2016年6月14日(火) 曇りのち雨

ようやく北陸地方も昨日(13日)梅雨入り
これから約1ヶ月間、冴えない天気が続くのかと思いきや、今日は曇り時々晴れの予報。
お山の天気も確かめてみると、白山は登山指数Aの予報。
この好機を逃すべく、ソッコーで今年2回目の白山行きを決定。

4時に起床し、自宅を出発。
旧上志比村(永平寺町)付近から雨が降っていた。大丈夫か??
 
県境の谷トンネル(R157)付近はご覧のような様子。
CIMG5936.jpg
これから好転するんだよね・・・

5:49 市ノ瀬ビジターセンター(標高約830m)
CIMG5937.jpg
今年の市ノ瀬~別当出合間のマイカー規制は7/9(土)から。

5:59 別当出合特設駐車スペース(標高約1230m)
CIMG5938.jpg
平日ではあるが、先客の車は1台とガラガラ。

別当出合付近に雨は降っておらず、前方の南竜方面には青空が広がる。
CIMG5939.jpg
なるほど雨が降っているのは標高1000mぐらいまでだったのか。
さすが、てんきとくらす、見事この状況を予報したのはすごい!

6:16 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG5940.jpg

OPP対策をしっかり済ませ、ハイク開始(6:27)
CIMG5941.jpg
途中水場が利用できるか不明だったので、2Lを用意。

今日も砂防新道をチョイス。
CIMG5942.jpg

石階段付近も若葉が茂って、前回とは雰囲気が全く違う。
CIMG5943.jpg

7:13 中飯場(標高約1550m)
CIMG5944.jpg
トイレ・水場とも利用可能。

サンカヨウ(実)(山荷葉)
CIMG5945.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。

エンレイソウ(実)(延齢草)
CIMG5948.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

タニウツギ(谷空木)
CIMG5950.jpg
スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。

ニリンソウ(二輪草)
CIMG5952.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

ハクサンチドリ(白山千鳥)
CIMG5954.jpg
ラン科ハクサンチドリ属の多年草。

7:58 別当覗(標高約1750m)
CIMG5955.jpg
立ったまま軽く息を整える。

砂防新道は樹林帯の中なので気付かなかったが、いつの間にかガスが出てきた。
CIMG5956.jpg
今日は登山指数Aなんだよね?

ズダヤクシュ(頭陀(喘息)薬種)
CIMG5959.jpg
ユキノシタ科ズダヤクシュ属の多年草。長野県では喘息のことを”ずだ”といい、
この草が良く効くことから名付けられた。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
CIMG5960.jpg
ハエドクソウ科ミゾホオズキ属の多年草。

今日は静かな登山道で、トレラン風の2人に抜かれただけ。
CIMG5962.jpg

イワカガミ(岩鏡)
CIMG5963.jpg
イワウメ科イワカガミ属の多年草。

ミツバオウレン(三葉黄蓮)
CIMG5964.jpg
キンポウゲ科オウレン属の多年草。別名カタバミオウレン。

キヌガサソウ(衣笠草)
CIMG5970.jpg
ユリ科ツクバネソウ属の多年草。

白山の花の中で一番好きな花です。
CIMG5969.jpg
別当覗~甚之助間の4つ目の木道付近に群生していた。

サンカヨウ(山荷葉)
CIMG5971.jpg
雨に濡れた花弁がチョッとエロいですね(笑)

例年、7月まで雪渓の残る部分も、完全に夏道が露出。
CIMG5973.jpg

旧高飯場跡付近にも全く残雪はなかった。
CIMG5974.jpg

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
CIMG5975.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。

8:45 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG5977.jpg
ここまで2時間18分。

小休止しながら、栄養補給。
CIMG5979.jpg

付近は一面のガスで、別山はおろか甚之助谷すら全く見えない。
CIMG5978.jpg
しかも急激に気温が下がって肌寒く、思わずジャケットを羽織るほどだった。

甚之助小屋の夏用トイレや水場はまだ閉鎖中。
CIMG5980.jpg
小屋内の冬期トイレは使用可能(要ヘッデン)

弥陀ヶ原の上はガスが切れているという淡い期待を抱きつつ出発(8:57)
CIMG5981.jpg

9:22 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG5982.jpg
この付近も一面のガスだった。

シナノキンバイ(信濃金梅)
CIMG5984.jpg
キンポウゲ科キンバイソウ属の多年草。

リュウキンカ(立金花)
CIMG5987.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

ミヤマガラシ(深山芥子)
CIMG5988.jpg
アブラナ科ヤマガラシ属の多年草。

ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
CIMG5989.jpg
バラ科ダイコンソウ属の多年草。

十二曲り直下の雪渓もすっかり消えていた。
CIMG5990.jpg

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
CIMG5994.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

十二曲りに差し掛かる(9:54)
CIMG5996.jpg

この辺りになるとガスというより小雨が降っている。
CIMG5997.jpg
これはもしかして、弥陀ヶ原より上も雨?!

