北近畿・山陰遠征2日目 伯耆大山

author photo

Byよっし~

2016年12月3日(土) 快晴

初日京都で大江山ハイクした後、鳥取県に入り、道の駅ポート赤碕に移動。
夏場なら登山口近くの南光河原駐車場で車中泊するのが便利なのだが、
標高が高く冷え込みが予想されるので、海岸近くのここで一夜を過ごす。

(伯耆)大山
CIMG8792.jpg
ご存じ日本百名山の1つで、中国地方の最高峰。
コニーデ型の独立峰火山で、その形状から伯耆富士とも呼ばれている。
2日前のレポでは、4合目付近から上には積雪があり、霧氷も見られるそうだ。
 
6時に起床。寒さで何度か目が覚めたが、比較的ぐっすり眠ることができた。
CIMG8787.jpg
到着時は閉まっていたコンビニも営業(6~20時)が始まっていた。

来る道中でも結構見かけたローソン+ポプラ
CIMG8788.jpg
ポプラと言えば広島発祥で、中国地方を中心に店舗展開する中堅のコンビニチェーン。

余談だが、ポプラは学生時代によくお世話になったコンビニで、
当時の福井には、セブンイレブンはおろかローソンやファミマすらなく、コンビニもどきの
ヤマザキストアかナイトショップいしづち(今の人は知らないだろうなw)ぐらいしかなく、
生まれて初めてコンビニを利用したのが、このポプラだった(笑)
品揃えやいまいち垢抜けない感じだったが、温かいご飯をその場で入れてくれる弁当
(ポプ弁)が人気で、夜中よく先輩に買い出しに行かされました(←どうでもイイ情報w)

調べたところ、鳥取県内では旧ポプラが続々とローソン+ポプラに転換しているらしい。
元々R9沿いに多く、無料供用中の山陰自動車道が繋がるにつれ交通量が激減。
閉店する店舗も増えてきたために、大手のローソンと手を組むことになったそうだ。
店舗の外装、内装、品揃えはほぼローソンで、ポプラらしい点はポプ弁があるぐらい。

以前、我が福井県にも文殊山の近くに1軒あったが、3年前に撤退し現在はローソン。
あの赤い看板が無くなっていくのはなんか寂しい。。。

大山町に移動し、県道158で登山口を目指す。
CIMG8796.jpg
標高1700mほどあるが、独立峰のせいか意外と低く感じる。

海抜30mから登山口(標高約775m)まで一直線に登っていく。
CIMG8797.jpg

7:06 南光河原駐車場(標高約770m)
CIMG8799.jpg
佐陀川にかかる大山寺橋の隣にあり、最大58台駐車可能(無料)
さすが百名山、既に30台ほど停まっていた。

対岸にはモンベル大山店がある。
CIMG8804.jpg
やっぱり鳥取の方が都会なのかな?(笑)

トイレ横にあった温度計では気温2.5℃
CIMG8800.jpg
山頂付近はもちろん氷点下で、極寒期にはマイナス10℃以下になることもザラらしい。
防寒対策として、厚手のインナーを追加し、ソフトシェルと防寒手袋を装着。
ザック内にはカッパやダウンジャケット、目出し帽に加え、お守りの10本爪アイゼン
軽量化のためスパイク長靴にしようかとも思ったが、初めての山なので登山靴+アイゼンを選択。

トイレ前にあるポストに登山届を忘れずに提出。
CIMG8801.jpg
下半分がコース図になっていて切り離すことができる。

最高地点は剣ヶ峰(1729m)だが、弥山から象ヶ鼻間の大山縦走路は、
狭いところでは道幅が20㎝ほどしかなく、しかも両側が数百m切れ落ちている
超ヤセ尾根で、立入禁止になっている。
このため、一般ハイカーが登頂できるのは弥山(1709m)までとなっている。

