2016年5月21日(土) 晴れ

今年も恒例の季節がやってきました。

第25回若狭・三方五湖ツーデーマーチ
2016wakasatwodaymarchi.jpg
今年は第25回の記念大会で、第20回から6年連続の参加となる。
昨年は生憎小雨の降る中でのウォークとなったが、今年は晴れの予報。
これも日頃の行ないが良いせいだろう(ウソ)
土曜日がどのコースか確認しておらず、出発直前に三方五湖コースだと初めて知った(笑)
 
昨夜、車中泊した三方さとうみパーク(4:53)
CIMG5565.jpg
心配された昨日の疲れはなく、筋肉痛もまだ出ていない。
もっともこの歳になると、筋肉痛が出るのは2日目以降が多いが(笑)

ここは再来年(2018年)開催の第73回国民体育大会の会場になり、
CIMG5566.jpg
公開競技のゲートボールやグラウンド・ゴルフが行なわれる。

まだ5時前だというのに、早くも準備されていた。
CIMG5568.jpg

参加者を示すボードが例年の模造紙から、キレイなボードに新調されていた。
CIMG5567.jpg
今年は予算が付いたのかな?

参加する20kmの部は8時からの受付なのでもうひと寝入り。

再び目が覚めると、既に40kmの部の出発式が始まっていた(7:10)
CIMG5570.jpg

昨年デッドヒート?を繰り広げた防人たちが今年も参加。
CIMG5571.jpg
昨年私にコテンパンにやられたので、今年は40kmの部に鞍替えしたらしい(大ウソ)

40kmの部がスタート(7:11)
CIMG5572.jpg

猛者たちを見送っていると、チームAPあつぷりさんとツギロウさんが登場。
CIMG5574.jpg
どえむのあつぷりさんはともかく、ウォーク初参加のツギロウさんはいきなりの40km挑戦。
なんでも飲み会の席での勢いでこうなってしまったそうだ(笑)

全身黒ずくめのこの2人、”Men In Black”と呼ばれ、バイオハザード指定です。
CIMG5575.jpg
「さぁ、一緒に行きましょか!」と危うく拉致されそうになった(笑)

お二人なら防人たちにも負けることはないでしょう。
CIMG5576.jpg
頑張って下さいね~

さて私も受付することにしよう。
CIMG5577.jpg

参加費2200円(事前申込は2000円)を支払い、申込。
CIMG5578.jpg
記念大会の割には、ピンバッジやタオルもなくチョッとショボい。
今年はしっかり入浴割引券が2枚入っていた(笑)

ウォーカーに宣戦布告した昨年から比べると、今年は控えめなメッセージにしました(笑)
CIMG5579.jpg

出発式まで付近を散策。
CIMG5581.jpg
今年採用の警察官の卵たち、小学1年生のようで、まだ制服が歩いているようだ(笑)

「よっし~さんですか?!」

突然綺麗な女性から声を掛けられる。
CIMG5582t.jpg
Mさんという女性は当ブログのご愛読者で、Tシャツのバックプリントで気付かれたとのこと。
山登りを初めてまだ3年目だそうだが、昨年は剱岳にも登られたそうだ。スゴイ!

恒例の折り鶴おじさん
CIMG5584.jpg

今年も折り鶴をいただきました。
CIMG5595.jpg

20kmの部の出発式が始まる(8:15)
CIMG5586.jpg
冒頭は全国各地からのマーチ宣伝部隊のPRタイム。

うん? あの後ろ姿はもしかして・・・
CIMG5587.jpg

福井しあわせ元気国体PRマスコットのはぴりゅうくん。
CIMG5589.jpg
キミも歩くの?(笑)

続いて主催者からの伝達事項。
CIMG5592.jpg
今回の20kmコースも23kmと、3kmのおまけ付き(笑)

