2016年10月22日(土) 晴れのち曇り時折小雨

秋も深まり、奥越の山々から続々と紅葉の便りが届いている。
荒島岳銀杏峰経ヶ岳赤兎山刈込池など登りたい山が目白押しで、
この時期は身体が2つあっても足りないほど(笑)
色々悩んだ挙句、この山に決めた。

経ヶ岳
CIMG8085.jpg
白山国立公園の南西部に位置し、日本三百名山にも選ばれている。
かつて一向一揆により麓の平泉寺が焼き討ちにあった際、宗徒がこの山に経文を埋めたことから、
こう呼ばれるようになったという伝説があり、事実、1997(平成9)年に山頂から経文が発見された。
昨年一昨年もこの時期に登っており、いずれもぽかぽか陽気のインディアンサマーで
好天に恵まれた。
今日の登山指数はオールAだが、果たして。。。
 
大野市に向かう旧美山町(現福井市)では濃霧が出ていた。
CIMG8047.jpg
今日は天空の城は出現したのかな?

新丁(ようろ)トンネルを抜けて大野市へ(7:40)
CIMG8049.jpg
越前大野城のある亀山の先には霧が残っていた。
この日は6時半頃から7時半頃まで天空の城が出現したそうです。

ガスも次第に取れてきているようで、経ヶ岳も顔を覗かせている。
CIMG8050.jpg

8:02 法恩寺林道入口(広域基幹林道法恩寺線)
CIMG8051.jpg
登山口までは1.5車線の林道を約8km。

8:20 展望台駐車場(標高約900m)
CIMG8052.jpg
先客は4台と、紅葉シーズンの土日にしては少ない。
準備をしていると、もう1台やってこられた。

ここから見る天空の城はどうなんだろう?
CIMG8053.jpg

今回迷った荒島岳(1523m)山頂には、雲がかかっていた。
CIMG8054.jpg

8:27 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
CIMG8056.jpg
健脚そうな男性に先を譲ってハイク開始。
前回(4h7m)は4時間を切れなかったので、今日の目標は4時間以内。

息を切らさぬよう、序盤の急登をよたよた登っていく。
CIMG8057.jpg
後続のソロの男性と女性に道を譲る。

急登が終わり、尾根に合流(8:51)
CIMG8058.jpg
この付近はまだ色付きが始まったぐらい。

9:08 アダムとイブの木(標高約1110m)
CIMG8059.jpg

今日はハイカーが少なく、後続を気にせずにのんびり登っていける。
CIMG8060.jpg

ブナの黄葉もだいぶ進んでいた。
CIMG8061.jpg

9:35 保月山山頂(標高1272m)
CIMG8062.jpg
ここまで1時間8分と前回(1h9m)とほぼ同じペース。

保月山山頂には誰も居なかった。
CIMG8063.jpg

メープルとクルミのスコーン(LAWSON 180円)
CIMG8064.jpg
最近お気に入りの行動食。

これ1個で402Kcalもあり、下界ではデブの素だが、
CIMG8065.jpg
1ヶ月ほど日持ちもするので山の行動食、非常食にはピッタリ!

ここから先は紅葉の真っ盛り
CIMG8066.jpg

曇っているので鮮やかさはイマイチだが、何度も足を止めて撮影に興じる。
CIMG8068.jpg

この絶景に言葉は要りません。
CIMG8069.jpg

CIMG8070.jpg

CIMG8071.jpg

CIMG8072.jpg

梯子場やヤセ尾根があるので、見とれ過ぎて足を踏み外さないように(笑)
CIMG8073.jpg

CIMG8074.jpg

CIMG8075.jpg

10:33 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(しゃくしがたけ:標高約1440m)
CIMG8076.jpg
ここにも誰も居なかった。

前回(2h6m)と全く同じペースだが、涼しいせいか余力がありスルー。
CIMG8077.jpg

名残り咲きのリンドウ
CIMG8078.jpg

右手にはかつて火口原だった池の大沢
CIMG8079.jpg

中岳直前で、駐車場で一緒だった男性がもう降りてこられた。
CIMG8081.jpg
早っ! まだ2時間チョッとしか経っていないのに・・・
山頂は風が強いらしく、早々に降りてこられたそうだ。

