2016年4月15日(金) 晴れ一時曇り

朝起きると、TVでは軒並み、熊本の地震関連のニュース。
昨夜は9時前に就寝したので、朝気付いてビックリ!
昔行ったことがある熊本城が無残な姿になっており、被害の凄まじさを改めて感じる。
謹んでお悔やみ申し上げるとともに、一刻も早く復旧できることをお祈りします。

今朝も晴れていたので山に行こうと外に出てみると、自宅前でもかなりの強風
1000m超の山に行くつもりだったが、麓でこんな強風だと山頂付近は台風並みかも。
そこで行き先を変更して、久しぶりにこの山へ。

ホノケ山
CIMG3902.jpg
かつて都や府中(武生)へ異変を知らせる狼煙(のろし)台があったからとされ、
火ノ気の意味も含まれていることから、穂ノ気山とも呼ばれていた。

2年前の秋に登って以来のご無沙汰で、先日火燈山で再会したNさん御夫婦と
3年前に初めてお会いしたのもこの山。
瓜生野からの塩の道にしようかとも思ったが、今回も奥野々コースをチョイス。
 
旧南条町側からR305で、奥野々第2登山口入口へ(8:01)
CIMG3903.jpg
林道は1車線と狭隘で、道路には落石もあるので慎重に。

8:04 第2登山口駐車場(標高約250m)
CIMG3904.jpg
時間が早いせいか、私が1番乗り。駐車場は狭く、せいぜい6~7台が限度です。

8:09 奥野々コース第2登山口(標高約250m)
CIMG3905.jpg
山頂までの標準コースタイムは1時間30分。
初めて登った5年前にはコースタイム通り(1h24m)に登れたが、果たして今回は・・・

登山口には最近話題のふくい里山トレイルの標識。
CIMG3906.jpg

県内に3コースあり、ここは延長27kmの越前海岸~府中 古道コース
CIMG3907.jpg
さすがに私には1日で歩ける脚力がないので挑戦はしません(笑)

まずは尾根を緩やかに登っていく。
CIMG3910.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)
CIMG3909.jpg
道中のアチコチで咲いていた。

ユズリハ(楪)
CIMG3911.jpg
ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木。雌雄異株で、これは雄株。
新葉が成長した後に、下の古葉が跡を譲るかのように散っていくことから名付けられた。

8:21 みつばちの巣跡(標高約330m)
CIMG3913.jpg

8:31 瓜生野コース(塩の道)合流点(標高約400m)
CIMG3914.jpg
右側の瓜生野コースと合流。かつてこの道で、敦賀方面から府中(武生)に塩が運ばれた。

しばらくなだらかな稜線歩きとなる。
CIMG3915.jpg

シハイスミレ(紫背菫)
CIMG3917.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

8:39 切り通し入口(標高約450m)
CIMG3918.jpg

この道はまぼろしの北陸道とも呼ばれ、往時は頻繁に人馬が往来したとされる。
CIMG3919.jpg

ここで奥野々コース第1登山口からのルートと合流(8:54)
CIMG3920.jpg
合流点には倒木でバリケードがしてある。
以前はこちらのルートを歩く人も多かったが、最近は少なく道が荒れているそうだ。

ここから先は少し急になる。
CIMG3921.jpg

春の訪れを待ちわびたブナの新芽たちの喜びの声が聴こえてくるようだ。
CIMG3923.jpg

9:08 佐々布光林坊墓跡(標高約590m)
CIMG3924.jpg
佐々布光林坊掟俊は朝倉氏滅亡後に信長に仕えたが、一向一揆勢に追われ、
ここで自刃したと伝えられる。

光林坊墓跡から一旦下っていく。
CIMG3925.jpg

9:11 菅谷峠(すげたん)(標高約560m・山頂まで800m)
CIMG3926.jpg
ラクしたい方はここまで車で来られます(笑)

峠には東屋と無線設備が新設されていた。
CIMG3927.jpg
ついでにトイレもできるとウレシイのですが(笑)

