2016年9月2日(金) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイク
ヘタレの私が昨年の剱岳に続き、日本第5位の槍ヶ岳に登頂することができた。
山登りを始めた頃には夢にも思わなかったことから考えると、まさに感無量。

ここまでの2日目の様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その1(ババ平~槍の肩)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その2(山頂アタック編)

DSC02757.jpg
テントをババ平にデポしてあるので、これから戻らないとならないのか・・・
 
名残惜しいが、槍ヶ岳山荘を後にする(13:20)
DSC02744_20160904151723d86.jpg

気が付くと北鎌尾根側からガスが湧き始めていた。
DSC02745.jpg

穂先にアタック中のハイカーたち。
DSC02746_2016090415172696b.jpg
中盤は渋滞しているようだ。

13:23 東鎌尾根・槍沢分岐(標高約3060m)
DSC02747_20160904151728a51.jpg

ババ平には右の槍沢方面が最短なのだが、趣向を変えて東鎌尾根へ。
DSC02748_2016090415172940e.jpg

概ねなだらかな稜線歩きなのだが、
DSC02750_20160904151753d84.jpg

所々このような梯子場鎖場がある。
DSC02749_2016090415175294e.jpg
先ほどビアを飲まなかったのはこのためなんです。

13:45 殺生ヒュッテ分岐(標高約2930m)
DSC02751.jpg

右に進むと殺生ヒュッテを経て槍沢コースに合流するが、直進
DSC02752.jpg

飛騨側から上ってくるガスで、今にも稜線が覆われそうだ。
DSC02753.jpg

振り返るとお槍様も隠れ始めていた。
DSC02754_20160904151830b30.jpg

13:57 ヒュッテ大槍分岐(標高約2890m)
DSC02755_201609041518328f0.jpg
右に下ると、坊主岩屋下にて槍沢コースと合流する。

下ってきた東鎌尾根
DSC02757.jpg
2箇所梯子場があるが、注意して通過すれば特に大きな危険はありません。

槍沢方面には行かず、ヒュッテ大槍側に直進。
DSC02756_20160904151833cec.jpg

13:58 ヒュッテ大槍(標高約2884m)
DSC02758.jpg
槍の肩から38分で到着。ここが本日のネグラです。

実は当初から、2日目はこのヒュッテ大槍に宿泊しようと思っていた。
ババ平にテントをデポしたのは、重いテントを担ぎ上げたくないのと、
泊まれなかった場合の保険代わりのためだったんです。
1泊分(1000円)無駄になるが、身体への負担が減ることを考えれば安いもんですから(笑)

先ほど槍の肩到着直後に電話していたのも、実はこのヒュッテ大槍。
予約していなかったので、慌てて槍の肩から電話して予約したという訳。
なお予約なしだと宿泊を断られることが多く、槍ヶ岳山荘や殺生ヒュッテ行きを促される。
事実、予約なしで到着したハイカーは何人も断られていた。

2つ目の保険として、燕Tシャツを装着。
DSCN9162.jpg
※画像は2015年の湯俣温泉でのモノ。

ここは燕山荘と同じグループなので、さりげなく”常連ですよ”とアピール。
その効果もあったのか、無事宿泊を許可された(笑)

☆ヒュッテ大槍

お槍様はすっぽりガスの中。
DSC02760.jpg
到着がもう少し遅れたら、感動も半減するところだった。

ここはラーメンやつけ麺が美味しいらしく、二度目の昼食にしようと思ったが、
DSC02759_20160904151905e71.jpg
残念ながら13時30分で終了。食べたかったな~(涙)

4つの部屋(槍沢・東鎌・西鎌・北鎌)に分かれていて、私の部屋は槍沢
DSC02762_201609041519107b8.jpg

上下2段のいわゆるカイコ部屋で、3畳で6人が定員(1人約45㎝幅)
DSC02763_20160904151911140.jpg
満員かと思いきや、この日は3畳で4人(1人約68㎝幅)だったのでひと安心。
掛布団もシュラフタイプなので、隣の方と奪い合うこともない(笑)

また各部屋には充電用のコンセントも完備。
DSC02761_20160904151909d8a.jpg
さすが燕山荘グループだ。

食堂兼用の談話室。
DSC02764_2016090415193628b.jpg

コミック類も充実しており、「岳」は取り合いも考えて2冊ずつというニクい心配り。
DSC02765.jpg

ようやくビア(500ml:700円)にありつけた。
DSC02766.jpg
う、う、うま過ぎる・・・

穂先はおろか、槍の肩も全く見えなくなってしまった(15:45)
DSC02767_201609041519401ef.jpg

常念山脈方面にも雲が湧いており、明日の天気が少し心配。
DSC02768_201609041519421b8.jpg
でもそれ以上に気になったのは腹の虫。夕食は17時からでまだ1時間以上ある。

お腹減ったよ~ 食事まだ~?

ようやく17時になり、食堂へ。
DSC02770.jpg
食事は2部制で、領収書が食券を兼用している。

ここは山小屋か?と思わせるこの豪華な食事
DSC02771.jpg
今回ヒュッテ大槍を選んだのも、この食事を食べたかったからなんです(笑)

今日のメインは鶏肉のトマト煮
DSC02774_20160904152011ce5.jpg
付け合わせはサラダとマッシュポテトにチーズクラッカーで、さらに小鉢が1品。

またテーブル中央には大皿に入ったパスタが置かれており、取り分けるスタイル。
DSC02772.jpg
もちろん、ご飯、味噌汁はお替り自由

デザートは杏仁豆腐。
DSC02775_2016090415201332d.jpg

そして一番スゴいのは、食前酒として白ワインまで付いている。
DSC02776.jpg
ここは最早、山小屋じゃなく、オーベルジュですね。

しっかりご飯3杯味噌汁3杯いただきました。
またなぜか私のテーブルは少食な方が多いのか、パスタが結構余ってしまい、
私の食べっぷりを見てなのか、残りの処理を託されました(笑)

味、質、量とも素晴らしく、これまで泊まった山小屋では間違いなくTOP3に入る。
難を言えば、味噌汁の塩加減が私にはかなり薄く感じたことぐらい。

お腹も膨れ、酔いも回ってきたせいなのか、18時過ぎには床に入る。
DSC02777.jpg
明日の天気はどうなんだろう?

槍ヶ岳(3180m)槍沢コース3日目(下山編)につづく・・・


(この日の行程)
5:13ババ平
5:41槍沢大曲
6:46天狗原分岐(小休止)7:01
7:39水場(小休止)7:50
8:21坊主岩屋下分岐(小休止)8:31
8:39播隆窟
9:08東鎌分岐(小休止)9:22
9:31殺生分岐
10:31槍ヶ岳山荘(槍の肩)(昼食)11:26
11:27槍ヶ岳肩分岐
12:01槍ヶ岳山頂12:08
12:36槍ヶ岳肩分岐
12:38槍ヶ岳山荘(槍の肩)(大休止)13:20
13:23東鎌尾根・槍沢分岐
13:58ヒュッテ大槍

やっぱり、山っていいね!

槍ヶ岳(3180m)(ババ平~槍ヶ岳~ヒュッテ大槍)
標高差1180m
登り 5時間3分、下り 1時間8分、休憩時間 2時間34分 TOTAL 8時間45分
2016年:81座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/790-88496be8