2016年5月3日(火・) 晴れのち曇り

白山ハイクの疲れや筋肉痛もなく、4時に目が覚める。

本当は荒島岳に行きたかったが、今日は風速10m以上の強風が吹き荒れ、
午後からは下り坂の予報だったので、近場の文殊山へ。

CIMG4677.jpg
昨日はフェーン現象で福井は最高気温30℃と、今年初めての真夏日を観測。
まだ5月になったばかりだというのに、いったいどうなっているんだろう・・・
今日も日中は暑くなりそうなので、久しぶりに涼しい早朝から登ってみる。
 
6:52 二上登山口駐車場
CIMG4678.jpg
まだ7時前だというのに、10台以上の車があった。

7:04 二上登山口(標高約26m)
CIMG4679.jpg

シャガ(射干)
CIMG4681.jpg
アヤメ科アヤメ属の多年草。ちょうど満開だった。

7:26 追分(Hポスト)(標高約175m)
CIMG4682.jpg
旧道にはいかず、本コースへ。

の花も咲き誇っていた。
CIMG4683.jpg

7:37 七曲合流点(標高約248m)
CIMG4684.jpg

7:48 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG4685.jpg

稜線に出ると、強風が吹いていた。
CIMG4687.jpg

8:04 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG4688.jpg
タイムはジャスト1時間。ご住職はまだかと思いきや、もう詰められていた。

住:「なんや、どうした? えらく早いな!」
よ:「そういうご住職こそ早くないですか?!(笑)」
住:「ほれ、忘れモノ、届いているぞ!」
CIMG4690.jpg
先月浄法寺山の山開きの際に、冠岳直登コース紛失した鯉のぼり
浄法寺山でご一緒になったT〇さんが帰りに拾って下さり、偶然にも文殊山でよくお会いする
T川さんとお知り合いだったため、T川さん経由でご住職に預けられたのだ。

浄法寺山で無くした鯉のぼりが、はるばる文殊山山頂で再会できるとは・・・
T〇さん、T川さん、本当にありがとうございました。
なおご足労いただいたのに恐縮ですが、鯉のぼりは本堂に寄付させていただきました(笑)

山頂にはこの時期、もっと立派な鯉のぼりも泳いでいます。
CIMG4698.jpg

住:「看板観たか?!」
よ:「えっ、先日作られていた看板ですか?」

先代の看板は強風で壊れてしまったので、ご住職が新調された。
CIMG4691.jpg

住:「いやそれもあるけど、もう1つの看板も・・・」

山頂の北側、児の火の直上に山座同定用の看板が新設されていた。
CIMG4693.jpg

しかもこの看板、写真でなく、なんと油絵
CIMG4692.jpg

常連で1000回登拝もされているM川翁が描かれ、山頂まで担ぎ上げてこられたそうだ。
CIMG4694.jpg
す、すごい!!
これから翁のこと、画伯と呼ばせていただきますから(笑)

山座同定板ができたので、私の説明も不要です。
CIMG4707.jpg

うっすらではあるが、昨日登った白山も遥拝できた。
CIMG4705.jpg

よ:「今日は登ってくる人が少ないですね・・・」
CIMG4704.jpg
住:「そらそうやろ。まだ8時ちょっと過ぎたところや(笑)」

昨日は麓の文殊小学校や福井南高等学校の遠足登山があって大賑わいだったそうだ。
よかった、昨日登らなくて・・・
あの”こんにちわー地獄”はもういいです(笑)

住:「あっ、スズメバチや!!」
CIMG4702.jpg
ご住職が網で捕獲したスズメバチは巨大で、私の親指並の大きさ!
スズメバチ捕獲用のトラップ(PETボトルに日本酒を入れたモノ)も設置されていますが、
時折飛び回っているので、特にお子様連れの方はご注意下さい。

トキワイカリソウ(常盤碇草)
CIMG4708.jpg
メギ科イカリソウ属 の多年草。

ニガナ(苦菜)
CIMG4709.jpg
キク科ニガナ属の多年草。花弁は通常5~6枚。
なお7~8枚がハナニガナ、9~10枚がタカネニガナ、11枚がクモマニガナと区別される。

ご住職から見せてもらった3D文殊山
CIMG4710.jpg
文殊会の会員の方が作成されたそうだ。
これなら登山道の位置関係や勾配の具合も一目瞭然ですね。

着色バージョンもあった。
CIMG4711.jpg
下のサイトのように、立体模型キットとして売り出せば、案外売れるかも(笑)

やまつみ 紙で作る山岳立体模型キット

水が張られた田んぼを眺めながら、まったりコーヒータイム。、
CIMG4699.jpg
今日の山めしはありません。

風速10m以上の強風が吹いているので、そろそろ降ります(8:59)
CIMG4712.jpg

コバノガマズミ(小葉の鎌酸実)
CIMG4713.jpg
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。

展望台下の階段を降りていると、前方からM川画伯が登場!
CIMG4715.jpg
よ:「画伯、すごい傑作ですね!」
伯:「傑作じゃなく、拙作じゃよ(笑)」
またまたご謙遜を(笑)

9:10 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG4716.jpg
下りも本コースへ。

タニウツギ(谷空木)
CIMG4717.jpg
スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。

9:18 七曲合流点(標高約248m)
CIMG4718.jpg
ぼちぼち登ってくる方が増え、GW中ということもあって小さなお子さん連れも多かった。

9:36 二上登山口(標高約26m)
CIMG4719.jpg
下りは37分。

春の花たちも終了し、すっかり初夏の装いだった。
山座同定板や3D地図など新たなツールも増えて、ますます快適なハイクが楽しめます。
これからの時期は暑さとの戦いでもあるので、涼しい早朝がおススメです。


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(二上コース) コースMAP
標高差339m
登り 1時間、下り 37分、TOTAL 2時間32分
今年16回目・通算174回目+1
出会った人 50人ぐらい(ご住職、M川翁他) 出会った動物 なし
2016年:45座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/740-ff650e26