文殊山新ルート開拓 北大新道

author photo

Byよっし~

2016年3月15日(火) 曇り一時晴れ

今日も雨こそ降らないようだが、あまりイイ天気ではない予報。
カタクリはまだ開花していないだろうから別の山にでもと思ったが、
どえむマスターコウダ宿題を思い出す。

もう一つ気になっているのが、
大村コースから北山コースの間が狭いので
行けそうな感じなんですよね。

(だからさっさと調査してこい!)

文殊山
CIMG2535.jpg
へいへい、かしこまりました。
放置しておくと、後でどんなお仕置きを受けるか分からないので調査に行ってきます(笑)
 
9:08 北山コース登山口(標高約19m)
CIMG2536.jpg
予想通り先客の車はなし。まぁ普通のハイカーは使わないですからね(笑)

今日も長靴でハイク開始(9:11)
CIMG2537.jpg

当然トレースは獣ばかり(笑)
CIMG2538.jpg

倒木が道を塞いでいるので、車の通行は現在不能。
CIMG2539.jpg

9:21 林道分岐①(標高約90m)
CIMG2540.jpg
1つ目の林道分岐。北山コースには右側に進むが、今日はへ。

分岐から1分ほど進むと、左手に小高く開けた部分が見えてくる。
CIMG2541.jpg
アレが大村コースかな?

林道はまだ続いていたが、ここから登ってみる(9:22)
CIMG2542.jpg

緩やかな部分を探しながらジグを切って登っていく。
CIMG2543.jpg

9:25 大村コース合流点①(標高約108m)
CIMG2544.jpg
予想通り、大村コースに合流
合流地点は古墳坂上の本コースと古道②が再合流するところだった。

ここからは大村コースを歩いていく。
CIMG2545.jpg

右下には先ほどの林道が見えている。
CIMG2546.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
CIMG2548.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

9:28 ツチノコ坂下(古道③分岐)(標高約125m)
CIMG2549.jpg
もちろん右の本コースへ。あの古道は二度と通りたくありません(笑)

林道はいったいどこまで続いているんだろう?
CIMG2550.jpg

どうやらアレが林道終点のようだ。
CIMG2551.jpg

林道終点から大村コースへの取付口(大村コース合流点②)を確認しながら進んでいく。
CIMG2552.jpg

ここならそれほど苦労せずに合流できそうだ。
CIMG2553.jpg
合流点②はツチノコ坂が右にカーブしながら、Gポストに登っていく中間辺り。

北山コースと大村コースを繋ぐ新ルートなので、勝手ながら頭文字を取って
北大新道と呼ばせていただきます。

9:33 ツチノコ坂休憩所(Gポスト)(標高約154m)
CIMG2554.jpg

9:38 小平(こべら)(標高約190m)
CIMG2556.jpg

小平から先はなだらかな稜線歩き。
CIMG2557.jpg

9:40 三角点(四等・西袋)(標高204.38m)
CIMG2558.jpg
文殊山には4箇所の三角点があり、他は以下の通り。
奥の院(二等・文殊山・350.38m)、
橋立山山頂(四等・橋立山・成果公表停止中)
半田コース(四等・半田・128.91m)

9:46 七曲合流点(標高約249m)
CIMG2559.jpg
二上コース、帆谷(北山)コースと合流。ここまでまだ誰とも出会っていない。

カンスゲ(寒菅)
CIMG2561.jpg
カヤツリグサ科スゲ属の常緑草。

9:58 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG2563.jpg
途中T川さんとお会いする。山頂は風が冷たいらしく、ご住職もお休みだそうだ。

コブシの花芽もだいぶ大きくなってきた。
CIMG2564.jpg

いつも通り鞍部はぬかるんでいたが、今日はマシな方だった。
CIMG2565.jpg
やっぱりまだまだ長靴は欠かせません。

10:09 展望台(標高約340m)
CIMG2566.jpg

カタクリが遊んでます 入らないで!
CIMG2567.jpg
最近カタクリ群生地に立てられた洒落た看板。

もう間もなく訪れる開花の日まで力を蓄えているカタクリたち。
CIMG2568.jpg

カタクリがささやいています 入らないで
CIMG2569.jpg
でもロープだけでなく、こんな看板まで立てないと理解できない人たちがいるのが悲しい。

10:16 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG2570.jpg
タイムは1時間5分。山頂には誰も居なかった。

