2016年4月18日(月) 曇り

暖冬の影響か、県内各地の山々は例年より2週間ほど早い雪解け状況。
この様子ならもしかして、もう咲いているかもしれないとこの山へ。

保田経ヶ岳(ほたきょうがだけ)
CIMG4161.jpg
昨年登ったのはGW(5/2)だったので、ちょうど2週間前。
まぁ駄目でも鍛錬になるし・・・
 
登山口に続く中部縦貫道(大野勝山道路)のガード前に到着(9:17)
CIMG4163.jpg
ガード下のイノシシ除けフェンス前に軽トラが1台停まっていた。
林道終点まで行こうかとも思ったが、満車かもしれないので私もガード下に駐車。

登山口までは10分ほど林間を歩いていく(9:23)
CIMG4164.jpg
前回は第2鉄塔まで2時間半だったので、今回の目標タイムは2時間
チョッとハードルを上げすぎたかな?(笑)

この草むらにイノシシ捕獲用のワナがあるようだ。
CIMG4165.jpg

トキワイカリソウ(常盤碇草)
CIMG4166.jpg
メギ科イカリソウ属 の多年草。

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
CIMG4169.jpg
ケシ科キケマン属の越年草。有毒植物。

キブシ(雄花序)(木五倍子)
CIMG4170.jpg
キブシ科キブシ属に属する雌雄異株の落葉低木。

ヤマブキ(山吹)
CIMG4174.jpg
バラ科ヤマブキ属の落葉低木。

林道終点近くの路肩に先客の車が1台停まっていた。
CIMG4173.jpg
やっぱりここまで来れば良かったかな?(笑)

9:35 保田経ヶ岳登山口(標高約227m)
CIMG4175.jpg

序盤は沢沿いに緩やかに登っていく。
CIMG4176.jpg

ニリンソウ(二輪草)
CIMG4177.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

曇っているので開いているのは少なかったが、昨年同様、登山道脇に大群生
CIMG4180.jpg

ピンクがかった個体もある。
CIMG4183.jpg

エンレイソウ(延齢草)
CIMG4181.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

シャガ(射干)
CIMG4185.jpg
アヤメ科アヤメ属の多年草。

サワハコベ(沢繁縷)
CIMG4188.jpg
ナデシコ科ハコベ属の多年草。

この先6箇所ほど渡渉します。
CIMG4190.jpg

撮影に忙しく、なかなか前に進みません(笑)
CIMG4191.jpg

ここまで前回とほぼ同じ野草たちに出会っており、これは期待できるかも・・・
CIMG4192.jpg

ここからは一旦沢から外れ、造成林の中を登っていく(9:47)
CIMG4193.jpg

タチツボスミレ(立坪菫)
CIMG4196.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。至るところに咲いていた。

ヤマエンゴサク(山延胡索)
CIMG4200.jpg
ケシ科キケマン属の多年草。

この付近にはイカリソウが大群生。
CIMG4201.jpg

白だけでなく、紫色の個体も共生。
CIMG4203.jpg

山菜もいっぱい生えていたが、私はとるのは写真だけ。
CIMG4205.jpg

10:02 巡視路分岐
CIMG4207.jpg

ホクリクネコノメソウ(北陸猫の目草)
CIMG4209.jpg
ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。

この付近から急登が始まる。
CIMG4208.jpg

ミヤマカタバミ(深山片喰)
CIMG4211.jpg
カタバミ科カタバミ属の多年草。残念ながらほとんど閉じていた。

前方に年配の御夫婦らしき2人組。
CIMG4212.jpg
どうやら山菜採りをされているようなので、追い越しさせてもらう。

鎖場もあるが、普通に歩けば問題なし。
CIMG4214.jpg

カキドオシ(垣通し)
CIMG4217.jpg
シソ科カキドウシ属の多年草。

10:29 第1鉄塔(№153)(標高約520m)
CIMG4219.jpg
歩き始めから1時間6分。前回(1h24m)より18分短縮とまずまずのペース。

小休止していると、前方の尾根に男性2人組の姿。
CIMG4220.jpg
彼らもヤマシャク目当てなのかな?

