オオサクラソウに会いに 白山釈迦岳(2053m)

author photo

Byよっし~

2016年6月18日(土) 晴れ

4日前、今年2回目の白山に挑戦したが、またしてもてんきとくらすに裏切られ、
室堂で引き返すことになった。
リベンジしようと土曜日の天気を確認すると、オールA
20160618hakusan01.png
さすがに今回は裏切られないだろうと、一度は白山行きを決めたが気になることがある。

それは最近ブロ友さんたちが軒並み登られているこの山。
白山三山(白山・別山・白山釈迦岳)の1つの、白山釈迦岳(2053m)
CIMG6111.jpg
オオサクラソウの群生で有名で、白山一帯では釈迦岳付近にしか咲かない。
オオサクラソウは今がまさに旬で、この時期を逃すと来年までお預け。

ただここで1つ大きな問題がある。
それは今回のコースのハードさ
登山口のある市ノ瀬から白山釈迦岳までは片道約8km
オオサクラソウの群生地はまだ更に先で、しかもアップダウンもある。
往復20kmとこれまで経験したことのないロングコースで、累積標高差も2100m超
健脚なこの方でもヘロヘロになったこのコース、ヘタレな私が本当に踏破できるのだろうか??
一度は諦めかけたが、無謀にも挑戦することにした。
あっこちゃんにも会いたいし・・・
 
という訳で白山釈迦岳ハイクを決めたが、ポイントは早出
健脚な方でも往復9時間近くかかるので、亀足の私の場合10時間以上は必至。
できるだけ早く出発し、少しでも時間に余裕を持たせたい。

4:39 市ノ瀬ビジターセンター(標高約830m)
CIMG6035.jpg
釈迦新道にはトイレはないので、出発前にしっかりOPP対策を済ませる。

少しでも楽をしようと、登山道入口近くの駐車スペースに行ってみるも満車。
CIMG6038.jpg
toshi0113さんの車が駐車してあったので、もう登り始めておられるようだ。早っ!

Uターンして六萬橋を渡った先の砂利道へ。
CIMG6036.jpg

河川敷が駐車場になっているので、ここに駐車。
CIMG6037.jpg
既に先客の車が2台あった。

5:02 白山禅定道・釈迦新道登山口(入口)(標高約887m)
CIMG6040.jpg
釈迦岳前峰までは7.5km、目標タイムは4時間。

まずは樹林帯の中をなだらかに登っていく。
CIMG6041.jpg
先行していたハイカーがなぜか戻ってきた。伺うと忘れ物をされたそうだ。

ササユリ(笹百合)
CIMG6042.jpg
ユリ科ユリ属の球根植物。

トリアシショウマ(鳥足升麻)
CIMG6043.jpg
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。

この道は泰澄大師が開いた旧越前禅定道(現在の白山禅定道)
CIMG6044.jpg

5:25 林道出合(白山禅定道分岐)(標高約1000m)
CIMG6045.jpg
県道のヘアピンカーブから続く工事専用林道に合流。

釈迦新道は作業道を左に進んでいく。
CIMG6046.jpg

この日は休工日だったが、平日は工事車両が通過するのでご注意を。
CIMG6047.jpg

途中にあった白峰神社でハイクの安全を祈願。
CIMG6048.jpg

天井のコンクリート板が崩落している覆道。
CIMG6050.jpg
足早に通過する。

かれこれ30分近く作業道を歩いています。
CIMG6051.jpg

6:03 釈迦新道登山口(標高約1115m)
CIMG6052.jpg

入口から1時間でようやく登山口に到着。
CIMG6053.jpg

急坂をよたよた登っていると、ソロの男性に追い抜かれ、あっという間にぶっち切られる。
CIMG6054.jpg
もしかして、あの方は・・・
後から判ったが、やっぱり超健脚で有名なひろろとろろさんでした。
ひろとろさんは白山三山周回32kmを11時間で縦走されたそうだ(笑)

その数分後、またしても別の後続の男性に道を譲る。
CIMG6055.jpg
「もしかして、よっし~さん!?」
男性は以前文殊山で御茶を御馳走になったUNさんだった。
前回お会いした時よりスリムになっていたので、最初別人かと思われたそうだ。
ダブルttのうちさんや大kのりちゃんさんはご一緒じゃないんですね(笑)

ブナの巨木が茂る原生林の中を登っていく。
CIMG6056.jpg

タニウツギ(谷空木)
CIMG6057.jpg
スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。

マイペースでよたよた登っていると、「よっし~さ~ん!!」と声が掛る。
CIMG6058.jpg
声の主はseasunさんだった。
彼女は昨日飲み会だったにもかかわらず、無謀、果敢にも釈迦岳に挑戦されるそうだ(笑)

