2016年6月28日(火) 雨一時曇り

最近、ブロ友さんたちがこぞって天女花詣で登られているこの山。

銀杏峰(げなんぽ)
CIMG6192_201606291344160f4.jpg
昨年初めてその優雅な姿を目にしたが、今年は休みと天候が合わずまだ拝謁できていない。
この日もすっきりしない予報で、傘マークもチラホラ。
そろそろ終盤のようだが、まだ蕾も数株あるとのことなので駄目元で登ってみることに。
 
予報通り雲がかかっており、銀杏峰は全く見えない。
CIMG6126_20160629134032fc8.jpg

8:58 宝慶寺いこいの森(標高約470m)
CIMG6127_2016062913403305f.jpg
名松新道登山口にはハイカーの車はゼロ。

今回は小葉谷コースで登るため、林道を登っていく。
CIMG6128_20160629134035183.jpg

9:02 枝林道分岐(標高約590m)
CIMG6129.jpg
左に進むと名松新道コースの上部登山口に至る。

途中から林道は未舗装路になる。
CIMG6130.jpg

9:08 小葉谷登山口駐車場(標高約740m)
CIMG6131_20160629134059411.jpg
ここにも先客の車はなし。ということは今日は私一人だけのようだ・・・

現在林道延伸工事のため、大型ダンプが通行。
CIMG6132_20160629134100af2.jpg
一部の待避所以外はすれ違い困難なのでご注意を。

9:18 小葉谷登山口(標高約751m)
CIMG6133_20160629134102e3c.jpg
山頂までは約2km、標高差約690m
銀杏峰の登山ルートの中では、一番距離が短く、標高差も小さい。
(名松新道:3km・標高差970m、親水古道(中島コース):5.4km・標高差1000m)

鳥居に一礼しハイク開始。
CIMG6136.jpg
標準タイムは2時間なので、目標タイムは2時間30分。

ヒヨドリバナ(鵯花)
CIMG6134_20160629134103654.jpg
キク科ヒヨドリバナ属の多年草。

ツルアジサイ(蔓紫陽花)
CIMG6137_201606291341210fb.jpg
アジサイ科アジサイ属。

イチヤクソウ(一薬草)
CIMG6140_20160629134123e51.jpg
ツツジ科イチヤクソウ属の常緑多年草。

途中にあった水場?
CIMG6143_20160629134124981.jpg
残念ながら涸れていた。

霧雨のような雨が降っていたが、林間なのでさほど気にならない。
CIMG6144_20160629134126bab.jpg

9:36 林道出合(標高約855m)
CIMG6145_2016062913412758b.jpg
縁石ブロックの矢印に従い左へ。

林道を20mほど戻って登山道へ。
CIMG6146_2016062913414644c.jpg

9:40 鉱山跡石垣(標高約880m)
CIMG6148_2016062913414751b.jpg
かつて山中に銀鉱山があり、銀杏峰の由来になったと謂われている。

ここで道が二手に分岐(9:41)
CIMG6149.jpg
標識等はなかったが、登っている右へ進む。ちなみに左はどこに行くのかな?

ササユリ(笹百合)
CIMG6150_20160629134150d00.jpg
ユリ科ユリ属の球根植物。

名松新道同様、ひたすら尾根を登っていく。
CIMG6151_2016062913415260f.jpg

木の根が多く、急な個所にはロープも設置されている。
CIMG6152_20160629134209348.jpg

コアジサイ(小紫陽花)
CIMG6153_201606291342114a0.jpg
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。

ツルアリドオシ(蔓蟻通し)
CIMG6160_20160629134213fb4.jpg
アカネ科ツルアリドオシ属の常緑蔓性の多年草。

ササユリはほぼ終盤だったが、元気なお嬢たちも。
CIMG6154_20160629134212911.jpg

シライトソウ(白糸草)
CIMG6161.jpg
ユリ科シライトソウ属の多年草。

10:20 ブナの木(標高約1100m)
CIMG6163_201606291342366ae.jpg

急登が続くが、想像していたほどキツくは感じなかった。
CIMG6164_20160629134237eb9.jpg
雨で日差しが差していなかったからなのかな。

むしろ登りより下りの方が大変だと思う。
CIMG6165.jpg

10:43 標高約1200m地点
CIMG6166_20160629134240ea4.jpg
ここで小休止。

有名な此より急登要注意看板。
CIMG6167.jpg
なんでやねん!
ここまでも結構急登なので、みなさんツッコミを入れるのがお約束(笑)

ヤマボウシ(山法師)
CIMG6169_20160629134301c56.jpg
ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

ミヤマカラマツ(深山唐松)
CIMG6172_20160629134302b88.jpg
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。

トリアシショウマ(鳥足升麻)
CIMG6174_2016062913430456f.jpg
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。

ヤグルマソウ(矢車草)
CIMG6178_2016062913430796b.jpg
ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草。

コース上にある天女花は蕾2株を残して終了(涙)
CIMG6177_20160629134305b51.jpg

ようやく急登が終了(11:29)
CIMG6180_20160629134327cd9.jpg
ここの標識、下が1300mで、上が1400mになっているがどっち?

