飯降山(884m)2回目

author photo

Byよっし~

2016年4月9日(土) 晴れ

減量開始から2ヶ月が経過。
順調に減ってきたが、80kg台を目前にして2週間以上足踏み状態が続く。
このところヌルい山ばかり登っているので、そろそろガツンとした山に登らないと
なかなか減ってくれないのかも。
かと言ってハイカーの多い山は苦手なので、登り応えがあってハイカーの少ない山は・・・
一瞬、みつまた山が頭をよぎったが、即座に打消してこの山へ(笑)

飯降山(いふりやま)
CIMG3686.jpg
大野市の西端、福井市との境にある山で、4年前に一度登ったことがある。
山名は泰澄大師や3人の尼僧の伝説に由来し、「まんが日本昔ばなし」にもなっている。
また御岳山とも呼ばれ、地元の方はもっぱら親しみを込めて”御岳さん”と呼んでいる。
 
今日も寝覚めが悪く、起きると10時過ぎ(汗)
CIMG3685.jpg
画像は福井市側から見た飯降山で、福井市の最高峰(884m)でもある。
福井市側の上味見地区からも登山道があるが、近年は登る人が少ないため荒れているそうだ。

11:06 飯降公民館駐車場(標高約189m)
CIMG3689.jpg
今回も先行者らしき車が2台あった。マイナーと思ったら、意外と人気があるんだな(笑)

駐車場の八重桜は満開だった。
CIMG3690.jpg

この地区の名物、シバザクラ(芝桜)も咲き始めていた。
CIMG3691.jpg
なお有名な乾側地区のシバザクラはまだ1分咲程度でした。

準備を済ませ、100mほど先にある登山口へ向かう。
CIMG3692.jpg

荒島岳(1523m)の残雪も一段と減った様子。
CIMG3693.jpg

11:12 飯降山登山口(標高約180m)
CIMG3694.jpg
イノシシ除けの高圧電線を外して通過。
山頂まで2.8km、標高差約700mで、例えるなら鬼ヶ岳(1.4km・標高差400m)を2回登る感じ。
今日の目標タイムは前回同様、2時間30分。

おっと、その前に鍛錬も兼ねてを1個ザックに入れる。
CIMG3704.jpg
本当の理由は後ほど。

前回、最初見落とした登山口の標識も立派な石製になっていた。
CIMG3696.jpg
これなら見落とすことはないですね(笑)

タチツボスミレ(立壷菫)
CIMG3700.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。麓から山頂近くまで幅広く咲いていた。

泰澄大師ゆかりの山で、神仏習合の飯降白山大権現が祀られている。
CIMG3701.jpg

まずはU字型に掘れた支尾根を登っていく。
CIMG3702.jpg

11:20 飯降白山大権現(標高約235m)
CIMG3703.jpg
本地仏は十一面観音菩薩で、垂迹神は伊邪那岐命。

社の横を抜けて進むと道が分岐し右へ。
CIMG3705.jpg

前回はなかった標識も設置されていた。
CIMG3706.jpg
こういった不具合を改善されているのは素晴らしい。

タムシバ(田虫葉)
CIMG3707.jpg
モクレン科モクレン属の落葉小高木。ニオイコブシとも呼ばれ、同属のコブシは大野市の市花。
なおタムシバとコブシの見分け方は、花の下に葉が1枚あるのがコブシで、ないのがタムシバ。

11:25 1合目(標高約250m)
CIMG3708.jpg

前回もあった各合目の標識も新しくなっていた。
CIMG3709.jpg
でもこれは相変わらず小さいんですね(笑)

左手に飯降山山頂に続く急登が見えてきた。
CIMG3710.jpg
前回は標準タイム(2h30m)で登れたが、果たして今回は・・・

1箇所倒木が道を塞いだ箇所があった。
CIMG3711.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)
CIMG3712.jpg
ツツジ科ツツジ属の落葉低木。

カタクリもポツポツ見受けられたが、この付近は終了モード。
CIMG3716.jpg

11:38 2合目(戌山城址コース合流点)(標高約320m)
CIMG3717.jpg
右手へ進むと、朝倉氏の山城だった戌山城址へと続く。
また戌山は、最近売り出し中の”天空の城”の展望スポットでもある。

前回、倒木でバリケードされていた箇所もスッキリ。
CIMG3718.jpg

トキワイカリソウ(常盤碇草)
CIMG3721.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。
嶺北、特に奥越は白い個体がダントツに多いのだが、飯降山では紫色がほとんどだった。
なんでだろう? 土壌が関係するのかな?

前回は目に眩しい新緑だったが、1ヶ月早いせいか今日はまだ芽吹く前。
CIMG3722.jpg

11:51 3合目(標高約390m)
CIMG3724.jpg
各合目はおよそ標高差70mごとに設置されているようだ。

この辺りは登山道の両脇にカタクリが群生。
CIMG3726.jpg
新芽を踏まないように注意しながら登っていく。

12:05 4合目(標高約460m)
CIMG3727.jpg
ここから飯降山の急登が始まる(大汗)
そろそろ小休止したいところだが、もう少し頑張ろう。

4合目から少し進むと急に前が開け、何やら見慣れない林道に出る(12:12)
CIMG3728.jpg
しかもここで登山道は途切れている。 前回こんな場所はなかったはずだが・・・

付近をよ~く見回すと、従来の登山道(黄色線)が土砂崩れで崩落してしまったようだ。
CIMG3730.jpg
崖はかなりの急勾配で、しかもまだ崩れそうな感じ。これ登るのか? 