本堂に置かれてあったダンコウバイ。
CIMG2572.jpg

山頂の気温は今日も6℃
CIMG2571.jpg
北風が結構強く吹いているので、体感温度は0℃ぐらい。

北側は寒いので、南側の特等席へ。
CIMG2573.jpg

今日のお昼は春キャベツたっぷりのカレー雑炊
CIMG2579.jpg
身体がポカポカ暖まります。

食後コーヒーを飲んでいると、大Kのりちゃんさんが登ってこられた。
ラブラブの奥様はお仕事らしく、代わりにUNさんとご一緒に大正寺コースからだそうだ。
程なくT内翁、Y田翁、T田翁も登ってこられ、急に賑やかになった。

UNさんが持参された本格的な御抹茶の道具。
CIMG2580.jpg
遠州流を嗜まれておられるそうで、オール百均自己流の私なんぞお恥ずかしい限り(笑)

私も一服いただきました。
CIMG2581.jpg
ご馳走様です。結構なお点前でした(笑)

所用のあるT田翁以外の5人でアマナ群生地へ(11:51)
CIMG2582.jpg
私は降りるつもりだったんですが、のりちゃんに拉致されました(ウソ)

11:58 南井コース合流点(標高約314m)
CIMG2583.jpg
なぜか亀足の私が先頭になってしまった(汗)

12:05 奥の院(標高350m)
CIMG2584.jpg
遅いと申し訳ないので必死で集団を引っ張り、珍しく「速すぎるよ」と言われてしまった(笑)

すっかり体力を使い果たしたので、奥の院からはのりちゃんさんに先頭を譲る。
CIMG2585.jpg
のりちゃんさんもドンドン集団を引き離して進んでいく(笑)

日が出ていないので、案の定アマナは閉じていた。
CIMG2586.jpg

カタクリもまだ蕾のままだった。
CIMG2592.jpg

この娘が一番開花が早そうだ。
CIMG2594.jpg

その後4人を秘密の花園までご案内したが、開いていたのは僅かに1輪のみ。
CIMG2587.jpg

戻りはいつもの私に逆戻り(笑)
CIMG2595.jpg

12:50 奥の院(標高350m)
CIMG2596.jpg

シュンラン(春蘭)
CIMG2598.jpg
ラン科シュンラン属。これもまだ蕾だった。

13:16 トラバース路分岐(標高約341m)
CIMG2600.jpg
山頂には戻らず、トラバース路でショートカット。

トキワイカリソウ(常盤碇草)
CIMG2601.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。北陸のモノは白いのが多く、冬季でも落葉しない。

本コースに再合流(13:21)
CIMG2604.jpg

13:33 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG2605.jpg

大正寺コースの大KのりちゃんさんとUNさんとはここでお別れ。
CIMG2606.jpg
またお会いしましょう!

よっさんと久しぶりの対面。
CIMG2607.jpg
よっさんは文殊山の前に日野山に登られたそうで、本日2座目。
石川からお越しのkozakura2702さんとデート中でした(笑)

13:56 七曲合流点(標高約249m)
CIMG2608.jpg
途中、ヤーイノヤイさんともお会いする。

二上コースのT内翁とY田翁ともここでお別れ。
CIMG2609.jpg
またご一緒しましょう!

14:07 ツチノコ坂休憩所(Gポスト)(標高約154m)
CIMG2610.jpg
このベンチの先の尾根を下って行こうかとも思ったが、これは別の機会に。
私の想像では、北山コースの林道分岐①か林道分岐②のどちらかに降りる感じ。

下りは北大新道の取付口から降りよう。
CIMG2611.jpg

14:08 北大新道分岐点②(標高約152m)
CIMG2612.jpg

折れた枝や下草で少し歩きづらいが、傾斜はさほどキツくない。
CIMG2613.jpg

14:11 林道終点(標高約130m)
CIMG2614.jpg

林道は倒木こそなかったが、かなり路面が柔らかいので一般車は通行困難。
CIMG2615.jpg

この北大新道のおかげで、新たな周回バリエーションが広がりそう。
CIMG2616.jpg

14:15 林道分岐①(標高約90m)
CIMG2617.jpg
林道分岐②の方の調査はまた別の機会に。

14:23 北山コース登山口(標高約19m)
CIMG2618.jpg
下りは2時間32分。

本当に文殊山は奥が深く、まだまだ知らないルートがありそう。
カタクリはまだ開花していなかったが、今週後半から暖かい日が続くようなので
週末には間違いなく咲いていると思います。

monjusan_kitayama02.jpg


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(北大新道) コースMAP
標高差346m
登り 1時間5分、下り 2時間32分、TOTAL 5時間12分
今年12回目・通算170回目+1
出会った人 20人ぐらい(T川さん、大Kのりちゃんさん、UNさん、T内翁、Y田翁、よっさん
kozakura2702さん、ヤーイノヤイさん他)
出会った動物 なし
2016年:21座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 8