でもネットで検索すれば、縦走路を走破する映像が結構あります。
【閲覧注意!】かなり高度感があり、高所恐怖症の方は見ない方がイイですw

当然自己責任で挑戦しているのだろうが、良い子は決して真似しないように。
怖いと感じると、”進むも地獄、戻るも地獄”と化し、進退窮まるそうです。

しかも今年10月21日に発生した鳥取県中部地震(M6.6)の影響で、新たな亀裂が多数発生。
CIMG8802t.jpg
(クリックすると大きくなります)
崩壊寸前の場所もあるそうで、絶対に立ち入らないようしましょう。
もちろんヘタれな私は挑戦しようなんて、これっぽっちも思っていません(笑)

大山では一木一石運動なる活動が行われている。
CIMG8922.jpg
昭和50年代の登山ブームの影響で、山頂付近が踏み荒らされて裸地化。
植生の復旧や崩落した岩を回復させるべく、この運動が行なわれている。

7:29 大山夏山登山道登山口(標高約775m)
CIMG8805.jpg
駐車場から80mほど進んだ先にある。

弥山山頂までは距離約3km、標高差約930mで、標準CTは2時間(休憩含まず)
CIMG8808.jpg
例えるなら、地元の鬼ヶ岳(533m・距離1.5km・標高差433m)を2回登るような感じ。
私の場合、この時期の鬼ヶ岳でも1時間20分近くかかっており、単純に倍で2時間40分。
3週間のブランクでまだ本調子ではなく、しかも休憩時間は含まれていないので、
目標タイムは超ゆるめの4時間に設定。
2年前に登られたOPP総帥は、登り1時間52分、下り1時間50分だったそうなので、
恥ずかしいほどの目標タイムです(笑)

登山口付近からは日本海が望めた。
CIMG8806.jpg

中腹にある大山寺(だいせんじ)は山岳信仰の霊場として奈良時代に開かれ、
CIMG8807.jpg
その後天台宗別格本山として、最盛時には百を超える僧坊や三千余の僧兵を有したとされる。

この辺りは僧坊跡の一画で、石畳になっている。
CIMG8809.jpg

7:44 阿弥陀堂分岐(標高約810m・弥山山頂まで2.6km)
CIMG8810.jpg

分岐を過ぎると丸太の階段になり、ようやく登山道らしくなる。
CIMG8811.jpg

7:51 一合目(標高約860m)
CIMG8812.jpg
スタートから22分。単純に10倍しても、3時間40分ペース(笑)

西日本一ともいわれる見事なブナ林の中を登っていく。
CIMG8813.jpg

7:55 標高900m地点
CIMG8814.jpg

後続のハイカーにどんどん道を譲る。
CIMG8817.jpg
時折下山してくるハイカーも。伺ったところ4時頃から登られたそうだ。

8:13 二合目(標高約985m)
CIMG8818.jpg

二合目を過ぎると、一旦緩やかになる。
CIMG8819.jpg

8:15 標高1000m地点
CIMG8820.jpg

この付近から再び急登になってくる。
CIMG8821.jpg

8:29 三合目(標高約1070m)
CIMG8822.jpg
スタートからちょうど1時間が経過し、ここで小休止。やはり4時間ペースだな(笑)

20名ほどの下山者とすれ違い、30名以上の後続者に抜かれた。
CIMG8823.jpg
マイペース、マイペース。。。

8:47 標高1100m地点
CIMG8825.jpg

8:59 四合目(標高約1150m)
CIMG8826.jpg
四合目辺りから植生がブナ中心から灌木類が目立ってくる。

9:06 標高1200m地点
CIMG8827.jpg
一昨日のレポでは霧氷祭りだったこの一帯も、雪のゆの字もありません。

9:17 五合目(標高約1235m)
CIMG8829.jpg

山の神さん
CIMG8830.jpg
ここにはかつて遥拝所があり、東の尾根から登る朝日を拝んで登山の安全を祈願したとされる。

9:20 行者谷分かれ(標高約1250m・弥山山頂まで1.4km)
CIMG8833.jpg
左からくる行者コースと合流。

9:28 標高1300m地点
CIMG8835.jpg

この付近からようやく登山道脇に雪が見え始める。
CIMG8836.jpg
一昨日は路面全部に積雪があったようだが、ほとんど溶けてしまったようだ(涙)

