2016年4月16日(土) 晴れ

昨日に引き続き連休。天気も良いことだし、今日もお山に行こう!
今日は文殊山の児の火(ちごのひ)の準備奉仕あるようだが、ゴメンなさい(笑)

選んだお山は浄法寺山(1053m)
CIMG4021.jpg
永平寺町と坂井市丸岡町に跨る山で、かつて山中にあった曹洞宗の寺院名が由来とされる。
本当は昨日行くつもりだったのだが、強風だったので回避。
今日は風もあまりなさそうだし、気持ちいいハイクができそうだ。
 
登山口に続く上浄法寺町の入口に差し掛かると浄法寺山山開きの横断幕。
CIMG4020.jpg
やばっ、今日は山開きなんだ(汗)
さすがに山開きとなれば大勢のハイカーがいるだろうし、登山道や山頂も混雑しそう。
ハイカーの多い山は苦手で、別の山に変更しようかと思ったが、せっかくなので参加することに。

麓の浄法寺集落から登山口のある青少年旅行村までは約6kmの林道。
CIMG4022.jpg
全線舗装されているが、1.5車線の隘路なので対向車や落石などに注意。

8:47 浄法寺山青少年旅行村(標高約465m)
CIMG4023.jpg
やはり山開きだけあって、既に大勢のハイカーの車で駐車場は混雑。

準備を済ませ、受付(登山届)へ。
CIMG4024.jpg

受付で参加記念品をいただく。
CIMG4025.jpg
中身は軍手、シール2枚とお守り。

曹洞宗大本山永平寺の無病息災御護守。
CIMG4027.jpg

このシール、ザックには貼れないので、できればこのようなCANバッジの方がいい。
CIMG4026.jpg
また個人的にはシールより、禅の里の入浴割引券の方がうれしい。
その方がハイカーもおトクだし、町も温泉の売り上げアップになるのでは?

もうすぐ端午の節句なので、鯉のぼりでデコレーション(笑)
CIMG4028.jpg
周りの目が冷ややかなようですが気のせいでしょう。

管理棟脇では関係者による開山祭が開かれていた。
CIMG4030.jpg

フライングして登り始めている人も多く、私もひと足先にドロンします(笑)
CIMG4033.jpg

前峰の冠岳(838m)にはツツジが原コース直登コースの2コースあり、
CIMG4034.jpg
標準タイムは前者が1時間20分で、後者は50分と30分も短いが、尾根を直登するハードコース。
5年前に登った際には前者のツツジが原コースを利用。
迷った末、急登の連続だがハイカーが少なさそうな直登コースをチョイス。
なおツツジが原コースも後半こそなだらかですが、途中まではかなりの急登が続きます。

9:04 冠岳直登コース登山口(清水小場)(標高約465m)
CIMG4035.jpg
浄法寺山までの標準タイム(直登コース経由)は1時間50分。
休憩時間を含め、今日の目標は2時間30分。

序盤から結構急な階段です(汗)
CIMG4038.jpg

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)
CIMG4037.jpg
ケシ科キケマン属の越年草。有毒植物。

タチツボスミレ(立坪菫)
CIMG4040.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

野草を愛でながら急坂を登っていく。
CIMG4046.jpg

ヤマエンゴサク(山延胡索)
CIMG4042.jpg
ケシ科キケマン属の多年草。

トキワイカリソウ(常盤碇草)
CIMG4045.jpg
メギ科イカリソウ属 の多年草。

確かに道は急だが、階段等が整備されているので、ツツジが原コースよりは歩き易い。
CIMG4047.jpg

いったん緩やかになるもつかの間。
CIMG4048.jpg

ロープ場の急登が出現(9:37)
CIMG4050.jpg

タムシバ(田虫葉)
CIMG4049.jpg
モクレン科モクレン属の落葉小高木。

灌木の枝が登山道に張り出しているので、時折ザックに引っかかる。
CIMG4051.jpg

10:08 冠岳展望台(標高約820m)
CIMG4052.jpg
噂にたがわぬ急登だった。なお下りで利用する場合は十分ご注意下さい。

展望台からは福井・坂井平野が一望。
CIMG4053.jpg

もちろん、ホームの文殊山(365m)も望めます。
CIMG4054.jpg

荒島岳(1523m)や銀杏峰(1441m)も望めた。
CIMG4056.jpg

10:11 冠岳山頂(標高838m)
CIMG4058.jpg
タイムは1時間7分。標準タイムからは17分も遅れてしまった。
有名な福井・岐阜県境にある冠山(1257m)同様、冠(烏帽子)のような山容が山名の由来。

