMG9045.jpg

到着から10分ほどしてツギロウ殿が登場(9:34)
CIMG9044.jpg
なんでもあつぷりさんたちと合流する予定だったが、前夜飲み過ぎて寝坊したらしい(笑)

本堂脇の常連席で談笑していると、アクマ(NeNe)さんご夫婦が登場(9:46)
CIMG9052.jpg
さすがNeNeさん、前から目に付けていたヒラタケを根こそぎ採ってきたそうだ(ウソ)

続いて京都に単身赴任中のJH9IRLさんが登場(10:09)
CIMG9054.jpg
昨日も登られていたんですね。

JH9IRLさんからお土産のおたべ(生八つ橋)をいただく。
CIMG9055.jpg
この日はみなさんからの差し入れが多くて、食べ物には困りません(笑)

JH9IRLさんも賄賂枠(奉献酒&おたべ&缶バッジ)を利用して、縁起物をGETされていた。
CIMG9061.jpg
さすがよく分かっていらっしゃる!(笑)

ようやく真打のコウちゃんが登って来られた(10:40)
CIMG9056.jpg
昨日はすっぽかしてすみませんね(別に登るとは言っていないのだがw)

コウちゃんからは勝山の誇る銘菓、羽二重くるみ(はや川)をいただく。
CIMG9057.jpg
これ、大好きなんです。特に時折おまけで貰える耳がまた絶品なんですよ。
福井のお土産なら、コレを買っておけば間違いありません。

気温が上がってきたせいか、ガスが湧いてきた。
CIMG9058.jpg

天空の城ならぬ、天空のハピリン(笑)
CIMG9059.jpg
※2016年4月に誕生した福井駅西口再開発複合施設で、県内で一番高い建築物。

今年は越の大徳こと泰澄大師が文殊山を開山(717年)してちょうど1300年。
CIMG9062.jpg
仮装ハイクや"We are the Mt.MONJU"、山頂大宴会などの催しが目白押し(大ウソ)

すっかり長居したので、ひと足先に下山開始(11:05)
CIMG9063.jpg
みなさん御馳走様でした。結局、背負ってきた食材類は単なる重しになりました(笑)

11:20 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG9064.jpg
下りは泥濘で特に滑り易いの要注意。

11:50 二上登山口(標高約26m)
CIMG9065.jpg
下りは45分。

昨年の教訓を生かし、今年は早めに登ったつもりだったが、予想以上の人出でビックリ。
雪がなく、天気が良かったせいもあるだろうが、縁起物目当てで年々早朝から登る方が
増えたようだ。
このままいくと、そのうち大晦日から登らないと貰えなくなるかも(笑)


文殊山(365m)(二上コース) コースMAP
標高差339m
登り 1時間7分、下り 45分、TOTAL 3時間35分
今年1回目・通算192回目+1
出会った人 測定不能(M田翁、toshiさん、hiroさん、ご住職、大kのりちゃんご夫婦、
T〇さん、T川さん、ツギロウさん、JH9IRLさん、NeNeさんご夫婦、コウちゃん、
A夫婦さん、T井翁ご夫婦、福井のおじじさん、M川翁他)
出会った動物 なし
2017年:1座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/819-cff2f67f