2016年9月2日(金) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイク、いよいよ核心の山頂アタック編です。

2日目ここまでの様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その1(ババ平~槍の肩)

DSC02719_20160904151507aaa.jpg
腹ごしらえを済ませ、槍の穂先(大槍)の混雑状況を確認。
一時混んでいたが、また少し空いてきた感じなのでこの好機を逃すまい。
メインザックをデポし、サブザックとヘルメットを装着し槍の穂先に向かう。
 
11:27 槍ヶ岳肩分岐(標高約3080m)
DSC02720.jpg
山頂(3180m)まではわずか距離200m、標高差100m
通常片道20~30分で行けるが、土日は大渋滞して往復3時間かかることもザラらしい。

一部区間を除いて、登り専用路と下り専用路に分かれている。
DSC02721_20160904151509f6c.jpg

登り専用路は一旦、岩場を小槍側に回り込む。
DSC02722_201609041515333e9.jpg
これが♪アルプス一万尺で有名な小槍です。
ヴァリエーションルートで、登攀するにはクライミングの装備と技術が必須。

回り込んだ先は少し広くなっており、北アルプス北部エリアの山々が一望できる。
DSC02723.jpg

山頂アタック者の9割方がヘルメットを着用。
DSC02725_201609041515360c5.jpg
山荘でレンタル(500円)も可能。ちなみに私のは業務用のモノです(笑)

これが有名な6本ボルト
DSC02726_20160904151537ce2.jpg

使わなくても登攀可能だが、手掛かりや足場に使う方がベター。
DSC02727.jpg
この先一箇所、下り路との共用区間があり、道を譲り合うので多少待ち時間が発生。
結構腕の力を使う場所があるので息が上がり易く、むしろ待ち時間ができるのは好都合。

ほぼ垂直にそびえる最後の梯子(31段・9m)を登ると山頂。
DSC02728_20160904151600b20.jpg
一部岩と梯子の隙間がほとんどなく、つま先部分しか掛らない場所があるのでご注意を。
また梯子や鎖場の場合、前の方が登り終えるまで下で待機するのが暗黙のルール。
(下りの場合も同様に上部で待機)
続けて登ってしまうと、万一落石や前の方が滑落した場合、巻き添えになる可能性が大。

12:01 槍ヶ岳山頂(標高3180m)
DSC02729.jpg
肩から33分で登頂。4年前に登った御嶽山(3067m)に次いでの3000m峰。
危険がないといえばウソになるが、滑らない靴と三点支持ができれば誰でも登攀できます。

登頂記念の三角点(二等・鎗ヶ岳)タッチ。
DSC02730.jpg
ただし盤石がきちんと固定されておらず、現在は亡失状態で成果公表停止中。

祠前での記念撮影は順番待ち。
DSC02733.jpg

山頂からは360度の大パノラマが広がる。
DSC02731_201609041516042a5.jpg

播隆上人が再興した笠ヶ岳(2898m)
DSC02732.jpg
あの山にも登ってみたいのだが、北アルプス屈指の急登が待っている(笑)

3分ほどで私の順番が回ってきた。
DSC02734_20160904151628a7c.jpg

お約束の槍ポーズ(笑)
DSC02736_20160904151630f16.jpg

山頂はそれほど広くなく続々と登ってくるので、名残惜しいが下山開始(12:08)
DSC02737_20160904151631f57.jpg

前を下るおねーさまたちがかなりブレーキで、大渋滞が発生。
DSC02738.jpg
怖いせいなのか後ろ向きで下っているのだが、そのせいか接地する足元が分かりづらく、
おっかなびっくり状態で立ち往生。
私を先頭に10人近いハイカーがあおりをくらい。正直●意を抱いたほど(ウソ)
梯子は仕方ないが、そのほかの場所ではむしろ正面を向いてお尻も使った
五輪駆動で降りた方がよっぽど安全で早いと思うのだが・・・

なんとか無事下山(12:36)
DSC02739.jpg
下りは28分。

山荘に戻り、登頂記念の山バッジとご褒美のCCレモンを購入。
DSC02742_20160904151700c74.jpg
今回は敢えて”バッジを買っちゃったから~”作戦は使いませんでした(笑)

ビアはもう少しガマン。。。
DSC02743.jpg

穂先を観察していると、小槍に登っている登山者を発見!
DSC02740_20160904151657b9d.jpg

おお~ (パチパチ)
DSC02741_201609041516589cf.jpg
登攀状況を注視していたハイカーから歓声と拍手が沸き起こる。
彼らはこの後、アルペン踊りを踊っていました(ウソ)
実際は大槍に向かってクライミングを続けられていました。すごい!

槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その3(ヒュッテ大槍編)に続く・・・

(ここまでの区間の行程)
10:31槍ヶ岳山荘(槍の肩)(昼食)
11:27槍ヶ岳肩分岐
12:01槍ヶ岳山頂12:08
12:36槍ヶ岳肩分岐

やっぱり、山っていいね!

槍ヶ岳(3180m)(槍の肩~山頂)
標高差100m
登り 33分、下り 28分、TOTAL 1時間9分
2016年:81座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/789-a1aa3de5