2016年8月9日(火) 曇り一時晴れのちガスガス&雨

立秋(8/7)を過ぎ、暦の上では秋になったが連日猛暑が続く。
里山は蒸し風呂状態で、やはり涼しい高山への避暑ハイクにいこう!
このところ白山や別山が続いたので、今回は以前から登りたかったこの山へ。

大日岳
CIMG7168.jpg
立山連峰の剱御前から延びる大日尾根上にある山で、二百名山の奥大日岳(2611m)、
中大日岳(2500m)と併せて大日三山とも呼ばれる。
岐阜県の大日ヶ岳(1709m)や福井-石川県境の大日山(1368m)などと同様、
大日如来信仰に基づく信仰の山としても知られている。
 
まずは無謀にも大日三山を縦走するプランを検討(笑)
 大日三山縦走① (歩行距離約25km、累積標高約2220m)

 称名滝(称名坂)→大日平→大日岳→中大日岳→奥大日岳
 雷鳥沢→室堂→弘法(八郎坂上)→称名滝
 標準コースタイム:16時間45分


歩行距離約25km、累積標高約2220mに及ぶ超ロングコースで、
標準コースタイムは16時間45分
室堂から弘法まで高原バス(1110円)でワープ可能だが、それでも13時間にも及ぶ。

dainichidakejusou1.png
※上記トラックログはヤマレコの同コース山行レポから引用しました。

これを日帰りで歩いてしまう猛者もおられるが、そんなことができるのは
標準タイムの6掛け以上で歩ける超健脚の持ち主だけで、一般の方は1泊2日が必須。
後述するが、縦走①を日帰りの場合、12時間以内で踏破できるのが最低条件となります。

実は花火を観る会をバックれて、1泊2日でこのコースを歩こうと本気で考えていたのだが、
さすがに言い出しっぺが行かない訳にいかず、断念しました(笑)

また一般のハイカーでも、そこそこ健脚な方なら日帰り可能なコースもある。

 大日三山縦走② (歩行距離約17km、累積標高約770m)

 立山駅→(アルペンルート)→室堂→雷鳥沢→奥大日岳
 中大日岳→大日岳→大日平→称名滝→(バス)→立山駅
 標準コースタイム:10時間40分


縦走コース①とは逆回りで、立山駅から立山黒部アルペンルート
室堂(2450m)まで一気にワープ。
そこから奥大日岳、大日岳と回って称名滝に降り、バス(500円)を利用して立山駅まで戻るコース。
縦走コース①は自力で登っていくので、登りの累積標高は2200m超となるが、
この縦走コース②は僅か770mほどで、下りがメインのハイクとなる。

dainichidakejusou2.png
※上記トラックログはヤマレコの同コース山行レポから引用しました。

標準コースタイムは10時間40分と、別山チブリ尾根(9h20m)より長いが、
累積標高(登り)は半分以下で、亀足の私でも休憩込で10時間以内で踏破できそう。
唯一の難点といえば、立山駅~室堂間(2430円※)と称名滝~立山駅(500円)の交通費が
かかるということ。※石川県と富山県在住者は期間限定で2割引。

縦走コース②でもタイムスケジュールの確認が極めて重要。
立山駅に戻る最終バス(17:15)の都合上、始発(6:00)のケーブルカーに乗れるかが
重要な鍵となる。
8月中の土日は始発前から行列ができ、遅くとも1時間前から並ぶ必要があるらしい。

しかも平日の場合、大きな問題があることが判明。

6時発のケーブルカーが運行されるのは、この時期は土日祝お盆前後のみ。
平日の始発は7時で、美女平から高原バスに乗り継いで室堂到着は8時30分となる。
すぐに出発したとしても、10時間の山行で称名滝到着予定は18時30分。
立山駅行の最終バス(平日)は16時40分なので、これだとOUT
8時間以内※での踏破が求められる。
※休日の場合でも、9時間30分以内での踏破が必要で、標準タイム通りではOUT。
私がいくらK・H・K(下りは速い子)だといっても、休憩タイムを含め標準タイムから
3時間以上の短縮はかなり厳しいだろう。