さらに付近を注視すると、崩落個所の左側にロープ場が設置されていた。
CIMG3731.jpg
ただこのロープ場もかなりの急勾配で、一筋縄ではなかなか大変そう。

ロープを登る前に小休止しよう。
CIMG3733.jpg
休憩していると後続からソロの男性が登ってこられた。

コントのように登っては滑り落ちを数回繰り返した後、どうにか登山道に復帰(笑)
CIMG3734.jpg
結構体力を使ってしまったので、ロープ場上でもしばしへたりこむ(12:23)
ちょうど別のソロの男性が下ってきたが、彼は登りではこのロープを見逃したらしく、
林道の途中から藪漕ぎで復帰したそうだ。

12:40 5合目(標高約530m)
CIMG3737.jpg
4~5合目の区間は35分と大ブレーキ。

鍛錬で入れた石の重さや暑さも加わってヘロヘロで、たまらずここでも小休止(12:53)
CIMG3738.jpg

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
CIMG3739.jpg
ムラサキ科ルリソウ属の多年草。

13:08 6合目(標高約600m)
CIMG3741.jpg
そろそろ2時間が経過。このペースだと今日は3時間コースだな(汗)

多少つづら折れにこそなっているが、ほぼ尾根直登なのでキツい。
CIMG3744.jpg

13:22 7合目(標高約670m)
CIMG3745.jpg

山頂までまだ210mも登るのか・・・
CIMG3746.jpg

花を愛でる気力もなく、よたよた登っていく。
CIMG3747.jpg

13:36 ケーブルテレビアンテナ(標高約720m)
CIMG3748.jpg
ここでもたまらず小休止。
ここまで林道が通じているが、一般車が通行できるかは不明。

白山の雪解けも一段と進んだ感じ。
CIMG3750.jpg
この分だと今年の別当出合までの開通は早くなるのかな?

ショウジョウバカマ(猩々袴)
CIMG3751.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

13:49 8合目(標高約740m)
CIMG3752.jpg
既に目標の2時間30分が経過し、残り標高差は140m。

この付近は見事なブナの原生林で、新緑の頃はもっと素晴らしい。
CIMG3755.jpg

14:05 9合目(標高約810m)
CIMG3757.jpg
この分だと3時間も超えそう。情けない・・・

見覚えのある石垣が見えてきたら、山頂まではあと少し。
CIMG3760.jpg

14:19 御嶽神社(標高約870m)
CIMG3761.jpg
先ほど道を譲った男性がくつろがれていた。

「この先の展望台の方が眺めがいいですよ」と勧め、先に進む。
CIMG3763.jpg

祠の先にあった反射板は撤去されていた。
CIMG3765.jpg

14:21 飯降山山頂(標高884.3m)
CIMG3766.jpg
タイムは3時間9分と前回より40分近くもオーバー。

以前は雑木やクマ笹が茂っていた山頂付近は、すっきりと切り払われていた。
CIMG3764.jpg

三角点(二等:御岳山)にタッチし、展望台のある奥の院へ。
CIMG3767.jpg

奥の院までの道もすっかり切り払われ、前回とは見違えるほどすっきり。
CIMG3769.jpg
着々と整備が進んでいるようだ。

14:23 奥の院(山頂広場)(標高約880m)
CIMG3770.jpg
奥の院には誰もいなかった。

午前中より霞んできて、僅かに前峰の小荒島岳(1186m)が見える程度。
CIMG3773.jpg

銀杏峰(1441m)や部子山(1464m)方面にも雲が増えてきた。
CIMG3772.jpg

程なく先ほどの男性も到着。
CIMG3774.jpg
男性も眺望の良さに感動されていた。

今日もいっぱい担いできました。
CIMG3775.jpg

特にこの石、1kg以上あってかなり堪えました(笑)
CIMG3776.jpg

なんでこんな重い石を担いできたかというと、飯降山に残るある伝説からなんです。
CIMG3778.jpg
はるか昔、荒島岳と背比べして負けた飯降山の神様が、少しでも高くなるようにと、
「端午の節句に参詣する者は、一片の石を持ってくるように」
と命じ、石を持ってきた者には、1つだけ願いを叶えてくれるらしい。

私の願い事はもちろん減量です!
CIMG3777.jpg
これでご利益間違いなしですね(笑)

今日はビアが美味いです!
CIMG3779.jpg
食後、男性としばし談笑。永平寺町から来られた男性は、今月24日に越前五山の1つ、
吉野ヶ岳(547m)で開催される町民ハイク大会の足慣らしで登られたそうだが、
こんなにキツい山だとは知らなかったとのこと。
吉野ヶ岳の予行演習にしちゃ、えらくハードルを上げましたね(笑)