鉄塔からは越前甲(越前大日山)(1319m)
CIMG4223.jpg
雲が多く、白山は遥拝できなかった。

昨年登った福井県三大急登の筆頭、みつまた山(1060m)
CIMG4222.jpg

男性2人組が降りてきたので、ヤマシャクの開花状況を尋ねるが首をかしげるだけ。
CIMG4225.jpg
彼らも山菜がメインで、花には全く興味がないようだ(笑)

第2鉄塔までは急な尾根を直登していく。
CIMG4226.jpg

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
CIMG4227.jpg
ムラサキ科ルリソウ属の多年草。

花たちに癒されながら、急登をよたよた登っていく。
CIMG4228.jpg

キクザキイチゲ(紫)(菊咲一華)
CIMG4230.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

今年も鉄塔直下に大群生
CIMG4231.jpg
なお昨年あった残雪は全くなかった。

ショウジョウバカマ(猩々袴)
CIMG4232.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

11:06 第2鉄塔(№154)(標高約730m) 
CIMG4233.jpg
タイムは1時間43分と、前回(2h31m)はおろか、目標の2時間も余裕でクリア。
やはり身体が軽くなると、こんなにも違うんだな(笑)

鉄塔には御夫婦らしき、別の2人組のハイカーがおられた。
CIMG4234.jpg
どうやら林道終点にあった車の方のようだ。

山頂に行く前に眺望を楽しみながら、御夫婦と談笑。
CIMG4237.jpg
彼らもメインは山菜採りのようだが、ヤマシャクのことを尋ねると、
「1株、開花直前のがあったよ」とのこと。

えっ? ありました?!
CIMG4240.jpg
目を皿のようにして見てきたんですが・・・

奥様の話では、小さい蕾も幾つかあったとのこと。
CIMG4239.jpg
蕾たちがあった地点を教えて貰う。

少し雲が取れて、白山は山頂部がお顔を出していた。
CIMG4236.jpg

一昨日登った浄法寺山(1053m)
CIMG4252.jpg
同じ日、手前の鷲ヶ岳にはまたアクマさんが出没したらしい。くわばらくわばら(笑)

あの山でも減量の成果を試してみようかな?(ウソ)
CIMG4238.jpg

御夫婦が下山されるので、私も腰を下ろす前に山頂に行こう(11:24)
CIMG4242.jpg

タムシバ(田虫葉)
CIMG4243.jpg
モクレン科モクレン属の落葉小高木。

11:28 保田経ヶ岳山頂(標高764.9m)
CIMG4244.jpg

登頂記念の三角点(二等・京ヶ岳)タッチ。
CIMG4245.jpg

山頂はほとんど眺望がないので、ソッコーで降ります(11:28)
CIMG4246.jpg

鉄塔に戻ってくると、雲が取れて白山がお姿を見せてくれた(11:31)
CIMG4248.jpg

一段と雪解けが進んだようだ。
CIMG4254.jpg

今日のお昼は、冷やしきしめんとおにぎり1個。
CIMG4250.jpg
回りの岩にある赤や白の斑点は、鉄塔再塗装工事のペンキ跡。
いくら岩だとはいえ、養生ぐらいすればいいのに・・・

食後は白山を遥拝しながらコーヒータイム。
CIMG4255.jpg

風が冷たいのでそろそろ降ります(12:04)
CIMG4256.jpg
帰りはヤマシャクを見逃さないように・・・

ミヤマカタバミ(深山片喰)
CIMG4259.jpg

保田経ヶ岳のキクザキイチゲは圧倒的に紫が多いが、
CIMG4262.jpg

白い個体もポツポツ咲いていた。
CIMG4263.jpg

12:24 第1鉄塔(№153)(標高約520m)
CIMG4264.jpg
教えて貰ったポイント付近をよく観察したが、ヤマシャクの蕾は見当たらなかった(涙)
また見落としたのか? それとも・・・

ヤマシャクが見られず、意気消沈しながら下っていく。
CIMG4265.jpg
まぁ、また来ればいいや(笑)

12:51 保田経ヶ岳登山口(標高約227m)
CIMG4268.jpg
47分で下山。

今回も私が最後でした(12:57)
CIMG4269.jpg

他の花たちはほぼ咲いていたが、お目当てのヤマシャクはまだ少し早かったようだ。
ただ間違いなく昨年より開花が早そうで、もしかすると週末辺りには咲いているかも。


やっぱり、山っていいね!

保田経ヶ岳(765m)
標高差538m
登り 1時間47分、下り 56分、TOTAL 3時間34分
今年1回目・通算2回目
出会った人 6人 出会った動物 なし
2016年:38座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/730-e84bced9