なお9月以降は土日でも最終バスが30分早くなる(16:40)のでご注意を。
乗り遅れると立山駅まで7km以上あります。

今月はもう連休がないため日帰りしかなく、明日(火曜)は延期して土曜日にしようか?
でもお盆期間中は激混みが予想され、始発便に乗れる保証はない。
またその後の休日で、天気が良いという保証もない。

明日の予報を”てんきとくらす”で確認したところ、
20160809dainichidake.png
朝方まではBだが、その後はA。つまり回復に向かっており、大きく崩れることはなさそう。

今回は日帰りでの縦走②は回避して、様子見で大日岳ピストンにすることにした。
大日岳ピストンは往復約15.6km、標高差約1560mで、
例えるならホームの白山(砂防新道)とほぼ同じぐらい。

前夜帰宅後出発し、北陸道で一路富山を目指す。

ETC深夜割引適用も兼ねて、立山IC手前の流杉PAで車中泊(23:40)
CIMG7043.jpg

翌朝5時に起床。
CIMG7044.jpg
立山ICで降りて、途中コンビニで朝食購入とOPP対策を施す(笑)

県道6で立山方面を目指す。
CIMG7045.jpg

5:45 称名道路桂台ゲート(標高約663m)
CIMG7047.jpg
先行車は4台で、私は5番目。

隣には立山有料道路(マイカー通行禁止)入口もある。
CIMG7048.jpg

称名滝や大日岳登山口に至る唯一の道路で、通行時間が以下の様に規制されている。
CIMG7051.jpg
7~8月・・・6時~19時
その他・・・7時~18時
この時間帯以外は通行禁止で、冬期は積雪で通行止となる。

先ほど縦走コース①を日帰りする場合、12時間以内で踏破するのが最低条件としたのは、
この称名道路の通行時間帯に関係している(7~8月の場合)
また縦走コース②で、最終バスでなく自転車や車をデポする場合でも、遅くとも18時30分まで
には駐車場に戻らないとゲートが閉まってしまうのでご注意を。
9月になると通行時間帯が2時間短くなるので、条件がさらに厳しくなり、
大日岳ピストンの場合でも、標準コースタイム(10時間40分)以内での往復が求められる。

予習したヤマレコのレポ通り、5分前にフライングでゲート開放(5:55)
CIMG7053.jpg
5分でも早いのはありがたいです(笑)

前方に見える高さ300m以上の断崖絶壁は悪城(あくしろ)の壁と呼ばれ、
CIMG7054.jpg
何十万年にも渡る称名川(滝)の浸食・後退により形成された。
なお悪城の壁の上を立山黒部アルペンルートが通っています。

6:01 称名滝駐車場(無料:標高約966m)
CIMG7056.jpg
後続も含めて8台ほどが駐車。富山、石川ナンバーがほとんどで、福井からは私だけ。

トイレ(水洗)で本日2度目のOPP対策。
CIMG7057.jpg

準備を済ませ、登山口に向かう(6:21)
CIMG7058.jpg
ここから先は自転車も通行止。

駐車場から登山口までは約800m、標高差も80mほどあり、いやらしい傾斜が続く。
CIMG7062.jpg

前方に轟音ともに称名滝(しょうみょうだき)が見えてきた。
CIMG7063.jpg
全4段から成る滝で、落差日本一(350m)。国の名勝、天然記念物にも指定されている。
滝の轟音が”南無阿弥陀仏”という称名念仏に聴こえたという伝説に由来する。

右側に見える筋はハンノキ滝(別名:阿吽の滝)と呼ばれ、落差500mと称名滝を凌駕する。
ただし雪解け時や降雨時以外は涸れていることが多く、残念ながらこの日は見えなかった。
また運が良いとハンノキ滝の右側にソーメン滝という幻の滝も望めるそうだ。