小休止しようとザックを下すと、ザックに差していた鯉のぼりがない!
ロープ場で何度か枝がザックに引っかかったが、どうやらその際に落としてしまったようだ(涙)

冠岳コースから登ってきた後続のグループに鯉のぼりのことを尋ねると、
上手に木の枝に引っかかっているらしく、山開きの演出かと思ったそうだ(笑)
そうなんです、みなさんの癒しのためにと、わざわざ設置したんですよ(大ウソ)

場所を確認すると、10分ほど下ったロープ場らしく、ソッコーで諦める。

少しヘコみながらも、行動食のおにぎりで栄養補給。
CIMG4059.jpg

「あら、こないだのお兄さんじゃないの!!」

おにぎりをパクついていると、ツツジが原コース側から登ってきた女性から声がかかる。
女性は先週、火燈山でお会いしたご夫婦の奥様だった。

T○さんというこの女性、なんとよく山でお会いするT川さんのお知り合いだそうで、
レポの写真を見たT川さんから私のことを伺ったそうだ。
ほんと世間は狭いですね(笑)
T○さんは昨年も参加されたそうで、昨年は冠岳山頂にはまだ残雪があったそうだ。

ひと足先に出発されたT○さんたちに続き、浄法寺山に向かう(10:32)
CIMG4062.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
CIMG4063.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

冠岳から先は一旦下っていく。
CIMG4064.jpg
この付近でT○さんたちに追いつき、道を譲られる。

トクワカソウ(徳若草、常若草)
CIMG4067.jpg
イワウメ科イワウチワ属の多年草。

先日の火燈山以上に咲き誇っていた。
CIMG4068.jpg

10:43 冠新道合流点(標高約790m)
CIMG4069.jpg
2009年にできたコースで、3年前に下山で利用したことがある。
林道を経て丸岡町側のじょんころ広場に至り、周回可能。

10:44 展望台分岐(標高約790m)
CIMG4070.jpg
先客がいたのでパス。

徐々に登山道脇に残雪が目につくようになる。
CIMG4072.jpg

見覚えのある山頂まで10分、がんばって!!の看板が見えてきた(11:20)
CIMG4075.jpg

登山道にも一部残雪があるが、ツボ足でノープロブレム。
CIMG4077.jpg

ただし雪解け水でぬかるんでいる箇所があるので、スパッツがあった方がいいです。
CIMG4078.jpg

11:30 浄法寺山山頂(標高1053m)
CIMG4080.jpg
タイムは2時間26分となんとか目標をクリア。
山頂はもっとハイカーがいるかと思いきや、7名ほどだった。

登頂記念の三角点(二等:浄法寺山)タッチ。
CIMG4081.jpg

山頂は木々が切り払われており、360度の眺望が楽しめる。
CIMG4084.jpg

今年も荒島岳(1523m)や経ヶ岳(1625m)に登りたい。
CIMG4082.jpg

白山は残念ながら山頂が雲の中だった。
CIMG4083.jpg

稜線の先には避難小屋のある南丈競山(1045m)
CIMG4085.jpg
どうしよう、今日はあそこまで行くのは止めようかな?

丈競山の先には、富士写ヶ岳(942m)や先日登った小倉谷山(910m)
CIMG4086.jpg
向こうの方がシャクナゲ目当てのハイカーで混んでいるんだろうな。

北側には鞍掛山(478m)、その先には能登半島も望めた。
CIMG4091.jpg

医王山(白兀山)(896m)もはっきりと望めた。
CIMG4092.jpg

丈競山はパスして、シートを広げお昼にする。
CIMG4089.jpg

10分遅れでT○さん到着。
CIMG4090.jpg
お疲れ様でした。

さっそくT○さんから、いろいろおすそ分けをいただく。
CIMG4097.jpg
ありがとうございます。

ラーメンの中の竹輪もいただきました(笑)
CIMG4095.jpg

ラーメンを食べていると、なんとseasunさんが登ってこられた(11:55)
CIMG4096.jpg
最近よく会いますね(笑) seasunさんはツツジが原コースから登ってきたそうで、
”向こうで待ってますから!”という言葉を残し、南丈競山に向かっていった。
え~ 待ってるって、今日はここで引き返そうと思ったのに・・・(笑)