7:05 水飲場(標高約1460m)
CIMG6059.jpg
ここで小休止。虫が多いので、虫除けスプレーを再噴霧。

市ノ瀬から5.9kmで、釈迦岳前峰までは残り2.1km。
CIMG6060.jpg
歩き始めから約2時間とここまでは順調なペース。

程なくご夫婦が登ってこられる。
最初ごく普通に話していたが、
「もしかして、よっし~さん!?」
ご夫婦は今年文殊山の角原コースでお会いしたA夫婦さんだった。
彼らも私がスリムになって最初気付かなかったが、燕Tシャツでもしかしてと思ったそうだ(笑)

また続いて登ってきた見覚えのある男性2組の方からも声がかかる。
CIMG6061.jpg
「じゃ、群生地で待っているから・・・」
果たしてみなさんが群生地にいる間に着けるでしょうかね?(笑)

マイヅルソウ(舞鶴草)
CIMG6062.jpg
スズラン亜科マイヅルソウ属の多年草。

ゴゼンタチバナ(御前橘)
CIMG6063.jpg
ミズキ科ミズキ属ゴゼンタチバナ亜属の多年草。名前は白山の主峰御前峰に由来する。

ハクサンチドリ(白山千鳥)
CIMG6065.jpg
ラン科ハクサンチドリ属の多年草。

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
CIMG6067.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。

7:47 前峰まで1.7km地点
CIMG6068.jpg

樹林帯を抜けてクマ笹の茂る道になる。
CIMG6072.jpg
メマトイが纏わりつき、時折口の中に飛び込んでくる。少なくとも10匹は胃の中に(笑)

先日は終始雲隠れしていた別山(2399m)もくっきり。
CIMG6074.jpg

アカモノ(赤物)
CIMG6070.jpg
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木で、別名はイワハゼ(岩黄櫨)。

コイワカガミ(小岩鏡)
CIMG6075.jpg
イワウメ科イワカガミ属の多年草。

ツマトリソウ(褄取草)
CIMG6076.jpg
サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。

9:02 白山釈迦岳前峰(標高約2026m)
CIMG6077.jpg
タイムは4時間と目標タイム通り。
seasunさんやUNさん、A夫婦さんたちの姿はなかった。

ここは釈迦新道(14.9km)のほぼ中間地点。
CIMG6078.jpg

前方には御前峰(2702m)や大汝峰(2684m)のお姿がくっきり望める。
CIMG6079.jpg

南側には経ヶ岳(1625m)や荒島岳(1523m)も望めた。
CIMG6081.jpg

おにぎりで燃料補給。
CIMG6080.jpg

群生地まではまだ2km以上ある。
CIMG6082.jpg

しかもここから先はアップダウンが待っているんです(汗)
CIMG6083.jpg

キスミレ(黄菫)
CIMG6084.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

9:20 釈迦岳分岐(標高約2022m)
CIMG6085.jpg
1週間前にツギロウさんが登られた際は残雪があったようだが、すっかり消えていた。

登山道は釈迦岳本峰(2053m)を通らず巻いている。
CIMG6086.jpg
山頂は三角点があるだけで、一部藪漕ぎも必要なためパス。
余力があれば帰りに寄ってみよう。

本峰直下にある池塘。
CIMG6088.jpg
道幅が狭いので慎重に。

オオサクラソウ群生地はまだ遥か先(汗)
CIMG6089.jpg
しかも鞍部の湯の谷乗越まで120mほど下って、200mほど登り返さないとならない。

キンポウゲ・ロードを快調に進んでいく。
CIMG6092.jpg

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
CIMG6090.jpg

前方からtoshi0113さんが降りてこられた。
CIMG6094.jpg
4時半から登られたそうだが、もう下山とはやはりご健脚ですね。
また山でお会いしましょう。

この付近はチドリ・ロード
CIMG6095.jpg

ハクサンチドリ(白山千鳥)
CIMG6091.jpg

ムカゴトラノオ(零余子虎の尾)
CIMG6096.jpg
タデ科イブキトラノオ属の多年草。

9:48 湯の谷乗越(標高約1930m)
CIMG6097.jpg
水場になっており、ここにも数株オオサクラソウが咲いている。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
CIMG6098.jpg
ハエドクソウ科ミゾホオズキ属の多年草。

リュウキンカ(立金花)
CIMG6099.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

キヌガサソウ(衣笠草)
CIMG6101.jpg
ユリ科ツクバネソウ属の多年草。

気温はグングン上がっており、燃料切れ寸前でバテバテ。
CIMG6105.jpg

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
CIMG6107.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