道中からは称名滝の第2段目が僅かに見えるだけで、滝の全貌は見えない。
CIMG7061.jpg

10年以上前に一度来たことがあり、その際はハンノキ滝も望むことができた。
CIMG7064.jpg
下り後に時間があれば寄ってみよう。

6:40 大日岳登山口(標高約1044m)
CIMG7065.jpg

登山口から大日岳山頂までは約7km、標準タイムは5時間50分
CIMG7067.jpg
目標タイムは6時間で、下りの時間も考えて7時間経過でタイムアップにするつもり。

先ほど駐車場に居たハイカーは全員先行中で、私が最後尾。
CIMG7068.jpg
私が先行してもどうせ全員に抜かれますからね(笑)

称名坂と呼ばれる急坂をつづら折れに登っていく。
CIMG7069.jpg

所々にベンチも設置されている。
CIMG7071.jpg

林間で眺めもなく、めぼしい花もほとんど咲いていない。
CIMG7073.jpg

7:46 猿ヶ馬場(さるがばんば)(標高約1350m)
CIMG7074.jpg
ここで小休止しながら水分補給。

今回持参した水は3L。途中水場(沢水)や山小屋もあるので、これだけあれば大丈夫だろう。
CIMG7075.jpg

前方に見える切り立った岩壁が牛ノ首と呼ばれる場所かな?
CIMG7077.jpg

ここから先は滑りやすい急斜面が続くので、慎重に登っていこう(7:54)
CIMG7076.jpg

予習した通り、アルミ製のハシゴが登場。
CIMG7079.jpg

この先牛ノ首まで10箇所ほどハシゴ場が続きます。
CIMG7081.jpg

振り返ると悪城の壁の上部が見えてきた。
CIMG7083.jpg

ソバナ(岨菜)
CIMG7084.jpg
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。

8:20 牛ノ首(標高約1468m)
CIMG7085.jpg
ここまで1時間40分とコースタイム(1h50m)以内で順調。

北側はザクロ谷という渓谷になっている。
CIMG7086.jpg

この先は両側が切れ落ちたヤセ尾根になっている。
CIMG7087.jpg
慎重に歩く分には特に問題はありません。

この辺りからぼちぼちと下山してくるハイカーとすれ違い始める。
CIMG7088.jpg
彼らは昨夜大日小屋か大日平山荘に泊まったのだろう。

岩を削ってステップが作られた箇所も。
CIMG7090.jpg
泥が付着していたり、濡れている場合は滑りやすいので慎重に。

シモツケソウ(下野草)
CIMG7089.jpg
バラ科シモツケソウ属の多年草。

ホツツジ(穂躑躅)
CIMG7097.jpg
ツツジ科ホツツジ属の落葉低木。

急坂を登り切ると傾斜が緩くなり、木道が現れる(8:44)
CIMG7098.jpg

大日平と呼ばれる高層湿原で、当コースのボーナスステージ
CIMG7100.jpg

湿原保護のために延々と木道が敷かれており、
CIMG7099.jpg

古くなって痛んだ木道の敷き替え工事が行われているようだ。
CIMG7101.jpg

快調に木道を進んでいく。
CIMG7103.jpg

9:03 標識
CIMG7104.jpg
文字がかすれてほとんど読めなかった。

予報通り少し日差しも出てきて、テンションもアップ。
CIMG7105.jpg

前方に大日平山荘が見えてきた(9:13)
CIMG7106.jpg

9:20 大日平(中間地点)(標高約1740m)
CIMG7107.jpg
対岸の弥陀ヶ原とともに2012年にラムサール条約に登録された。

ちょうどここが登山口と山頂の中間地点(登山口から3.5km)
CIMG7110.jpg
ここまで2時間40分で、依然として標準タイム(3h)以内をキープ。

山荘はすぐ先だが、ベンチがあるのでここで小休止。
CIMG7109.jpg
比較的涼しいので水の消費もまだ500mlと順調。

これから登っていく大日岳はまだガスの中(9:29)
CIMG7108.jpg
予報通りだと晴れるはずなのだが・・・

残念ながら湿原の花はほぼ終わっており、紅葉し始めたナナカマドもチラホラ。
CIMG7112.jpg
下界はまだまだ猛暑だが、山上では着実に秋の訪れが始まっている。