結構長居したので、ひと足先に下山開始(15:17)
CIMG3781.jpg

水1L、ビア、食材、石などがなくなったので、ザックは3kg以上軽くなりました(笑)
CIMG3788.jpg

15:33 ケーブルテレビアンテナ(標高約720m)
CIMG3789.jpg

今日一番べっぴんさんだったカタクリ。
CIMG3792.jpg

崩落現場に戻ってきました(15:55)
CIMG3794.jpg

下りは登り以上に危険なので、ロープを掴んで慎重に降りていく。
CIMG3795.jpg
正直、脚立か梯子を設置しないと子供や背の低い方、握力のない方は通行できないかも。
特に下りの最後部分は、半ば飛び降りる感じになります。

登りで見落とした白いイカリソウ。
CIMG3799.jpg
見かけたのこの1株だけでした。

16:13 2合目(戌山城址コース分岐点)(標高約320m)
CIMG3800.jpg

ヤマハンノキ(山榛の木)
CIMG3803.jpg
カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。

麓が見えてきた。
CIMG3807.jpg

16:29 飯降山登山口(標高約180m)
CIMG3808.jpg
下りは1時間12分。

ご褒美として、ソフトクリームでクールダウン。
CIMG3809.jpg
帰りに温泉で測ったら、▲1kgでした(笑)

標高は900m未満と決して高くないが、標高差が700mもあり結構ハードなお山です。
みつまた山は同距離で、さらに160mも余分に登るのでもっと過酷ですが(笑)
4~5合目間の崩落個所はかなり危険なので、十分ご注意ください。

やっぱり、山っていいね!


飯降山(884m)
標高差704m
登り 3時間9分、下り 1時間12分、TOTAL 5時間17分
今年1回目・通算2回目
出会った人 4人 出会った動物 なし
2016年:31座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
飯降山、お疲れさんでした。
日野山を登るような感じでいいですね。私達も一度登ってみたいと思っていた山です。
1kgの石は重そうなので私は100gの小さいほうの
石で勘弁してもらおうかな~~~(笑い)。
私達は10日の日に天子山に登って来ました。
ミノコバイモは終わっていましたが、ヤマルリソウ、
イカリソウ、カタバミ、キクザキイチゲなど色とりどりの花が沢山咲いていました。
帰りに休憩小屋でオジサンに飲み物のサービスを受けて、ビックリポン、こんな山は初めてでした。
下山後に文殊山に登って来ましたが、大勢の人で大変なにぎわいでした。

2016/04/11 (Mon) 09:50 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

確かに日野山に似ていますね。
マイナーな山ですが、山頂からの眺めはまずまずなのでぜひ登ってみてください。
でも例の崩落現場、足の短いのりちゃんさんだとちょっと厳しいかも(ウソ)


天子山に登られたんですね。
キツいけどお花が多くていい山でしょう。
あれだけの種類と数が見られる里山、私が知る限り福井県№1だと思います。

2016/04/11 (Mon) 12:42 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
足の短い私でも頑張って登って見せますぞ~~~(笑い)
天子山は私も今まで登った山の中ではNO1の花の山です。

2016/04/11 (Mon) 15:35 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はいはい、頑張ってください(笑)

登られるのなら、ブナの新芽が芽吹くGW明け頃の方がいいですよ。
同じ場所でもこんなに様子が違いますから・・・

現在
http://blog-imgs-92.fc2.com/y/o/t/yotayotayoshi/CIMG3755.jpg

5月中旬頃
http://blog-imgs-53.fc2.com/y/o/t/yotayotayoshi/IMG_1194.jpg

2016/04/11 (Mon) 15:51 | EDIT | REPLY |   

kozakura2702  

飯降山は次のお休みに、まさによっし~さんと同じ理由で登ろうと思っていたところです。

崩落&ロープ情報ありがとうございます。
うっかり薮漕ぐところでした。
でも…足、届くかな(´ω`)

2016/04/12 (Tue) 20:44 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

kozakura2702さん こんにちは

コメントありがとうございます。

飯降山をご計画で、しかも私と同じ理由?
まさか減量ではなく、鍛錬のためですよね。
先日お見かけした際、まじまじと見た訳ではないですが、結構スリムな方だった記憶があるんですが・・・


4~5合目間の崩落個所ですが、ロープがある場所の登りだしの部分が少しやっかいです。
登りだし部分の3mほどはほぼ直角で、しかも足場が崩れやすくなっています。
このため半ば腕の力だけで登る感じとなり、私は2度ほど滑り落ちました(笑)
またそこを通過しても木が邪魔しているので歩きづらく、できればポール類は仕舞って両手を使えるようにした方がいいと思います。

なお下りの際も結構大変で、消防士の方が行う垂直降下(斜面に正面を向け蹴るような感じで降りていくやつ)のような感じじゃないと降りにくいと思います。

正直林道を100mほど進んだ先から藪漕ぎした方が危険度は少ないかも。

2016/04/13 (Wed) 11:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (114)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)