学能堂山(1021m)

author photo

Byよっし~

2016年6月11日(土) 曇り一時晴れ

ネットで山を探していたら、こんな山を見つけた。

学能堂山(岳の洞・岳の堂)
CIMG5888.jpg
奈良県と三重県の県境にある山で、地図に山名も載っていない一見マイナーな山だが、
全国でも珍しいベニバナヤマシャクヤクが群生しているとのこと。
直近のヤマレコを見ると、火曜日(6/7)時点でまだ咲いており、しかも蕾も数株あるとのこと。
ヤマシャクは開花してから3日ほどと短いため、今週末を逃すと来年までお預けの可能性大。
居ても立ってもいられず、今回のハイク先に決定する。
 
地図で場所を確認すると、一昨年の秋に登った倶留尊山(くろそやま)のすぐ近く。
シタミチだと福井から5時間以上かかるので、前日帰宅後に出発(22:00)

前回は滋賀県から伊賀上野に抜け、名張市側から向かったが、
今回はR8からR365、R306と南下し三重県入り。
鈴鹿ICから東名阪道に入り、伊勢道の嬉野PAで車中泊する(25:30)
 
翌朝5時に起床。勢和多気ICで降りて、R368を西進する。
CIMG5840.jpg

この道は伊勢本街道と呼ばれ、奈良から伊勢に続く参詣道だった。
CIMG5841.jpg
旧飯南町(松坂市)側から仁柿峠に至る部分は1車線の隘路が続く酷道なので、対向車に注意。

6:43 林道入口(標高約356m)
CIMG5914.jpg
国道沿いの林道入口付近には登山口を示す看板、標識等はなし。
うっかりして通り過ぎて、あっという間に奈良県に入ってしまう(笑)
目印は黄色い〇の部分の”いせみち”の道標(杉平)と入口前の蕎麦屋(庄庵)
なお付近には似たような林道入口があり、間違えると全然違う谷を進むのでご注意を。

50mほど進むと道が二手に分かれ、岳の洞登山口という標識に従いへ。
CIMG5842.jpg
学能堂山は、三重県側では岳の洞と呼ばれているようだ。

舗装された林道を3分ほど登っていく。
CIMG5843.jpg

6:47 簡易水道施設前駐車スペース(標高約413m)
CIMG5844.jpg
ここから先は未舗装になるので、路肩に駐車。
MAX3台分ほどしかなく、満車時は転回もままならないほどの幅員なのでご注意を。
林道入口から国道を500mほど戻ったところに午王田公園があるのでそちらの方がベター。

まずは林道を登っていく(6:56)
CIMG5845.jpg
どうやら私が一番スタートのようだ。

林道はまだ続くが、未舗装で地盤が緩く、轍も深いので車高の低い車は止めた方がいい。
CIMG5846.jpg

駐車地点から7分ほど登っていくと、左手に登山口っぽい分岐(7:03)
CIMG5847.jpg
近くの木に赤テープもあり、一見正しそうだが、実は間違い
道はすぐになくなります。

7:06 学能堂山杉平登山口(標高約481m)
CIMG5848.jpg
もう少し先にあるここが登山口。かつては標識があったらしいが、今は矢印があるのみ。
なおそのまま林道を進んでいっても、終点で登山道と合流します。

山頂までは約3.5km、標高差約540m。
CIMG5849.jpg
標準タイムは1時間30分ほどらしいので、目標タイムは2時間。

登山道なのか少し不安だったが、ようやく標識が現れる。
CIMG5850.jpg

危うくサワガニを踏みそうになる。
CIMG5851.jpg
大丈夫だよ、食べたりしないから(笑)

登山道は造成林の中を登っていく。
CIMG5853.jpg

7:36 林道終点出合(標高約636m)
CIMG5854.jpg
林道終点部分にも数台駐車可能だが、普通車は止めておいた方が良い。

コアジサイ(小紫陽花)
CIMG5855.jpg
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。

サワギク(沢菊)
CIMG5858.jpg
キク科サワギク属の多年草。別名ボロギク(襤褸菊)