9:34 大日平山荘(標高約1753m)
CIMG7113.jpg
直前で追い越された男性や下山中のハイカーが休憩されていた。

大日平山荘

先ほど休んだのでスルーしようとしたら、看板が目に入る。
CIMG7119.jpg

不動滝 すぐそこ!! 30秒!!
CIMG7114.jpg

そんなに近いのなら寄ってみよう。
CIMG7115.jpg

9:36 不動滝ビューポイント
CIMG7116.jpg

天狗平から一ノ谷を経て称名渓谷に一気に流れ落ちていて、落差は約90m。
CIMG7117.jpg

登山道に戻り、山頂アタックを再開(9:38)
CIMG7121.jpg
山荘から山頂までは標準タイムで2時間50分。

クマ笹の茂るなだらかな湿原の中を進んでいく。
CIMG7122.jpg

この辺には池塘もある。
CIMG7124.jpg

ワレモコウ(吾亦紅)
CIMG7123.jpg
バラ科ワレモコウ属で、漢方薬(清肺湯)の原料にもなっている。

9:43 ベンチ(山頂まで残り3.14km地点)
CIMG7125.jpg

ここから先は沢沿いを登っていき、7~8回ほど渡渉していく。
CIMG7126.jpg

オヤマリンドウ(御山竜胆)
CIMG7128.jpg
リンドウ科リンドウ属の多年草。秋の湿原を代表する花で、花弁は僅かに開くのみ。

甲高いエンジン音が聴こえてきた。
CIMG7129.jpg
牛ノ首付近で追い抜かれた男性が、草刈機でクマ笹を刈っていた。ご苦労様です。

2箇所目の渡渉地点。
CIMG7130_20160811105412178.jpg
岩にペイントが施されているが、薄くなっているので誤って沢側を遡上しないように。
またこの日はほとんど流れていなかったが、降雨後は急激に水かさが増えるので、
そういう場合はしばらく様子を見た方がいい。
水かさが急激に増える分、減るのもそれほどかからないことが多いそうだ。

背後の大日平を振り返ると、気温が上がってきたせいか、ガスが湧いてきた。
CIMG7132.jpg

次第に傾斜がキツくなり、ゴツゴツした岩が多くなってきた。
CIMG7133.jpg

10:44 水場
CIMG7134.jpg
広くなっているのでここで小休止。

お腹が減ってきたので、サンドウィッチで手早く燃料補給。
CIMG7136.jpg

背後にはテーブル状の弥陀ヶ原が広がる
CIMG7138.jpg

山頂方面のガスもだいぶ取れてきた。
CIMG7137.jpg

この先も急登が続くが、頑張ろう(10:54)
CIMG7140.jpg

沢沿いを登っているせいか、段差の大きい岩が多く、結構歩きづらい。
CIMG7142.jpg

11:04 標識(山頂まで残り1.9km)
CIMG7143.jpg
登山口から4時間24分が経過。健脚な人ならとっくに山頂に着いている頃。

予報通り青空が広がり、確変タイム突入(11:21)
CIMG7145.jpg
今のうちに山頂に急がねば・・・

だが逸る気持ちとは裏腹に、なかなかペースが上がらない。
CIMG7147.jpg

気温が急激に上昇しているせいか、麓からどんどんガスが登ってきた(汗)
CIMG7149.jpg

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)
CIMG7152.jpg
キク科アキノキリンソウ属の多年草。