9:41 六合目避難小屋(標高約1350m・弥山山頂まで1.0km)
CIMG8837.jpg
スタートから2時間12分。標準CTが1時間10分なので、順調な遅れっぷり。
小休止中に登ってこられた方は、8時半に出発されたそうだ(笑)

ここには小さな避難小屋(収容3人・トイレ水場なし)の他にベンチ等がある。
CIMG8839.jpg

うっすら雪化粧した大山北壁
CIMG8840.jpg
立入禁止中の縦走路には、天狗ヶ峰(1710m)や剣ヶ峰(1729m)などが聳える。

雲一つない青空が広がり、日本海もすっきり望めた。
CIMG8841.jpg

まだ雪が少ないので、ツボ足のまま出発(9:54)
CIMG8844.jpg

段差が大きく、4~5歩で自分の身長ぐらい登っていく。
CIMG8846.jpg

10:09 七合目(標高約1450m)
CIMG8848.jpg

路面に雪が目立つようになってきた。
CIMG8849.jpg
北側なのでまだ凍結しており、滑らないように注意しながら登っていく。

10:23 標高1500m地点
CIMG8850.jpg
あれ? 1400m地点は??

眼前には美保湾や中海が望めた。
CIMG8851.jpg

だいぶ滑り出してきたので、少し早いがアイゼンを装着。
CIMG8852.jpg

登りはなくてもなんとか登れますが、下りはないとかなり怖いです。
CIMG8853.jpg
途中道を譲った4歳ぐらいの女の子を連れた親子が戻ってきた。
女の子はズックなので、危険を感じて八合目で引き返してきたとのこと。
八合目から先はだいぶ楽になるはずだが、賢明な判断ですね。

10:54 八合目(標高約1580m)
CIMG8854.jpg
凍結が一番ヒドかったのは7~8合目間。

10:59 標高1600m地点
CIMG8856.jpg

ようやく急登が終了し、ここからはなだらかに登っていく。
CIMG8857.jpg

ダイセンキャラボク(大山伽羅木)
CIMG8860.jpg
イチイ科イチイ属の常緑低木。山頂付近の純林は国指定の特別天然記念物。

前方に弥山山頂が見えてきた(11:03)
CIMG8861.jpg

11:04 石室分岐(標高約1610m・弥山山頂まで0.5km)
CIMG8862.jpg
右に行っても石室を経て山頂に至る。

ここから先は木道になるので、アイゼンを外す。
CIMG8863.jpg
僅か2日前には木道も真っ白だったのに・・・

11:11 九合目(標高約1635m)
CIMG8864.jpg
既に3時間42分が経過。

木道は意外と狭く、どうにかすれ違えるほど。
CIMG8865.jpg

途中1箇所凍結した雪が残っている場所があったので怖かった。
CIMG8866.jpg
やっぱりスパイク長靴の方が良かったかも。

石室周回コースと合流すると、山頂まで残り200m。
CIMG8867.jpg

11:25 大山頂上避難小屋(標高約1690m)
CIMG8868.jpg

収容人数50名の大きな小屋(水場なし・トイレあり※)
CIMG8896.jpg
※トイレは3基(水洗式2基、非水洗式1基)あるが、冬季は非水洗式のみ。

夏季(5月上旬~10月末)は売店も開設されるそうだ。
CIMG8894.jpg

小屋前の気温は3℃
CIMG8895.jpg
下山者の話では御来光の時間帯は氷点下2℃だったそうだ。

11:28 大山(弥山)山頂(標高約1702m)
CIMG8870.jpg
タイムは3時間59分と目標タイム(4h)通り(笑)

大勢のハイカーが休憩されていた。
CIMG8869.jpg
このほとんどが、私を抜いていった方たちです(笑)

記念の三角点(三等・大山)タッチをしたいところだが、弥山から先は立入禁止
CIMG8873.jpg
別に三角点ハンターじゃないし・・・(笑)

