2016年3月22日(火) 快晴

このところ晴れ間もあったが、気温がやや低い日が続く。
ブロ友さんのレポでは文殊山のカタクリもようやく開花したようだが、
今日は絶好の天気のようなのでだいぶ増えているかも。

文殊山
CIMG2886.jpg
奥文殊のカタクリを見ようとすると四方谷コースがベストだが、
久しぶりに橋立(酒清水)コースで登ってみよう。
 
9:53 酒清水(橋立コース登山口)(標高約20m)
CIMG2887.jpg
ちょうど6名ほどの女性グループが出発されるところだった。
人数の割に車が1台しかなかったので、半田側に縦走されるのかな?

ポリタンク持参で汲みに来る方も多い名水で、持参したPETボトルに酒清水を満たす。
CIMG2888.jpg

おねーさまたちに遅れること7分、私もハイク開始(10:00)
CIMG2889.jpg
普段は朝寝坊のカタクリさんだが、今日はもう起きているかな?

登山口脇の部分が随分削られていた。
CIMG2890.jpg
どうやら造園業者が山土を採取しているようだ。

橋立コースは冒頭から急登が待ち受けている。
CIMG2891.jpg

ロープも設置されているが、この日は路面が乾いていたので比較的登り易かった。
CIMG2892.jpg

10:06 鉄塔(標高約70m)
CIMG2893.jpg

鉄塔を過ぎると幾分緩やかになるが、いやらしい傾斜が続く。
CIMG2894.jpg

ここで登山道は90度折れ、橋立山・文殊山方面は右へ。
CIMG2895.jpg

おねーさまたちの姿は全く見えず、話し声やクマ鈴の音さえ聴こえません。
CIMG2896.jpg
さぞかし足に覚えのある姐さんたちなのだろうか(笑)

10:36 青葉台(京斎谷)コース合流点(標高約220m)
CIMG2897.jpg

右手からくる青葉台(京斎谷)コースと合流するが、木の枝でバリケードされていた。
CIMG2898.jpg
間違って青葉台側に降りないようにするためなのだろう。

10:41 橋立山山頂(標高261.3m)
CIMG2899.jpg
山頂にはソロの男性が休憩されていた。

三角点(四等・橋立山:現在成果公表停止中)にタッチ。
CIMG2900.jpg
少し先にあるアンテナ付近でさっきのおねーさまの3人が休憩されていた。
どうやらもう3人とは別グループで、このグループは愛知県からお越しで、
北鯖江駅から橋立コースで登り、半田コースで大土呂駅に降りる縦走プランだそうだ。

文殊山は初めてらしく、案内がてら山頂までご一緒することに。
どうぞお手柔らかに(笑)

10:47 四方谷コース合流点(標高約233m)
CIMG2901.jpg

オウレン(黄連)
CIMG2902.jpg
キンポウゲ科オウレン属の多年草。

おねーさまたちもかなりお花が好きなようで、開花前のカタクリを見つけては歓声を上げる。
CIMG2903.jpg
いやいや、これはまだ序の口ですから(笑)

10:56 P255(徳尾コース合流点)(標高約255m)
CIMG2904.jpg
左側の徳尾コースは廃道状態なので、経験者以外不向きです。

ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)
CIMG2905.jpg

今日はしっかりと花弁が開いていた。
CIMG2906.jpg
でも先日見かけた6輪ほど花のついた株が見当たらなかった。もしかして・・・

おねーさまたちにアマナを紹介するが、カタクリやオウレンと比べるとテンションはイマイチ。
CIMG2907.jpg
どうも太平洋側に多いキバナノアマナ(黄花の甘菜)の仲間ぐらいにしか思われなかったようだ。
これ絶滅危惧種で、福井県では文殊山でしか見られないんですよ(笑)

おねーさまたちのお目当てはやはりカタクリ
CIMG2908.jpg

10株ほど開花しており、写真撮影に忙しそう(笑)
CIMG2909.jpg

これから日を追うごとに続々と開花していきそうだ。
CIMG2911.jpg

奥文殊のヌシもご紹介。
CIMG2912.jpg

11:23 奥の院(標高350m)
CIMG2914.jpg
小休止後、山頂を目指します(11:30)

おねーさまたちは胎内くぐりへ。
CIMG2916.jpg
”あら、いやだ、安産のご利益ってどうしましょ(笑)” 
”・・・・・・・(苦笑)”