はぴりゅうくんも国体PRの大役を無事勤めていた。
CIMG5593.jpg

三方中学校吹奏楽部の演奏に見送られ、20kmの部スタート(9:00)
CIMG5594.jpg
今回は先頭から10番目ぐらいのグリッドになる。

最初500mはリーダー(先導役)を先頭に集団歩行。
CIMG5596.jpg
前々回は湖岸を時計回りだったが、今回は反時計回り。

自由歩行(追越解禁)になっても、誰かさんのようにぶち抜いたりしません(笑)
CIMG5597.jpg

この辺りからリーダーを追い越すウォーカーも出始めるが、私は追随(9:20)
CIMG5598.jpg

正面に三方湖が見えてきた。
CIMG5599.jpg
五湖中2番目の大きさの淡水湖。

湖岸沿いの道になると、次第にリーダーとの距離が開き始める(9:37)
CIMG5600.jpg

菅湖(すがこ)の先には以前登った梅丈岳(400m)
CIMG5601.jpg
菅湖は五湖中最小の汽水湖。

リーダーからだいぶ離されてしまったが、マイペース(9:49)
CIMG5602.jpg

10:07 浦見川赤橋(給水ポイント)(残り16.7km)
CIMG5603.jpg
給水所にコップはないので、マイカップを忘れずに。

浦見川を渡って、水月湖へ。
CIMG5604.jpg
五湖中最大の汽水湖で、水深が深く湖水下部はほとんど循環しないため、
古代の地層(年縞)が極めて良好な状態で保存されている。
ここで採取された過去5万年分の年縞尺は、2012年にユネスコ総会で世界標準に認定された。

お二人は今頃レインボーライン付近かな?
CIMG5605.jpg
ハイカーの底力を見せつけてくださいね(笑)

時折湖面を渡る風が心地良い。
CIMG5606.jpg

水月湖の先には昨日登った雲谷山(786m)。
CIMG5607.jpg
今のところ、特に筋肉痛も出ていない。

ここはふくい里山トレイルのわかさ三方五湖周遊コース(26km)にもなっている。
CIMG5608.jpg

11:12 梅丈ランド(第1チェックポイント)(残り11.1km)
CIMG5609.jpg
到着と同時にリーダーが出発されていった(汗)

木陰でお昼にする。
CIMG5610.jpg

根が生える前にウォーク再開(11:33)
CIMG5611.jpg

再開直後から足に違和感が出始める。
CIMG5612.jpg
急に座って休んだので、筋肉が萎縮してしまったようだ。

お土産屋さんの前には無料の梅ジュースを求めて人だかり。
CIMG5613.jpg
私も疲労回復のため、一杯いただく。

12:19 伊良積の舟小屋
CIMG5615.jpg
この付近は福井梅発祥の地とされる。

12:43 梅の里会館(給水ポイント)(残り5.5km)
CIMG5616.jpg

梅干の試食コーナーで栄養補給(笑)
CIMG5617.jpg

前々回はパスした梅ソフト(250円)でクールダウンしてもうひと踏ん張り。
CIMG5619.jpg

道路にまで流れてくる蒲焼の香りのトラップが危険です(笑)
CIMG5620.jpg
第2チェックポイントの道の駅三方五湖を過ぎれば、ゴールまでもう少し。

Mさんに続いて無事ゴール!(13:58)
CIMG5622.jpg
別にストーカーしていた訳ではありません(笑)

タイムは4時間58分と、6時間もかかった前々回より大幅に短縮。
CIMG5623.jpg
お楽しみ抽選はハズレでした。

今年の20kmの部の参加者は880人。
CIMG5630.jpg
好天だったせいか、昨年より200名以上増えたそうだ。

まずはふるまいのしじみ汁へ。
CIMG5624.jpg

今回も無事具入りにありつくことができた。
CIMG5625.jpg
昨日と今日の疲れが一気に出てきたのか、ゴール直後から激しい筋肉痛に襲われる。

休憩所には10分ほど前に戻られたお二人の姿。
CIMG5629.jpg
40kmを6時間かからずに完歩されたとは、本当にスゴイ!
貴方たちこそハイカーの鑑です!

ツギロウさんは梅丈岳ではウォーカーたちをどんどんブチ抜いていたそうだ。
CIMG5627.jpg
やはり胸の”NO LIMIT”は伊達じゃありませんね(笑)

しかもあつぷりさんは明日も40kmに参加するというどえむぶり。
やはりチームAPに近づくのは超~危険です(笑)

栄養補給に若狭オムライス(500円)をオーダー。
CIMG5628.jpg
素材の97%が地元若狭町産の古代米や卵、梅などを使った和風オムライス。
97%というのが正直で好感が持てる。3%は海苔のようだ(笑)

昨日に続いてきららの湯で汗を流す。
CIMG5631.jpg
今日は割引券(300円引)があるのでお得。

今回も完歩することができたが、後半は失速し後続のウォーカーに結構抜かれてしまった。
特に小休止直後は筋肉が萎縮してなかなか足が進まなかった。
来年辺り40kmに挑戦と思っていたが、やはり私には20kmが限界のようです。


やっぱり、ウォークっていいね!

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/751-b7d43418