山頂からは360度の眺望が広がっている。
CIMG8877.jpg

北側には中海や宍道湖、島根半島が一望。
CIMG8888.jpg
運がイイと隠岐島も望めるらしい。

出雲国風土記によると、国造り当初の出雲国は細長い布ような小さな国であったため、
CIMG8876.jpg
新羅(志羅紀)や能登国珠洲(都都)などの余った土地を綱で引き寄せ島根半島を作ったとされ、
その綱を繋ぎ止めた場所が伯耆大山と三瓶山で、綱は弓ヶ浜(夜見ヶ浜)、稲佐の浜になった。
大山、三瓶山は共に火山で、もしかすると太古の昔、両山が活発に活動していた頃に、
その溶岩流が出雲方面に流れ出て、島根半島が形成されたことを暗喩しているのかも。

西側には道後山(1271m)や烏帽子山(1225m)といった中国山地の屋台骨の山々。
CIMG8875.jpg

大山とともに国引き神話で有名な三瓶山(1126m)
CIMG8889.jpg
男三瓶、女三瓶(953m)、孫三瓶(903m)も視認できた。
余談だが、学生時代に三瓶山麓で夏合宿があり、地獄の2週間を過ごしたので、
今でもトラウマになっています(笑)

南側には遠く四国の山並み
CIMG8881.jpg

今年登った日本百名山の石鎚山(1982m)
CIMG8878.jpg

同じくこちらは剣山(1955m)
CIMG8879.jpg

気温はひと桁台だが風もほとんどなく、日差しが暖かいので屋外でお昼にする。
CIMG8884.jpg

某コンビニでおにぎり100(150)円セール中だったが、なかなか店舗が見当たらなかった。
CIMG8885.jpg
スタバに続き、昨年全国46番目の出店県になったばかりで、まだ少ないようだ。
これは福井の方がチョッと勝ったかな?(五十歩百歩)

久しぶりにいろり山賊の山賊焼きや山賊むすびも食べてみたいな~
CIMG8886.jpg

厳冬期は氷点下10℃以下になる山頂だが、この日はポカポカ陽気で気持ちイイ~
CIMG8880.jpg
中には半袖Tシャツの若者もいた(笑)

パラモーター(動力付きパラグライダー)を楽しんでいる方もおられた。
CIMG8891.jpg

三角点(立入禁止)方向を見ると、人影が1人。
CIMG8887.jpg
恐らくあそこで引き返すのだろうけど。。。

もっと居たいところだが、明日は仕事なので下山開始(12:19)
CIMG8893.jpg

12:24 石室周回コース分岐(標高約1675m)
CIMG8898.jpg
石室に寄っていこう。

木道なのでツボ足だったが、所々凍結した雪が残っていて、危うくコケそうになる。
CIMG8899.jpg

12:36 石室(標高約1588m)
CIMG8900.jpg
案内板によると1921(大正10)年に避難用として作られたそうだ。

脇の地蔵ヶ池と梵字ヶ池では、古くから弥山禅定という祭事(もひとり神事)が行われている。
CIMG8902.jpg
毎年役僧たちがヨモギやキャラボクを摘み、この池の水(閼伽水)を汲んで下山するそうだ。

12:44 夏山登山道合流(標高約1610m)
CIMG8903.jpg

ここで再びアイゼンを装着(12:49)
CIMG8904.jpg

下りは軽アイゼンもしくはスパイク長靴が無難。
CIMG8905.jpg

13:16 六合目避難小屋(標高約1350m)
CIMG8906.jpg
アイゼンを外しがてら小休止。

朝は逆光で見辛かった北壁も日差しを受けてキレイ。
CIMG8907.jpg
ベンチで一緒になったベテランの方の話では、厳冬期はあの壁を直登していくらしい(大汗)

山頂で見かけた親子も降りてこられた。
CIMG8910.jpg
その靴で無事降りてこられてよかったね。

雪はほぼ無くなったが、小さな石が多く滑り易いので慎重に。
CIMG8911.jpg

昨日のダメージがあるのか太腿が突っ張って、普段のK・H・K(下りは速い子)は鳴りを潜める。
CIMG8912.jpg

13:39 行者谷分かれ(標高約1250m)
CIMG8913.jpg
当初下りは行者コースにしようと思っていたが、足の不安もあるので直進。

五合目を過ぎても、時折登ってくるハイカーとすれ違う。
CIMG8914.jpg
日帰りなのかな?