ニッコウキスゲ(日光黄菅)
CIMG6108.jpg
キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草。正式名称はゼンテイカ(禅庭花)

コバイケイソウ(小梅蕙草)
CIMG6109.jpg
ユリ科シュロソウ属の多年草。

群生地手前の広くなったところで、UNさんやA夫婦さんたちが食事されていた(10:33)
CIMG6110.jpg
タイムは5時間31分。最低でも6時間は覚悟していたので、予想以上に早く到着できた。
もっともひろとろさんは既に大汝峰を経て、御前峰山頂におられたそうだが(笑)

群生地は10分ほど先のようなので、腰を下ろす前に先に向かう。
CIMG6112.jpg

オオサクラソウ(大桜草)
CIMG6113.jpg
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。石川県の絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。

オオサクラソウを見るのは初めてで、もっと大きいのかと思っていたが意外と小ぶり。
CIMG6114.jpg

シナノキンバイ(信濃金梅)
CIMG6115.jpg
キンポウゲ科キンバイソウ属の多年草。

オオサクラソウとシナノキンバイの共演。
CIMG6118.jpg
ちょうどseasunさんもおられ、私が意外と早く登ってきたので驚かれていた(笑)

ミヤマタンポポ(深山蒲公英)
CIMG6120.jpg
キク科タンポポ属の多年草。

広場に戻り、お昼にしよう(11:01)
CIMG6126.jpg
この日のお昼は冷やしきつねうどんとおにぎり。写真を撮り忘れました(笑)

seasunさんからちべたいビアをおすそ分け。
CIMG6127.jpg
う、うめぇ~

UNさんの野点はもう終わってしまったそうだ、残念。
CIMG6131.jpg

食後談笑していると、M田翁が到着(11:16)
CIMG6128.jpg
失礼ながら後期高齢者だというにもかかわらず、相変わらずパワフルなお方です(笑)

ひと足先に降りて行かれたUNさんやAさんたちに続き、seasunさんと下山開始(11:38)
CIMG6132.jpg

下りも4時間近くかかる長丁場で、しかも釈迦岳への登り返しも待っている(汗)
CIMG6111.jpg

グンナイフウロ(郡内風露)
CIMG6133.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。

ノウゴウイチゴ(実)(能郷苺)
CIMG6134.jpg
バラ科オランダイチゴ属の多年草。

今日の白山周辺は梅雨入りしたとは思えぬ、絶好のハイク日和。
CIMG6135.jpg

シロバナハクサンチドリ(白花白山千鳥)
CIMG6137.jpg
登りでも気付いてはいたが、やはりシロバナのようだ。

ウズラバハクサンチドリ(鶉葉白山千鳥)
CIMG6139.jpg
葉に鶉のような薄紫色の斑点がある。

遮るものがないので日差しが容赦なく降り注ぎ、汗がとめどなく流れる。
CIMG6140.jpg
M田翁がもう追い付いてこられた。早っ!

釈迦新道で白山周回だなんて、夢のまた夢のことだと思っていたが、
CIMG6141.jpg

今日の調子だと、案外いけるかも。
CIMG6142.jpg

室堂で1泊すれば、白山三山周回もできそうな予感。
CIMG6143.jpg
暑さのせいで妄想をいただくようになりました(笑)

12:32 釈迦岳分岐(標高約2022m)
CIMG6144.jpg

先日登られたオカンさんの情報によると、この斜面を登ると山頂に至るそうだ。
CIMG6146.jpg
でも今回はパス。

ハクサンコザクラ(白山小桜)
CIMG6145.jpg
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。

12:43 白山釈迦岳前峰(標高約2026m)
CIMG6148.jpg
AさんたちやM田翁が小休止されていた。

市ノ瀬はまだあんなに先です・・・
CIMG6147.jpg

でも後は下るだけ。
CIMG6150.jpg
午前中悩まされたメマトイたちも暑さのせいか、なりを潜めていた。

驚いたのが、かなり遅い時刻なのにまだ登ってこられる方が何組かおられた。
そのうちの1組は、どうみても登山慣れしていない服装、装備で、1人は完全にバテバテ状態。
彼らはまさか、今からオオサクラソウ群生地まで行くのか?

