白山を降りて帰宅の途につく。
生憎の天気で、別山(2399m)はおろか御前峰(2702m)にも登らずじまい。
永平寺町の禅の里で汗を流した後、ピークハントすべくこのお店へ

ゴリラ屋
CIMG6442.jpg
所謂二郎インスパイア系のラーメン店で、OPP総帥から教えて貰った。
実は先日、らーめん英に行く前に寄ったのだが、売り切れで店仕舞いだった。
 
お店は福井大学の近くのえちぜん鉄道の福大前西福井駅から徒歩2分。
CIMG6441.jpg
駐車場は線路脇に4~5台分ある。
なお指定場所以外に駐車すると、店主から物凄く怒られるそうだ。

到着したのは11時で、11時半の開店までまだ30分。
CIMG6444.jpg
先客が1名だったが、みるみるうちにお客が集まりだし、気付けば10人以上の行列ができていた。
さすが噂通りの人気店だ。
私の後に並んだ20代のガタいのよい若者2人組は常連のようで、
若A:「今日は中の野菜少なめにするわ・・・」
若B:「俺も。こないだ普通にしたら、メッチャキツかったわ!」
などと話していた。

よ:(野菜普通って、そんなにキツいか???)

不安はないが、念のため店舗前の自販機で黒烏龍茶を購入(笑)
CIMG6443.jpg
開店時刻となり、カーテンが上がって入店を許される。

券売機で食券を購入。
CIMG6447.jpg
今回初見なので、大人しくラーメン中盛をチョイス。
なお中でも麺300g(2.5人前)あります(笑)
券売機は千円札しか対応しておらず、高額紙幣の両替は拒否されるので、
事前にご準備を。

先客に続いてカウンター席に着席し、食券を提示。
CIMG6451.jpg
席は全部で9席で、1巡目にあぶれた方は後ろで待機となる。
また野菜の量やニンニクの有無などは配膳間近に確認される。

ポイントカードの有無を尋ねられ、新規で作ってもらう。
CIMG6449.jpg
スタンプが16個溜まるとラーメン1杯が無料となるようだ。

”オナカのスキマ♡ お埋めします”
CIMG6450.jpg
表面のコピーに思わずクスっとしてしまった。

”敵などいない。戦うべき敵は自分だ。”
CIMG6448.jpg
なるほど真理ですね(笑)
なお必要以上に厨房内を眺めていると、お店の方から注意を受けるのでご注意を。
カウンター席なので自然と見えてしまい、見るなという方がおかしいのだが・・・

ほかにも仲間とおしゃべりしたり、スマホいじりしながら食べたりしていると、
店主からキツいお小言が飛んできます。
席を待っている客がいるので当然なのだが、ぶっきらぼうな口調で、
他のお店の接客態度から比べると、カチンとくる方もいるかも。
提供を待つ間は、黙って伏し目がちにじっとしているのがベターです(笑)

麺が茹で上がり、1番目の方に野菜の量などが尋ねられる。
1番目の方は野菜少なめと告げていた。
う~ん、どうしよう・・・
実は入店当初は野菜増しか、野菜増し増しにしようと思っていた。

全盛時は他の二郎インスパイア系のお店で、
アンナプルナ(※1)や、K2(※2)に登頂しているので、
jiroinspire001.jpg jiroinspire002.jpg 
※1 アンナプルナはヒマラヤ山脈にある高峰で、サンスクリットで「豊穣の女神」の意味。
第1峰(8091m)は標高世界第10位。
8000m超の高峰の中では最も危険度の高い山とされ、登頂者数191人に対し、
死亡者数は61人に達し、死亡率31.9%(2012年3月現在)
別名、”キラーマウンテン”とも呼ばれている。
※2 K2はカラコルム山脈にある高峰(8611m)で、エベレストに次ぐ世界第2位。
この山もなかなか登山者を寄せ付けず、登頂者数306人に対し、死亡者数は81人に達し、
死亡率26.4%(2012年3月現在)

衰えたとはいえ多少の盛りなら、まだまだ若いモンには負けないと思っており、
最近では3年前マッターホルンに登頂したこともある(笑)
IMG_0517_201607111128481c4.jpg

カロリーがほとんどないもやしとはいえ、今回は様子見で野菜普通とする。
普通の場合は特に何も言わなくてもOK。

1番席の男性のラーメンが運ばれてきた。
CIMG6452.jpg
ぶっ、す、すごいですね・・・

隣に運ばれてきたのはラーメン丼でなく、すり鉢
ラーメン激盛(850円)で、麺500g(4人前)
しかも豚増し(+200円)に、煮玉子が3つ
筋肉質でガテン系のような若い男性だったが、おみそれしました(笑)

続いて私のラーメン中盛が運ばれてきた。
CIMG6455.jpg

マッターホルンやアンナプルナから比べると、さしずめ文殊山(365m)(笑)
CIMG6454.jpg
里山レベルとはいえ、もやし1.5袋分(約300g)ほどあり、麺やチャーシューは見えない。

急いで写真を撮ったら、わき目もふらず一心不乱に食べます。
後方で次のお客たちが待っているので、おしゃべりしたり、だらだら食べるのはご法度

少し食べ進んだ後、秘技”天地返し”で、もやしと麺を入れ替える。
CIMG6456.jpg
こうすることで、もやしに味が染みるのと、麺が伸びるのを防いでくれる。
麺はうどんと見間違うかのような超極太麺
モチモチして歯応えのある食感と小麦粉の風味が、まさに麺を食べているという感じです。

またチャーシューがデカい!
1個が厚さ1㎝、縦横とも7~8㎝はあり、デフォでもかなりのボリューム感がある。
くれぐれも豚増しや豚W増しにはご注意を!

10分で登頂
CIMG6457.jpg
他のお客が待っているので、早々に席を後にする。
なお食べ終わった丼はカウンター上に置き、濡れ布巾で拭かないと怒られますよ(笑)

中盛は若い男性だったら、普通に食べられるレベルかな?

お店独特の注文方法や不文律があり、二郎系に慣れていない方の場合、
面喰らったり、注意を受けたりするのでご注意下さい。


激盛りラーメン ゴリラ屋


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/768-f0d5e092