2016年7月19日(火) 晴れ

世間では三連休だったが、私は平常通りの仕事(涙)
なかなか連休が取れないので、今日も日帰りハイク

白山方面の登山指数を確認すると、なんとオールA!
20160719hakusan-weather.jpg
これまで何度も騙されてきたが、今回は多分大丈夫だろう・・・

当初、前回断念した別山(2399m)にチブリ尾根から登るプランを立案。
念のため白山ベストガイドで情報を確認すると、

info_hakusan20160713.jpg
なんですとー ヽ(; ゚д゚)ノ
別山市ノ瀬道(チブリ尾根)の登山口(猿壁)近くで崖崩れが発生!
復旧作業のため、市ノ瀬~御舎利山間が当分の間通行止になってしまった。
仕方ないので南竜経由も視野に入れつつ、急遽白山に変更を余儀なくされる。
 
22:18 別当出合特設駐車スペース(標高約1230m)
CIMG6562.jpg
マイカー規制は昨日の正午で解除されたので、別当出合まで通行可能。
三連休明けのせいか、先客の車は5台ほどと少なめだった。

明日(7/20)が満月なので結構明るく、ナイトハイクされる方もチラホラ。
CIMG6572.jpg
なお原則ナイトハイクは禁止されているので、自己責任となります。

5時に起床。到着時空いていた両サイドも埋まっていた。
CIMG6573.jpg
車内で朝食を済ませ、準備する。

5:33 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG6574.jpg

天気予報のせいだろうか、三連休明けだというのに大勢のハイカーでごった返していた。
CIMG6575.jpg
OPP対策をしようとトイレに向かうも、大の方には長蛇の列。

幸いにもまだお腹の調子は大丈夫そうなので、パスして出発する(5:39)
CIMG6576.jpg
今日はなんとか自己ベストを更新したい。
これまで25回登っているが、室堂までのベストタイムは初回の3時間33分(休憩含む)

通常、登山の経験を積むのに比例してタイムが更新されるのが一般的だが、
私の場合、初白山でマークしたこのタイム以降、反比例してなぜか悪化(笑)
減量のおかげで体重は当時より減っており、そろそろタイムも更新できそうなのだが・・・

前回、整備工事で通行止だった下り専用路は復旧していた。
CIMG6577.jpg
登り専用路で下る方が近道で早いので、チョッと残念。

ソバナ(岨菜)
CIMG6579.jpg
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。

マーカーである当時の私(ヤングよっし~)を追って、必死に登っていく。
CIMG6580.jpg
ヤングといっても不惑をとうに過ぎたおっさんでしたが(笑)

6:21 中飯場(標高約1550m)
CIMG6583.jpg
スタートから42分。初回時が35分だったので、既に7分遅れ。
ヤングよっし~はもう既に出発してしまったようだ(汗)
早速追撃したいところだが、焦らず水を補給して出発(6:25)

センジュガンピ(千手岩菲)
CIMG6585.jpg
ナデシコ科センノウ属の多年草。

7:04 別当覗(標高約1750m)
CIMG6586.jpg
この区間は39分と、さらに6分遅れてトータル13分のビハインド。

今日は経ヶ岳(1625m)や大長山(1671m)もスッキリ望める。
CIMG6587.jpg

立ったまま息を整え、先行するヤングよっし~を追撃開始。
CIMG6588.jpg

7:42 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG6590.jpg
ここまで2時間3分と、前々回(2h18m)より15分も改善しているのだが、
ヤングよっし~は1時間47分とさらに16分も早い。Orz

ヤングよっし~ってこんなに速かったんだ(笑)
CIMG6592.jpg
今日のザックは水1.5Lと行動食のみで、山めしの道具や食材もいっぱい担いでいた
ヤングよっし~に敵わないとは情けない・・・
最近封印しているドーピング剤を解禁しようかとも思ったが、自分に打ち勝つべく却下。

焦ってもしょうがないので、ベンチに座って燃料補給。
CIMG6595.jpg

別山(2399m)方面もすっきり晴れ渡っていた。
CIMG6591.jpg
チブリ尾根から登りたかったな~ 別山はまたの機会に。

同じテーブルの男性から、「ブログの方ですよね?!」と声を掛けられる。
CIMG6596.jpg
この”お先にどうぞ”のプレートを見て、私だと思ったそうだ(笑)

室堂までトイレがないので、別当出合でパスしたOPP対策を済ませハイク再開(7:57)
CIMG6598.jpg

オタカラコウ(雄宝香)
CIMG6599.jpg
キク科メタカラコウ属の多年草。

日差しが容赦なく照り付け、汗がダラダラ止まらない。
CIMG6600.jpg
麓は真夏日だったようだ。

修業僧らしき集団が続々と降りてくる。
CIMG6601.jpg
伺ったところ永平寺の雲水たちで、修業の一環で登られたそうだ。ご苦労様です。
でも何十人も降りてきて、その都度”こんにちは攻撃”を受けるので、チョッと鬱陶しかった(笑)