何度もの登り返しでバテ気味のおねーさまも、シュンランを見せるとテンション回復。
CIMG2917.jpg
お花は抜群のドーピング剤ですね(笑)

11:41 南井コース合流点(標高約314m)
CIMG2918.jpg

途中見かけた見慣れない標識
CIMG2919.jpg

どうやら県が推奨するふくい里山トレイルのもののようだ。
CIMG2920.jpg
整備されるのはいいことだが、ハイカーやランナーが増えることでのマナーがちょっと心配。

道中でも誰かに踏まれたカタクリが何株も見受けられた。
CIMG2921.jpg

11:53 大文殊(頂上)(標高365m)
CIMG2922.jpg
タイムは1時間53分。いつもの無様な歩きはすまいと頑張ったせいか、
これまででベストタイム(笑)

この日は雲ひとつない青空で、白山もはっきりと遥拝できた。
CIMG2934.jpg
おねーさまたちもこの絶景に感動されており、こちらもなんかウレシイ気分。

三連休の後なのでてっきりサボ、ご不在と思いきや、ご住職も詰めておられた。
CIMG2931.jpg

先日作られていた力作?も完成していた(笑)
CIMG2933.jpg
来年は泰澄大師が開山(717年)して、ちょうど1300年です。

まさに春の陽気だが、山頂の気温は意外に13℃と低め。
CIMG2932.jpg

おねーさまたちと別れ、いつも特等席でランチにする。
CIMG2924.jpg
あれ? えっ、まさか・・・

いっぱい担いできたが、なんとガスストーブを入れ忘れてきてしまった!

ザックの中を探して、火気なしで食べられるのは僅かにコレだけ。
CIMG2926.jpg
普通の方はこれで充分だと言うかもしれませんが(笑)

せっかくいっぱい背負ってきたのに・・・
CIMG2927.jpg

すると見兼ねたご住職が、ガスコンロを貸してくださった。
CIMG2928.jpg
ありがとうございます。まさに仏様です(笑)

先ほどのモノに加えて全部食べましたがなにか。
CIMG2930.jpg

私も半田コースで降りて電車で戻ろうかとも思ったが、ピストンすることに(13:40)
CIMG2935.jpg
これまで2度橋立コースで登っているが、ピストンするのは実は初めて。
また小銭入れの中に100円ほどしかなかったのは内緒です(笑)

13:48 南井コース分岐点(標高約314m)
CIMG2938.jpg

今日一番だったお嬢さん
CIMG2937.jpg
popさん風に言うと、トリンドル玲奈クラスかな?(笑)

13:58 奥の院(標高350m)
CIMG2939.jpg

今日は稜線からも白山がずっと見えていた。
CIMG2940.jpg

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
CIMG2941.jpg
オオバコ科クワガタソウ属の越年草。フグリってアレのことなんですよ、奥さん(笑)

14:28 四方谷コース分岐点(標高約233m)
CIMG2945.jpg

14:36 橋立山山頂(標高261.3m)
CIMG2946.jpg

14:40 青葉台(京斎谷)コース分岐点(標高約220m)
CIMG2947.jpg
青葉台コースはかなり荒れているので、経験者向き。

登りの時も感じたが、橋立山から先は獣臭い
CIMG2948.jpg
おそらくハイカーの合間を縫って獣たちが行き来しているのだろう。

酒清水は左なので、下山の際はご注意を。
CIMG2949.jpg
ただ直進側にもリボンがしてあったので、降りられるのかも。
どうやら徳尾町の農業用水整備記念碑辺りに降りるようだ。

最後の急坂は慎重に。
CIMG2951.jpg

15:06 酒清水(橋立コース登山口)(標高約20m)
CIMG2952.jpg
下りは1時間26分。

下山後は浅水川の対岸にある北鯖江PAへ。
CIMG2953.jpg

ここは高速利用者以外も利用でき、トイレを借りにきました。
CIMG2954.jpg

15:14 北陸道北鯖江PA
CIMG2955.jpg

用を済ませたら、ついいつものくせでカレーそば(460円)を注文(笑)
CIMG2956.jpg
減量は明日からまた頑張ろう。


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)・橋立山(261m)(橋立(酒清水)コース) コースMAP
標高差345m
登り 1時間53分、下り 1時間26分、TOTAL 5時間6分
今年13回目・通算171回目+1
出会った人 25人ぐらい(ご住職、I佐翁、愛知県のおねーさま3人他) 出会った動物 なし
2016年:24・25座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/714-b1b25c40