2016年9月27日(火) 晴れのち曇り一時ガスガス

秋雨前線の影響でパッとしない天気が続いたが、明日の休みはまずまずの空模様。
しかも最高気温33℃の真夏日の予報なので、里山はむしろ蒸し風呂地獄(汗)
先週途中敗退した荒島岳のリベンジとも思ったが、紅葉はまだもう少し先なのでこの山へ。

伊吹山
CIMG7495.jpg
ご存じ日本百名山で、近江(滋賀県)の最高峰
これまで3回登っているが、無雪期は山登りを始めた5年前以来。
 
もっと早く出発するつもりだったが、寝坊して起きたのは7時過ぎ(汗)
CIMG7469.jpg
高速をかっ飛ばして滋賀県へ。

登山口近くの民家の駐車場(500円)へ。
CIMG7470.jpg
ここは2年前に一度利用させてもらった。
5年前は1000円の所もあったが、最近ではMAX500円で400円の場所も。
中には更衣室付やお茶・飴のサービスなど競争が一段と激しい(笑)
ここは特にコレといったサービスはないが、家主の女将さんが暖かいのでお気に入り。

50mほど先の登山口のある三ノ宮神社へ。
CIMG7471.jpg

昨年から導入された入山協力金(300円)を支払う。
CIMG7472.jpg
係員不在の場合はポストに投函。また登山届も忘れずに記入する。

登山コースの案内看板が新しくなっていた。
CIMG7473.jpg

近くのお店の前で留守番中のワンコ。
CIMG7474.jpg
ラブ(♀)ちゃんは人見知りらしく、不審者には噛み付くそうだ(笑)

8:59 伊吹山上野登山口(標高約220m)
CIMG7475.jpg

山頂までは距離6km、標高差約1150m
CIMG7478.jpg
標準コースタイムは3時間20分(休憩含まず)。
5年前のヤングよっし~は3時間25分(休憩含む)だったが、今日の目標は4時間

まずは樹林帯の中を登っていく。
CIMG7479.jpg
路面には石灰岩が多いが、雨後はぬかるみやすい。

ツユクサ(露草)
CIMG7476.jpg
ツユクサ科ツユクサ属の一年草。

ゲンノショウコ(現の証拠)
CIMG7482.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。生薬としても有名で、”実際に効く証拠”が和名の由来。

途中ニホンザル2匹と遭遇。
CIMG7480.jpg
慌ててカメラを向けるも、すぐに消えてしまった。

9:28 一合目(標高約420m・山頂まで5.1km)
CIMG7484.jpg
ここまで29分。

この先各合目ごとに分かりやすい案内看板が設置されている。
CIMG7483.jpg

ここのワンコにもご挨拶(笑)
CIMG7485.jpg

一合目から二合目の間は急登なゲレンデ跡を登っていく。
CIMG7486.jpg

頭上から日差しが照りつけてくるが、時折風が吹いているので心地良い。
CIMG7487.jpg

9:53 二合目(標高約580m・山頂まで4.3km)
CIMG7488.jpg

どんどん後続のハイカーに道を譲りながらもマイペースで登っていく。
CIMG7490.jpg
時折下山してくるハイカーとのすれ違いも増えてきた。

三合目に近づくと、ようやく山頂が見えてくる。
CIMG7493.jpg

一面ススキが満開で、まさに秋の高原。
CIMG7494.jpg
♪風立ちぬ~ 今は秋~ 

10:33 三合目(標高約720m・山頂まで3.6km)
CIMG7497.jpg
スタートから1時間34分とほぼコースタイム通り。

ここで行動食を取りながら小休止。
CIMG7498.jpg
暑さのせいか水の減りも早く、既に1Lを消費。

なんか賑やかだと思ったら、地元の小学生が遠足だった。
CIMG7499.jpg

山頂付近には少しガスがかかり始めてきた。
CIMG7500.jpg
登頂するまで持って欲しいのだが・・・

燃料補給後、ハイク再開(10:52)
CIMG7501.jpg
なおこの先山頂までトイレはありません。

11:02 四合目(標高約800m・山頂まで2.9km)
CIMG7503.jpg
この区間は短かいのであっという間に到着。

イブキトリカブト(伊吹鳥兜)
CIMG7505.jpg
キンポウゲ科トリカブト属の多年草。

11:16 五合目(標高約880m・山頂まで2.4km)
CIMG7509.jpg

ここには水場(自販機)が設置されている(笑)
CIMG7508.jpg
5年前と比べて缶は10円UPしていたが、ペットボトルはなぜか10円DOWN。

三合目でも一緒だったおねーさまたちが休憩中だったが、私はスルー。
CIMG7506.jpg
どうせまたすぐに抜かれそうですが(笑)