途中から尾根に取り付くのかと思いきや、ひたすら造成林の谷を登っていく。
CIMG5859.jpg

多少つづら折れにはなっているが、急斜面を直登していく(汗)
CIMG5860.jpg
回りは全て杉や檜の林で、眺めもなくかなり苦痛な登りが続く。

急登を登り切り、ようやくなだらかな斜面になる(8:19)
CIMG5862.jpg

こんな急斜面を登ってきました。
CIMG5861.jpg

フタリシズカ(二人静)
CIMG5863.jpg
センリョウ科チャラン属の多年草。

8:28 杉平峠(標高約905m)
CIMG5868.jpg
三重県と奈良県の県境でもある。

山頂までは残り800mほどだが、ここで小休止。
CIMG5869.jpg
まだ誰とも出会っておらず、珍しいことに後続にも抜かれていない(笑)

ここから先は県境沿いのなだらかな稜線歩きとなる。
CIMG5870.jpg

しばし殺風景な造成林からも解放される。
CIMG5871.jpg

奈良県側に張り巡らされたシカ除けフェンス。
CIMG5872.jpg

この急坂を登り切れば、山頂はもうすぐ。
CIMG5873.jpg

8:59 学能堂山(岳の洞)山頂(標高1021.4m)
CIMG5875.jpg
タイムは1時間53分とまずまず。予想通り山頂には誰も居なかった。

登頂記念の三角点(二等・石名原岳)タッチ。
CIMG5876.jpg

山頂は結構広く、360度の大パノラマが広がる。
CIMG5895.jpg
ご覧のとおり生憎の曇り空だったが、晴天ならもっと素晴らしい景色が見られるはず。

日本三百名山で、一昨年登った倶留尊山(くろそやま:1037m)も望めた。
CIMG5898.jpg

関西百名山の大洞山(おおぼらやま:1013m)と尼ヶ岳(958m)
CIMG5899.jpg
機会があればあの両座にも登ってみたい。

座り込む前にお目当てのヤマシャクを探しにいこう(9:00)
CIMG5889.jpg
え~っと、ヤマシャクは・・・

ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬)
CIMG5880.jpg
ボタン科ボタン属の多年草。

ヤマシャク自体希少種で、環境省のレッドリストの準絶滅危惧種(NT)だが、
CIMG5881.jpg
ベニバナはさらに希少で、ワンランク上の絶滅危惧II類(VU)に指定されている。

通常、突然変異でベニバナが混じることはあるらしいが、ここでは全てがベニバナ
CIMG5882.jpg
山頂周辺に20株ほど咲いていた。

数日前のレポではまだ蕾が数株とあったが、ほとんど開花。
CIMG5887.jpg

散り始めているモノも多く、今日がまさにギリギリだったようだ。
CIMG5883.jpg

この先は奈良県側の神末ルート(こうずえ)で、周回可能
CIMG5885.jpg
ただし神末~杉平間は8kmほどあるので、周回する場合は自転車や車をデポするか、
中間地点の道の駅伊勢本街道御杖に駐車するのがベター。

三角点に戻り、少し早いがお昼にする(9:10)

食事の準備をしていると、ようやくソロの男性が登ってこられた。
鈴鹿から来られた男性は2度目の登頂だが、ベニバナを見るのは初めてとのこと。
軽トラにカブを積んで、軽トラを神末側にデポし、カブで林道終点までやってこられたそうだ。

今日のお昼は衝動買いした辛辛魚というこのカップ麺。
CIMG5891.jpg

名前の通り真っ赤で、これまで食べたカップ麺では最高レベルの辛さ。
CIMG5894.jpg
辛いだけでなく魚粉の旨みもある辛旨系で、夏の山にピッタリ。
ただし山の場合、スープを残さず飲み干す必要があるので超~危険です(笑)

続いて静岡から来られたご夫婦が登ってこられた。
同じく杉平からと思いきや、美杉町川上からとのこと。
別のヤマシャク群生地を求めて歩いてきたそうだが、ルート上にはなかったそうだ。