13:49 水飲場(標高約1460m)
CIMG6152.jpg
持参した2.5Lの水は残り500mlを切っていたので、ここで補給。

冷たい水がこんこんと湧き出ていて、めちゃくちゃ美味しかった。
CIMG6151.jpg
ツギロウさんたちが登った時は涸れていたそうで、これも日頃の行ないのせいだろう(ウソ)

林道が見えてきた。
CIMG6153.jpg

14:33 釈迦新道登山口(標高約1115m)
CIMG6154.jpg

一息入れた後、再び作業道を歩いていく(14:39)
CIMG6155.jpg
途中工事関係者の方の車があった。市ノ瀬まで乗せていってくれないかな?(笑)

15:13 林道出合(白山禅定道合流)(標高約1000m)
CIMG6156.jpg
ここから再び登山道へ。

15:31 白山禅定道・釈迦新道登山口(入口)(標高約887m)
CIMG6157.jpg
下りは3時間53分。当初下山時刻を16時30分と想定していたが、1時間も早く降りられた。
seasunさん、亀足にお付き合いいただきありがとうございました。

出発前は往復20kmのロングコースを歩けるか不安だったが、無事踏破。
距離は長いが急登な個所は少なく、この時期はオオサクラソウ以外にも
たくさんのお花を楽しむことができます。

秘密のあっこちゃんにも出会えて、大満足のハイクでした。
CIMG6122.jpg

下山後は白峰の総湯で汗を流す。
CIMG6159.jpg
どうでもいい情報ですが、ついに80kg台に突入!
しかも89.9kgとか微妙な数字ではなく、87kgと大幅減。
この体重に戻ったのは、20世紀以来の快挙です(笑)

ご褒美のソフトクリーム(入浴後100円割引)でクールダウン。
CIMG6160.jpg


(この日の行程)
4:39市ノ瀬ビジターセンター
4:50六萬橋駐車場4:55
5:02白山禅定道・釈迦新道入口
5:26林道出合(白山禅定道分岐)
6:03釈迦新道登山口
7:05水飲場(小休止)7:16
9:02白山釈迦岳前峰(小休止)9:13
9:48湯の谷乗越
10:33オオサクラソウ群生地(昼食)11:38
12:43白山釈迦岳前峰(小休止)12:53
13:49水飲場(小休止)13:56
14:33釈迦新道登山口(小休止)14:39
15:13林道出合(白山禅定道合流)
15:31白山禅定道・釈迦新道入口
15:39六萬橋駐車場

やっぱり、山っていいね!

白山釈迦岳(前峰)
標高差1338m
登り 5時間31分、下り 3時間53分、TOTAL 10時間44分
出会った人 30人ぐらい(ひろとろさん、UNさん、seasunさん、Aさん夫婦、toshi0113さん、M田翁他)
出会った動物 なし
2016年:60座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Share

Comments 16

toshi0113  

同志と呼べない?

お疲れ様でした 少し暑かったですね(^^ゞ
そして僕は虫が多くって防虫スプレー掛けまくってましたよ
多くの皆さんが釈迦詣で...よっし~さんの姿見た時は「やっぱり!!」でした(笑)
お目当てのあつこちゃんも最盛期♪ オオサクラソウ&ハクサンチドリと花三昧の楽しめましたね(^_-)-☆
で、な・なんと90kg切りと...おかんも減量の事に驚いて「もう同志なんて呼べなくなっちゃいました。笑」っと言ってましたよ
あかん僕も痩せなきゃ(笑)

2016/06/20 (Mon) 06:44 | EDIT | REPLY |   

A夫婦  

おはようございます

土曜日は食事中に楽しくお話しをさせて頂き
ついつい長居してしまいご迷惑をかけて
しまったのではないでしょうか、すみません。
この日は皆さん目的のお花が見られ満足して
戻られたようですね。

スリム化に比例して時間も短縮しているみたいで
縦走は十分期待できますよ。レポート待っています。
また何処かでお会いしましょう。

2016/06/20 (Mon) 08:06 | EDIT | REPLY |   

おかん  

よっし~様

もうよっし~さぁぁん!なんて大声で呼べませんわ。
タイム短縮はやっぱり減量の成果ですね!!
私は登れば登るほど増えるんですけどぉ、なんか重篤な病気かな。笑

白山でよっし~様に会える日を楽しみにしています(^_-)

2016/06/20 (Mon) 09:22 | EDIT | REPLY |   

seasun  

昨日はお疲れ様でした。
これまではよっし~さんのコースタイムを見て、
この時間までにここを出たら大丈夫などと参考にしていました。
いわば、わたくしの試金石だったのに、
これだと置いて行かれてしまいます。