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
北大新道、いい名前ですね。
またまた獣道、いやいや人間様のだ~れもあるかない静かな道で結構ですな~~~。
私達もいつかは登りますよ~~~。
今日、私のメスOOをつれてヒロハノアマナを見に文殊山に南井コースから登り、下りは四方谷コースをおりました。  そして「秘密の花園」にも。
途中で出会ったUNさんも一緒に・
思わず足で踏んでしまいそうになるほどでした。
これで、よっし~さんを拉致した甲斐があったと言うものですね(笑い)。
有難うございました。

2016/03/16 (Wed) 15:49 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大Kのりちゃんさん こんにちは

北大新道いかがですか?
新道というほどではありませんが、大村コースへの連絡路が分かって楽しかったです。
まだまだ別の道を開拓していきますので、乞うご期待を(笑)

せっかくブログで触れなかったのに、自ら持ち出すとは・・・
地雷を踏んでも知りませんよ(笑)

今日も文殊山ですか。
しかもUNさんも。
みなさん好きですね(笑)

2016/03/16 (Wed) 15:56 | EDIT | REPLY |   

kozakura2702  

こんばんは~。

いつもブログで拝見しているよっし~さんだとすぐわかりましたが
モジモジしてしまってついぞ言いだせませんでした(笑)

実は以前も一度文殊山でお会いしておりますよ(^^)
次にお見かけした時はお声かけさせていただきますねっ。

2016/03/16 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

ダブルtt のうち  

 よっし~さん こんばんわ
 昨日は顔馴染みのメンバ~でのアマナの観賞会
生憎の曇天で休眠中でしたが「ここに咲いてるぞ~」のよっし~さんの掛け声、見に行くと開花中の一輪、カメラに納めて居たら、隣にヒメウズ見っけ
 ポイントの案内有難う御座いました。
 小文殊を過ぎた所で花一輪、羨ましいね~。

2016/03/16 (Wed) 21:05 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

kozakura2702さん こんばんは

コメントありがとうございます。

>モジモジしてしまってついぞ言いだせませんでした(笑)

いや構いませんよ。
私も人見知りなのでよく分かります(ウソ)


> 実は以前も一度文殊山でお会いしておりますよ(^^)

私も実はそんな気がしていました。
というのもkozakuraさんが履かれていたお洒落なブーツをどこかで見たような?と思ったからです。
我々の履いている安物と違い、すごくデザインの良いブーツで記憶に残っています。
もし違っていたらすみません(笑)


> 次にお見かけした時はお声かけさせていただきますねっ。

私も恥ずかしくてお顔をまじまじ見ていたわけではないので、ブーツじゃないと気づかないかもしれません。
その際はすみませんね。
また山でお会いしましょう。

2016/03/16 (Wed) 23:18 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ダブルtt のうちさん こんばんは

昨日のメンバーというと、UNさんですかね?
お名前は存じていましたが、そうだったとは気づかず失礼しました。
違っていたらすみません。

生憎アマナは閉じていましたが、なんとか1輪咲いていてご案内した甲斐がありました。

あのような亀足ですが、またご一緒しましょう。

2016/03/16 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

ふむふむ大村コースから林道終点が見えて
いるのですね、写真のおかげで分かりやすい
です。今の時期なら見通しがいいので是非
行って見たいです。

調査御苦労!!ご褒美は無いがほめてつかわす。

2016/03/17 (Thu) 00:24 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

マスターコウダ こんにちは

大村コースのツチノコ坂辺りで右側の谷に見えるのが北大新道こと林道です。
林道の両側は結構急ですが、終点からだとそれほどではないので、大村コースに取付くことができます。

北山コースは駐車場が2台ほどしかないので、大村登山口に停めて古墳坂上の分岐点から北大新道に降り、北山コースで登るのもいいですね。

ゆっくり身体を休めてから登ってください。

2016/03/17 (Thu) 11:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)