前方はどんよりとしたガスが広がってきた。
CIMG7510.jpg
やっぱり出てきてしまったか。。。

11:33 六合目避難小屋(標高約980m)
CIMG7511.jpg

11:39 六合目(標高約990m・山頂まで1.9km)
CIMG7512.jpg

山頂はガスで見えなくなってしまった。
CIMG7515.jpg

麓はまだ望めるが、だいぶ雲が増えてきた。
CIMG7513.jpg

イブキトリカブト(伊吹鳥兜)
CIMG7517.jpg
猛毒で皮膚や粘膜からも吸収されるので絶対に触らないように。

マムシグサ(実)(蝮草)
CIMG7522.jpg
サトイモ科テンナンショウ属の多年草。
こちらも有毒植物で、球根の毒性が強く触れると炎症を起こす。
また誤って実を食すると激しい下痢や嘔吐に襲われ、重篤な場合、死に至るケースも。

11:59 七合目(標高約1080m・山頂まで1.4km)
CIMG7519.jpg
ここで本日二度目の小休止。
お昼を取られていた大阪の御夫婦が槍ヶ岳の話をされていたので、しばし談笑。

ここからますます急登になるがもうひと頑張り(12:09)
CIMG7520.jpg

八合目に近づいてくると、岩場が増えてくる。
CIMG7523.jpg

12:28 八合目(標高約1220m・山頂まで0.9km)
CIMG7524.jpg

完全に雲の中に突入。
CIMG7526.jpg

12:52 九合目(標高約1300m・山頂まで0.2km)
CIMG7527.jpg
ようやく急登が終了。ここから先は遊歩道だが、岩が多い。

伊吹山寺や売店が見えてきた。
CIMG7528.jpg

12:59 伊吹山山頂(標高1377m)
CIMG7529.jpg
タイムは4時間ジャストと目標通り。でもまたしてもヤングよっし~(3h25m)には及ばなかった。

360度雲の中で視界はゼロ。
CIMG7530.jpg

山頂には5軒ほど売店があり、食事や飲料、お土産まで購入できる。
CIMG7533.jpg

売店にはこんなモノまで売ってました。
CIMG7537.jpg
懐かしいな~ 子供の頃持っていました(笑)

まずはご褒美のコーク(250円)で乾杯。
CIMG7534.jpg

行動食もあるが、肌寒いので暖かいモノが食べたいな~
CIMG7536.jpg

玉子とじうどん(750円)をオーダー。
CIMG7540.jpg
う~ん、温まる~

以前買いそびれた山バッジ(400円)も忘れずに購入。
CIMG7538.jpg

また少し離れた場所にある三角点(一等・伊吹山)にもタッチ。
CIMG7541.jpg

眺めも期待できないので、下山開始(13:44)
CIMG7543.jpg
下りの標準タイムは2時間20分。ヤングよっし~は2時間25分だったが果たして・・・

うわ~ 小学生集団も下山か・・・
CIMG7544.jpg
幸いにも道を譲ってもらうことができた。

八合目までは岩場が続くので、滑落や落石に注意。
CIMG7545.jpg

雲ゾーンを抜ける(13:57)
CIMG7546.jpg

14:22 五合目(標高約880m・登山口まで3.6km)
CIMG7548.jpg
登りでは30人以上追い抜かれたが、下りは50人以上追い抜いた。

今日は降りても晴れなかった(笑)
CIMG7549.jpg

14:32 三合目(標高約720m・登山口まで2.4km)
CIMG7550.jpg
ここで小休止。ちょうど遠足のご父兄の方が救護班として待機されていた。

小学生たちはまだ六合目付近。
CIMG7551.jpg
登りでは敵わないが、下りでは負けないよ(笑)

再びススキを鑑賞しながら軽快に下っていく(14:41)
CIMG7552.jpg

こんな時間帯でもトレランと思しきハイカーと何人もすれ違う。
CIMG7553.jpg

15:08 一合目(標高約420m・登山口まで0.9km)
CIMG7555.jpg

樹林帯に入り、曇っているのでだいぶ暗く感じる。
CIMG7557.jpg
あの小学生たちが通過する頃にはもっと暗くなるはずだが、大丈夫かな?

15:25 伊吹山上野登山口(標高約220m)
CIMG7558.jpg
下りは1時間41分。ヤングよっし~に勝ったぞー!

下山後は冷たい伊吹牛乳でクールダウン。
CIMG7559.jpg
運動終了直後(ゴールデンタイム)は、体内のたんぱく質合成能力が非常に高くなっているので、
牛乳を摂取すると疲労回復にいいそうです。

ほぼ計画通りにハイクできたが、出発が遅かったせいかガスが出てしまい、
山頂からの絶景は拝めなかったのが残念。
三合目付近のススキが満開で、まさに見頃です。


(この日の行程)
8:40登山口付近有料駐車場8:54
8:55伊吹山上野登山口8:59
9:28一合目
9:53二合目
10:33三合目(小休止)10:52
11:02四合目
11:16五合目
11:33六合目避難小屋
11:39六合目
11:59七合目(小休止)12:09
12:28八合目
12:52九合目
12:59伊吹山山頂(昼食)13:44
14:22五合目
14:32三合目(小休止)14:41
15:08一合目
15:25伊吹山上野登山口


やっぱり、山っていいね!


伊吹山(1377m)(上野コース)
標高差1157m
登り 4時間、下り 1時間41分、total 6時間26分
今年1回目・通算4回目
出会った人 100人ぐらい 出会った動物 犬2匹、サル2匹
2016年:85座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/797-6c702924