10:48 中岳山頂(標高約1467m)
CIMG8083.jpg
本日2度目の小休止。じっとしていると寒いのでジャケットを装着。

表示板が新しくなっていた。
CIMG8084.jpg

気を引き締めて、経ヶ岳の急登に挑むとしよう(10:56)
CIMG8086.jpg

中岳から鞍部の切窓まで80mほど下っていく。
CIMG8088.jpg

池の大沢の紅葉も見頃。
CIMG8089.jpg

ここの下りは特に滑り易いので慎重に下っていく。
CIMG8090.jpg

11:08 切窓(標高約1383m)
CIMG8092.jpg
男性2人が宴会をされていた。

切窓から標高差約240mを登り返し。
CIMG8093.jpg
標準勾配率43.6%と福井県有数の激登
ただ先日の三童子山を経験したせいか、思ったほどキツくは感じなかった。

結構強い風が吹いていたが、背丈ほどあるクマ笹のおかげであまり影響を受けない。
CIMG8094.jpg

下山するハイカーとのすれ違いが増えてきた。
CIMG8095.jpg

ワンコを連れたハイカーも。
CIMG8096.jpg

今日は涼しいせいか、立ち止まったり、へたり込むことなく登っていく。
CIMG8097.jpg

少し雲が増えてきた。
CIMG8098.jpg

急登が終わり、山頂まではあと僅か。
CIMG8100.jpg

11:53 経ヶ岳山頂(標高1625m)
CIMG8101.jpg
タイムは3時間26分。目標の4時間より30分も早く、自己ベスト更新

山頂には5人ほどおられ、そのうちの女性2人組から声がかかる。
「あっ! よたよたさんだ!」

どうも(ペコリ) はて? どちらさまでしたっけ??

声をかけられたのはヘイホーさんだった(笑)
眼鏡をかけておらず、あまりのお美しさに最初分かりませんでした(ちょっぴりホント)
ご友人のはなまるさんとご一緒に登ってこられたそうだ。

少し雲が湧き始めていたが、白山を遥拝。
CIMG8103.jpg

砂防新道は工事閉鎖中で、今シーズンはほぼ強制終了。
CIMG8104.jpg

今日のお昼はジャケ買いした金ごま担々そば。
CIMG8105.jpg
う~ん、蕎麦には合わないかも。

食事をしながらヘイホーさんたちと談笑。
CIMG8106.jpg
禅の里の昭和歌謡BGMの話題で盛り上がる(笑)

次第にポツポツとが落ちてきた。
CIMG8108.jpg
お友達と電話していたはなまるさんの話では、福井市内では結構降っているそうだ。

ひと足先に降りていかれたヘイホーさんに続き下山開始(12:25)
CIMG8111.jpg

切窓手前でヘイホーさんたちに追いつき、道を譲られる。
CIMG8112.jpg

どうせこの先の登り返しで、追い付かれると思うんですが。。。
CIMG8113.jpg

案の定、追い越されました(笑)
CIMG8114.jpg

振り返ると経ヶ岳山頂付近にはガスがかかり始めていた。
CIMG8115.jpg

13:01 中岳山頂(標高約1467m)
CIMG8116.jpg

時折雨粒が落ちてくるが、カッパを装着するほどではない。
CIMG8117.jpg
今日は雨は降らない予報だったのに・・・

13:14 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(標高約1440m)
CIMG8118.jpg
ここでヘイホーさんたちに再度追い付く。

再び道を譲られ、下っていく。
CIMG8119.jpg
今度は抜かれませんよ(笑)

牛岩
CIMG8120.jpg

紅葉も下りと登りとでは見え方が変わるので二度楽しめる。
CIMG8121.jpg

CIMG8123.jpg

13:43 保月山山頂(標高1272m)
CIMG8124.jpg
最後の小休止。

14:25 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
CIMG8125.jpg
下りは2時間。ゆっくり降りたつもりだが、前回(2h52m)より1時間近くも早く、
これまた自己ベスト更新。

紅葉シーズンの割にはハイカーが少なく、静かな経ヶ岳でした。
保月山から釈氏ヶ岳辺りの紅葉はまさに見頃です。
次はどの山に紅葉狩りに行こうかな??

☆アクセス☆ 法恩寺林道入口


(この日の行程)
8:20展望台駐車場8:25
8:27経ヶ岳登山口(林道出合)
9:08アダムとイブの木
9:35保月山山頂(小休止)9:45
10:33釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂
10:48中岳山頂(小休止)10:56
11:08切窓
11:53経ヶ岳山頂(昼食)12:25
13:01中岳山頂
13:14釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(小休止)13:18
13:43保月山山頂(小休止)13:54
14:25経ヶ岳登山口(林道出合)


やっぱり、山っていいね!

経ヶ岳(1625m)(保月山コース)
標高差735m
登り 3時間26分、下り 2時間、TOTAL 6時間2分
通算5回目
出会った人 20人ぐらい(ヘイホーさん他) 出会った動物 なし
2016年:93座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/803-76da586f