また桜井市からお越しのご夫婦も登ってこられ、山頂はいつの間にか賑やかになる。

男性は車をデポした神末側に降りていかれた。
CIMG5897.jpg
お気をつけて。

私も神末側に降りようかと思ったが、帰りの運転もあるので今回はピストン(10:06)
CIMG5902.jpg
急遽ミッションもできたことだし・・・

10:21 杉平峠(標高約905m)
CIMG5903.jpg
途中、ハイカー数組とすれ違う。みなさんベニバナ目当てで、開花状況を聞いてくる。

再び造成林ゾーンへ。
CIMG5904.jpg
慎重かつ周囲に目を払いながら、降りていく。

ええっと・・・ あった!!
CIMG5906.jpg
先ほど山頂でお会いした男性が、登ってくる途中にピンクの帽子を落とされたらしく、
奈良のご夫婦によると造成林の急坂に落ちていたそうで、男性は諦めると言っていた。
静岡のご夫婦は川上側にピストン、奈良のご夫婦も神末側に縦走されるので、
帰りに私がピックアップするのが下りのミッションだったんです。

10:46 林道終点出合(標高約636m)
CIMG5907.jpg
情報通り、男性のバイクを発見。

帽子をバイクに戻し、ミッションコンプリート
CIMG5908.jpg

降りていると日差しが出てきた。
CIMG5909.jpg
”降りると晴れる”の法則は健在です(笑)

11:01 学能堂山杉平登山口(標高約481m)
CIMG5910.jpg
下りは55分。

下山後は道の駅御杖に隣接する姫石(ひめし)の湯へ。
CIMG5918.jpg
JAFカード提示で100円引(700円→600円)になります。

あまりいい天気ではなかったが、終了目前のベニバナに出会えて大満足。
でも日帰りで往復550kmの運転はさすがに疲れました(笑)


☆今回のルート図☆ (クリックすると拡大します)
mt_gakunodou01.jpg

☆アクセス☆


☆この日の行程☆
6:47林道駐車スペース6:56
7:06学能堂山杉平登山口
7:36林道終点出合
8:28杉平峠(小休止)8:35
8:59学能堂山山頂(昼食)10:06
10:21杉平峠
10:46林道終点出合
11:01学能堂山杉平登山口
11:05林道駐車スペース

やっぱり、山っていいね!


学能堂山(岳の洞・岳の堂)(1021m)
標高差540m
登り 1時間53分、下り 55分 TOTAL 4時間9分
出会った人 12人 出会った動物 なし
2016年:58座目

※三重-奈良県境の山ですが、三重県側から登ったので”三重の山”としました。

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 4

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
学能堂山、遠くて時間もかかったけどお目当ての
ベニバナヤマシャクヤクとご対面、いいな~~~。
先日、園芸店でヤマシャクヤクが売られているのを見たけど、こういった希少価値のある花はやっぱり自分の足で探す方が見つけた時の感動があると
思うんだけどな~~~。
皆さん山での落し物は気をつけましょうね。
昨日も夜叉ヶ池でサングラス(高級品・?)が落ちていました。
おっと、人の事はいえないけどね。

2016/06/13 (Mon) 10:30 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

こんにちわ。

今年は、県外の遠い山への出張が多いのでは?これも身体が軽くなったせいでしょうか?
そういえば、スリムになった よっし~さんに会っていませんね。文殊山では物足りないのかな~。
ベニバナヤマシャクは一昨年、南丹市のベニバナヤマシャクの里で見ましたが、山の山頂にも咲いてるんですね。貴重ですね。
チョット遠いのが難ですね。よっし~さんのブログで我慢しておきます。

2016/06/13 (Mon) 12:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

ベニバナヤマシャクヤク、滑り込みセーフでした。
普通のヤマシャクでもテンションが上がるのに、一面ベニバナなのでつらい登りも吹き飛んでしまいました。

落し物はほんと気をつけたいですね。
お金ならまだ諦めもつきますが、思い出が詰まったデジカメなどを落とした日には後悔しまくりです。
のりちゃんさんの場合、落し物に加えて忘れ物にもご注意を(ウソ)

2016/06/13 (Mon) 14:31 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

文殊山にはしばらく浮気しています(笑)
晩秋になれば嫌でも登れる山が減って文殊山になるので、今の時期は他の山に登ろうと思っています。

学能堂山は福井から遠いですが、あのベニバナは一見の価値がありますよ。
あれだけベニバナだけが群生しているのはなかなかないと思います。
来年は是非登ってみては?

2016/06/13 (Mon) 14:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)