8:21 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG6602.jpg
この区間は24分。マーカーのヤングよっし~は19分なので、敗戦ムードが濃厚。
残り2kmで最後の巻き返しを図りたいところだが・・・

ハクサンフウロ(白山風露)
CIMG6603.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
CIMG6604.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。

テガタチドリ(手形千鳥)
CIMG6605.jpg
ラン科テガタチドリ属の多年草。

ヨツバシオガマ(四葉塩釜)
CIMG6607.jpg
ハマウツボ科シオガマギク属の多年草。

ヤマハハコ(山母子)
CIMG6608.jpg
キク科ヤマハハコ属の多年草。

カラマツソウ(唐松草)
CIMG6609.jpg
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。

ダイモンジソウ(大文字草)
CIMG6612.jpg
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
CIMG6613.jpg
タデ科イブキトラノオ属の多年草。

ボーナスステージのこの区間で挽回すべきなのに、誘惑が多くてなかなか前に進まない(笑)
CIMG6616.jpg

再び別山山頂に立つのはいつになることやら・・・
CIMG6617.jpg

花畑のラインナップも少しずつ入れ替わっているようだ。
CIMG6619.jpg

ハクサンフウロ(白山風露)
CIMG6618.jpg
まさにピークのようだった。

ニッコウキスゲ(日光黄菅)
CIMG6620.jpg
キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草。正式名称はゼンテイカ(禅庭花)

シモツケソウ(下野草)
CIMG6623.jpg
バラ科シモツケソウ属の多年草。同じのバラ科のシモツケ(下野)はシモツケ属の落葉低木で、
一見似ているが、葉にギザギザがあるのがシモツケソウ。

ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
CIMG6624.jpg
バラ科ダイコンソウ属の多年草。

ミソガワソウ(味噌川草)
CIMG6627.jpg
シソ科イヌハッカ属の多年草。名前は木曽川源流の1つ、長野県の味噌川に由来する。

十二曲りに差し掛かる(8:57)
CIMG6628.jpg

暑さのせいもあり、なかなかペースが上がらない。
CIMG6630.jpg

9:14 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG6631.jpg
スタートから3時間35分が経過し、この時点でヤングよっし~に敗北決定
やっぱり勝てなかったか・・・ Orz

小休止した後、気を取り直して室堂に向かう(9:19)
CIMG6632.jpg

9:25 五葉坂下(エコーライン合流点)(標高約2354m)
CIMG6634.jpg

9:42 白山室堂(標高約2450m)
CIMG6635.jpg
タイムは4時間3分(休憩含む)
ヤングよっし~より30分も遅く、最低ラインの4時間すら切れなかった。
各区間での5~10分の遅れが積み重なったのが敗因だが、根本原因はやはりアレか・・・

おかんJr.がここでアルバイトしているので、最近おかんさんがよく登られている。
CIMG6636.jpg
この日も絶好の天気なので間違いなく登っているに違いないと思ったら、
よっさんと4時頃から登り始め、8時前には既に室堂におられたそうだ(笑)

彼らはお花松原やその先のうぐいす平まで足を伸ばされていて、残念ながら会えなかった。
CIMG6637.jpg
私も行ってみたいが、室堂から片道6.3kmもあるので日帰りではまず無理。

ザック軽量化のため、昼食は火要らずのお寿司。
CIMG6638.jpg

隣の初老の男性は焼き鳥を焼いて宴会されていた。
CIMG6639.jpg
私も原点に戻らないと・・・(笑)

少し雲が湧いてきたので、早めに山頂に向かおう(10:02)
CIMG6640.jpg

イワギキョウ(岩桔梗)
CIMG6641.jpg
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草。

クルマユリ(車百合)
CIMG6642.jpg
ユリ科ユリ属の多年草。

登山道近くのクロユリは既に終わっており、代わってクルマユリが咲き誇っていた。
CIMG6644.jpg

イワツメクサ(岩爪草)
CIMG6646.jpg
ナデシコ科ハコベ属の多年草。

10:21 青石(山頂まで750m)
CIMG6647.jpg
室堂から19分。ちなみにヤングよっし~は13分って、まだ競争しています(笑)