タテヤマアザミ(立山薊)
CIMG7153.jpg
キク科アザミ属の多年草。

サンカヨウ(実)(山荷葉)
CIMG7154.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。

クモマニガナ(雲間苦菜)
CIMG7156.jpg
キク科ニガナ属の多年草。

シロバナクモマニガナ(白花雲間苦菜)
CIMG7157.jpg
シロバナも咲いていた。

この辺りから徐々に、朝方追い越されたハイカーたちが下山してくる(11:58)
CIMG7155.jpg
もう下山ですか・・・ 情けない・・・

登山道は沢を離れ、斜面を巻いていく。
CIMG7159.jpg

再びガスが上ってきて、大当たり(登頂)前に確変強制終了(涙)
CIMG7160.jpg

目標タイムの6時間が過ぎたところで、大きな岩が見えてきた(12:42)
CIMG7161.jpg
確かあの岩を過ぎれば・・・

ようやく大日小屋が見えてきた。
CIMG7162.jpg

12:51 大日岳分岐(標高約2416m)
CIMG7163.jpg

ここは大日岳と中大日岳の鞍部で、山頂まではあと500m。
CIMG7164.jpg

右手にはランプとギターの小屋として有名な大日小屋
CIMG7165.jpg
本当なら1泊2日でここに泊まりたかったのだが・・・

大日小屋

小屋で休憩したかったが、時間もないので山頂へ(12:53)
CIMG7166.jpg

斜面には綿毛になったチングルマが群生。
CIMG7167.jpg

ガスに覆われていた山頂付近だが、頑張ったご褒美なのか奇跡的に晴れ間が覗く。
CIMG7168.jpg
これも普段の行ないが良いせいなのだろう(ウソ)

ほんの一瞬ではあったが、昨年登った剱岳(2999m)が顔を現してくれた。
CIMG7171.jpg

北アルプス三大急登早月尾根
CIMG7172.jpg
今年も登るつもりです(大ウソ)

13:11 大日岳山頂(三角点)(標高約2498m)
CIMG7174.jpg
タイムは6時間31分。後半バテてしまい目標タイムから30分も遅れてしまった。
山頂には直前で追い抜かれた男性1人のみ。あの人確か草刈していた人じゃ!?
良かった、縦走しなくて。こんな調子じゃ危うく帰宅難民になるところだった(笑)

ここは厳密に言うと三角点(二等・大日山)で、最高所(2501m)は現在立入禁止。
CIMG7175.jpg
なお同三角点の標高決定者は「剱岳・点の記」で有名な芝崎芳太郎氏。

石を組んだケルンのような祠の中には、2体のお地蔵様が安置。
CIMG7176.jpg
木製とプラスチック製で、どうやら近年に置かれたモノのようだ。

手早く食事にするが、食欲が余りなく、2切れほど食べただけ。
CIMG7177.jpg

先ほど奇跡的に顔を覗かせてくれた剱岳だが、ガスで全く見えなくなってしまった。
CIMG7178.jpg
好天なら剱岳をバックに、剱岳Tシャツの背中で愛を語るつもりだったのに(笑)

時間的にあまり余裕がないのでソッコーで下山開始(13:21)
CIMG7179.jpg
山頂滞在は僅か10分でした。

13:32 大日岳分岐(標高約2416m)
CIMG7180.jpg
大日小屋に寄ろうかと思ったが、登山口までの標準コースタイムは4時間10分
称名道路のゲート通過を考えると、遅くとも18時前には下山し終えたいところ。
K・H・K(下りは速い子)の異名を持つ私だが、ガレた岩の多い道は苦手で、
牛ノ首付近のヤセ尾根ではあまりペースも上げにくい。
今回は小屋には寄らず、またの機会にする。

もう登ってくる方もなく、どうやら私が最後尾になりそうだ。
CIMG7181.jpg

この付近から雨がパラつき始め、休憩がてら木陰でカッパを装着(14:31)
CIMG7182.jpg
別山チブリ尾根の時と同様、またてんきとくらすに裏切られた(笑)

