私はらヲタではないが、時折無性にラーメンが食べたくなる。
OPP総帥のレポを参考にこの店へ。

横浜家系らーめん英(ひで)
CIMG6226_20160630091941301.jpg
松本通り沿いの大滝病院前にある福井では珍しい横浜家系らーめんのお店。
関東にいた30代の頃は家系にハマっていて、総本山の吉村家や山手の介一家、
川崎の川崎家などにはよく通っていた。
特に川崎家は仕事場から近かったこともあり、週一で通っていたほどだった。
ただこのラーメン、濃厚な味と脂が大変危険で、通うのに比例してメタボが加速。
あっという間にみごとな体型になってしまった苦い思い出もある(笑)
 
店内に入り、券売機で購入。
紙の食券ではなく、プラ製の板なのも家系の特徴。
注文したのは、らーめん(700円)、麺大盛(100円)とライス(50円)

食券購入だけで注文完了でなく、麺の固さ、味の濃淡、鶏油の量などを伝えるのも家系流。
CIMG6228.jpg
お店の方に麺かためのみを伝える。
かための麺が好きなこともあるが、かためにするのは早く提供されるから。
同タイミングの隣の方より早くありつけるのは少し優越感に浸れます(笑)
なお何も希望がない場合、全て普通になります。

らーめんの提供が近づくとライスが運ばれてきた。
CIMG6229.jpg
それにしても50円というのはめちゃくちゃ安い!
おそらくらーめんと一緒に注文して欲しいというお店の熱い想いの現れなのだろう。

らーめん大盛&ライス(850円)
CIMG6230.jpg

家系の特徴は醤油豚骨味のスープに、太麺のちぢれ麺。
CIMG6231.jpg
トッピングはチャーシュー、ホウレンソウ、海苔、ネギとこれも定番。
麺は家系御用達、大田区酒井製麺の麺をわざわざ取り寄せられている。

そして一番の肝は、スープに浸した海苔でご飯をいただくこと。
CIMG6233.jpg
個人的にはこれが家系の神髄で、ラーメン本体よりこちらの方がメイン
脂にまみれた海苔でご飯を包んで食べる至福のひととき

二郎系や北陸人が大好きな8番でも、あくまでもラーメンがメイン(=主食)だが、
CIMG6234.jpg
家系ではラーメンはおかずで、ご飯が主食だと思う。
若い頃は海苔増しにして、ご飯3杯食べるのがデフォでした(笑)
ラーメンライスがこれほど似合うラーメンはほかにないと思う。

酢、にんにく、生姜、豆板醤などで、自分好みで味が変えられるのも家系流。
CIMG6227.jpg
個人的には生姜をたっぷり入れるのがルーチンです。

身体にはあまりよくないが、濃厚なスープも全部飲み干してしまいました。
CIMG6235.jpg
この味が好きだということは、まだ若い証拠かな?(笑)

横浜家系らーめん英


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/764-9d0137a4