T○さんたちも向かわれるそうなので、重い腰を上げる(12:22)
CIMG4098.jpg
♪丈競の避難小屋で 待ってて チャコールの 純白の白山が見たいの そして秘密・・・

浄法寺山からの下り部分にも残雪があり、雪解け水でかなりドロドロ。
CIMG4099.jpg

ぬかるみを抜けると、気持ちの良い稜線歩きとなる。
CIMG4100.jpg

オウレン(黄連)
CIMG4103.jpg
キンポウゲ科オウレン属の多年草。最近まで雪があったせいか、一斉に開花していた。

12:47 南丈競山山頂(標高1045m)
CIMG4105.jpg
浄法寺山から25分。

seasunさんとビアで乾杯!
CIMG4108.jpg
私が来るまで栓を開けずに待っていてくれたそうだ。ありがとうございます。

12分遅れでT○さんたちも到着。
CIMG4109.jpg

ここでもお菓子などをいただく。貰ってばかりですみません。
CIMG4110.jpg

南丈競山山頂からも360度の展望が開けている。
CIMG4112.jpg

白山は相変わらず雲が残っていた。
CIMG4111.jpg

昨日登ったホノケ山(737m)や遠く敦賀の西方ヶ岳(764m)も望めた。
CIMG4114.jpg

名残惜しいがそろそろ下山しよう(13:18)
CIMG4115.jpg
私が先頭で途中まで軽快にぶっち切って歩いていたが、登り坂で失速(笑)

13:42 浄法寺山山頂(標高1053m)
CIMG4116.jpg

K・H・K(下りは早い子)なので、seasunさんに先にいってもらう(13:45)
CIMG4118.jpg

ほらね、すぐに追いついたでしょ(笑)
CIMG4119.jpg
ここからはご一緒に降りていく。

ダンコウバイ(檀香梅)
CIMG4121.jpg
クスノキ科クロモジ属の落葉小木。

14:16 冠新道分岐点(標高約790m)
CIMG4122.jpg

クロモジ(黒文字)
CIMG4124.jpg
クスノキ科クロモジ属の落葉低木。

冠岳への登り返しがキツい・・・
CIMG4136.jpg

14:28 冠岳山頂分岐(標高約836m)
CIMG4137.jpg
下りはツツジが原コースへ。
鯉のぼりを見つけられた方、恐れ入りますが回収をお願いします(笑)

しばらくはなだらかな稜線歩き。
CIMG4138.jpg

14:40 びんつけ地蔵(標高約800m)
CIMG4140.jpg
小さなお地蔵(不動明王)さんと水場(湧き水)がある。

14:44 ツツジが原(標高約770m)
CIMG4142.jpg

ここから稜線と分かれ、ロープ場のある下りとなる。
CIMG4143.jpg

ミツバツチグリ(三葉土栗)
CIMG4144.jpg
バラ科キジムシロ属の多年草。

ハクサンハタザオ(白山旗竿)
CIMG4145.jpg
アブラナ科。

クサイチゴ (草苺)
CIMG4148.jpg
バラ科キイチゴ属の落葉小低木。

北アルプスを思わせる急な岩場が続く。
CIMG4150.jpg
冠岳直登コースよりは幾分斜度は緩やかだが、こちらの方が岩渡りで歩きづらい。

14:59 しし岩(標高約615m)
CIMG4152.jpg
相変わらず岩自体にペンキで書かれているのは勘弁してほしい(笑)

左手の岩壁は黒岩と呼ばれ、福井の岩登りのメッカ。
CIMG4157.jpg

お、登っているぞ!
CIMG4156.jpg
私には一生縁のないところです(笑)

15:20 ツツジが原コース登山口(標高約460m)
CIMG4160.jpg
浄法寺山から1時間35分。おつかれさまでした。

意図せずに偶然山開きに参加したのだが、記念品も貰えてラッキーだった。
またT○さんやseasunさんともご一緒することができ、楽しい1日でした。


やっぱり、山っていいね!


冠岳(838m)・浄法寺山(1053m)・南丈競山(1045m)
標高差593m
登り 2時間51分、下り 1時間59分、TOTAL 6時間16分
今年1回目・通算3回目
出会った人 50人ぐらい(T○さん、seasunさん他) 出会った動物 なし
2016年:35・36・37座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/729-ad6f8c88