こうなったら、どんどんロングに挑戦してください。
手始めに北部白山どうですか?
レポお待ち申し上げております。

2016/06/20 (Mon) 09:58 | EDIT | REPLY |   

清水  

私も15日に同じコースを歩きましたが
この山はいろんな出会いがあり楽しいですね
私はおかんさんと秘密のあっこちゃんに
初めての出会う事が出来ました
秘密のあっこちゃんは想像していたよりも
ボインちゃんだったのでびっくりしました(笑)
山行きを誘ってくださった方に感謝しています

2016/06/20 (Mon) 16:10 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 同志と呼べない?

toshi0113さん こんにちは

土曜日はtoshiさんたちが登られることを察知して先回りしようと思ったら、もっと早く登られていましたね(笑)

念願のオオサクラソウは群生地まで辿りつけないかもと思っていたんですが、なんとか歩くことができました。

キンポウゲやハクサンチドリもあんなに群生しているとは思わず、本当に素晴らしいハイクでした。


なかなか90kgを切れなかったんですが、今回下山後に測ったら一気に減っていました。
これでもまだ学生時代よりは10kg以上重いので、もっと減らしたいのですが・・・

また山でお会いしましょう。

2016/06/20 (Mon) 17:18 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

A夫婦さん こんにちは

先日はすぐに気付かず、大変失礼しました。
どこかで見たお顔だとは思ったんですが(笑)

A夫婦さんたちが群生地におられる時間帯に着けるかどうか不安でしたが、なんとか再会することができました。
こちらこそ、いろいろお話ができて楽しかったです。

釈迦新道縦走はもう少し減量してからにします(笑)

2016/06/20 (Mon) 17:58 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

おかんさん こんにちは

おかんさんたちのレポを見て、無謀にも釈迦新道に挑戦してしまいました。
確かにロングコースで、前峰からの登り返しはキツかったですが、
お花に癒されながらなんとか歩くことができました。

私の場合、もともとがデブっていたので、ここまではそれほど減量はキツくなかったんですが、これからがなかなか厳しいかも。
なんとか学生時代の70kg台に落としたいのですが・・・

2016/06/20 (Mon) 18:01 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

seasunさん こんにちは

下りは亀足におつきあいいただきありがとうございました。
減量して少しはスピードアップしましたが、まだまだみなさんに付いていけません。
私のペースは最悪のタイムスケジュールとして、今後ともご利用下さい。

白山北部ルート、なんですか、それ?(笑)

2016/06/20 (Mon) 18:04 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

清水さん こんにちは

みなさんの釈迦岳ハイクに触発され、登ってきました。
ハクサンチドリがあんなに咲いているとは思わず、念願のオオサクラソウや秘密のあっこちゃんも見られて、これで思い残すこともありません(ウソ)

彼女たちには来年もまた会いたくなりますね。

2016/06/20 (Mon) 18:07 | EDIT | REPLY |   

としぼう  

沢山のお花達

釈迦岳お疲れさんでした。
よっし〜さんと出会って、お花達がいる所まで行きたいと聞き、僕も元気が出ました。食事の時は、疲れ、早く店じまいし、一服差し上げる事が出来なくなりました。次回の楽しみにして下さい 文殊さんもまた来てね!

2016/06/20 (Mon) 20:16 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

よたよたよっしーさんこんにちわ。
減量に成功し、タイムを縮めているよたよたさんは、もうよたよたの看板を降ろさないといけないのでは・・・寂しい。

2016/06/20 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん 白山釈迦岳お疲れ様でした。

ほほぅ、水湧いてましたか・・・しかも・・・こんこんと(笑)
ほほぅ、水おいしかったですか・・・しかも・・・めちゃくちゃ(涙)

にしても、ワタクシどもが登った時より、お花の量も種類も増えているようですし、砂礫の先まで足を延ばされ「あっこちゃん」なる未知のお花まで!
くぅ~降参でございます。羨ましゅうございます。
でも、ツギは師匠に負けないよう、1号2号とともに頑張りますっ!

2016/06/21 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 沢山のお花達

としぼうさん こんばんは

お声をかけて頂いた際、すぐに気づかずに失礼しました。
お茶がいただけなかったのは、私の亀足のせいなのでお気になさらずに。

2016/06/21 (Tue) 23:11 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっちゃんさん こんばんは

タイムが短くなっているとはいえ、まだまだ普通の方より遅いですから、今後もよたよたですよ(多分w)

2016/06/21 (Tue) 23:12 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウ殿 こんばんは

あの水、冷たくてマジに美味しかったですよ。
数日間雨だったのでちょうどタイミングが良かったようです。

ツギロウ殿のレポ、とても参考になりました。
湯之谷乗越で引き返そうかとも思ったんですが、天気とお花にパワーをもらいなんとか登ることができました。

2016/06/21 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)