14:41 標識(大日平まで残り1.8km)
CIMG7184.jpg

今日はだいぶ足にきていて、下りのよっし~はすっかり鳴りを潜めてしまった。
CIMG7185.jpg

ようやく歩き易い木道が見えてくると、チョッとテンション回復(15:06)
CIMG7186.jpg

だが一時弱まっていた雨がまた強くなってくる。
CIMG7187.jpg

15:28 大日平山荘(標高約1753m)
CIMG7188.jpg
小屋の軒下で小休止。一段と雨が強くなってきたんですが(大汗)

山頂で食べ残したお寿司を無理矢理腹に押し込めて、下山再開(15:42)
CIMG7191.jpg

15:47 大日平(中間地点)(標高約1740m)
CIMG7193.jpg
なだらかな大日平でなるべく時間を稼がないと・・・

雨のせいで階段部分もドロドロで、框伝いに降りていく。
CIMG7194.jpg

しばらく進むと雨は止み、晴れ間が出ている箇所も。
CIMG7196.jpg

牛ノ首に差し掛かる(18:13)
CIMG7197.jpg
雨に濡れたハシゴやロープ場が続くので、慎重に下っていく。

16:29 牛ノ首(下部)(標高約1468m)
CIMG7198.jpg

濡れた大岩を下降する箇所は特に慎重に。
CIMG7199.jpg
日帰り縦走の場合、時間に追われて焦りがちになるので特にご注意下さい。

16:45 猿ヶ馬場(標高約1350m)
CIMG7200.jpg
どうにか18時前には降りられるメドが付いたので、ここで最後の小休止。

対岸の美女平方面からは、ケーブルカーのアナウンスが聴こえてきた。
CIMG7202.jpg

17:21 大日岳登山口(標高約1044m)
CIMG7203.jpg
下りはジャスト4時間とコースタイム通り。なお画像の車は木道修繕工事の方のモノ。

せっかくなので称名滝にも寄っていこう。
CIMG7204.jpg

登山口から300mほど進んだ先にある八郎坂登り口
CIMG7206.jpg
悪城の壁を一気に登り、立山黒部アルペンルートの弘法に至る急坂。
大日三山縦走①の際には、弘法からここに降りてくる。
なお前回来た際は、この先の滝見台付近が落石復旧工事のため立入禁止になっていて、
八郎坂を1/3ほど登ったところの仮設展望台まで行く羽目になりました(笑)

称名滝
CIMG7209.jpg
ヘバり気味だったので滝見台には行かず、称名橋上から撮影しました。

”南無阿弥陀仏”というより、”どえむどえむどえむ”という具合に聴こえてくる(笑)
CIMG7210.jpg

17:51 称名滝駐車場(標高約966m)
CIMG7211.jpg
朝停まっていた車はほとんど居なくなっていました。

亀足のため晴天のうちに山頂に到着できなかったが、僅かながらも剱岳を望むことができた。
9月になるとゲート開放時間が短くなるので、日帰りの場合は8月中がおススメです。
今度は是非1泊2日で縦走してみよう。

(この日の行程)
5:45称名道路入口5:55
6:01称名滝駐車場6:21
6:40大日岳登山口
7:46猿ヶ馬場(小休止)7:54
8:20牛ノ首
9:20大日平(小休止)9:29
9:34大日平山荘
10:44水場(小休止)10:54
12:51大日岳分岐
13:11大日岳山頂(小休止)13:21
13:32大日岳分岐
15:28大日平山荘(小休止)15:42
15:47大日平
16:29牛ノ首
16:45猿ヶ馬場(小休止)16:50
17:21大日岳登山口
17:33称名滝
17:51称名滝駐車場

dainichidakepiston.png
※上記トラックログはヤマレコの同コース山行レポから引用しました。


やっぱり、山っていいね!

大日岳(2501m)(称名滝コース)
標高差1535m
登り 6時間50分、下り 4時間30分、TOTAL 11時間30分
出会った人 40人ぐらい 出会った動物 なし
2016年:77座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/780-1e048334