13:58 三合目(標高約1070m)
CIMG8915.jpg

まだ14時を少し回ったぐらいだが、木の影が伸びてだいぶ暗く感じる。
CIMG8916.jpg

14:15 一合目(標高約860m)
CIMG8917.jpg

石段になれば残り300mほど。
CIMG8919.jpg

妖怪天井で有名な圓流院に寄ってみたかったが、時刻も遅いのでパス。
CIMG8920.jpg

14:25 大山夏山登山道登山口(標高約775m)
CIMG8921.jpg
下りは2時間6分と、標準CT(1h40m)より30分近くも遅れてしまった。

下山届を提出し、モンベルショップへ。
CIMG8923.jpg
こんなお店、福井にも欲しいな~

これからまた400km走るのか・・・
CIMG8925.jpg
帰りもやぶ温泉で汗を流し、帰宅したのは23時だった。

なかなかの急登で、翌日から5日間ほど筋肉痛に悩まされる。
期待した霧氷や雪景色は見られなかったが、天気に恵まれ素晴らしい絶景が楽しめた。
あっ!山バッジを買い忘れた。もう1度登らないと・・・(笑)


☆今回歩いたコース☆ (クリックすると大きくなります)
CIMG8897t.jpg
※山頂の案内看板から抜粋しました。

☆トレッキングログ
daisen.png
※上記トラックログはヤマレコの同コース山行レポから引用しました。


☆アクセス☆



(この日の行程)
6:20道の駅ポート赤碕
7:06南光河原駐車場
7:29大山夏山登山道登山口
7:51一合目
8:13二合目
8:29三合目(小休止)8:42
8:59四合目
9:17五合目
9:20行者谷分かれ
9:41六合目避難小屋(小休止)9:54
10:09七合目
10:23標高1500地点(アイゼン装着)10:35
10:54八合目
11:04石室分岐
11:11九合目
11:25大山頂上避難小屋
11:28弥山山頂(小休止)12:19
12:36石室
13:16六合目避難小屋(小休止)13:29
13:39行者谷分かれ
13:58三合目
14:25大山夏山登山道登山口


やっぱり、山っていいね!


伯耆大山(弥山)(1709m)
標高差約830m
登り 3時間59分、下り 2時間6分、total 6時間56分
出会った人 150人ぐらい 出会った動物 なし
2016年:103座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Share

Comments 4

seasun  

元気に山登りされているようで安心いたしましたよ~。
しかも初大山が四国の山まで望める、
絶景の日なんてうらやましい。
私はが~す~でした。

あの階段地獄を思い出すと躊躇するものはありますが、
この冬も登ってみたいと思っています。
ご入用ならば登山バッジ入手しておきますよ。

2016/12/12 (Mon) 12:55 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

seasunさん こんにちは

seasunさんが登られた時はガスガスでしたか・・・
今回霧氷や一面の雪景色を期待したんですが、タッチの差で溶けてしまったようです(涙)

私もまた登ってみたいと思っているので、バッジは自力で購入します(笑)

2016/12/12 (Mon) 13:14 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
大山の山は階段がいっぱい、階段だらけと言っていいほど足の短い私なんかでは大変苦労させられる様ですね。
その山を4時間ですか、さすがは我らがよっしさん。
凄いです。(パチパチパチ・笑顔で)。

2016/12/13 (Tue) 14:56 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

レポにも書いてある通り標準CT2時間なので、いくら足の短い(ウソ)ののりちゃんさんでも2時間半から3時間で登頂できると思います。
健脚な方で1時間半から2時間、変態レベルの方だと1時間だと思います。
単に私が亀足なだけです(笑)

2016/12/14 (Wed) 16:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)