風が冷たいのでジャケットを羽織って再出発(9:15)
CIMG3929.jpg

トクワカソウ(イワウチワ)は終了モード。
CIMG3930.jpg

再びブナ林になると急登となる。
CIMG3931.jpg

毎回ここの急坂には苦しめられているのだが、今日は意外とスイスイ登っていく。
CIMG3932.jpg
以前は100m置きにあった標識、見かけたのはここだけだった。
もっとも下を向いて登っているので、見落としただけかもしれませんが(笑)

9:41 展望台(標高約730m・山頂まで200m地点)
CIMG3933.jpg

日野山(795m)は望めたが、白山は生憎霞んで遥拝できなかった。
CIMG3935.jpg

展望台から先はなだらかな道になる。
CIMG3937.jpg

9:46 ホノケ山山頂(標高736.8m)
CIMG3938.jpg
タイムは1時間37分。記録更新とはいかなかったが、前回より10分短縮とまずまず。

予想通り、山頂には誰も居なかった。
CIMG3943.jpg

山頂には時折強い風が吹いていたが、早朝よりは幾分収まってきた感じ。
CIMG3942.jpg

西側からは日本海が望める。
CIMG3945.jpg

敦賀半島の蠑螺ヶ岳(685m)も望めた。
CIMG3944.jpg

山頂にもふくい里山トレイルの標柱があった。
CIMG3939.jpg
ただ気になるのは木製で、しかも根巻きもせずにそのまま地面に埋めている点。
柱自体には防腐剤(クレオソート)が塗られていたが、根元部分は地中の水分や積雪の影響を
受けるので腐りやすい。
木柱を埋める場合、根元部分にガルバ鋼板やSUSを巻いて、直接土に触れないようにするのが一般的。
予算の関係上、このような施工にしたのだろうが、耐久性を考えると・・・

風を避けながら食事にする。
CIMG3946.jpg

山頂には春の使者、ギフチョウが乱舞。
CIMG3947.jpg

誰も登ってこないので、そろそろ降りることに(10:28)
CIMG3951.jpg

タムシバは終了間近。
CIMG3952.jpg
途中3人組のハイカーとすれ違う。

菅谷峠に戻ってくると、他県ナンバーの1台の車(10:46)
CIMG3953.jpg
てっきり観光かと思いきや、大きな網を持って振り回している。
どうやらギフチョウを捕獲しているようだ。
2人組で、装備も素人っぽいモノではなく、明らかにプロのいでたち。

福井県では絶滅危惧II類に指定されているが、捕獲を禁ずる保護条例は
残念ながら福井市の足羽山(市天然記念物)にしかない。
ホノケ山での捕獲自体は違法ではないが、ギフチョウは羽化後1~2週間の寿命しかなく、
1年近くを地中で過ごし、ようやく春の訪れで短い命を謳歌している。
記念や記録なら写真でいいし、100歩譲って標本にするにしても、1頭あれば充分。
そんなギフチョウを、しかも大量に捕獲するのは悲しいことだと思う。

なまじっか林道があるばかりに、容易に車で登ってこられるのが裏目になったようだ。
捕獲者がこちらを見た際、思わずにらみ返してしまいました(笑)

10:50 佐々布光林坊墓跡(標高約590m)
CIMG3954.jpg
なんか気分が悪いので、今回も足谷山(580m)はパス。

私の周りをギフチョウが付き纏ってくる。
CIMG3955.jpg
あんな奴らに捕まるなよ・・・

11:11 瓜生野コース(塩の道)分岐点(標高約400m)
CIMG3956.jpg

お天気が良いせいか、他に2組のグループとすれ違う。
CIMG3958.jpg

11:23 奥野々コース第2登山口(標高約250m)
CIMG3959.jpg
下りは55分。

せっかく気持ちの良いハイクだったのに、心無い捕獲者たちのせいで後味の悪い感じになってしまった。

”山でとるのは写真だけ”


ホノケ山(737m)(奥野々コース:第2登山口)
標高差487m
登り 1時間37分、下り 55分、TOTAL 3時間14分
今年1回目・通算4回目
出会った人 9人(ハイカー7人) 出会った動物 なし
2016年:33座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/726-e979a3e3