別山方面にはかなり雲が湧き上がってきている。
CIMG6648.jpg

10:29 高天ヶ原(山頂まで500m)
CIMG6649.jpg
室堂から27分。ヤングよっし~は23分なので少し差が縮まった。

どんどん雲が上がってきていて、弥陀ヶ原より下は雲海の中。
CIMG6651.jpg

10:51 白山山頂(御前峰)(標高2702m)
CIMG6652.jpg
タイムは49分。

またしてもヤングよっし~(46分)に負けたが、かなりいい勝負だった。
CIMG6653.jpg

山頂からの眺めはというと、岐阜県側からガスが上がってきており、北アルプスはおろか、
CIMG6654.jpg

よっさんたちが向かわれたお花松原方面も雲の中だった。
CIMG6655.jpg

別山も雲に覆われようとしていて、見えなくなるのは時間の問題。
CIMG6657.jpg
別山に行かなくて正解だったかも。

やはり夏山は日の出前からの行動に限る。
CIMG6658.jpg

玄武観音様にもご挨拶して、そろそろ降りることに(11:05)
CIMG6660.jpgCIMG6661.jpg

転法輪の窟にも寄ろうかとも思ったが、今回はパス。
CIMG6662.jpg

程なく、前方から声がかかる。
CIMG6663.jpg
声の主はダブルttのうちさんだった。
玄武と観音様の場所を尋ねられたので、デジカメの画像を使ってしばしご説明。

11:27 白山室堂(標高約2450m)
CIMG6664.jpg
下りは22分で、ようやくヤングよっし~(25分)に一矢を報いる(笑)

小腹が空いてきたのでセンターへ。
CIMG6665.jpg

カレーにしようか迷ったが、メニューをひと目見てソッコーでコレを注文。
CIMG6666.jpg
本日二度目の昼食ですがなにか。

ビーフシチュー(ライス付)(1,000円)
CIMG6667.jpg
マナスル山荘のようなモノを期待していたので、チョッと期待外れ。
レトルトのようで可もなく不可もない味だが、ご飯とシチューのバランスが悪くご飯が結構多い。
体型を見て大盛りにしてくれたのかな?(笑)

雲がどんどん登ってきているので、まだ正午前だが下山開始(11:49)
CIMG6669.jpg
下りもヤングよっし~と勝負します(笑)

雲は弥陀ヶ原まで湧き上がってきていて、前方は真っ白。
CIMG6670.jpg

山頂方面にもガスがかかり始めていた。
CIMG6671.jpg

12:05 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG6672.jpg

観光新道で下山も考えたが、勝負があるので砂防新道をピストン。
CIMG6673.jpg

通過しようとすると、「あら?よっし~さんじゃないの!?」と声が掛る。
CIMG6674.jpg
小休止されていたのはT〇さんで、4月に浄法寺山でご一緒だったお連れの男性の姿も。
T〇さんたちは室堂泊まりで、明日お花松原やうぐいす平まで足を伸ばされるとのこと。
戻りの登り返しがキツいようですが、頑張って下さいね。

十二曲りから下はガスの中。
CIMG6675.jpg

12:39 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG6676.jpg
室堂泊まりと思しきハイカーが続々と登ってくる。

コイチヨウラン(小一葉蘭)
CIMG6680.jpg
ラン科コイチヨウラン属の多年草。名前は葉が1茎に1枚という点に由来。
石川県の絶滅危惧II類(VU)に指定された希少種。

クモキリソウ(蜘蛛切草)
CIMG6678.jpg
ラン科クモキリソウ属の多年草。こちらも石川県の絶滅危惧II類(VU)

12:55 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG6681.jpg
ここで小休止。

別山は完全にガスに包まれてしまった。
CIMG6684.jpg
代わりに山ガールを被写体にさせてもらいました(笑)

13:26 別当覗(標高約1750m)
CIMG6686.jpg
甚之助から下にはガスはなく、灼熱地獄が待っていた。あぢぃよ~

別当覗を過ぎても続々とハイカーとすれ違う。
CIMG6687.jpg
いくら小屋泊まりとはいえ、もう少し早いスタートの方が良いと思うが。。。

13:53 中飯場(標高約1550m)
CIMG6688.jpg
ここで最後の小休止。

下り専用路分岐に差し掛かると、なぜか通行止(14:13)
CIMG6690.jpg
また整備工事をしているようだ。ラッキー!(笑)

14:25 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG6691.jpg
下りは2時間36分。ヤングよっし~(2h45m)に勝ったぞー (^-^)V
しかも総行動時間が9時間を切って14時半前に降りられたのは初めて。
登りの自己ベスト更新とはならなかったが、下りは着実に成長しているようだ。


(この日の行程)
5:33別当出合登山口5:39
6:21中飯場(小休止)6:25
7:04別当覗
7:42甚之助避難小屋(小休止)7:57
8:21南竜分岐
9:14黒ボコ岩(小休止)9:19
9:42白山室堂(昼食①)10:02
10:51御前峰山頂(小休止)11:05
11:27白山室堂(昼食②)11:49
12:05黒ボコ岩
12:55甚之助避難小屋(小休止)13:02
13:53中飯場(小休止)14:01
14:25別当出合登山口

やっぱり、山っていいね!

白山(2702m)(砂防新道)
標高差1442m
登り 4時間52分、下り 2時間58分、TOTAL 8時間46分
今年4回目、通算26回目
出会った人 測定不能(ダブルttのうちさん、T○さん他) 出会った動物 なし
2016年:69座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/772-22e7bc84