11:32 極楽平入口(標高約1400m)
CIMG6182_20160629134330719.jpg

ノアザミ(野薊)
CIMG6181_20160629134328667.jpg
キク科アザミ属の多年草。

ニッコウキスゲ(日光黄菅)
CIMG6184_20160629134331761.jpg
キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草。正式名称はゼンテイカ(禅庭花)

前方の銀杏峰山頂はガスの中。
CIMG6185_20160629134333432.jpg
雨は止んでいたが、登山道脇の草が濡れているので、ズボンは既にびしょ濡れ。

サンカヨウ(実)(山荷葉)
CIMG6186_201606291343533e4.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。

ハクサンフウロ(白山風露)
CIMG6187_20160629134354b63.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

タカネニガナ(高嶺苦菜)
CIMG6189_20160629134356c70.jpg
キク科ニガナ属の多年草。

ムカゴトラノオ(零余子虎の尾)
CIMG6190_20160629134357ff3.jpg
タデ科イブキトラノオ属の多年草。

ナルコユリ(鳴子百合)
CIMG6191_2016062913435933d.jpg
ユリ科アマドコロ属の多年草。

11:46 銀杏峰山頂(標高1441m)
CIMG6192_201606291344160f4.jpg
タイムは2時間28分と目標をクリア。

予想通り、山頂には誰も居なかった。
CIMG6194.jpg

登頂記念の三角点(三等:北大雲)タッチ。
CIMG6193_20160629134418c1e.jpg

雨雲を抜けているようで、雨は降っていないがガスガスで眺望ゼロ。
CIMG6195_2016062913442161a.jpg

手早く昼食を取る。
CIMG6196.jpg

この新しい山名表示板、設置日が今日の日付
CIMG6198_20160629134440d3e.jpg
でも1週間前からあったようだ(笑)

あの方の登頂記念もありました(笑)
CIMG6199_20160629134442cb2.jpg

昨年咲いていた場所の天女花は、即身仏状態
CIMG6203.jpg
これじゃ天婆花じゃん(笑)

蕾はいくつかありました。
CIMG6202_20160629134443784.jpg
前日に登られたコウちゃんのレポで見頃が数株あったそうだが、発見できなかった。

天女にも会えず、誰も登ってこないので下山開始(12:15)
CIMG6204.jpg

希望の鐘に寄り道していこう。
CIMG6205_201606291345034e5.jpg

この付近までやってきたが見つけられず引き返す。
CIMG6209.jpg

バイケイソウ(梅蕙草)
CIMG6208.jpg
ユリ科シュロソウ属の多年草。コバイケイソウに似ているが、背丈が高く花も大きい。

コバイケイソウ(小梅蕙草)
CIMG6210.jpg
ユリ科シュロソウ属の多年草。

カラマツソウ(唐松草)
CIMG6211.jpg
キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)
CIMG6216_20160629134530f1e.jpg
キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。

12:59 標高約1200m地点
CIMG6219_20160629134531886.jpg
途中天女が隠れていそうな箇所を覗いていくも、見つかるのは天婆のみでした(笑)

若さ弾けるササユリで我慢しよう(笑)
CIMG6220_20160629134533364.jpg

下っていくにつれ雨雲に突入したようで、結構雨が降っていた。
CIMG6221_20160629134534bc1.jpg

13:31 林道出合(標高約855m)
CIMG6222_201606291345505f3.jpg

13:43 小葉谷登山口(標高約751m) 
CIMG6223_20160629134552fa9.jpg
下りは1時間28分。結局誰とも会わなかった。

私が知っている群生地は全滅で、残念ながら天女花は見つけられなかった。
でも他の多くの野草たちに出会えたので、また来年挑戦しよう。


(この日の行程)
8:58宝慶寺いこいの森
9:08小葉谷登山口駐車場
9:18小葉谷登山口
9:36林道出合
9:40鉱山跡石垣
10:20ブナの木
10:43標高約1200m地点(小休止)10:47
11:32極楽平
11:46銀杏峰山頂(昼食)12:15
12:59標高約1200m地点
13:31林道出合
13:43小葉谷登山口

やっぱり、山っていいね!

銀杏峰(1441m)小葉谷コース
標高差690m
登り 2時間28分、下り 1時間28分、TOTAL 4時間25分
出会った人 なし 出会った動物 なし
2016年:63座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/763-272edadc