ダイモンジソウ(大文字草)
CIMG5998.jpg
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。

雨に濡れた花たちも艶っぽくていい。
CIMG6000.jpg

CIMG6001.jpg

10:03 延命水
CIMG6003.jpg

10:13 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG6005.jpg

弥陀ヶ原に進むと、一面雨雲の中
CIMG6006.jpg
御前峰はおろか五葉坂すら全く見えない(涙)

駐車場で一緒だった後続のおねーさまたちは弥陀ヶ原で引き返すようだ。
CIMG6007.jpg
どこが登山指数Aなんだ! また騙された!(笑)

10:22 五葉坂下(エコーライン合流点)(標高約2354m)
CIMG6008.jpg
とりあえず室堂まで行って考えることにしよう。

10:40 白山室堂(標高約2450m)
CIMG6010.jpg
タイムは4時間13分。室堂まで登山道には全く雪はありません。

奥宮側に回ってみてもご覧の通り。
CIMG6011.jpg
工事されていた方に伺ったところ、朝7時頃までは晴天だったそうだが、
その後みるみるうちに雲が広がって雨が降ってきたそうだ。

ミヤマクロユリ(深山黒百合)
CIMG6017.jpg
ユリ科バイモ属。雨でほとんど閉じていた。

様子をみるべくセンター内で食事にする。
CIMG6013.jpg
この日はハイカーがかなり少なかったが、結構単独行の山女子の姿が目立つ。
男の方が軟弱なんですかね(笑)

ご一緒になった石川県の女性からコーヒーをいただく。
CIMG6014.jpg
ありがとうございます。
この女性、本当は1泊2日で白山釈迦岳、白山、別山の白山三山を縦走するつもりだったが、
この天気で急遽白山日帰りに変更されたとのこと。
やはりこの悪天候下、単独行で登られるだけのことはありますね(笑)

しばらく様子をみるも、雨は一向に止む気配がなさそう。
CIMG6016.jpg
風こそあまりないが、この状況で山頂に向かっても苦行以外の何ものでもない。

山頂は次の機会とし、下山開始(11:34)
CIMG6019.jpg

濡れた岩は雨で滑りやすいの慎重に下っていく。
CIMG6021.jpg

ウラジロナナカマド(裏白七竃)
CIMG6020.jpg
バラ科ナナカマド属の落葉低木。

11:52 黒ボコ岩(標高約2320m)
CIMG6022.jpg

当初の計画では下りは観光新道だったが、砂防新道ピストンに変更。
CIMG6024.jpg

12:19 南竜分岐(標高約2100m)
CIMG6025.jpg
こんな天気でも登ってくる方がいて、10人ほどとすれ違う。

12:32 甚之助避難小屋(標高約1975m)
CIMG6026.jpg
ここで小休止。

結局、一度も御前峰や別山を遥拝できなかった。
CIMG6027.jpg

甚之助から下も弱い雨が降っていた。
CIMG6029.jpg

13:22 中飯場(標高約1550m)
CIMG6030.jpg

13:54 別当出合登山口(標高約1260m)
CIMG6032.jpg
下りは2時間20分。

下山後はお決まりの禅の里で汗を流す。
CIMG6033.jpg

またしてもてんきとくらすに裏切られ、雨の中の白山ハイクとなってしまったが、
少し寒いぐらいで涼しかったのと雨に濡れた花たちを見ることができまずまず満足。
近いうちにリベンジしよう!


(この日の行程)
6:16別当出合登山口6:27
7:13中飯場
7:58別当覗
8:45甚之助避難小屋(小休止)8:57
9:22南竜分岐
10:13黒ボコ岩
10:40白山室堂(昼食)11:34
11:52黒ボコ岩
12:32甚之助避難小屋(小休止)12:37
13:22中飯場
13:54別当出合登山口

やっぱり、山っていいね!

白山(室堂)(砂防新道)
標高差1190m
登り 4時間13分、下り 2時間20分、TOTAL 7時間38分
今年2回目、通算24回目
出会った人 30人ぐらい 出会った動物 なし
2016年:59座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/758-584fdb6f